投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

帝王賞 2017 出走予定馬:クリソライト、ハイペースメイカーも今回は厳しい流れでの強敵が多く…外枠から自分の競馬でどこまで粘れるか

2017 6/28(水)
第40回 帝王賞(JpnI) 大井ダ外2000m
出走予定馬・枠順
帝王賞2017の枠順確定


 前走の平安ステークスではこれまでの先行策から一転、最後方からの追い込みで2着を確保と新たな一面を見せたクリソライトが帝王賞に出走予定だ。2走前のダイオライト記念を完勝し、ここ3走安定してきているのは何よりだ。今回は外目の枠でこれなら前目を主張できそう、再び自分の競馬を貫いて結果を出せるか。


 前走は内枠で枠の並び的にも後ろからになったのはある程度仕方ないし、むしろ下手についていかずに最後方から進めたことが嵌った展開ともいえる。今回は陣営のコメント的にも恐らく前を突く意識が強そうだし、枠的にもそうなりそう。現時点ではハイペース型としてもケイティブレイブに負けてきているので序列は少し下がるが、それでもペースを引き上げて後続に脚を使わせたいかな。


ダイオライト記念(JpnII) 1着 14頭3枠3番
船橋ダ2400m重 2:37.8 63.2-67.9 H^5
12.7 - 11.7 - 13.1 - 12.8 - 12.9 - 13.1 - 13.6 - 13.2 - 13.3 - 13.4 - 13.4 - 14.6

 この馬にとってはやはり何といってもダイオライト記念。2走前圧勝した時は4.7と超超超ハイ、後半は13秒台を連発する潔い消耗戦。前半の基礎スピードを非常に高いレベルで問われていて後続は脚を無くした結果ぶっちぎった格好。


 3番枠から五分のスタートから押して押して先行策、それでも先に外からマイネルトゥランが行き切って離していくのでそれを行かせて無理せずに番手の位置で入っていく。最初の3~4角の段階でマイネルトゥランとの差を詰めてスタンド前ではもうすぐ外につけていく。向こう正面でもマイネルがペースを引き上げきれないほどしんどいペースの中で楽な手ごたえで番手追走、後続は苦しくなってきた中で3角でマイネルを交わして独走状態、後はぶっちぎりのレースとなった。


 この辺からもわかるように基本的にはこれぐらいの距離で基礎スピードがバリバリに活きてくるタイプのステイヤー。2400なら基礎スピードで優位に立てるし前を突くことでペースを引き上げてレース全体を前半特化の消耗戦に持ち込む。その結果各馬が脚を無くしてこちらはばてずに突き抜けるというパフォーマンス。基本的にはこれがこの馬の持ち味でポテンシャルだけでは最上位レベルでは苦しく、ペースをコントロールする形はあまり好ましくないとみている。


平安S(GIII) 2着 16頭2枠4番
京都ダ1900m良 1:56.4(+0.7) 47.2-50.4 H^3
6.9 - 10.6 - 11.1 - 12.5 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 12.6 - 12.9

 前走の平安Sでは距離・コース・戦法は違ったが結果としてオーバーペースになった各馬に対してオーバーペースにならず消耗戦で突っ込んできた、というパターンではダイオライト記念と同じような好走原理だろう。ペースは3.2で超ハイ、ラップ推移的にも全く淀みなくでこれを勝ったグレイトパールが千切った形。なので2着以下は0.7以上離されていることからも実質はもっとハイだったとみていいだろう。


 4番枠から五分には出たが武豊が意図的に控えて最後方で進める形を取る。実際前々がかなりやりあったことでペースは強烈に上がり切って超ハイ。その流れで後方で脚を使わず進めていく。3角手前ぐらいから終始手が動いて肩鞭も入るような感じだが3角以降徐々に前が減速ラップを踏んでしんどくなってきたところで外からじわじわと取り付いてそれでも後方で直線。序盤で各馬がばて切ったところを外からジリジリと伸び始める。L1ではケイティブレイブも下がってきた各馬をまとめて差し切って2着を確保した。


 このレースでは恐らく他がオーバーペースになった文が大きい。グレイトパールが強すぎたので何ともだが、L1はグレイトパールを除いてレースラップを取ればまず13秒台に入っていて京都の重賞クラスでここまで落ち込むのは稀。ここまでラップ的に落ち込んだからこそ差し込めたわけで、超ハイペースで他が甘くなったこと、この馬自身1900で無理なく入ったと言ってもあのペースに耐えられたこと、そして長く脚を使えたポテンシャル面も高いレベルにあったからこその2着だといえるだろうと。ズブズブの展開が嵌ったのは間違いない。


帝王賞(JpnI) 8着 12頭8枠12番
大井ダ外2000m不 2:08.2(+5.7) 62.2-61.3 S^1
12.5 - 11.2 - 12.3 - 13.4 - 12.8 - 12.5 - 12.7 - 12.2 - 11.5 - 12.4

 昨年の帝王賞で崩れた時はペースもスローだったしL2最速11.5と後半のトップスピード勝負に特化。ギアチェンジも要求されたしコーナーで加速していく大井としては結構珍しいパターンで動けなかった印象だ。


 12番枠からポンと出て先行策を取っていくがコパノリッキーが外に出すことを優先してハナを切らずに行かされる形になったので向こう正面でペースをコントロールする意識が働いてしまった。道中もそこまでペースを上げられずコパノに2列目でマークされる形でややスローに支配されてしまう。3角でコパノが動いていくのに対して内から減速してコーナーに入っていたこちらは急コーナーで加速ができずにおいていかれてしまう。そのままL2で速いラップを踏まれてはどうにもならなかった。


 かなり下手な乗り方で、コーナーがきつい場合基本的には緩く入れる外目から向こう正面の地点でスピードに乗せて入っていくのが理想。こちらは内内でコントロールしながらペースを落として入っているわけで、ここで外から勢いをつけてきたコパノ辺りに一気に前に出られてしまっては抵抗できるはずもない。急コーナーで加速というのは推進力を前方向にだけもっていけず遠心力で横に分散されるので効率が悪い。コーナーまでにスピードに乗ってしまった状況をキープする方が合理的であると。その点で非常に無駄の多い競馬になったしそのうえでスピードに乗り切れない中で直線で11.5というラップ。ただでさえ適性的にまずい馬なのでこういう競馬では苦しい。レースを支配された、仕掛けどころの意識が遅れた、急コーナーの3角までの入り方も拙かった、全て噛み合わなければ崩れるのは仕方ない。


2017帝王賞に向けての展望

 ひとまず本来高いレベルでは大井や川崎向きの馬では本来ない。どちらかというと船橋の様にスパイラルカーブで3角からしっかりと速度を落とさず入っていける方が出し切りやすいのでいいだろう。それとコーナーがきついことでコーナーごとに減速、直線で加速というのが噛み合っていないのもある。その点でも大井はそういう競馬になりやすいコースなので前半リスクを背負ってしっかりとペースを引き上げることで3~4角で減速からの直線再加速という度合いをできるだけ小さくできるか、後半要素をどれだけ小さくすることができるかが重要だ。ただ今回はハイペース型の強敵が多く、ケイティブレイブなんかはかなりハイペースに持ち込んでも踏ん張れるしクリソライトに比べると加減速への対応力はマシ。また浦和記念で完敗を喫していることを考えても前半の基礎スピード面で見てもなかなか中心視はしづらい。今回展開を考えるうえでは非常に重要な役割だが、ケイティブレイブとともにハイペースを作って行ってどこまで踏ん張れるかに期待したいところかな。一応現時点では連下で押さえることも考えている一頭だが、ハイペースにすると内枠のアウォーディーに外に出させるスペースを与えることになるし、サウンドトゥルーも噛み合いやすい。この馬自身の適性はハイペース向きだと思うが他も手ごわいし、スローに落としたところでどうにもならない馬なので馬券的には結構難しいところ。消すところまで考えている。


PR【発見しました!大井競馬場での的中精度が高い情報源】


大井競馬帝王賞(Jpn1)完全攻略情報!

===========================

6月28日(水) 
第40回帝王賞(JPN1)

大井競馬場11R ダート2000m 
20:05発送 

===========================

予想はまとまってますか?

例年安定的中で決着している帝王賞。

しかし、今年は不安定です。

それはなぜか?予想をしているあなたならわかりますよね?

不安点が一つでもあると、先週の宝塚記念でキタサンブラックが9着になって、
馬券が一瞬にしてチリとなる結果が想像できます。


地方競馬においては、その地域に特化した競走馬や騎手が存在するので予想が困難です。

しかし、大井競馬においては「無敵」と言われる予想を提供する唯一の情報源があります。
予想は「ダート・ザ・インパクト」にて公開中!

■コチラをクリック⇒ http://pride-k.com/?afl=nik170408 
※アドレス送信後、すぐに届く返信メールをクリックしてサイトに入れます。
受信方法によっては、迷惑メールに届く場合がありますので、チェックしてみて下さい。


帝王賞を当てたい方。最低限これは抑えて下さい。

=================
大井競馬の特徴
=================

・右回り/フルゲート16頭
・一周距離:内1400m/外1600m(直線:内286m,外386m)
※一昔前から内枠が有利とされていたが、近年はそこまで内有利の傾向では無く、外枠でも好走する傾向はある。
しかし、距離によっては内枠が有利。
特に1400mはスタート地点が特殊で内枠が有利になる。また2000mも内枠が有利。

単純な枠順だけでなく、脚質にも左右される。
差し/追い込み馬の場合、内枠だとかぶされるリスクが高く有利なのは内枠の逃げ/先行タイプ。

上記の通り、大井競馬場独特のクセがあり、
このクセを掴み展開を読み切る事で圧倒的に的中しやすくなるのが大井競馬の特徴となっています。


『中央競馬と違ってどの馬が強くてどの馬が穴をあけるか検討がつかない…』


不安点が一つでもあると、馬券が一瞬にしてチリになりますよ。
予想は「ダート・ザ・インパクト」にて公開中!

■コチラをクリック⇒ http://pride-k.com/?afl=nik170408 
※アドレス送信後、すぐに届く返信メールをクリックしてサイトに入れます。
受信方法によっては、迷惑メールに届く場合がありますので、チェックしてみて下さい。


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

帝王賞 2017 出走予定馬:ゴールドドリーム、東京マイルでは強いが…1周コースの中距離路線ではパフォーマンスを落としているだけに…
帝王賞 2017 予想用ラップデータ:ペースはマチマチ、コーナーで減速からの直線序盤での加速がポイントになりやすいレース
帝王賞 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、オーバーペースの不安はあるも、前半飛ばして後続馬の骨を断てるか?
帝王賞2017の出馬表と血統データ
noimage
帝王賞 2017 出走予定馬:アポロケンタッキー、大井2000の東京大賞典勝ち馬もいわくつきの勝利…真価を証明できるか
帝王賞 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、漁夫の利戦法でラストの伸びは間違いなく…大井適性も高く良馬場なら中心
帝王賞 2017 出走予定馬:オールブラッシュ、川崎記念の圧勝が本物かどうか?ペースが上がった前走が甘く、ケイティ・クリソに対抗できるか
帝王賞2017の予想
帝王賞 2017 出走予定馬:アウォーディーと武豊、地力は最上位もドバイ遠征明け、内枠から力を出し切れるかがポイントか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP