投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

帝王賞 2017 出走予定馬:アポロケンタッキー、大井2000の東京大賞典勝ち馬もいわくつきの勝利…真価を証明できるか

2017 6/28(水)
第40回 帝王賞(JpnI) 大井ダ外2000m
出走予定馬・枠順
帝王賞2017の枠順確定

 昨年末の東京大賞典でアウォーディー、サウンドトゥルーとGI級勝ち馬を撃破したアポロケンタッキーが同じ大井2000の舞台、帝王賞に出走予定だ。東京大賞典では鮮やかに勝利をものにしたものの後に規制薬物が検出されてグレーでの勝利。ドバイワールドカップでは9着といいところなく終わったが、東京大賞典と同じコースでクリーンな勝利をもって汚名を払拭したい。


 東京大賞典の内容が良かっただけに薬物が検出されたのは残念だった。あれが本当に実力なのかどうかはもちろんここで真価を問う。ただ、やはり東京大賞典を考えればペース自体は落ち着いて要所の良さを引き出した方がいいと思うし、ハイペースに上がり切って良さが出るタイプではないと思う。その辺り今回は展開がカギになるかな。


東京大賞典(GI) 1着 14頭7枠11番
大井ダ外2000m重 2:05.8 64.8-61.0 S^4
12.8 - 12.3 - 12.8 - 13.7 - 13.2 - 12.5 - 12.2 - 12.4 - 11.6 - 12.3

 まずは勝った東京大賞典を振り返っておきたい。ペースは見てもわかる通りで3.8と超々スローでラップ推移的にも向こう正面でも上がり切らずにL2最速11.6とかなり速いラップを踏む形になった。4角~直線前半で12.4-11.6と0.8の加速度の高いギアチェンジが問われているし、後半の鋭さが要求された一戦。


 11番枠から出負けして後方からのスタートとなったが押して押してリカバー、序盤からゆったりした流れということもあってかなり楽に2列目外まで押し上げてアウォーディーのすぐ後ろで進めていく。2角過ぎでアウォーディーの外目に並びかけていくような感じになるがここでは少し我慢。ペースも上がってこずにそのまま3角に入っていく。3角ではアウォーディーが仕掛けてコパノリッキーに並びかけて行く中で押して押して追走、2列目外のまま直線に入ってくるが序盤で一気に反応してトップスピードに乗り堂々先頭に立つ。L1でもサウンドトゥルーやアウォーディーとの差をジリッとではあるが広げての完勝だった。


 まあ噛み合ったというか、色々運が良かった勝利ではある。ゲートが良くなかったのに結果的に2列目外で運べたのは最序盤から遅かった(前半3Fで37.9なので入りとしてもかなり遅い)し、アウォーディーが仕掛けの意識を遅らせる形になったことでコーナーでは当然上げ切れず直線でのギアチェンジの性能差が大きく出た一戦だったなと思う。アウォーディーにせよサウンドトゥルーにせよ対応はできるがタルマエほどのギアチェンジは持っていないしその点でもこの馬にとっては都合のいい展開にはなったかな。


ブラジルC(OP) 8着 16頭4枠8番
東京ダ2100m良 2:10.3(+1.4) 59.8-63.2 H^3
7.2 - 11.0 - 11.7 - 11.9 - 12.0 - 11.9 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 12.9 - 13.3

 ただ東京大賞典とは正反対の競馬となったブラジルCでオープン特別でも完敗を喫している。3.4で超ハイペース、ラップ推移的に見てもミツバが単騎で淀みないラップを刻んで押し切っているので何ともだが、離れた番手では推定61秒台ぐらいなのでそこまで極端ではなくややハイ程度。そこからミツバを捕えに早めに各馬が動く形でのポテンシャル戦ではあったと思うし2列目以降はコーナーで速いラップを踏んでいると思う。


 8番枠からここではまずまずのスタートを切って無理せずじわっと出していって好位列の中目で進めていく。道中もミツバから随分離れた好位列の内目で進めていてそれでも自身走破で恐らくややハイぐらいの位置では進めていく。3~4角でも好位列の最内でロスなく完璧に立ち回って直線で外。序盤で前にいた2列目の外から伸びたかったが伸び切れずジリジリと後退。L1まで良いところなくの完敗だった。


 この辺からも前半のペースがこの馬にとってはちょっときつかったかなという感じ。極端なハイではないと思うが淀みなく流れていたと思うし、それでいて仕掛けも早かった。こうなってくると息を入れられずに追走で脚を使う形になったのかなと。シリウスSでは平均ペースでやれていたが芝スタートで入りが楽だったというのはあるし、最遅ラップが前半に12.9で若干息は入っていたしL2最速戦でもあった。この辺りを踏まえても淡々とした流れで前半無理をすると後半の末脚を削がれてしまっているかなという感じ。


チャンピオンズカップ(GI) 5着 15頭8枠14番
中京ダ1800m良 1:50.5(+0.4) 48.8-49.5 M
12.7 - 10.7 - 12.9 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0

 3走前のチャンピオンズカップは悪くなかった。ペースは平均で収まっていてラップ推移的に見ても前半4Fはそこまで速くない。後半4Fが遅くなったのは5F勝負になったことが大きいし、イメージとしては後半のポテンシャルを高いレベルで要求された形とみるべきかなと。


 14番枠から坂スタートで五分には出てそこから追いだされるが少しもっさりしたスタート、最終的には中団の外目で序盤は無理せず入っていく形になる。向こう正面では後方からおっつけながら追走で少し苦労していたがラニが外から捲ったり、前のアウォーディーやブライトラインの動きで一気にペースアップ、ここで後方中目から外に誘導しながら直線に入ってくる。序盤ではまだ伸びてこないが前がしんどくなったところをジリジリと伸びて来ての5着確保だった。


 内容的には前半の基礎スピード面で追走に苦労、ポテンシャル戦で差し切るほど抜きん出たものはなかったし、アウォーディーにはこれで結構な差があったのでこの競馬では完敗だったと言っていいと思う。まあもちろんロスもかなりあったのでこの馬自身の成長は間違いないところだと思うが、やはり出し切ってしまうとちょっと甘さがあるなというのはここ数走で感じるところかな。


2017帝王賞に向けての展望

 まず前提として要所での一足を活かしたいタイプなので大井そのものは合うと思う。実際東京大賞典では一気の加速で先頭に立てていたように要所の動き出しは良い。ただ、全体のペースが上がってくると後半の末脚を削がれている感じなので、今回はケイティブレイブやクリソライトといったハイペースを好みそうな馬が多いというのがポイント。縦長になってしまうとアウォーディーなんかも早い段階で外目に出すのも難しくなくなるし、厳しい流れに持ち込まれると個人的にはワンランク落としてみるべき馬かなとみている。みやこSもチャンピオンズCも平均ペースの範囲内で無理をしなければポテンシャル面もある程度高いレベルには見せている。もちろんアウォーディーやサウンドトゥルーといったところと比較すると微妙だろうし、流れてしまうと馬券的には手を出しにくい。またいわくつきのGI勝ち馬でもあり、こういうタイプの馬は次走以降なかなか狙いづらいところがある。恐らくペースが上がってくるとみているので今回は高い評価は控えたいところかな。馬券的に手を出さない可能性が高い一頭だが、大井だし上がり切らない時には怖さもあるので直前まで少し悩みたい。


PR【発見しました!大井競馬場での的中精度が高い情報源】


大井競馬帝王賞(Jpn1)完全攻略情報!

===========================

6月28日(水) 
第40回帝王賞(JPN1)

大井競馬場11R ダート2000m 
20:05発送 

===========================

予想はまとまってますか?

例年安定的中で決着している帝王賞。

しかし、今年は不安定です。

それはなぜか?予想をしているあなたならわかりますよね?

不安点が一つでもあると、先週の宝塚記念でキタサンブラックが9着になって、
馬券が一瞬にしてチリとなる結果が想像できます。


地方競馬においては、その地域に特化した競走馬や騎手が存在するので予想が困難です。

しかし、大井競馬においては「無敵」と言われる予想を提供する唯一の情報源があります。
予想は「ダート・ザ・インパクト」にて公開中!

■コチラをクリック⇒ http://pride-k.com/?afl=nik170408 
※アドレス送信後、すぐに届く返信メールをクリックしてサイトに入れます。
受信方法によっては、迷惑メールに届く場合がありますので、チェックしてみて下さい。


帝王賞を当てたい方。最低限これは抑えて下さい。

=================
大井競馬の特徴
=================

・右回り/フルゲート16頭
・一周距離:内1400m/外1600m(直線:内286m,外386m)
※一昔前から内枠が有利とされていたが、近年はそこまで内有利の傾向では無く、外枠でも好走する傾向はある。
しかし、距離によっては内枠が有利。
特に1400mはスタート地点が特殊で内枠が有利になる。また2000mも内枠が有利。

単純な枠順だけでなく、脚質にも左右される。
差し/追い込み馬の場合、内枠だとかぶされるリスクが高く有利なのは内枠の逃げ/先行タイプ。

上記の通り、大井競馬場独特のクセがあり、
このクセを掴み展開を読み切る事で圧倒的に的中しやすくなるのが大井競馬の特徴となっています。


『中央競馬と違ってどの馬が強くてどの馬が穴をあけるか検討がつかない…』


不安点が一つでもあると、馬券が一瞬にしてチリになりますよ。
予想は「ダート・ザ・インパクト」にて公開中!

■コチラをクリック⇒ http://pride-k.com/?afl=nik170408 
※アドレス送信後、すぐに届く返信メールをクリックしてサイトに入れます。
受信方法によっては、迷惑メールに届く場合がありますので、チェックしてみて下さい。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

帝王賞 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、漁夫の利戦法でラストの伸びは間違いなく…大井適性も高く良馬場なら中心
帝王賞 2017 予想用ラップデータ:ペースはマチマチ、コーナーで減速からの直線序盤での加速がポイントになりやすいレース
帝王賞 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、オーバーペースの不安はあるも、前半飛ばして後続馬の骨を断てるか?
帝王賞2017の出馬表と血統データ
帝王賞 2017 出走予定馬:アウォーディーと武豊、地力は最上位もドバイ遠征明け、内枠から力を出し切れるかがポイントか
帝王賞 2017 出走予定馬:ゴールドドリーム、東京マイルでは強いが…1周コースの中距離路線ではパフォーマンスを落としているだけに…
帝王賞2017の予想
noimage
帝王賞 2017 出走予定馬:オールブラッシュ、川崎記念の圧勝が本物かどうか?ペースが上がった前走が甘く、ケイティ・クリソに対抗できるか
帝王賞 2017 出走予定馬:クリソライト、ハイペースメイカーも今回は厳しい流れでの強敵が多く…外枠から自分の競馬でどこまで粘れるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP