投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

帝王賞 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、漁夫の利戦法でラストの伸びは間違いなく…大井適性も高く良馬場なら中心

2017 6/28(水)
第40回 帝王賞(JpnI) 大井ダ外2000m
出走予定馬・枠順
帝王賞2017の枠順確定

 愛着を込めてこう呼びたいが、まさにMr.漁夫の利こと後方一気で嵌れば一閃の鋭さ、サウンドトゥルーが帝王賞に出走予定だ。勝ち切るまでという点では安定感は皆無だが、嵌った時にはやっぱり来たか…というような末脚を披露してくれる実力馬。昨年のチャンピオンズカップでは遂に中央GIに手が届いたが、その時同様強烈な末脚を最後の直線で炸裂させられるかが焦点だ。


 まあこの馬が出ると各馬が何故かやりあうことが多いからね。チャンピオンズカップとか、東京大賞典とか、前の各馬がやりあうことでこの馬がズドンと来るパターンが既定路線。ただ、意外と川崎屋大井でコーナーで緩んでからの直線再加速の適性を高いレベルで見せているのでこの枠なら信頼度は高いんじゃないかなと。


チャンピオンズC(GI) 1着 15頭5枠8番
中京ダ1800m良 1:50.1 48.8-49.5 M
12.7 - 10.7 - 12.9 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0

 まずは4走前のチャンピオンズCを振り返る。このレースもまあ見事に嵌ったが、大体コパノリッキーがいるとこの馬が嵌りやすいというのはあるかもしれない。ペース自体は平均で収まっているんだが、L5最速でそこからは減速基調でL1では13.0と消耗戦。ポテンシャルを非常に高いレベルで問われた。


 8番枠から坂スタートで少し躓くような感じで出負けだがいつもスタートはそんなに良くない。後方内内で追走しながら進めていく。道中も中団から少し離れた最後方列で進めて3角。3~4角では最内を立ち回る選択、前がペースを引き上げていて前にスペースが開いている状況で最短距離を完璧に立ち回って直線。序盤でも外にスペースがある状況でしっかりと追いながら外に出してくる。L1で中団から前が減速したところをズドンと突っ込んでの勝利だった。


 まさに漁夫の利戦法、前が早めの仕掛けでやりあっていたところをコーナーでタイトに立ち回って広いスペースを活かして直線で外に出して一気にバテ差してしまう。この辺りからも基本的にこの馬がGIで勝つパターンは展開が嵌るケースが多いとみていいと思う。実際東京大賞典を勝った時もコパノリッキーに勝てれば勝てる、というタルマエ幸がコパノを潰した展開の中でL1ズドンと来ている。この馬は基本的にはL1で減速ラップを踏む方がいいと。


川崎記念(JpnI) 2着 12頭8枠12番
川崎ダ2100 2:15.2(+0.6) 63.8-64.3 M
7.3 - 11.1 - 12.4 - 13.6 - 12.8 - 13.1 - 14.1 - 12.0 - 12.9 - 13.1 - 12.2

 ただ、この馬は別に直線で加速するケースが拙い、というわけではない。実際2走前の川崎記念ではしっかりと2着を確保した。前のオールブラッシュに平均に支配されてこのラップを刻まれては差すのは難しいが、2着は単独で確保できている。


 12番枠からやや出負け、行き脚つかずに後方はいつも通り。徐々に中団に取り付いてきてスタンド前を通過。向こう正面でのペースアップで中団の中目から追走しつつ好位列に取り付いて3角。3~4角でも好位の中目から仕掛けられて4角で鞭、そのままうまく外に誘導して直線。序盤で2列目にじわっと迫ってきてL1では2列目を切り裂き一頭だけオールブラッシュとの差を若干詰めての2着確保だった。


 エンジンの掛かりという点では瞬時には動けないが、ペースが落ち着いてある程度速い脚を要求されても対応できるのが強みではある。昨年の東京大賞典でも64.8-61.0と超々スローからの13.2 - 12.5 - 12.2 - 12.4 - 11.6 - 12.3と2段階加速でL2最速11.6という切れ味を要求されても好位から対応してきている。アウォーディーとの比較でみてもトップスピード戦で加速が問われてもやれているのは強み。


フェブラリーS(GI) 8着 16頭1枠1番
東京ダ1600m良 1:35.7(+0.6) 46.2-48.9 H^3
12.1 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.3

 前走のフェブラリーSは超ハイペースの中で追走に苦労した感がもろに出た。2.7でラップ推移的にL4で淀みがあったので全くチャンスが無かったわけではないと思うが、それでもマイルで基礎スピード面を問われては…という感じ。


 1番枠からゲートは悪くないがやはり二の足で遅くなってかなり後方まで置かれてしまう。途中まで淡々とした流れでついていくのに苦労。3~4角ではペースが落ち着いてきて、ここで内内から取り付きながら直線。序盤で後方から大外に誘導するまでにかなりのロスがあって、そこからL1の減速地点でジリッとは伸びてくるが流石に厳しかったという8着だった。


 L1ではそれなりに来ていたがそれでもカフジテイクとの差は若干開いていたし、もちろん直線での進路の誘導が拙かったのは間違いないがマイルでこういう流れになってしまうと緩みでもない限りは取り付けないなという感じ。なので特に気にする必要もないと思う。負けるべくして負けたレースだろう。


2017帝王賞に向けての展望

 タイプ的にもメンバー構成的に見ても今回は噛み合う可能性が高いんじゃないかなと。ケイティブレイブが内目の枠で出していくしかない、外からクリソライトも今回はある程度主張していきたい。その中でひとまずハイペースに持ち込まれる可能性は高くなるだろうしこの馬にとっては歓迎できる材料。また昨年の東京大賞典でも前述のとおりでしっかりと直線前半での加速に対応ができているし、2度の川崎記念の内容的にも意外と急コーナーで減速してからの加速、という競馬自体は対応してきている。大井2000では大きく崩れていないのもこの辺が大きいのかなと。それと、道悪がどうか?というのもポイントになりそう。昨年の帝王賞では不良馬場でコパノリッキーに鋭く反応されてこちらはジリジリ、置かれてしまっている。チャンピオンズカップにしても東京大賞典にしてもそうだが良馬場で高いパフォーマンスを見せていることを考えると、道悪はあまり好ましくないだろう。良馬場ならこの枠の並び的にも相手関係からも本命視していいと思っているが、渋った時にどうかかな。いずれにせよ連下では押さえたい一頭だが、重い印を打つなら良馬場が欲しいところかな。



<PR>
pngホースメン会議:ラジオN賞300_250
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

帝王賞 2017 予想用ラップデータ:ペースはマチマチ、コーナーで減速からの直線序盤での加速がポイントになりやすいレース
noimage
帝王賞 2017 出走予定馬:アポロケンタッキー、大井2000の東京大賞典勝ち馬もいわくつきの勝利…真価を証明できるか
帝王賞2017の予想
帝王賞 2017 出走予定馬:クリソライト、ハイペースメイカーも今回は厳しい流れでの強敵が多く…外枠から自分の競馬でどこまで粘れるか
帝王賞 2017 出走予定馬:オールブラッシュ、川崎記念の圧勝が本物かどうか?ペースが上がった前走が甘く、ケイティ・クリソに対抗できるか
帝王賞 2017 出走予定馬:アウォーディーと武豊、地力は最上位もドバイ遠征明け、内枠から力を出し切れるかがポイントか
帝王賞 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、オーバーペースの不安はあるも、前半飛ばして後続馬の骨を断てるか?
帝王賞2017の出馬表と血統データ
帝王賞 2017 出走予定馬:ゴールドドリーム、東京マイルでは強いが…1周コースの中距離路線ではパフォーマンスを落としているだけに…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP