投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

帝王賞 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、オーバーペースの不安はあるも、前半飛ばして後続馬の骨を断てるか?

2017 6/28(水)
第40回 帝王賞(JpnI) 大井ダ外2000m
出走予定馬・枠順
帝王賞2017の枠順確定


 3歳時から期待されていたダートの強豪、前半から厳しい流れに持ち込んで存在感を高めてきたケイティブレイブが帝王賞に出走予定だ。今回は相手も強豪揃いで中央勢はGI、JpnI勝ち馬がずらりと揃った中で唯一のGI級勝ち実績がない馬になる。それでも近走見せてきたハイペースのパフォーマンスは侮れない。強豪の脚をハイペースで削ぐ…肉を切らせて骨を断て。


 これまでの内容からもやはりハイペースで後続の脚を削ぐ形の方がいい結果が出ていると思う。前走の平安Sでは強烈なないペースになって流石にしんどかったがグレイトパールが想像以上に強かったのもある。ただ、今回はハイペースで噛み合いそうなアウォーディーとサウンドトゥルーという厄介な存在がいる。また息を入れる形になるとオールブラッシュ、アポロケンタッキーは厄介。いずれにせよクリソライトが外枠にいるんだから絡まれる可能性が高いし覚悟を決めてハイペースで頑張ってほしい。


浦和記念(JpnII) 1着 11頭6枠6番
浦和ダ2000m 2:07.0 61.8-65.2 H^3
12.2 - 11.6 - 12.0 - 12.8 - 13.2 - 13.0 - 13.1 - 12.5 - 12.7 - 13.9

 本当は直近での好走歴なので名古屋大賞典が良いのだが、ラップがないので近い競馬となったとみている浦和記念を。ペースバランスが3.4で超ハイ、ラップ推移的に見ても後半の加速度が小さくL3最速だがL1は13.9と大いに消耗しきった。後半は速いラップを踏まないポテンシャル戦だが、前半の基礎スピード特化に近い競馬だとみている。


 6番枠からまずまずのスタートを切って押して押してハナを主張、内のタマモホルンが強引に抵抗してきたのでこれを行かせて番手でコントロール。向こう正面でもちろん早目に先頭に立って仕掛けを主導、3~4角でもクリソライトが食らいついてくるがこれを4角出口で離して堂々抜け出し、L1まで圧倒した。


 浦和は3~4角がそこまできつくないというのもあってL3最速になりやすいコースだが、しっかりと向こう正面から3角で脚を使って後続に取り付く余地を与えなかった。またこれだけのハイペースの中で楽に番手でついていってしっかりと脚を引き出せたという点でも前半の基礎スピード面の高さを見せたといえる。同じくハイペースが得意なクリソライトを正攻法で撃破しているわけでこれはかなり評価したい一戦。実際ペースバランスは読みにくいが上がり3Fから逆算して恐らくかなりのハイペースだった名古屋大賞典では川崎記念馬オールブラッシュを撃破できている。この辺からも前半の基礎スピード面を要求させて他の脚を削ぐ形が今は理想だと思う。


平安S(GIII) 5着 16頭8枠16番
京都ダ1900m良 1:56.5(+0.8) 47.2-50.4 H^3
6.9 - 10.6 - 11.1 - 12.5 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 12.6 - 12.9

 前走の平安Sは流石にオーバーペースだったかなと感じる。前半4Fは概算だが47.2と強烈。バランス的にも3.2で超ハイだしこれをグレイトパールが千切ったものなので実質2着以下は超超ハイ、というところだろう。基礎スピード特化戦だ。


 16番枠と大外から好発を切ってハナを、と行きたいところだが内からコパノチャーリーが早く、またすぐ内のドリームキラリも抵抗するので逃げられず、まずは2列目の外。道中コントロールしようという感じだったが2角過ぎでもかなり持っていかれていたので諦めてハナを取る選択。そのまま3~4角で最内に切り込んで粘り込みを図るがグレイトパールに目標にされて先頭で直線。序盤は粘っていたがそれでもグレイトにはあっさり交わされ、最後は万策尽きて5着まで下がった。


 まあ厳しい流れになってしまったしかなり出していってハナを取れずにコントロールに苦しんだということはある。正直言えばこの一戦で出していくことへの不安を必要以上に福永が感じ取らなければいいが、という感じ。流石に玉砕覚悟の2頭についていってしまっては難しかったし、それでも2頭が崩れた中でこの馬が踏ん張っているようにハイペース適性は高い。バランスが難しいが怖がらずにペースを作っていくことが勝敗に直結してくると思う。


川崎記念(JpnI) 5着 12頭6枠8番
川崎ダ2100 2:15.5(+0.9) 63.8-64.3 M
7.3 - 11.1 - 12.4 - 13.6 - 12.8 - 13.1 - 14.1 - 12.0 - 12.9 - 13.1 - 12.2

 実際ペースをコントロールする形になった川崎記念では良さを全く出せなかった。ペースが丁度平均ペースでオールブラッシュにコントロールされてしまってL2-1で13.1-12.2と1秒近い加速を問われているように前のオールブラッシュに余力を持たれて直線でのギアチェンジの性能差が直結した。この馬自身でも恐らく加速ラップを踏んでいるとは思うが、高いレベルになると後半勝負では良さが出ていないという感じ。


 8番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出していくが外のオールブラッシュがじわじわ内に切って入ってくるので控えて2列目、主導権を明け渡す。道中はそこまでペースが上がらずにゆったりした流れの中で離れた2列目で進めていく。向こう正面で一気にペースが上がって2列目の外で3角に入っていく。3~4角でもオールブラッシュが先導する流れの中で外から並びかけて直線に入る。序盤で一気にギアチェンジで出し抜かれてしまう。L1でもジリジリとしか伸びずに離れた3着争いでも見劣っての完敗だった。


 勿体ないな、という感じで一気に出し抜かれてしまったし、後半勝負でとなるとどうしても武器がないなという感じ。名古屋グランプリでも余裕をもって進めたが、後半のポテンシャルの塊と言えるアムールブリエにぶっちぎられているし、前半の基礎スピードで後続の脚を削ぐというのはこのレベルでの戦いでは必須になってくるかもしれない。


2017帝王賞に向けての展望

 大井の2000はハイペースになることもしばしばあるし、そういう競馬に持ち込めればというところ。3歳時の比較でみるとJDDがハイペースで甘かったし兵庫CSの時みたいに平均で刻んでポテンシャルで、という方が良かったかなと思っていたが近走は逆。少なくともアムールブリエにポテンシャルで圧倒されるレベルだと後半勝負では苦しい。かといって前走の平安Sの様にオーバーペースになるリスクもある。それでも強かった浦和記念は3秒近い超ハイのレベルまで押し上げているし、消耗戦に持ち込む形が勝算としては一番高いと思う。それとアムールブリエとの比較で白山大賞典での強い競馬からもやはり全体で引き上げやすい2000前後の方がいい、というのはあるはず。その辺からも大井の2000m戦は問題ないはず。ただ、敢えて言えばやはりギアチェンジ面の課題はあるかもしれない。川崎記念では余力があった中でL3-2で1秒近い加速を問われてこちらは反応で見劣っていた。L1での伸びはオールブラッシュとの比較でみてそこまで悪くなかったしオールが12.2で刻んでいることを考えればこの馬自身も明確に加速はできているはず。ただそこまでの加速性能の差が出た印象。元々強い競馬をした兵庫CSや浦和記念でも仕掛けどころそのものは早かったと思う(兵庫CSは推測でしかないが)ので、基礎スピードとポテンシャルを合わせた競馬が合っているのかなと。大井の2000だと向こう正面でペースを上げても3~4角でどうしても緩みがちになるのでこの馬としては直線で再加速、という形がどう響くか。コーナーが緩いコースの方が合っている印象でもあるので川崎記念の負け方からもその辺りは懸念。なのでやはりペースを引き上げて最後の直線での加速の度合いをできるだけ小さく、2000m全体で上手く体力を分散させて勝負してほしい。チャンスはあると思うがコース適性的には不安があるので連下で押さえるかどうかかな。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第66回 ラジオN賞(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 ラジオN賞を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏競馬福島開催の開幕週に行われる3歳馬の重賞競走。秋への飛躍のためにも勝っておきたい一戦でもあり、過去には昨年の大阪杯の勝ち馬アンビシャス、07年菊花賞3着、有馬記念4着ロックドゥカンプ、京都金杯、七夕賞、オールカマーなどの重賞勝ちがあるマイネルラクリマが同レースで好走しており、古馬になって活躍している。

ダービーが終わり、クラシック路線を歩んだ馬は一休みとなるが、秋へ向けて賞金加算が目標の馬や、夏場に調子を上げて来た馬達が出走する。

今年は、桜花賞以来の出走となる3歳牝馬ライジングリーズン、ダービーは痛恨の除外も前走はオープン特別を快勝したサトノクロニクル、皐月賞で惨敗したキングズラッシュなどがスタンバイ。

3歳馬の成長期でもあり、ここから力を付けて重賞の常連となる馬も多く、各陣営にとっては今後のためにも結果を出したい一戦だ。

実は、競馬セブンでは「勝って休ませる予定。秋は菊花賞が目標だけに、ここは負けられない」と勝利宣言を出しているとある厩舎の勝負情報を独占入手。さらに完全ノーマークとなる人気の盲点となり出走する人気薄激走馬の大駆け情報を緊急入手!

先日の函館スプリントSでは◎ジューヌエコール(3人気)から馬連3090円ズバリ的中!ユニコーンSも◎サンライズノヴァから馬連2860円ズバリ的中とダブル重賞獲り!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第66回 ラジオN賞(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 ラジオN賞を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

png七騎の会:ラジオN賞300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

帝王賞 2017 出走予定馬:アポロケンタッキー、大井2000の東京大賞典勝ち馬もいわくつきの勝利…真価を証明できるか
帝王賞 2017 出走予定馬:サウンドトゥルー、漁夫の利戦法でラストの伸びは間違いなく…大井適性も高く良馬場なら中心
noimage
帝王賞 2017 予想用ラップデータ:ペースはマチマチ、コーナーで減速からの直線序盤での加速がポイントになりやすいレース
帝王賞 2017 出走予定馬:アウォーディーと武豊、地力は最上位もドバイ遠征明け、内枠から力を出し切れるかがポイントか
帝王賞 2017 出走予定馬:ゴールドドリーム、東京マイルでは強いが…1周コースの中距離路線ではパフォーマンスを落としているだけに…
帝王賞2017の出馬表と血統データ
帝王賞 2017 出走予定馬:オールブラッシュ、川崎記念の圧勝が本物かどうか?ペースが上がった前走が甘く、ケイティ・クリソに対抗できるか
帝王賞2017の予想
帝王賞 2017 出走予定馬:クリソライト、ハイペースメイカーも今回は厳しい流れでの強敵が多く…外枠から自分の競馬でどこまで粘れるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP