投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

宝塚記念 2017 出走予定馬:レインボーライン、札幌記念が道悪のハイペースで最後の伸び目立つ…雨の阪神2200で嵌れば怖い一頭

2017 6/25(日)
第58回 宝塚記念(GI) 芝内2200m
予想用・出走予定馬一覧
宝塚記念2017の予想用・出走予定馬一覧


 昨年夏の札幌記念でモーリスやネオスターダムを相手に互角の末脚を引き出したレインボーラインが宝塚記念に出走予定だ。菊花賞でも2着していただけに前走の天皇賞春では出遅れて後ろから良いところなく惨敗と物足りなさだけが残ったが、昨年夏~秋の出来ならば強敵を相手に互角に戦ってきた末脚は武器となる。春の大レースをルメールに良いようにされてきたミルコ・デムーロが意地の一撃を見せるか。


 日経賞は悲観するほど悪くはないと思うが、天皇賞春は出遅れたのを考慮に入れてもちょっと物足りなかった。良い頃の出来にあるかどうかがまず一つ。ただ条件的には面白い一頭で、札幌記念のパフォーマンスを考えるならやはりタフな馬場での厳しい流れが噛み合いそう。今回は良い面と悪い面を持つ馬が多くて悩ましいがこの馬もそうなる。


札幌記念(GII) 3着 16頭1枠2番
札幌芝2000m稍 2:02.1(+0.4) 59.9-61.8 H^2
12.7 - 10.9 - 12.0 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 12.7 - 12.5 - 12.1 - 12.3

 まずは5走前、3着だが強烈な末脚を発揮した札幌記念を振り返りたい。この時は札幌の洋芝で開催後半と時計もある程度かかっていたうえに稍重、雨の影響も結構大きくかなりタフな馬場状態だった。ペースは1.9でかなりのハイ、ラップ推移的には前半が早く3~4角で息が入ってのL2最速戦なので、上がり切ってはおらず流れたことで仕掛けのタイミングが遅かったという形。モーリスはともかくこの馬は結果的には脚を少し余した格好にはなっていると思う。


 2番枠から五分のスタート。そこからじわっと下げて中団から後方に、という感じになる。道中も下げながら向こう正面では後方馬群の中目、モーリスを意識できる位置で進めていく。3~4角で先にモーリスが動いたのでその直後を通しながらついていく、4角でも直後を通して直線。序盤でネオリアリズムが一足を使って再加速、という中で外からジリジリと伸び始める。L1では前にいたモーリスを相手に明確に差を詰めての3着だった。


 このレースでは一応自分の見立てとしてはネオリアリズム、モーリス、レインボーラインは直線まで余力があったという感じ。ネオリアリズムは一脚を使って出し抜いた、モーリスは全体のペースが上がって少し削がれたがそれでも直線で加速するタイミングでしっかりといい脚を見せた。レインボーラインに関しては少し脚を余したかなとみている。L1の段階では前との差はまず5馬身はあった。そこからL1だけで3馬身近く詰めてきている。L1が12.3ということから逆算しても大体11.8前後は使ってきているとみるべきで、上がり3Fの平均が12.1ということからもL2で詰めきれていないという点でも恐らくL1でようやく伸びてきた形だろうと。ポテンシャル面もさることながら、タフな馬場で基礎スピードを高いレベルで要求されてもまだまだやれてしまったあたり、消耗戦への適性の高さを予感させる競馬だったといえる。


ジャパンC(GI) 6着 17頭7枠14番
東京芝2400m良 2:26.4(+0.6) 61.7-58.9 S^2
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 菊花賞でもサトノダイヤモンドの2着、ポテンシャル戦でL1にしぶとく伸びて2着を確保と結果を残してきた。ただジャパンカップでは6着と少し物足りない結果となった。ペースは1.8でかなりのスロー、ラップ推移的にもL3最速戦。雨の影響もあって力の要る馬場、標準ぐらいの時計の出方だったがその中でのTS持続特化戦というところだ。


 14番枠からやや出負け、そこからじわっと出していって最初は中団ぐらいを意識、サウンズオブアースの後ろぐらいで進めていくが1角の手前でシュヴァルグランに前に入られてしまう。道中もシュヴァルグランの後ろで保ちながら後方で進めて3角。3~4角でもシュヴァルグランの直後を追走しながら直線だが進路確保で後手を踏む。序盤でシュヴァルの後ろから追いだされるがシュヴァルがそんなに伸びないので中の進路を選んで進めていく。そこから再度進路を外に誘導しながらという形でもL1まで食い込んできての6着だった。


 最序盤はそこまで悪くない入り方だったがシュヴァルグランを前に入れてしまったしそのうえでのスローということで、TS持続特化でまとめて差し切れるほどのものではなかったと。もちろんそれでも内容的には悪くないし、スムーズさを欠いてのものなのでこれで6着なら個人的には古馬との戦いでも目途を立ててきたかなとみていた。


日経賞(GII) 4着 16頭5枠9番
中山芝内2500m良 2:33.1(+0.3) 61.6-60.1 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 2走前のの日経賞は3~4角での進路どりが痛かったのはあるがそれでもちょっと物足りない面は見せたかもしれない。ペースは1.5でスロー、ラップ推移的には綺麗な5Fのポテンシャル戦となっている。後半勝負の割合が大きい。


 9番枠から出負けして後方からの競馬となる。そこから外に出してリカバーの意識、スタンド前ではその分もあってか掛かる形となって中団ぐらいまではリカバーする。向こう正面では中団の内目を選択、3角に入っていく。3~4角では好位列が徐々に下がってきてここでブレーキ気味、4角まで進路確保で少し苦労して直線。序盤でも進路が出来上がらず坂の上りでゴーサイン、L1ではジリジリと伸びてきていたが及ばなかった。


 個人的な解釈として、坂の上りの前に勢いをつけきれないと難しいというのがある。これは加速をするのに坂を上っている地点でするというのは効率が悪い、という認識から(もちろん坂の上りでの加速が相対的に得意な馬もいる)。基本的には坂は惰性を活かして上るべきもので、坂を迎える前にしっかりと勢いに乗せるという面を問われると。このレースではそれができなかった。3~4角で最内をぴったり立ち回ろうとしたがそのせいで3~4角で好位列が動けない中でこちらは余力があるのにその好位列の速度に合わせてしまっていたし、そこから直線でポジションがあの位置だともう一段ギアを上げる必要があるのだがそれをさせてもらえない進路の状態だった。結果坂の上りの地点でようやく追いだされて、減速ラップではあったものの伸び切れなかったのはその辺りが響いているかなと。3~4角で本来勢いをつけて直線に入っていきたかったというところで直線半ばまで待たされてしまった、ポテンシャル面で高いレベルのものを見せているこの馬としてはここが響いたと思う。


2017宝塚記念に向けての展望

 ここ5走で面白いレースが3つ、後は長距離なので菊花賞、春の天皇賞はここでは軽くという扱いだが、菊花賞では後半のポテンシャル戦でしっかりと正攻法、後方外々から差し込んできての2着。もちろんサトノダイヤモンドには完敗なので何ともだが、ポテンシャル面で高いレベルのものを見せてきたのは間違いない。天皇賞春は正直かなり物足りないが、ゲートが悪くなかった割にちょっと後ろ過ぎたのもある。日経賞で掛かったことを懸念したのもあるだろう。札幌記念では渋った洋芝でタフな状況、2秒近いかなりのハイペースでもしっかりと脚を引き出せたしL1最速の可能性が高く脚を余している(注釈しておくけど、あくまで結果的に。この時点でレインボーラインがここまで強いと思うのは難しいので福永を批判しているわけでは断じてない。モーリスマークは妥当な作戦)。ジャパンカップではスローで後ろ過ぎて進路確保で後手、日経賞でも窮屈な競馬を強いたことで進路確保も後手と良さが出なかった。この辺を踏まえても出し切る競馬を狙ってほしい。ゲートがあまりうまくないので最序盤の立ち回りはカギ。今回は7番枠に入ったので一旦下げて外からというのも手だが、岩田だし内に入り込みそうな感じはする。マイル路線の3歳時から外から正攻法でというパターンばかりだし、内でそんなに器用に立ち回れるイメージではないので岩田がどう乗ってくるか。内で包まれるパターンだとハイペースでズブズブにならないと届かないかなと。札幌記念をどこまで評価するかも一つのポイントだと思っているが、モーリスはともかくネオリアリズムは理想的な競馬ができたのはある。こちらは結果的に出し切れなかったわけだし、個人的には2200前後でハイペースで流れた方がいいかなと思っていて、タフな馬場は良いし嵌り切れば不気味さがある。後は岩田と展開とこの馬がマッチするかどうかかな。内に入り込むような競馬だとかなりリスクは出てくると思うが、上手く嵌れば。




PR【世間の評価は高かった!】2chで唯一あまり叩かれていないサイトはこれだ!

===================
・今週の注目レース
6月25日(日) [阪神11R]
宝塚記念(G1)
3歳以上オープン2,200(芝) 定量
===================

3連単配当を見ると、過去10年すべて万馬券決着。
今年は、キタサンブラックが1強と言われ、
しかも宝塚記念を回避した馬が多く、馬券も的確に絞れる要素が十分にあります。

3連単を当ててガッツポーズをしている姿を想像すると、
日曜日が楽しみでしかたありません。

そんな今週の大注目レースですが、的中必至と思いきや油断大敵。
走れる穴馬がどんどんピックアップされています。


先週の函館SSの結果のように、
1強と言われたセイウンコウセイがまさかの4着と、
穴馬が激走を見せる思わぬ展開が待ち受けているかもしれない。

まさか一昨年の様な52万馬券になることはあるのだろうか!?

そんな穴馬選びで、数社の競馬サイトが今、2chで評価があがってきています。
そのうちの一つに、僕が使っているサイトがあったので紹介します。

恐ろしいほどの高額的中を期待したい人にはおススメですよ!
■06月17日 阪神7R 3連単/30点/500円投資 6,675,700円獲得!
■06月17日 函館7R 3連単/30点/500円投資 8,054,650円獲得!

「競馬総本舗ミリオン」です。
※アドレス送信後、返信メールのURLをクリックでサイトに入れますが、
たまに返信メールが迷惑メールフォルダに入りますので、確認忘れがないようにしてください。

==============================
■06月17日 阪神7R
ロードアルペジオ(5番人気1着)
デスティネイション(14番人気2着)
3連単/30点/500円投資 6,675,700円獲得!

■06月17日 函館7R
コマノレジェンド(7番人気1着)
チェリースプリング(6番人気2着)
ボストンビリーヴ(12番人気3着)
3連単/30点/500円投資 8,054,650円獲得!
==============================

過去、宝塚記念の穴馬と言えば、
2016年:マリアライト(8番人気1着)
2015年:ラブリーデイ(6番人気1着)
2015年:デニムアンドルビー(10番人気2着)
2015年:ショウナンパンドラ(11番人気3着)
など。
競馬総本舗ミリオンの実力的に、宝塚記念は3連単的中を簡単に狙えるレースと考えていいと思います。

万馬券はとれる。キタサンブラックの着順によっては、10万馬券もとれる!
充分に期待していいと思います。

最近の荒れる競馬で負けまくっている方。 先週の函館SSでセイウンコウセイに裏切られた方。
今週の宝塚記念で3連単をズバッと当てて、屈辱をはらしましょう!!

「競馬総本舗ミリオン」

※アドレス送信後、返信メールのURLをクリックでサイトに入れますが、
たまに返信メールが迷惑メールフォルダに入りますので、確認忘れがないようにしてください。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

宝塚記念2017前々日オッズ 下位人気の馬にも要注意
宝塚記念2017予想参考前日オッズ 1番人気はキタサンブラック単勝1.4倍
宝塚記念 2017 出走予定馬:クラリティシチー、果敢に挑戦も格下で苦戦は必至…ただ距離延長は噛み合いそうな感あり
noimage
宝塚記念 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、最内枠を引き前半のポジションを取れるかが焦点も、雨で渋るのは歓迎できそう
宝塚記念2017のプレ予想 シュヴァルグランの評価
宝塚記念 2017 出走予定馬:スピリッツミノル、流石に強敵ズラリで苦しいが…ばてずに最後の食い込みでどこまで
noimage
宝塚記念 2017 出走予定馬:サトノクラウン、中間恵みの雨…ポテンシャルは現役最強クラス、後半のロンスパでキタサン撃破となるか
宝塚記念 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、GIタイトルを手中に収められるか?距離不安…スローロンスパなら
宝塚記念 2017 予想:本命11サトノクラウン
宝塚記念 2017 予想用ラップデータ:ペースは読みにくいが仕掛けはL3最速率高く早くなりやすいレース
宝塚記念 2017 出走予定馬:シャケトラ、距離短縮で再度軌道に乗せられるか…素材は魅力もやや人気先行感はある
宝塚記念2017予想参考 阪神芝コースの血統データ
宝塚記念2017のプレ予想 ミッキークイーンの評価
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP