投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【垂水S】視線はすでに「秋の盾」に…遅れてきた大器シルバーステート

82

1:  2017/06/22(木) 13:40:13.81 ID:CAP_USER9
宝塚記念(G1)の"前座"は任せろ! その視線はすでに「秋の盾」に......遅れてきた大器シルバーステートが「常識破り」の格上挑戦で連勝を目指す!
2017.06.22
http://biz-journal.jp/i/gj/2017/06/post_3664_entry.html

 果たして、この馬はどこまで強いのか......。約1年半ぶりの復帰戦を圧勝したシルバーステート(牡4歳、栗東・藤原英昭)が24日の垂水S(1600万下)に出走する。

 2歳の未勝利戦をレコード勝ちした後、続く紫菊賞(500万下)も単勝1.1倍の圧倒的な人気に応えて完勝。一昨年のクラシック戦線においてサトノダイヤモンドやマカヒキが台頭する以前、その中心にいたのは間違いなくシルバーステートだった。

 ところが2勝目を上げたところで、悲劇は突然訪れた。競走馬にとって「不治の病」ともいえる屈腱炎だ。クラシック筆頭候補といわれた大器は、1年以上の長期休養を余儀なくされた。

 復帰したのは、今年の5月だった。約1年半の休養を経て、オーストラリアT(1000万下)に出走。屈腱炎の長期休養明けということもあって様々な不安要素があったが、ファンは再びこの「遅れてきた大器」を1番人気に支持した。

 レースは好スタートを決めたシルバーステートがハナを切るという意外な展開で始まった。9頭立ての小頭数ということもあって誰も前に行きたがらず、レースは1000mの通過が63.2秒という極端なスローペースとなった。

 残り800mを切ったところでようやくペースが上がり始め、各馬がスパートに入る。しかし、先頭を走るシルバーステートは依然持ったままで、その手応えには歴然の差があった。

※ 全文はこちらでご覧下さい。
http://biz-journal.jp/i/gj/2017/06/post_3664.html

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ルヴァンスレーヴ戦列復帰!吉田代表「ダート界から年度代表馬になれれば最高です」
【みやこS】テイエムジンソク直線抜け出し圧勝!重賞初制覇
【小倉記念】タツゴウゲキ 追い比べを制し重賞初制覇!
noimage
【競馬】 JRA、コロナ対策として騎手のファンサービスを中止 来場者への感染予防喚起も
マウレア秋華賞回避で、武豊はカンタービレと新コンビ
福永「そもそもボクは長距離が好きじゃない。馬も人も疲れるからね」
レーヌミノル池添降板、鞍上は和田でマイルCSへ
noimage
メイショウテッコンは日経新春杯で武豊と再タッグ
【マイルCS】ダノンキングリー横山典「思い描いていた通りの騎乗ができた」
【京都2歳S】マイラプソディが完勝!無傷の3連勝で重賞制覇
【訃報】ブライトライン(牡9)予後不良
カレンブーケドール 鞍上マーフィーでドバイシーマクラシックへ
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP