投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

宝塚記念 2017 出走予定馬:サトノクラウン、中間恵みの雨…ポテンシャルは現役最強クラス、後半のロンスパでキタサン撃破となるか

2017 6/25(日)
第58回 宝塚記念(GI) 芝内2200m
予想用・出走予定馬一覧
宝塚記念2017の予想用・出走予定馬一覧


 昨年末の香港ヴァーズでは届きそうにない位置から強烈な末脚炸裂で嬉しいGI初制覇、中長距離路線で存在感を見せている実力馬サトノクラウンが宝塚記念に出走予定だ。前走の大阪杯ではキタサンブラックに対して完敗を喫したが今回は京都記念で連覇を果たした距離である2200m戦。春のGI戦線を締めくくる舞台でキタサンブラックに雪辱を果たせるか。


 大阪杯に関しては前半スロー自体は悪くないがやはりトップスピード戦になってしまったことが大きいと思う。字面で見れば平均だが実質で見れば明確にスローだし、その中でキタサンに仕掛けをコントロールされて4角で一気に上げられてしまった。タイプ的には宝塚記念タイプだと思うし兵庫県南部は昨日から今日にかけて相当雨が降っている。この辺りも踏まえるとこの馬にとってはシメシメ、という条件は整ってきた感はある。超高速馬場だと厳しいのでこの辺りの雨がどこまで残るか。


京都記念(GII) 1着 10頭6枠6番
京都芝外2200m稍 2:14.1 60.2-61.3 H^1
13.0 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.6 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 11.8

 昨年に続いて連覇を成し遂げた2走前の京都記念から振り返る。稍重で時計が掛かっていた状況でもあった。ペースバランスは1.1でややハイだが単騎逃げのヤマカツライデンが刻んだラップ。実質的に離れた3番手で見れば62秒ぐらいなので実質で見ればかなりのスローぐらいになる。そこからのポテンシャル戦というところだろうが、L2の地点で結構詰めているのでここではそれなりに速いラップというところかな。ただ馬場も重かったしそこまでのトップスピードの質は問われなかったとみている。


 6番枠からまずまずのスタートだが2,3歩目が少し遅い。其れでもゆったりした流れの中で楽にポジションを取って2列目で入っていく。序盤はゆったりからヤマカツライデンが単騎で逃げてガリバルディも前に行くのでそれを活かせて単独の3番手で余裕をもって楽に進めていく。3角でもまだ前とはかなり離れている中で坂の下りからしっかりと押していって前を捕えに行く、4角ではかなり差を詰めて2馬身差ほどで直線。序盤でそこからしっかりと伸びて先頭列だが外からマカヒキに伸びられる。しかしL1ではこれを振り切ってしっかりと捻じ伏せての完勝だった。


 恐らくL2の速い地点でマカヒキのトップスピードの質で少し見劣った感じだろう。良馬場で軽い状況ならまず間違いなくキレ負けしていたと思うのだが、馬場が渋ってソフトだったことでマカヒキも爆発力が削がれてL1の減速ラップ(2列目以降はL2で明確に詰めているのでL1では結構減速しているはず)の地点でばてずに踏ん張ったことでマカヒキとの差を作った形だと思う。この馬の場合は基本的にトップスピード戦では脆い馬で、ポテンシャル面が問われた方がいいタイプ。トップスピード戦でも出し切っての減速地点でばてずに踏ん張るのが持ち味だろう。


香港ヴァーズ(GI) 1着 14頭9番枠
シャティン芝2400m 2:26.22 62.03-59.75 S^1
25.29-24.46-24.55-24.35-23.42-24.15

 悲願のGI制覇を果たした3走前の香港ヴァーズも振り返っておく。相手関係も結構強敵で、2着のハイランドリールは2400m路線では日本のファンにもお馴染みの実力馬。これを撃破できたのは評価したい。ただ厳密に言えばハイランドリールは昨年の凱旋門賞やBCターフ辺りでもそうだが全体で流れた方がいい馬ではあるので、前半がスローだった(日本で見れば大体61.0-59.8でややスロー)のは幾らか楽だったし、最速地点がL4-3の23.42でトップスピード面を問われなかったという点でこの馬の土俵だったという点はある。


 9番枠からやや出負けして後方から、内内に入り込んで中団内目でまずは入っていく。道中はハイランドリールが支配する流れの中で1~2角で後方の内内、4列目というようなところでジッと我慢。3角辺りからハイランドリールがペースを引き上げていくという中で好位列が徐々に凝縮後方内内で我慢しながらも最短距離でロスなく立ち回って4角出口で3列目に押し上げる。序盤で抜け出しを図るハイランドリールを相手に唯一くらいついて2番手に上がると、L1では2馬身半ぐらいはあった差を確実に詰めて鮮やかに差し切った。


 内容としてみた時にやはり前述のとおりで、ペースがそこまで上がらずにまたこの馬自身も後方に近い位置で前半無理をせず、後半勝負にシフトした競馬ができた事が一つ。そしてそのうえでL4-3区間が最速で4Fで分散するようなポテンシャル戦になったことが一つ。平たく言えばスローロンスパになったことがこの馬にとっては好材料だったといえるし、スマートレイアーは外から勝ちに行ったのが響いたと思うが、ハイランドリール比較で見ればこちらの競馬になればこれぐらいはやれていい馬だったと思う。


大阪杯(GI) 6着 14頭5枠7番
阪神芝内2000m良 1:59.3(+0.4) 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 ただし、前走の大阪杯は完敗だった。もちろん、正直この時の高速馬場状態の2000mでは難しかったと思う。ペースバランスは平均だが実質的にキタサンの位置で見れば大体61秒前後なので超スローに近いレベルになる。後半は恐らく2段階加速気味の競馬でL3-2のどちらかが最速、11秒前半は問われているだろう、という感じ。軽い馬場で緩かったので早めの競馬にはなったがトップスピード面もある程度高いレベルで問われたのが大きかったかな。


 7番枠から五分には出てそこから積極的に出していかれて好位にはつける。道中も実質的には超スローのレベル、キタサンブラックの一列後ろで外目、前を向いて勝負に行ける位置で進めていくが前が少し邪魔でポジションを下げる。ただ3角でも積極的には仕掛けずにキタサンブラックからは結構離れて中団ぐらい。4角でそこから仕掛けられてステファノスの外から勝負に行って直線。序盤で4列目からジリジリとしか伸びてこない。L1でもジリジリとした伸びでヤマカツエースにも差し込まれて最後は苦しくなっての6着完敗だった。


 個人的にはもうちょっと早めからキタサンにプレッシャーをかけに行って分散してほしかった、というのはある。前半のスローはこの馬にとってはプラス材料だが2000でここまで緩くてとなるとどうしても4角辺りで速い脚を要求されてしまう。ここで無理をして甘くなってという感じ。トップスピードの幅が無いというか、あまり速いラップを踏まされて無理をするとL1で逆に踏ん張れなくなるという少し難しい傾向。府中で崩れることが多いのもこの辺があると思うし、いかに瞬間的に速い脚を踏ませないかが肝要で、スローであるならしっかりと早めに仕掛けて4~5Fで分散していく必要はあるだろう。その点でもこの大阪杯では再序盤より向こう正面以降で仕掛けを主導出来なかったのが痛かった。まあいずれにせよ2000はちょっと短かったと思っているが、最序盤で息を入れる前に結構いい位置を取れたということ自体は収穫。


2017宝塚記念に向けての展望

 先週までの馬場なら2200mでも難しいだろうと思っていた。何せこれまで改修後の阪神でも一番じゃないか、というぐらい全方位的に時計・ラップで異常だった。ここまで軽いと流石に基礎スピードもトップスピード面も質的に要求されてしまう。これでは…というところに恵みの雨と言っていい、60mm前後の大雨。仁川でどの程度降ったかはちょっと掴みづらいが、梅田方面から阪急での乗り替わりでお馴染みの西宮北口…西宮で水曜夕方から遡って1日の間に83mmも降っている。流石にここまで降ると影響は避けられないだろうし、この馬にとっては恵みの雨だろう。基本的にはタフな馬場になることでポテンシャル戦になることが望ましいし、2度の京都記念が示している。また香港ヴァーズの勝利も踏まえてやはり基本は前半はスローからのポテンシャル戦が理想。極端に速いラップを問われるとこれまで崩れてきていて、無理をすると甘くなる。それがトップスピード面で特に影響があるかなという感じ。宝塚記念は傾向的にも仕掛けが早くなることが多いし、馬場が悪化で時計が掛かり分散しながらポテンシャル戦、となればこの馬の出番だ。馬場次第で変わってくると思っていて、一応土曜の馬場・日曜の天気を見て最終的に判断したいが、ここまでは良い材料が揃ってきたかもしれない。ゴールドアクターとは逆の持ち味になるので道悪で悪化して速いラップを問われなければこちらが浮上してくる。



PR【世間の評価は高かった!】2chで唯一あまり叩かれていないサイトはこれだ!

===================
・今週の注目レース
6月25日(日) [阪神11R]
宝塚記念(G1)
3歳以上オープン2,200(芝) 定量
===================

3連単配当を見ると、過去10年すべて万馬券決着。
今年は、キタサンブラックが1強と言われ、
しかも宝塚記念を回避した馬が多く、馬券も的確に絞れる要素が十分にあります。

3連単を当ててガッツポーズをしている姿を想像すると、
日曜日が楽しみでしかたありません。

そんな今週の大注目レースですが、的中必至と思いきや油断大敵。
走れる穴馬がどんどんピックアップされています。


先週の函館SSの結果のように、
1強と言われたセイウンコウセイがまさかの4着と、
穴馬が激走を見せる思わぬ展開が待ち受けているかもしれない。

まさか一昨年の様な52万馬券になることはあるのだろうか!?

そんな穴馬選びで、数社の競馬サイトが今、2chで評価があがってきています。
そのうちの一つに、僕が使っているサイトがあったので紹介します。

恐ろしいほどの高額的中を期待したい人にはおススメですよ!
■06月17日 阪神7R 3連単/30点/500円投資 6,675,700円獲得!
■06月17日 函館7R 3連単/30点/500円投資 8,054,650円獲得!

「競馬総本舗ミリオン」です。
※アドレス送信後、返信メールのURLをクリックでサイトに入れますが、
たまに返信メールが迷惑メールフォルダに入りますので、確認忘れがないようにしてください。

==============================
■06月17日 阪神7R
ロードアルペジオ(5番人気1着)
デスティネイション(14番人気2着)
3連単/30点/500円投資 6,675,700円獲得!

■06月17日 函館7R
コマノレジェンド(7番人気1着)
チェリースプリング(6番人気2着)
ボストンビリーヴ(12番人気3着)
3連単/30点/500円投資 8,054,650円獲得!
==============================

過去、宝塚記念の穴馬と言えば、
2016年:マリアライト(8番人気1着)
2015年:ラブリーデイ(6番人気1着)
2015年:デニムアンドルビー(10番人気2着)
2015年:ショウナンパンドラ(11番人気3着)
など。
競馬総本舗ミリオンの実力的に、宝塚記念は3連単的中を簡単に狙えるレースと考えていいと思います。

万馬券はとれる。キタサンブラックの着順によっては、10万馬券もとれる!
充分に期待していいと思います。

最近の荒れる競馬で負けまくっている方。 先週の函館SSでセイウンコウセイに裏切られた方。
今週の宝塚記念で3連単をズバッと当てて、屈辱をはらしましょう!!

「競馬総本舗ミリオン」

※アドレス送信後、返信メールのURLをクリックでサイトに入れますが、
たまに返信メールが迷惑メールフォルダに入りますので、確認忘れがないようにしてください。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

宝塚記念 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊、8枠10番と今度は外枠だがむしろ歓迎だ
宝塚記念 2017 血統データ予想:ステイゴールドが大活躍…ディープ、キングマンボ系も好印象
宝塚記念2017前々日オッズ 下位人気の馬にも要注意
宝塚記念 2017 出走予定馬:シャケトラ、距離短縮で再度軌道に乗せられるか…素材は魅力もやや人気先行感はある
noimage
宝塚記念2017のプレ予想 ミッキークイーンの評価
宝塚記念2017予想参考 阪神芝コースの血統データ
宝塚記念 2017 追い切り・調教評価:雨で時計が掛かる馬場でも力強いフットワークで余裕の走り!
宝塚記念 2017 出走予定馬:スピリッツミノル、流石に強敵ズラリで苦しいが…ばてずに最後の食い込みでどこまで
宝塚記念2017の出走予定馬と傾向(スマホ、携帯からも)
宝塚記念 2017 予想:本命11サトノクラウン
宝塚記念 2017 出走予定馬:クラリティシチー、果敢に挑戦も格下で苦戦は必至…ただ距離延長は噛み合いそうな感あり
宝塚記念 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、ここを通過点とできるか?もちろん先にあるのはシャンティイの凱旋門賞だ
宝塚記念 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、前走はスローから要所で動けず…出し切って良いタイプで内回りの2200は歓迎のはず
宝塚記念2017予想参考前日オッズ 1番人気はキタサンブラック単勝1.4倍
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP