投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!

毎週日曜の22:00からツイキャスでのユニコーンS・函館スプリントS回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

 

2017 ユニコーンステークス(GIII) 東京ダ1600m良
レース回顧・結果

1:35.9 46.4-49.5 H^3
12.0 - 10.6 - 11.5 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.1 - 11.9

 う~ん…って感じ。かなり自信があったレースで、まあアンティノウスだけが物足りなかったんだけど、ちょっと極端な競馬になってしまって前には非常に厳しい競馬になった。時計は速いんだけど、良馬場でも雨の影響があったと思うし、L1最速11.9というのもあんまり当てにはならない。派手にサンライズノヴァが勝ち切ったけど、かなりトリッキーな中弛みになっているので正直あまりこれを額面通りに受け取るのはお勧めしない。東京マイルではままある光景。馬券的には前目で巻き込まれた馬を狙っていくのが理想だと思うね。タガノカトレアはやっぱり強いと思うわ。


1着サンライズノヴァ


 8番枠から出負けして後方から、それでも無理せず進めていたら最序盤で前が勝手にぶっとばしてくれて縦長。道中も中団外目でむりせず進めていたら3~4角で前が勝手に落としてくれたので楽に取り付いて直線で外。序盤でそこから追いだされてまだラップが遅い地点でしっかりと好位、そこからL2で2列目から先頭列まで。L1で楽に突き抜けた。


 まあL1までしっかりといい脚を使ってという点で後半勝負ができた馬の中では紛れもなく強かったと思う。東京1600でハッキリと速いラップを要求される競馬が合ったのもあるし、前が結局前半無駄にハイペースだっただけで全体の基礎スピード戦に持っていけなかったので(1000で見れば平均よりちょっと早い程度)中弛みで取り付けた馬からしてみれば全然しんどくなかった思う。また雨の影響もあって青梅特別の時よりは時計が出易かったというのもあるだろうと。恐らく前半の感じならマイルの基礎スピード面では不足していたと思うんだが、それを3~4角の無駄過ぎる中弛みで前が無意味に落としたことで取り付けたし前が勝手に潰れてくれたのが大きい。まあそれでも後半型の競馬でこれだけやれたのは大きいし、東京マイル適性で他の差し馬を上回ってきたからここまで突き抜けられたかな。ただ何度も言うけど今回の展開は前半無理せず、中弛みで外から取り付いてきた馬が圧倒的に有利なよくあるパターンなので、あまり過大評価はしない方が良いし本来はマイルより長い距離の方が本質は合っていると思うんだけど、東京マイルの場合は前半飛ばし過ぎて中間で無駄に緩めすぎてという感じで基礎スピードタイプの良さが削がれることが多いから。結果的に噛み合ったという感じ。ただそういう競馬をしっかりと誘導していけた戸崎は地味だけど評価しないといけない。東京マイルは難しいコースで、ちょっと基礎スピード的に足りないだろうって馬がこういうケースで差し込めちゃうからねえ…。馬券的にはなかなか難儀な舞台。


2着ハルクンノテソーロ


 2番枠から出遅れて後方から。道中も焦らず無理せずリカバーせずにタイミングを計って3角。3角で前が無駄にペースを緩めてきたので内のスペースを詰めながら上手く押し上げて直線でスムーズにそとに進路を取っていつのまにか3列目。序盤でそのままの勢いで楽に2列目に取り付いてくる。そのままL1でもしぶとく伸びたが最後はちょっと甘くなって突き放された。


 まあラストの甘さはどうしても出てくるね。今回は田辺がほぼ完璧に乗ってきたけど、緩い地点となったコーナーで内目で馬群を捌きながらではあったのでエンジンをかけるという視点で見れば少し難しい面もあった。ただこの馬は2走前の東京1400m戦でも内でまたされて動けているように要所で器用に入って行けるので田辺も敢えて内に絞った感じはあったかな。L1も甘くなったけど、それでも他に比べて浮上してきたのは前半巻き込まれず中弛みで取り付いて理想的に入れたのが大きいと思う。まあ1,2着が出負けしたことで却って良さが出ていることから考えてもわかるようにレース自体がトリッキーだった。器用なのでこの辺は評価できるけど、素材として過大評価をしてはいけない一頭かな。田辺がかなり上手く乗ってきたというのが大きい。


3着サンライズソア


 15番枠からまずまずのスタート、そこから無理せずじわっと出していって好位の外、ただ前がやりあう中で少し離れた好位から迷いながら最序盤の段階でリエノテソーロをマーク、割と前目で流れに乗ってしまう。3~4角では前がペースを落としてくる、こちらは仕掛けを待ちたいというところで後続は中弛みで取り付いて、4角出口で仕掛けながら直線。序盤でそこから伸びてくるが序盤脚を使った割にリードを取れずL2の段階で並ばれてしまう。L1でも頑張ったがハルクンノテソーロに逆転を許し3着を死守するまでに終わった。


 ん~まあこの馬が3着でハルクンノテソーロが2着、青竜Sから着順が完全に入れ替わっている辺りが展開の妙、って奴で。結局前半ハイペースに乗ってしまってこの地点では位置取りの差はかなりあった(目視推定で大体ハルクンには6~7馬身ぐらいは向こう正面では開いていたと)が、4角出口で中弛み地点で既に1馬身に詰められたと。12.8の地点でここまで一気に詰められているし、12.7の地点で勢いを殺さず入れたハルクンに並べれていると。緩い地点での勝負になってしまったので、これが逆転された要因。力負けというよりはここで動くぐらいの胆力がいる。よく前につけたことで満足して仕掛けの意識が遅れる、というのを言っているがこれはその典型。競馬ってのは余程抜けた馬がいない限りは相対的なスポーツだから、相手が苦しいときに無理をせず、相手が楽をしているときに無理なく勝負することで差を詰めることができる。田辺にしてやられて賞金を積み損ねた勿体ない騎乗やったね。まだまだ足りんわ、菱田も含めて。正直ここで賞金を詰めなかったのはこの馬にしてみれば勿体なかったね。まあでも強い競馬はできているし、総合力では上位とはそんなに差はない。最序盤で無駄の多い入り方をして中盤で勝負ができなかったのが敗因でしょう。勝ったかはともかく対ハルクンノテソーロで見れば3~4角で一気に詰められたのが全てで前半と中盤の乗り方次第では2着も確保できたと思う。その点では運が無かったし引き寄せられなかった鞍上がまだ足りんかな。


4着サンオークランド


 10番枠から出負けして後方からの競馬。道中も終始手が動いて追走に苦労するという競馬なのだが、3~4角で前が勝手にペースを急激に落としてきた、それでもサンライズノヴァの後ろから我慢して動ききれずに後方で直線。序盤でその分勢いをつけきれずに緩い地点で差を広げられてしまう。L2-1以降の速い地点では外から猛然と伸びてきて最後は際どく3着争いまでぶっ飛んできたが及ばなかった。


 ん~この馬も乗り方次第で3着、2着…サンライズを4角の入りで締められていたら勝ちまであったかもしれんね。田辺やノリ、豊、池添辺りなら面白かったかもしれんわ。3角で前が緩めてきていて。サンライズノヴァを目標にしていた中で、4角で明確に減速してポジションを上げられそうになった時に我慢してサンライズの後ろで合わせてしまうのが北村の悪いとこやね。あそこが仕掛けどころで外からサンライズに蓋をしながらあがっていくチャンスが一瞬だけあったがその判断を見誤って後ろで我慢してポジションを挙げられるタイミングで上げずに直線ヨーイドン、結果エンジンの掛かりの遅さでL3の緩い地点で置かれてL2-1と加速している地点で伸びてくるという勿体ない競馬になったと。こういうタイプと北村宏司は合ってない。それでも4着に来てしまうぐらい前にはしんどい競馬だったって話だと思うけどね。結局4角で動けそうな流れになった時にビビッて内に入りたがるところが北村のダメなとこ。フェイムゲームとかキタサンブラックとか、良い馬で結果を出されて色々感じなあかんで。4角で我慢したことで直線での加速で置かれたし、そもそもポジションも直線入りの段階で悪かったし。後ろからの馬で注目したいのはこの馬かな。もちろんあそこまで差があるとサンライズノヴァも強かったとは思うけど。


5着タガノカトレア


 11番枠から好発を切ってそこからじわっと促しながら先行争い。道中悩みながらで2列目に控えてからもリエノテソーロを締めることを意識しすぎて前目の流れにはっきりと乗ってしまう。3~4角では前が急激にペースを落としてしまったことでこちらも我慢せざるを得ない。そうこうしているうちに前半無理せず中団の中弛みで取り付いてくる馬がリードを縮めてきて好位列までは凝縮する中で2番手で直線。序盤でそこから追いだされてしっかりと抵抗、L2の加速ラップ地点でもここではまだ譲らず踏ん張って先頭列の一角、それでもL1は甘くなって5着に敗れた。


 ホント自信あったんだけど、鞍上が無駄に前に行ったからね…もうちょっとこの馬の末脚に自信を持ってほしかったんだけど。前半これだけ速い、この馬自身もまず間違いなく34秒台では入っている。それでも3~4角で緩んだことで1000通過では自身で59.8だからね。3~4角で無意味に緩めすぎたことが全てだし、前半でかなり速いラップを踏む中で前につけすぎたのも大きい。あそこまで前がやりあっているわけで、最序盤でもうちょっと控えてほしかったんだけど、リエノテソーロが見えて潰しに行く意識が働き過ぎた。息が入ってもやれると言ってもこの馬自身前半の入りで34秒台というのは未知数だったわけで、もうちょっと余裕をもって好位列から入って前が落ちてくるのを見越して3~4角でむしろ動く、ぐらいの余裕があれば全然違う結果になったと思っているんだけどね。本当にバランスの悪い乗り方をしてしまったな、という感じ。まあ東京マイルは難しいコースなので菱田レベルに求めるのは酷だけどね。出していってブレーキしてまた加速っていう競馬をあまりにも極端にさせ過ぎるとこうなる。11番人気での5着だから本人は満足しているかもしれんけど、全然いい騎乗じゃないから、そこだけは勘違いしないでほしい。この面子ならチャンスはあったと思うんだけどなあ。同じような競馬をしたリエノテソーロは撃破できているだけに流れに噛み合った競馬ができていたら違ったと思うんやけどね。前半急かさず動くべきタイミングを見越してほしい。こちらの想像通りには馬は頑張ってくれたので、良い馬だと思う。中弛みで取り付く立場のイメージが巻き込まれてしまったのが痛恨やね。せめてリエノテソーロよりは後ろで入ってほしかったわ。まあ、若手には難しいレースにはなったし諦めるしかないかな。菱田も含めて判断できなかった俺のミスや。


7着同着リエノテソーロこちら


7着同着アンティノウス


 7番枠からやや出負けして中団からのスタート。そこから序盤は無理をし過ぎず中団で進めていく、結果的には結構楽なポジションで進めて3角に入って行く。3~4角では中弛みで前が勝手に下がってくるという中で上手く中団の外から進めて直線で進路確保もスムーズ。序盤でそこから追いだされてという形だが思った以上に伸びが無くジリジリ。L2-1の地点でも良さはなく最後は甘くなっての完敗だった。


 ん~ちょっと敗因が掴みにくい負け方になった。流れとしては噛み合っていたと思うし、前半も無理なくは入れている。前走時も中弛みで息を入れてしっかりと直線で反応できているんだけど、思ったよりも他の路線が強かったというのはあるかもしれんね。この馬自身は前走の時計に近いところではやれているし、前走時ほど楽に入っていけなかったからね。もうちょっとやれるかなと思っていたけど、まあ現時点ではちょっと力負けしたかなという感じ。クロフネ産駒は中央のダート重賞クラスまで来ると基本甘くなるよなあ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 宝塚記念(GI)・鉄板3点勝負

  キタサンを脅かす穴馬も存在!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
6/11 エプソムC   6890円的中
6/03 阪神11R 1万4460円的中
6/03 阪神9R  1万0150円的中
5/28 日本ダービー1万1870円的中
5/28 京都11R 3万1280円的中

宝塚記念の3点勝負を見る方法!
pngホースメン会議:宝塚記念300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
noimage
noimage
小倉記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、代打秋山お見事…内から強襲し接戦を制した!
noimage
noimage
毎日王冠 2017 レース回顧・結果:リアルスティール、またミルコだ…絶妙な位置から仕掛けを待ちつつ直線の坂でグンと切れて接戦を制した!
京王杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:タワーオブロンドン、エンジンがかかってからが凄い…大外からL1で突き抜け完勝!
noimage
シリウスステークス 2017 レース回顧・結果:メイショウスミトモ、出来の良さと展開がマッチし強烈なバテ差しで番狂わせ!
noimage
エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!
noimage
京都金杯2018 レース回顧・結果:ブラックムーン、武豊の仕掛けがズバリ…遅いラップの4角で早めに動いて出し切った!
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP