投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:テイエムヒッタマゲ、九州産馬の星も昇竜Sは少し時計的に物足りず、ゲートを活かして粘れるか

2017 6/18(日)
第22回 ユニコーンステークス(GIII) 東京ダ1600m
出走予定馬一覧
ユニコーンステークス2017の予想用・出漕予定馬一覧


 2走前の昇竜ステークスでは9番人気という低評価を鮮やかに覆す逃げ切り勝ちを収めたテイエムヒッタマゲがユニコーンステークスに出走予定だ。九州産馬ながらも一般馬相手にオープン勝ちを収め、勢いに乗って毎日杯に参戦もここは流石に殿負け。ただダートに戻って再度ひったまげさせることができるかに注目だ。


 昇竜Sの時計的には正直ちょっと物足りない。同日の古馬牝馬限定500万下が1:24.9、こちらも少し緩んではいるがそれでも高いパフォーマンスとまでは難しいところ。


昇竜S(OP) 1着 12頭1枠1番
中京ダ1400m良 1:25.3 35.6-37.2 H^2
12.1 - 11.5 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 12.6

 2走前の昇竜S勝ちから振り返る。中京ダ1400m戦で時計は結構掛かっていた状況。1.6でかなりのハイペース、ラップ推移的には3~4角で緩んでの再加速戦で後半はL2最速。基礎スピードをある程度求められつつ、息を入れて動けたかどうかというのが一つのポイントだった。


 1番枠からまずまずのスタートを切ってそのまま二の足で楽にハナを取り切る。そこからはペースをコントロールして息を入れながら3角。3~4角でも更にもう一段ペースを落として仕掛けを待ちながら直線。序盤に追い出されて坂の上りで出し抜きを狙うが逆にラッシュアウトに並ばれる。しかしここからがしぶとくL1ではラッシュを競り落とし、今度は外からの強襲を受けるがこれも凌ぎ切っての勝利。


 点の1F12.1は結構速くてここで主導権を取れたというのが大きいかな。そのうえでペースをコントロールしてしっかりと加速ラップを踏んできたけど、その割にはL2での伸びというのは物足りず出し抜くどころか差を詰められた。他の馬の方が瞬間的な切れ味では上だったし、そのうえでL1は何とか踏ん張ったけど外差しのグッドヒューマーやシゲルベンガルトラには決定的に差し込まれている。時計的に見てもここで戦うにはもうちょっと欲しかったかなと。中京に替わってからの昇竜Sで、良馬場で初めて25秒台の決着となっているわけで、やはり例年と比べてもやや低調だったかなという感じは否めない。


はこべら賞(5下) 3着 16頭8枠15番
中京ダ1400m稍 1:25.7(+0.7) 33.8-39.1 H^6
12.0 - 10.6 - 11.2 - 12.1 - 12.9 - 12.8 - 13.4

 4走前のはこべら賞は同じ中京1400mでも展開が違って5.3と極端なハイペースとなった。ラップ推移的にもL3-2で誤差程度の加速はあるが後半3Fは13秒前後と消耗しきっている。基礎スピード特化戦とみてしまって良いだろう。


 15番枠から好発、そこから押して押してハナを狙うが内のアディラートらがかなり競っていくので無理をせずに2列目の外でという形。3~4角でも2列目の外から先頭列を追走しながらも差は詰まらずに直線。序盤でそこから追いだされるが伸びはなく、しかしばてずに食らいつく。L1では前から下がってきたキタノユーリンを交わすも外からサノサマーに差され、それでも何とか3着を確保した。


 基礎スピード特化戦で外から3角でも外目を回される羽目になった中でしぶとく踏ん張れたし一定の評価は必要。ただ当然だがアディラートには基礎スピードで差があったし、0.7秒差というのは流石に楽観的になれる材料ではないなと。ただテン1F12.0とここも速い中でスッとハナを狙えるレベルのゲート、出脚を見せているように最序盤はなかなかのパフォーマンスであるといえる。


2017ユニコーンステークスに向けての展望

 抽選がまだ出ていないので何ともだが、ひとまずハナを狙う、番手につけるというのは割と楽だと思う。それと、昇竜Sを見てもしっかりとコントロールが利くので、マイルで主導権を握ってペースを下げて、そこからギアを上げてという競馬になっても一定の目途は立てているといえる。ただ、単純に緩い流れに持ち込んだとしてトップスピード面では足りない、というのも見せてしまっている。緩めたところで直線勝負になってしまうとこのメンバー構成で強気にはなれないだろう。また、かといってペースを飛ばしたとしてもはこべら賞の内容からアディラートの方が2段階上のパフォーマンスを見せている。アディラートは緩めてもヒヤシンスSで高いパフォーマンスを見せている。現状アディラートよりは2段階下の存在かなと思っているので、アディラートが出てくるようならやはり扱いとしてはかなり下げる必要がある。メンバー構成次第だが、前のメンツ、特に総合力タイプが除外されてこの馬が有利に展開できそうなら3着ヒモあたりで引っ掛ける…というラインかな。アディラートが出てきてしまうと馬券的に手を出すのは難しいと思う。前半残したところでそんなに後半にスッと加速できたり、支部とくトップスピードを維持できる、というような要素を持っている感じではないからね。時計、ラップ的に見ても昇竜Sは少し物足りないのでなかなか高い評価はしにくい。


<PR>
2015年はドバイで好走したゴールデンバローズが敗退!

2014年はG1馬のアジアエクスプレスが大敗!

今回はG1で好走したリエノテソーロが出走予定だが……

あの【超穴馬】がリエノテソーロを脅かす

第22回 ユニコーンS (G3)

リエノテソーロを脅かす
【超穴馬】
無料で教えます


ユニコーンSの超穴馬はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

阪神4日目12R
◎シンゼンスタチュー
▲テンモース
△ローゼンタール(7番人気)
馬連2点目:1180円的中
3連複:3640円的中
3連単:1万5660円的中

東京1日目5R
◎ヴィオトポス
△ブショウ
▲ビリーバー
馬連大本線:1140円的中
3連複:4530円的中
3連単:1万8480円的中

第84回 日本ダービー (G1)
◎アドミラブル
○スワーヴリチャード
▲レイデオロ
3連複1点目:2220円的中

京都11日目7R
◎インフェルノ
馬連2点目:2180円的中
3連複:1万5440円的中
3連単:6万0220円的中

東京12日目6R
◎ボーダーオブライフ
馬単本線:2420円的中
馬連本線:1290円的中
3連単:4万3460円的中

第78回オークス (G1)
◎アドマイヤミヤビ
○ソウルスターリング
▲モズカッチャン
3連複1点目:4600円的中

東京8日目3R
◎コスモペリドット
3連複:4480円的中
3連単:2万4320円的中


ユニコーンSの超穴馬はコチラ

pngワールド:ユニコーンS300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:グランシルク、前走ラストの強襲…高速馬場の1400で切れ味を引き出せれば面白い
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ロードヴァンドール、前走は厳しい流れに乗って案外しぶとく…
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:エイシンバッケン、ペースに左右されず最後は必ず突っ込む末脚が魅力
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:マイハートビート、ポテンシャルは底を見せず…キレ負けしない流れが理想
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:フィエロ、もうそろそろ重賞初制覇を成し遂げたいが…やはり末脚を出し切れるかが焦点…
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デスティニーソング、1200m2勝もなずな賞は勿体ない競馬…流れて基礎スピードを活かしたい
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:サトノアーサー、ゲートが甘く動き出しも遅い…下りで勢いづく阪神で人馬とも正念場の一戦
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:プラチナヴォイス、皐月賞は刺さり癖もマシ…未勝利のレコード勝ちの内容からもマイルへの短縮は不気味
スワンステークス 2017 出走予定馬:サングレーザー、札幌でのギアチェンジ、前走の末脚は魅力、不気味さはあるが基礎スピードがどうか
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ベストアプローチ、なかなかかみ合わないが素質は確か…今回こそしっかりと末脚を出し切りたい
京都大賞典 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、デムーロに替わってどんな競馬をしてくるか?…京都の2400mで前半のペースと位置がカギとなりそう
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:ヴィブロス、世界を制した末脚は魅力も…瞬間的な反応や鋭さという点では強敵が多く試金石の一戦
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリーと武豊、久々のコンビ復活…ダービー馬の意地を見せてほしいが
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ブラックスピネル、京都金杯2着は内容濃く…マイル路線でも上位の実力馬のはず
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ニシノアップルパイ、厳しい流れでこその一瞬の脚が光る馬だけに、全体のペースがポイント
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP