投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【海外競馬】ディープ産駒セプテンバーが新馬戦圧勝、英ブックメーカーでオークス1番人気に

47

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/06/12(月) 13:43:35.07 ID:M3BC+PnI0
 8日に愛国のレパーズタウン競馬場で行われた、距離7ハロン(約1408m)の2歳メイドン(新馬戦)で、
ディープインパクト産駒のセプテンバー(牝2)がデビュー勝ちを果たした。

 クールモアスタッドが所有し、エイダン・オブライエンが管理するセプテンバーは、G1・愛オークス
(芝12F)、G1・ヨークシャーオークス(芝12F)など4つのG1を制したピーピングフォウンの5番仔にあたる。
2番仔まで愛国で産んだ後、米国に渡り、タピットを受胎した状態で来日。日本で2年続けてディープイ
ンパクトを交配された後、愛国に戻ったピーピングフォウンが、15年2月21日に愛国で出産したのが
セプテンバーである。同馬の1歳年上の全兄にあたる、日本産ディープインパクト産駒のウィスコンシン
(牡3)も、今年の5月にオブライエン厩舎からデビューし、5月25日にティッペラリーのメイドン(芝12F
110y)を制して、2戦目にして初勝利を挙げている。

 8日の新馬戦で、S.ヘファーナンが手綱をとったセプテンバーは、道中を4~5番手で折り合うと、直線に
向くと弾け、残り1Fで先頭に立った後、後続を5.1/2馬身突き放す快勝劇を演じた。

 この結果を受け、英国のブックメーカー・ベット365社は同馬を、2018年のオークスへ向けた前売りで、
オッズ26倍の1番人気に浮上させている。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=122826

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【定期】岩手競馬また禁止薬物検出
【ステイヤーズS】アルバート直線抜け出し完勝!ステイヤーズS3連覇!
【速報】仏騎手のブドーがレイプ疑惑で事情聴取
【安田記念】出否未定だったグレーターロンドン正式に出走決定!
藤沢和師も4000勝祝福!「JRAの隆盛は武豊君の功績」
サトノフラッグ、武豊で弥生賞へ
noimage
友道調教師「エタリオウは人の言うことを聞いてくれない。でも川田ならしっかり御してくれる」
大下智騎手が引退、調教助手に
noimage
noimage
【京都記念】福永「ディアドラ、めっちゃ動く。すごいパワー。馬格もすごい」
【競馬】 ソウルスターリング 秋は毎日王冠から天皇賞(秋)へ
【仏オークス】武豊アマレナは15着 ルメール騎乗のカルティエムは13着敗退
ルメール「今日はハービンジャーの馬場でした。負けたのは斤量の差」
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP