投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、芝でもダートでも頂点を争ってきた実力…伏兵陣をまとめて返り討ちにできるかが焦点だ

2017 6/18(日)
第22回 ユニコーンステークス(GIII) 東京ダ1600m
出走予定馬一覧
ユニコーンステークス2017の予想用・出漕予定馬一覧


 2歳時には全日本2歳優駿を堂々制し、3歳時には芝のNHKマイルカップで2着と芝ダート共にマイルで結果を残してきたリエノテソーロがユニコーンステークスに出走予定だ。前走のNHKマイルカップでは13番人気ながら驚きの鋭さを引き出しての2着。これまでダートで結果を出してきていただけに、もちろんダートに替わって勝利をモノにしたい。


 NHKマイルの2着をどう評価するかっていうところではあると。全日本2歳優駿は少なくとも2着がシゲルコングなわけで意外とあれを素直に評価しきるのは危険な感じ。ただ内容としてはしっかりとラストで脚を使えている、NHKマイルでも芝ではあるが厳しい流れからの再加速ができていると。扱いが凄く難しい。


全日本2歳優駿(JpnI) 1着 14頭1枠1番
川崎ダ1600m不 1:42.8 49.8-53.0 H^3
12.6 - 11.4 - 12.2 - 13.6 - 12.2 - 12.9 - 14.3 - 13.6

 まずは川崎マイルの全日本2歳優駿から振り返る。不良馬場で行われたが、ラップ推移的には後半はかなり落ちている、それでもL1は再加速。川崎らしく急コーナーごとに減速してという形、加速して減速、また加速して減速、そしてまた加速とギアの上げ下げを要求される競馬。1周コースなのでその中で基礎スピードを持ちつつもしっかりと加減速に対応できないと難しいという舞台だった。全日本2歳優駿に関しては正直かなりトリッキーな舞台なので良くも悪くもあまり当てにしづらいレースではある。


 1番枠からまずまずのスタート、徐々に外目に誘導しつつだが外の馬が前に入ってくるのでなかなか難しく包まれてしまう。向こう正面でも2列目のポケットで進めながら3角。3角で外に進路を取って上手くシゲルコングの外に持ち出し4角出口で並びかけて直線。序盤で一気に抜け出して後は独走、完勝だった。


 このラップ推移を見てもわかるように4角でどうしても大減速するのが急コーナーの川崎の傾向。厳しい流れで向う正面のL4が最速という中でそこからコーナーで減速という流れでもしっかりと直線で再加速することができたのが突き抜けた要因と言える。4着に後の東京ダービー馬のヒガシウィルウィンがいたり、5着にメイソンジュニアがいたりとなかなかの好メンバーではある。ただそれでも正直このレースに関しては川崎のマイル自体がかなりトリッキーな舞台なので東京マイルに繋がってくるのかはまだ何とも言い難い。いずれにせよ消耗ペースの中でも直線で何とか加速ラップに持っていくだけの余力はあったと言えそうだ。


NHKマイルC(GI) 2着 18頭7枠14番
東京芝1600m良 1:32.5(+0.2) 46.1-46.2 M
12.4 - 10.9 - 11.2 - 11.6 - 11.8 - 11.3 - 11.3 - 11.8

 前走のNHKマイルCは芝の3歳マイル王決定戦、という中での2着。13番人気での波乱演出となったが、一応これもしっかりと振り返っておこう。東京芝1600m戦で超高速に近い馬場。ペースバランスも平均だが3~4角で若干息が入ってL3実質最速と仕掛けも早かった。厳しい流れになって最速11.3なのでそこまでトップスピードの質は要求されなかった。


 14番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと控えて好位馬群の中目で進めていく。前にアエロリットを置くような形で目標にしながら3~4角でもアエロリットを徹底マーク、直後を通して4角で促しながら直線。序盤で上手くアエロリットの外に持ち出してしっかりと伸び、L2の地点ではアエロリットよりもいい脚を見せて1馬身差から詰めてくる。しかしL1では逆にアエロリットに少し離されての2着惜敗だった。


 芝のレースで基礎スピードを高いレベルで問われつつ、その上で直線でしっかりと加速できたか?という面を問われた。そのうえでL2の地点までは鋭く一瞬伸びかけていたように、芝でも高いレベルで戦えたとみていい。ただアエロリットの武器である前目からTS持続を高いレベルで引き出してくる、という前には流石に甘くなって差をつけられた。相手が強かったがそれでもボンセルヴィーソを撃破できているように3歳芝マイル路線でも2着にたがわぬ実力を見せてきたと思う。


エーデルワイス賞(JpnIII) 16頭7枠14番
門別ダ1200m稍 1:12.8

 ラップ推移が無いし距離も短いので何ともだが圧勝したエーデルワイス賞も見ておこう。14番枠からまずまずのスタート、そこから内の先行勢雁行状態の中で促しつつ好位の外という感じ。3角でも5頭ぐらい雁行状態の中で大外を回しながら、4角でも楽な手ごたえで徐々に内に絞りつつ直線に入ってくる。序盤で2列目から楽に先頭列に並びかけ、L1では独走という形で完勝だった。


 中央勢が結果的にこれといった強敵がいなかったのも大きいが、L1での伸びは圧巻でまだまだ余裕があった。また3~4角でのラップ推移が読めないので何ともだが、コーナーが緩くて緩くてロスに繋がりやすい門別であれだけロスがあっても楽々突き抜けたという点は評価しないといけないなと。


2017ユニコーンステークスに向けての展望

 まあもちろんこれまでのパフォーマンスから軽視はしづらいんだが、NHKマイルCの内容からもダートとは関係ないところでかなり人気を集めてしまいそうというのはあるかなあ。全日本2歳優駿の内容は正直ここでのつながりを求めるのは微妙なライン。シゲルコングが2着という点でもなかなか当てにはしづらい。ただ距離自体はダートコースの1周マイルで問題なくやれているし、東京マイルも問題ないと思う。また芝スタートでもNHKマイルCであれだけやれたなら後方から、ということもないだろう。底を見せていないのも事実だし、エピカリスのいない3歳ダート戦線ならもちろん中心の一頭で、3~4角で緩んでも対応できると思うし内目で包まれても全日本2歳優駿の感じなら底まで気にしなくても良いかも。今のところ大きな弱点はないと思うので、後は相手関係との比較かな。本命候補の一頭ではあるけど、1倍台まで入ってくると裏で狙いたい馬にもなる。とりあえず重い印候補で抽選次第、面白い馬を見つけていきたいという全体像かな。




━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「7割獲れて万券も獲る」
 プロの予想を4週間も無料提供!
  【 1日1鞍の渾身予想 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
6/3 鳴尾記念 1万4460円的中
6/3 阪神9R 1万0150円的中
5/28 日本ダービー1万1870円的中
5/28 京都11R 3万1280円的中
5/27 京都9R  1万7780円的中

1日1鞍野渾身予想を見る方法!
pngホースメン会議:ユニコーンS週300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

CBC賞 2017 出走予定馬:エイシンスパルタン、鉄砲は得意で1200m戦でも底知れず…混戦を断てるか?
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:セダブリランテス、2戦2勝、芝で結果を出して底を見せない不気味さもあるが…
レパードステークス 2017 出走予定馬:アディラートと武豊、なかなか勝ち切れないが…レースを支配して勝機を掴め
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
小倉2歳ステークス 2017 出走予定馬:モズスーパーフレア、前走は好時計だが伸びしろも期待できそうで楽しみな一戦
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:ウキヨノカゼ、ここ2走は噛み合わず…厳しい流れでもやれる今なら不気味
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:ブランボヌール、昨年札幌で好走も…前走不満で時計勝負に課題
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウインファビラス、厳しい流れで良さが出る一頭…強気に前を突いていきたい
中山金杯2018 出走予定馬:カデナ、完全復活なるか?弥生賞は強かったが、それ以降が不甲斐なく…
セントウルステークス 2017 出走予定馬:スノードラゴン、唯一のGI馬も近走なかなか決定的には差し込めず…開幕週の良馬場では?
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:レイデオロ、ダービー馬の第一歩…総合的に成長したか、真価を問う一戦だ
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、ドバイ遠征帰りの不安に昨年のようなハイペースで強烈な末脚を削がれないかどうか
小倉記念 2017 出走予定馬:ストロングタイタン、後半のポテンシャルは間違いなく…主導権を取って流れを引き寄せたい
新潟記念 2017 出走予定馬:タツゴウゲキ、今後は55kgに…新潟の2000でスローだと微妙な感はあり…
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:レッドファルクス、1400mへの延長もむしろ好材料か?ゆったり入って末脚を出し切りたい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP