投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:シゲルコング、昨年末川崎マイルで見せた粘り腰をここで見せられるか?ペースを引き上げ自分の競馬に徹したい

2017 6/18(日)
第22回 ユニコーンステークス(GIII) 東京ダ1600m
出走予定馬一覧
ユニコーンステークス2017の予想用・出漕予定馬一覧


 昨年末に行われた2歳ダート王決定戦、全日本2歳優駿で2着と結果を残したシゲルコングがユニコーンステークスに出走予定。ただし、それ以降がなかなか結果を出せず、前走の兵庫チャンピオンシップでも中団から伸びなく惨敗を喫した。マイルの舞台に再び戻して、昨年末の粘り腰を再び見せることができるか。


 まあ流石にここ数走の内容が悪いので何とも言い難い。それでも勝負を考えるならハイペースで引っ張ってどこまで粘れるかというところだろう。ヒヤシンスSのように緩む流れでも良さが出ていないし、現状引っ張って各馬の脚を削いでこちらが踏ん張るしかないと思う。


全日本2歳優駿(JpnI) 2着 14頭8枠14番
川崎ダ1600m不 1:43.4(+0.6) 49.8-53.0 H^3
12.6 - 11.4 - 12.2 - 13.6 - 12.2 - 12.9 - 14.3 - 13.6

 まずは直近の好走となっている昨年末の全日本2歳優駿から。川崎の1周マイルで不良馬場。ペースバランスも3.2で超ハイ、ラップ推移的にも最序盤速く、コーナーで緩んで向こう正面のL4最速12.2、そこから3~4角でさらに緩んでラストは再加速という競馬。まあこの馬も誤差程度には加速ラップだろうが、それでもこの馬自身はL1で14秒台に入っている。基礎スピード勝負の中で後続に脚を使わせた形とみていいだろうと。


 14番枠から五分のスタートだが外に寄れながらの出脚でそこから内田が積極的に出していって番手につけていくという形。1~2角の急コーナーで減速、そこで息を入れつつ向こう正面で促しながら前を突いていってL4最速の流れ。3~4角でも2番手で進めながらだが外からリエノテソーロに並ばれて先頭列で直線。序盤でそこから伸びたかったがリエノテソーロにあっさり交わされる。辛うじて2着争いではローズジュレップを制したが完敗ではあった。


 まあ内容的には完敗ではあったが、この馬としてはしぶとく踏ん張れたのはペースを引き上げて後続に脚を使わせる形になったのは大きいと思う。逆にここからの競馬で結果が出ていないのも基礎スピード特化型でなかなか好走する条件が狭い、というのはあるのかもしれない。未勝利を勝ったのも中山1200でのスピード勝負だった。


ヒヤシンスS(OP) 9着 15頭8枠15番
東京ダ1600m良 1:38.6(+0.8) 49.0-48.8 M
12.5 - 11.3 - 12.3 - 12.9 - 12.9 - 12.3 - 11.6 - 12.0

 4走前のヒヤシンスSがマイルでの負けパターンになってくると思う。ペースバランスは平均だが3~4角で12.9-12.9と大きく緩んでいた。従ってL2最速11.6が示す通りトップスピード、そしてそこまで持っていくギアチェンジといった機動力を含め総合的な要素を問われた一戦。


 15番枠から五分には出たかなという感じ、そこから楽に二の足で2列目外まで押し上げていくがそこからは終始掛かり気味で基礎スピードをコントロールするのに終始する形。3~4角では更に緩む中でブレーキ気味に進めて直線。序盤で加速していく段階で促されても動けない。L2の最速地点で追い出されて何とか伸びようとするがそれでも先頭列からは離されてしまう。ラストまでジリジリといい脚を使えず下がっての完敗だった。


 内容的には明らかにキレ負けというところで、ゆったりした流れで中盤まで掛かりながらの競馬。そこから直線で一気に加速というギアチェンジ面にはある程度対応していたと思うがL2の最速地点での伸びが単純に足りなかった。ペースをコントロールされて各馬が余力を持ってしまうとこの馬としては流石に難しい、というところ。


伏竜S(OP) 8着 8頭8枠10番
中山ダ1800m重 1:56.6(+4.0) 50.9-49.4 S^1
13.0 - 11.8 - 13.3 - 12.8 - 12.3 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 12.8

 この伏竜Sを見てもやっぱり基本的に後半要素を求めるのは難しいなという感覚。ここまで崩れたのは一歩目で躓いたのも含めてそれだけではないかもだが、それでも展開的にここまで崩れるには理由があるはずだと。ペースは1.5でかなりのスローに肉薄するスロー、ラップ推移はL5からのポテンシャル戦で後半特化である。


 10番枠から一歩目で躓いてしまって苦しくなるそこから最序盤緩い地点で一気にリカバーしてハナを取り切るところまでは上手くいった。そこからペースをコントロールしてスローに落とし込む。ただこれを嫌った後続に突かれる形でスローロンスパになった。3角辺りまではペースを引き上げて行けたが3角で手応えが悪くなって手が動く。4角でも外のプレッシャーを受けながら苦しくなって下がってしまい、後は良いところなくの惨敗だった。


 もちろんかなり明確に一歩目で躓いたのでそこからのリカバーで脚を使った面はあるが、それでもコントロールしすぎて後続にポテンシャル戦に持ち込む余裕をもたせてしまったことが崩れた要因ともいえる。いずれにせよこの馬の持ち味は前半の基礎スピード面だろう。それを活かせないと難しい。


2017ユニコーンステークスに向けての展望

 まずは前目につけられないと話にならない。ここ2走は1800m以上の距離で基礎スピードをコントロールしながら進めざるを得ない距離。この2走は流石にある程度度外視しても良いと思う。昇竜Sでも前に行けなかったのもあるのである程度は仕方ない。ただしヒヤシンスSを見ても緩めて良さが出たとは言い難いし、全日本2歳優駿や未勝利勝ちは明らかに基礎スピード面を高いレベルで問われて良さが出ている。なので、ここで2秒以上のかなりのハイペースまで持ち込めればワンチャンスはあるかもしれない。もちろんそれでもリエノテソーロ相手にとなるともちろん苦しいと思うし、それよりは2段階は下の扱いをすべきかなと。後は基礎スピード戦に持ち込んで他との比較。アディラートも手ごわいし、自分の競馬に持ち込んだとしても圏内までとなるとなかなか難しいかなと。一歩目が遅くなりがちなのは間違いないので、できれば外枠が欲しい。そのうえで多少リスクを背負ってもハナを取り切ってペースを引き上げ、コーナーでも極端に緩めない。後はどこまで粘れるか、という競馬が一番好走率が高くなるんじゃないかなとみている。現状ではそれでも強敵が多いことに変わりがないので外枠を引かなければ基本的には狙わないつもり。



PR 【ユニコーンSは確実に獲れる。最注目レースは函館SS。】

完結に説明します。
過去2年間、毎週のように3連単を当てている『うまコラボ』。

実は、今年のユニコーンS/函館SSの的中へ最も成功率の高い競馬指数提供サイトです。

それはなぜか。

うまコラボが提供しているのは『コラボ@指数』。
サイトの立ち上げからまだ期間が短いものの、ユニコーンSは2014年に22万馬券も的中。
そして2014年から3年連続3連単的中。今年の的中はすでに見えています。

函館SSは、毎年激荒れのレースで有名ですよね。
2016年3連単配当:397,650円
2015年3連単配当:944,140円
2014年3連単配当:872,270円

2016年に2番人気馬が2着に入線したこと以外、 過去3年の着順を見ると、3番人気までの馬は一度も馬券に絡んでいません。

その中でもうまコラボは、2014年6番人気ローブティサージュの入線や、 2015年14番人気アースソニックの入線をみごとに予想しています。

この結果を見てわかる通り、
入手データ量が年々増えてくることにより、予想精度はメキメキと上がってきています。

だからこそ、今年のユニコーンS/函館SSの的中に近づくために、うまコラボを試す価値は十分にあります。

■注目ポイント:函館SSの予想は無料での提供が決定しています。

お申し込みはこちらから

もっと詳しく知りたいという方は、どうぞ先を読み進めてください。

今年のニュージランドトロフィーは覚えていますか?
もう忘れたという方は、以下の結果を頭に入れておいてください。

1着 ジョーストリクトリ 【12人気】
2着 メイソンジュニア 【8人気】
3着 ボンセルヴィーソ 【5人気】
馬連配当 29,320円
3連複配当 49,810円
3連単配当 496,220円

まず、単刀直入にお伺いいたします。
素直にお考えください。

『あなたはこの馬券を獲ったら、何をしたいですか?』

仮に3連単の配当金、496,220円があれば、PCやスマホを新調してもお釣りはきます。
スーツを新調してもいいですし、奮発して家族や友達と旅行にも行けますね。
496,220円あれば、趣味に打ち込むお金も用意できました。

「496,220円なんて絶対に当たらない」

そんなことはありません。
狙いすまして当てることは十分に可能です。


実は『うまコラボ』を使えば、うまコラボさえ信じていれば、この馬券を獲れたと言ってしまっても過言ではありません。
『コラボ@指数』の序列上位6頭の馬は走る。とにかく走る。
お気づきではないかもしれませんが、ニュージーランドトロフィーは指数序列6位の馬を買っていれば、当てることができました。



先日の指数序列上位6頭BOXの3連単の的中率をご紹介します。

5月28日(日)全レース中 【33.3%】
5月29日(土)全レース中 【41.7%】




勿体ないと思いませんか?
うまコラボを使っていれば、あなたはあの金額を手にできていたかもしれない。

先月の日本ダービー、まだ皆さんの記憶にあると思いますが、あのガチガチの決着、的中して当たり前だと思っています。

1着には指数序列5位、フランスのダービーで1勝しているルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ。
2着に指数序列6位のスワーヴリチャード。
3着には指数序列1位のアドミラブルが入り、3連単まできっちりと的中することができました。

『レイデオロは他の馬に比べると評価が低く、走れないと思っていた。』
『スワーヴリチャードは適性はあっていたが、評価されすぎなだけと思っていた。』
『アドミラブルは脚質面の不安が大きすぎた。』

言い訳をしようと思えば沢山出てきます。

しかし、現実を考えれば、うまコラボを使っていれば当たっていた可能性はあります。
勿論、うまコラボを信じていればのお話。
だけど、当たるチャンスがあったことは紛れもない事実です。

この事実から、あなたは目を逸らしてユニコーンS/函館SSの馬券が買えますか?
ユニコーンS/函館SSを当てたいなら、まずはうまコラボを利用してみてください。
指数を見てから馬券を買っても損はしないですよ。

お申し込みはこちらから

■うまコラボの無料会員特典

  • 『函館SS』
    (毎週の注目重賞予想が見れます。)
  • 毎週全競馬場の1R~6Rまでの予想

他の予想サイトからすると、無料会員特典が少ないかもしれません。
だけど、当てることが競馬情報を提供するサイトの最大の使命。
的中に結びつかない不要な情報は必要ないんです。

■『月額1,980円』有料会員

  • 無料予想以外のレース全部の予想
    (今週はユニコーンS(G3)を含めた全競馬場全レース指数解放)
  • うまコラボ厳選レースの少点数買い目提供
    (うまコラボの評判が高いのはこの部分)

有料情報は、別に必要ないって方は必要ないかもしれません。
だけど、これだけは言わせてください。

『あなたが思っている以上の成績を、毎週毎週叩き出しています。』

無料会員になり、無料会員メニューを使い倒して下さい。
間違いなく、有料会員になってもいいかなと思っていただける指数システムを構築できていると思います。

これだけは言わせてください。
毎週結果を残せる根拠がある。

これだけは伝えておきたい。
毎週結果を残してきた実績がある。

あなたも、うまコラボの『コラボ@指数』を使って、毎週末の夜ご飯を豪華にすることから始めてみませんか。

お申し込みはこちらから

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

キーンランドカップ 2017 出走予定馬:シュウジ、ここ3走の崩れは心配も、オーバーペースが要因の可能性高く…
函館記念 2017 出走予定馬:ステイインシアトルと武豊、同型に強敵…厳しい流れにどういう位置で入っていくか
カペラステークス 2017 出走予定馬:ディオスコリダー、前走の西陣Sでは前半残して鋭く…ペースが上がり切らない方が良いかも
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、前走はタフな流れで完勝も…息を入れて鋭く出し抜ける馬でもありここも不気味
皐月賞 2017 出走予定馬・プレ予想:キングズラッシュ、中山2000m実績あるが…休み明けやペースなど不安が多すぎる
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、連覇の前に立ちはだかるダイヤモンドの壁を砕けるか?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:カラクレナイ、デムーロだと出負け癖が目立つが…流れても脚を使えるのは魅力
新潟記念 2017 出走予定馬:タツゴウゲキ、今後は55kgに…新潟の2000でスローだと微妙な感はあり…
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:キャンベルジュニア、素質馬も超高速馬場の1400mで基礎スピード負け、キレ負けしないか
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:ラインスピリット、新潟1000で強い勝ち方、適性的にチャンスの一戦か
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クイーンズリング、昨年は2列目からの鋭い抜け出しで圧倒…力通りなら一枚上だが状態面がカギ
鳴尾記念 2017 出走予定馬:バンドワゴン、不器用な素質馬を破竹のルメールがどう導くかに注目
ローズステークス 2017 出走予定馬:カラクレナイ、前走は負けすぎ、関西圏で巻き返せるか?…道悪で警戒も
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ロードヴァンドール、前走は厳しい流れに乗って案外しぶとく…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP