投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!

2017 マーメイドステークス(GIII) 阪神芝内2000m良
レース回顧・結果

1:59.5 60.6-58.9 S^2
12.7 - 11.2 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 11.7 - 11.2 - 11.3 - 12.5

 ペースは1.7でかなりのスローペース、結構顕著に高速馬場状態だったので60を切れなければスローは確定的というような状況ではあったが、見ていてやはりスローになったかという感じ。後半はその代わり動き出しの意識が早くなってTS持続特化戦のような形になったと言えそう。基本的には4角地点でロスなく立ち回れた方が良かったとは思う。


1着マキシマムドパリ


 五分のスタートだったがスローを見越したか早い段階でじわっと促して先行策、トーセンビクトリーと同じ2列目で競馬を進めていく積極的な選択を取る。道中もトーセンに終始蓋をする形で外の選択肢を作らせずに3角に入っていく。3角でワンテンポ先に仕掛けることでトーセンビクトリーの持ち味と進路を封じてそのまま4角では最速地点で2頭分外から勝ちに行くリスクを取って直線。序盤で早々に抜け出し流石にL1はちょっとしんどくなってラップも減速、内外から来られかけるがそれでも決定的には詰めさせずの完勝だった。


 藤岡さんやればできるじゃないですか…って競馬ファンの8割ぐらいは思ったんじゃないかなあ。良い騎乗だった。もちろん出していっての先行策が前半からペースが上がった時のリスクはあるけど、恐らくトーセンビクトリーに対してしっかりと勝負を挑む、というコンセプトだったんじゃないかな。トーセンに対してはやはり出し切ってこそ勝機が生まれるし、かつ要所の反応の良さを早仕掛けに持ち込むことで潰したし、もっと言えば外への進路を潰して前2頭が当てにならない馬ということもあって完全にトーセンビクトリーを要所で取り残させる競馬を展開した。前半スローの内に良い位置を取ることが騎手のアイデア、後はこの馬の長所であるTS持続なりポテンシャル面なりを頼ってくるなら来いって感じ。こういう騎乗スタイルをもっともっと磨いてかつ馬との適性に合わせて色々な引き出しを作ってほしいね。今日は最高に近い騎乗だったと思う。後ろから行くかなと思っていたけどしっかりとスローを読んでの積極策が利いた。文句なしだし、馬も力をつけてきているというかトップスピード戦でとなるとちょっと甘くなることが多かった馬だけど、それでもきっちりL1まで寄せ付けなかったからね。昨年秋ぐらいからちょっとパワーアップしてきた感はある。愛知杯の勝ち方も良かったし、今後は秋のGI戦線まで含めて注目しないといかんね。藤岡兄はまず祐一のポジションを奪うぐらいの気合で頑張ってほしいわ。今回は本当に良かったよ。


2着クインズミラーグロ


 4番枠から五分のスタートからじわっと出していくが前にはつけられずに好位集団の中目で進めていく。道中もスローの中でマキシマムドパリやトーセンビクトリーの列の後ろ、内内で我慢しながら3角。3角でトーセンの直後からその外に出してマキシマムドパリの後ろの進路を狙う。そのまま4角で追い出して2列目で直線。序盤でそこからマキシマム度の外を狙うも少し塞がれてワンテンポ置かれる。L1でそこからもう一欲しかったが最後はジリジリで激しい2着争いを何とか死守したという形。


 直線で外にスッと出せていたらという感じはあったかな。少し窮屈そうに見えたし使える脚がそんなに長い方ではないからあの形ではちょっと難しかった。ただそれでも2着争いを何とか死守できたしこの馬らしい詰めの甘い競馬の中で何とか賞金を積めたというのは良かったかな。前にマキシマム、トーセンとどちらでも良い、というポジションを取って途中でトーセンが詰まることを想定して上手くマキシマムの動きに合わせた辺りはファインプレーだったと思うし、上手くロスなくつまらないところを通せたのは大きかった。やっぱりこの馬はコーナーで動く競馬の方が合っているのかなという感じ。それでも愛知杯に続いてマキシマムに完敗しているわけなので序列としてはやっぱり一段下。


3着アースライズ


 1番枠からまずまずのスタート、そこから無理せず控えて2列目からトーセンを前に入れて3列目、更に向こう正面ではクインズミラーグロを入れて4列目まで下がる。道中も折り合いに終始する形、3角でクインズミラーグロが動いたタイミングでそのスペースを詰めながら3列目、4角で進路をトーセンの外に持っていって3列目で直線。序盤で3列目から狭いところを突いて一瞬鋭く伸びる。しかしL1ではそこからマキシマムドパリとの差を詰めきれず、最後は外のクインズミラーグロにも差し込まれての3着となった。


 まあ…クインズVSアースライズという賞金をなかなか積めない善戦女子同士の熱い譲り合いと言えなくもないか…こちらはわずかに賞金を積めなかったと。結果的に見てもやっぱり先にクインズミラーグロに前に入られてしまったのが結構響いたかなと思う。行けなかったなら仕方ないけど、序盤の感じなら流石に3列目は確保できたと思うしね。その辺りはちょっともったいなかったかな。この馬も牝馬中距離戦線ではワンパンチ足りないけど決定的な弱点が無いから崩れないって感じ。ただこの馬の場合はクインズよりももうちょっと距離を長くして、ポジションをじわっと上げながら勝負していく方が良いかもしれんね。どちらかというとトップスピード戦よりもポテンシャル寄りの競馬の方が良いと思うし。一度2400周辺を使ってみてほしいかな。


4着キンショーユキヒメ


 6番枠から五分には出てそこから下げて後方集団の中目。道中もそこから徐々に外に出して後方で3角。3~4角で各馬が外から動いていくという中で後方外目から追走して直線。序盤の段階ではジリジリで中団列に食らいつく程度。しかしそこからL1の減速でしぶとく伸びてきて最後は決定的に2着争いで優位な脚を繰り出してくるが届かずの4着となった。


 ここまで伸びたのは多分51kgの恩恵が大きいとは思うんだけど、それでも基本的にTS持続がちょっと足りない馬、という認識だったのでここまでやれたのは結構驚かされたかな。外からのロスは基本的にはあったとみるべきだし、前もしんどくなっていたので軽ハンデが活きた、このパターンがマーメイドSでは起こりがちなのは当然なんだけど、この馬が来るとは思わなかったかな。最後はちょっと焦った。まあでもやっぱり正攻法で外々からTS持続で上位に食い込み切るにはまだちょっと足りないというわけだし、もうちょっと前半を上手く詰める必要はあるかもしれない。この馬ももうちょっと距離があった方が良いタイプだとは思うんだけどね。


5着ビッシュ


 11番枠からやや出負け、そこからじわっと出していくが無理はせずに中団。道中もスローペースの中で外々からじわっとポジションを押し上げる。3~4角でマキシマムドパリの後ろから仕掛けて行って2列目で直線。序盤で外から伸び切れず、L1で若干接触もあったがそれでも伸びなく5着完敗だった。


 ん~この馬の場合全体のペースを引き上げて基礎スピード面をある程度問われる形にならんと厳しいわな、という感じ。そんでまたこういうタイプに限って福永も外から勝ちに行くんやしな…。オークスのイメージが強いのかもしれんがあれは全体のペースが平均で流れていてかつ緩んでいたコーナー地点でのものなわけで、今日のレースは秋華賞に近い展開、スローから3~4角で分散しながらペースが上がっていくというパターンだったわけで、これで外から勝ちに行ってはTS持続が甘くなって苦しくなる。いずれにせよ今のままでは展開次第で全体のペースが流れてくれないと全然安定してこないと思う。状態面がどうかってのもあるけど、個人的にはそういうイメージで基礎スピードを問われた方が良い。函館記念とか札幌記念とか小倉記念とかを狙った方が良いと思うね。全体のペースが上がってくればもうちょっとやれるはず。


7着バンゴール


 2番枠から五分には出たが出足が悪くスーッと下がってしまって後方。道中も後方馬群の中目で進めてアースライズの外から中目を選択して3角。3~4角では中団馬群の中から外のビッシュを目標に進路を取って3列目で直線。序盤ですぐに進路確保してと上手く乗ったがここまで。最後までジリジリと伸び切れずの7着完敗だった。


 荻野極君は3~4角での進路のイメージを上手く持って乗ってくれたし直線までの外への進路の取り方も良かった。これで伸びなかったなら仕方ないかな。スローからのTS持続戦でこの馬にとってはチャンスもあったと思うが、相手を褒めないとというところかな。トップスピード戦になったし持っていき方も良かったと思うけど、まあロス自体はそこそこあった。それでも同斤量のキンショーユキヒメもロスが多かった中で差し込んできているからね。力負けだったかな。


9着トーセンビクトリー


 5番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながらだがマキシマムドパリやショウナンバーキンが外から来たので2列目のポケットに入り込む形。最序盤からずっとマキシマムドパリに外を塞がれる形になって内ポケットで包まれた状況のまま3角に入っていく形になってしまう。3角手前で先にマキシマムドパリに動かれてしまい、こちらは外に出せずに進路が無い。4角で前2頭がしんどくなってきたところで進路確保で苦労して直線。序盤でも外への進路確保は失敗。完全に置かれてしまってL1で鞭一発もむなしくなだれ込むのみの9着完敗。


 勝負所の3~4角でここまできれいに詰まってしまうと苦しい。最序盤で2列目ポケット自体は選択肢としてはありなんだけど、逃げ、番手外という選択肢があった中でちょっと消極的過ぎた感じはある。ある程度ついていっても大丈夫な高速馬場だったわけで、マキシマムドパリに対して外を回させる選択ならあの隊列なら番手外でも良かったかなという感じ。まあここまで藤岡が徹底して外に出させない選択を取ってくるとも思わないし難しかった面はあるが、前2頭が当てにならない状況でちょっと安易に2列目ポケットに入り過ぎた感じはあるね。まあ崩れてしまったのは仕方がないんだけど、今回は藤岡を褒めるべきか…。



PR 【ユニコーンSは確実に獲れる。最注目レースは函館SS。】

完結に説明します。
過去2年間、毎週のように3連単を当てている『うまコラボ』。

実は、今年のユニコーンS/函館SSの的中へ最も成功率の高い競馬指数提供サイトです。

それはなぜか。

うまコラボが提供しているのは『コラボ@指数』。
サイトの立ち上げからまだ期間が短いものの、ユニコーンSは2014年に22万馬券も的中。
そして2014年から3年連続3連単的中。今年の的中はすでに見えています。

函館SSは、毎年激荒れのレースで有名ですよね。
2016年3連単配当:397,650円
2015年3連単配当:944,140円
2014年3連単配当:872,270円

2016年に2番人気馬が2着に入線したこと以外、 過去3年の着順を見ると、3番人気までの馬は一度も馬券に絡んでいません。

その中でもうまコラボは、2014年6番人気ローブティサージュの入線や、 2015年14番人気アースソニックの入線をみごとに予想しています。

この結果を見てわかる通り、
入手データ量が年々増えてくることにより、予想精度はメキメキと上がってきています。

だからこそ、今年のユニコーンS/函館SSの的中に近づくために、うまコラボを試す価値は十分にあります。

■注目ポイント:函館SSの予想は無料での提供が決定しています。

お申し込みはこちらから

もっと詳しく知りたいという方は、どうぞ先を読み進めてください。

今年のニュージランドトロフィーは覚えていますか?
もう忘れたという方は、以下の結果を頭に入れておいてください。

1着 ジョーストリクトリ 【12人気】
2着 メイソンジュニア 【8人気】
3着 ボンセルヴィーソ 【5人気】
馬連配当 29,320円
3連複配当 49,810円
3連単配当 496,220円

まず、単刀直入にお伺いいたします。
素直にお考えください。

『あなたはこの馬券を獲ったら、何をしたいですか?』

仮に3連単の配当金、496,220円があれば、PCやスマホを新調してもお釣りはきます。
スーツを新調してもいいですし、奮発して家族や友達と旅行にも行けますね。
496,220円あれば、趣味に打ち込むお金も用意できました。

「496,220円なんて絶対に当たらない」

そんなことはありません。
狙いすまして当てることは十分に可能です。


実は『うまコラボ』を使えば、うまコラボさえ信じていれば、この馬券を獲れたと言ってしまっても過言ではありません。
『コラボ@指数』の序列上位6頭の馬は走る。とにかく走る。
お気づきではないかもしれませんが、ニュージーランドトロフィーは指数序列6位の馬を買っていれば、当てることができました。



先日の指数序列上位6頭BOXの3連単の的中率をご紹介します。

5月28日(日)全レース中 【33.3%】
5月29日(土)全レース中 【41.7%】




勿体ないと思いませんか?
うまコラボを使っていれば、あなたはあの金額を手にできていたかもしれない。

先月の日本ダービー、まだ皆さんの記憶にあると思いますが、あのガチガチの決着、的中して当たり前だと思っています。

1着には指数序列5位、フランスのダービーで1勝しているルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ。
2着に指数序列6位のスワーヴリチャード。
3着には指数序列1位のアドミラブルが入り、3連単まできっちりと的中することができました。

『レイデオロは他の馬に比べると評価が低く、走れないと思っていた。』
『スワーヴリチャードは適性はあっていたが、評価されすぎなだけと思っていた。』
『アドミラブルは脚質面の不安が大きすぎた。』

言い訳をしようと思えば沢山出てきます。

しかし、現実を考えれば、うまコラボを使っていれば当たっていた可能性はあります。
勿論、うまコラボを信じていればのお話。
だけど、当たるチャンスがあったことは紛れもない事実です。

この事実から、あなたは目を逸らしてユニコーンS/函館SSの馬券が買えますか?
ユニコーンS/函館SSを当てたいなら、まずはうまコラボを利用してみてください。
指数を見てから馬券を買っても損はしないですよ。

お申し込みはこちらから

■うまコラボの無料会員特典

  • 『函館SS』
    (毎週の注目重賞予想が見れます。)
  • 毎週全競馬場の1R~6Rまでの予想

他の予想サイトからすると、無料会員特典が少ないかもしれません。
だけど、当てることが競馬情報を提供するサイトの最大の使命。
的中に結びつかない不要な情報は必要ないんです。

■『月額1,980円』有料会員

  • 無料予想以外のレース全部の予想
    (今週はユニコーンS(G3)を含めた全競馬場全レース指数解放)
  • うまコラボ厳選レースの少点数買い目提供
    (うまコラボの評判が高いのはこの部分)

有料情報は、別に必要ないって方は必要ないかもしれません。
だけど、これだけは言わせてください。

『あなたが思っている以上の成績を、毎週毎週叩き出しています。』

無料会員になり、無料会員メニューを使い倒して下さい。
間違いなく、有料会員になってもいいかなと思っていただける指数システムを構築できていると思います。

これだけは言わせてください。
毎週結果を残せる根拠がある。

これだけは伝えておきたい。
毎週結果を残してきた実績がある。

あなたも、うまコラボの『コラボ@指数』を使って、毎週末の夜ご飯を豪華にすることから始めてみませんか。

お申し込みはこちらから

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

スプリンターズステークス 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、ゆったり入って坂の上りで推定10秒台の強烈な切れ味を引き出しての勝利
ステイヤーズステークス 2017 レース回顧・結果:アルバート、力の違いを見せての3連覇達成!
京阪杯 2017 レース回顧・結果:ネロが力の要る馬場を利して久々に逃げられて波乱の主役!
京都2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:グレイルと武豊、まだ完成度は低いが素質の違いで捻じ伏せた!
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
noimage
フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!
ファンタジーステークス 2017 レース回顧・結果:ベルーガ、強烈な末脚を披露し大外一気…本番に向け視界良し!
noimage
新潟大賞典 2017 レース回顧・結果:サンデーウィザード、終始促しての積極策が功奏…直線叩き合いを制し重賞初制覇!
noimage
中山牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:トーセンビクトリーと武豊、鮮やかに進路を確保しスッと抜け出しての完勝!
noimage
サウジアラビアRC 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、激流でも堂々突き抜けクラシックを意識させるレコード勝ち!
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP