投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 エプソムカップ(GIII) 東京芝1800m良
レース回顧・結果

1:45.9 12.8 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 11.5 - 11.7 - 10.8 - 11.6 - 12.1
48.2-46.2 S^2

 ホントスローも想定しといてよかったよ…どちらにせよミラノは早仕掛けやろってところだけは決め打っといたけど。このメンバー構成でもスローになり得るから怖い怖い。クラリティの田辺が出負けしちゃうとこうなるか…マイネル軍団に関してはこんなもんかな。マイネル軍団が支配すればやっぱ馬の適性云々あんまり関係なくスローになっちゃうからその辺もイメージして予想しないといかんってことね。ちょっとずつだけどやっぱ展開予想はあきらめの境地が必要だよね。L3最速だけど3~4角でも分散していて2段階加速的競馬になっている。結構距離適性的には長めのところを要求されたとみていいと思う。これを見てもアストラエンブレムだけ完全に適性を見誤ってしまったかなあ。苦しいと思ったんだが。時計は遅いんだが前半4Fが遅すぎたし、L3最速10.8は5Fからの競馬としてはかなり速い。


1着ダッシングブレイズ


 12番枠からまずまずのスタートを切って、ある程度出していくがこの距離で楽に好位を取れそうなので控えて好位。そこからはしっかりとコントロールして好位の中目で無理せず進めていく。3角手前で内のスペースを突いて2列目に押し上げ、4角でも仕掛けを待ちつつもコースロスを減らしながら上手くマイネルミラノの直後を取って4角で追い出し直線。序盤でミラノの内からジリジリと伸びるが最速地点では伸び切れない。L2でもまだ2列目で脚色微妙だがL1で前が苦しくなったところでグンと伸びてしっかりと体半分抜け出し完勝。


 これに関しては浜中GJというところですかね。ペース自体はスローだったし、この馬の場合は距離延長をどう捉えるか、俺個人はプラスになると自信を持っていても鞍上が弱気になって控えてしまうと難しい。まあこの展開なら中団からでも勝負に絡んできた可能性は高いけど、きっちり完勝できたのはあの位置を早い段階でとれたことと、3~4角での立ち回りの上手さに尽きるかなと思う。今日は藤岡、浜中と個人的にちょっと不満がたまっていた騎手が好騎乗してくれたので一安心かな。まだまだ頑張ってくれんと。馬に関しては今回は距離延長もだけどやっぱりL3最速、2段階加速で出し切りやすい中長距離型の競馬になったのが大きいと思う。後半の末脚の絶対量を余すところなく引き出せる形があっていたと思うし、この距離でスローならいい位置取れるしね。自分の想像を超える良い騎乗をしてくれたのもあるけどやっぱり距離はあった方が良いと思う。この競馬ができているならもうちょっと長い距離も行けると思うし、今後はマイル路線に拘らず中距離路線を模索してもいいと思う。今後も末脚を出し切りたいね。これぐらいは元々やれていい馬。


2着アストラエンブレム


 10番枠からまずまずのスタートを切って先行争いに入っていく、最終的には番手の外で進めていく。道中そこから少し掛かり気味で一列下げて3角。3~4角でも仕掛けを我慢してダッシングの外から2列目で直線。序盤で上手くマイネルハニーの後ろで我慢、L2で外に出してそこからスッと伸びて先頭を窺う。それでもL1での伸びはダッシングが手ごわく、伸び切れずに2着確保までだった。


 う~ん…2着だけどやられたなあという感じ。正直この展開で来るとは思わなかった。TS持続特化だがそれだけでなく3~4角でもペースが上がっているわけで5Fで見れば57.7と相当な上がりになっている。正直5Fで速いラップを後半踏んでこれるとは思っていなかったのでまあこれは仕方ないかな。スランプなのであまり言わないようにしていたけど、個人的にはかなり自信があったレースだったのでちょっとこの2着はショックが大きい。まあでもこれは評価しないといかんね。普通ダイワメジャーの仔って5F戦まで来ると難しい馬が多いイメージだし、機動力で勝負する形で良さが出ることが多いと思っていたんだけどね。この馬の場合はブラックエンブレムの仔という面もあるのかもしれんね。この感じなら折り合い面はともかく実質的な適性面で見て距離ももうちょっと延ばしていけそうだし、天皇賞秋も面白いかもしれんね。思ったより強い競馬をされたという認識。ミルコもこういう馬場が読みにくい時は積極的にいい位置を取って3~4角でしっかりと良い馬場を選べる一にいるから強いんだろうな…。今回は浜中の方が上手く乗ってくれたと思うけど、この辺りは流石。


3着マイネルハニー


 7番枠から好発を切ってそこからじわっと出していきながらハナを取り切る。ペースをかなり落とす大知の逃げで3角手前まではスロー。そこから3~4角でじわっと促してペースを引き上げながら直線。序盤の段階でフルスロットルに持っていってL2では減速ラップを先頭で刻む。それでもL1で甘くなったところをダッシング、外からアストラにも交わされての3着までだった。


 ん~…。まあ3着という結果をどう取るか。追い切りは良かったと思うし、5Fの競馬でここまでやれたというのも意外ではあるのでまだ今のところ完全に固まってはいない。ただ、単純なドスローの切れ味勝負に持っていくようなら駄騎乗だったが、3~4角からしっかりと1段階目の動きだし、後半で分散しながら中距離型のこの馬の良さを引き出した面はあるので少なくとも悪くはない。チャレンジCの時の様に全体のペースを引き上げた方が良かったかもしれないが、スローに持ち込んだという選択肢の中で仕掛けどころはこれでよかった、という感覚かな。ただこの競馬をしてしまうとマイネルミラノの良さを潰してしまうんだけどね。マイネル軍団はイマイチチームとしての機能ができていない気はする。マイネルワンツー狙うならミラノがある程度飛ばしてハニーが番手でクラリティに突かせない程度にリードを作っていくパターンが良かったとは思うんだけど。馬自体は10.8のラップ推移を引き出してきているように今は充実期にあるんじゃないかなと。これまでトップスピード戦では不安が合ったけど、これなら戦えるかも。もちろんキレで優位に立てるほどではないと思うので、しっかりと全体のペース、今回の様にスローなら分散して4~5Fの競馬にという意識を持てれば今後もチャンスはあると思う。母父ナリブ馬という意味でももっと大きい舞台で活躍してほしいね。


4着クラリティシチー


 13番枠から五分に出てそこから押して押して先行策、早い段階で2列目の外ぐらいにはつけていく。道中も前のアストラエンブレムを意識できる位置。3~4角でアストラの外から勝負を仕掛けて直線。序盤の最速地点ではややキレ負けして伸び切れない、L2の減速地点でもジリジリとした伸びだったがL1で完全に減速してきたところでジリジリと伸びての4着。


 惜しかったなあ…という感じ。全体のペースがもうちょっと流れてくれていたら後半型のアストラエンブレムは苦しかったと思うんだけど、まあそれでもTS持続の高さはこれまでも見せてきていたからここまでわかりやすくL3最速でL1の減速が顕著だと良い競馬はできた、という感じかな。5着のバーディーイーグルなんかが来ているように単純な切れ味だけの馬では辛かった展開だし、その中でこの馬は前半促していって良いポジションを取れたこと、そして持ち味のTS持続力を引き出せたことが大きいかな。ただベストの展開だったという認識ではなく、本音を言えばもうちょっと前に前半のペースを引き上げてほしかったかなというところ。


5着バーディーイーグル


 3番枠からまずまずのスタート、そこから無理せずにじわっと下げて中団。道中もデンコウアンジュの後ろぐらいで無理せず3角。3~4角でも中団馬群の内内で我慢しながら直線。序盤で馬場の悪い内の方を通しつつもジリジリと伸びてくる。L2の地点でもジリジリとダッシングの後ろぐらいから伸びてきて、最後までその足を維持しつつ掲示板を確保した。


 流石に掲示板までか…というところだが、この馬もクラリティシチー同様でもうちょっとペースが上がっていたら面白かったと思う。前半が緩かったことで内枠でいいスタートを切ったけどそこまでスペースが生まれずにポジション差を作れなかったしL3で10.8とかなり速いラップを踏んでという競馬。この形ではちょっと難しかったと思う。それでもパワー型の血統でロスなく進めてL2-1の減速地点でばてずに差し込んできた。前半が噛み合えばもうちょっとやれる馬だとは思うので重賞戦線でもノーチャンスではなくなったかな。


6着タイセイサミット


 14番枠からやや出負けしてそこからリカバー、好位の外目で進めていく。そこから最終的には好位列の中目で我慢しながらという競馬。3~4角でも中団馬群の中目から上手くクラリティシチーの直後を取って直線。序盤で少しクラリティが邪魔になるような感じになるがそこから追いだされてL2で並びかけようとする。ただL1では甘くなってクラリティに伸び負けしての6着完敗だった。


 ゲートが良くなかったから戸崎どうこうとは何とも言い難いが、あの位置で末脚勝負でとなってしまうと同斤量ではアストラエンブレムに見劣るのも仕方ないし、クラリティシチーやバーディーイーグルといった質はそうでもなくてもTS持続、減速度合いがきつくなってから伸びてくるタイプの馬には苦しくなるかな、という感じ。メイSが理想的な展開になったのが大きいし、今回は楽にポジションを取れなかったことが圏内を外した要因にはなってくると思う。スロー自体は良くても結局末脚の絶対量ではちょっと足りない馬なんで、5Fで分散される中で追い上げないといけない立場ではちょっと難しかった。その点でも一歩目が痛かったかな。


8着デンコウアンジュ


 6番枠から珍しくまずまずのスタートを切って序盤はある程度促しつつ中団で進めていく選択を取る。道中も中団馬群で我慢しながら、3~4角でのペースアップで中団の中目で仕掛けながら3列目で直線。序盤でアストラエンブレムの直後を取れていてしっかりと終えている。L2で徐々に見劣り始めてL1では掲示板争いからも脱落しての8着完敗だった。


 この馬の負けパターンに嵌った感じ。この馬は緩い地点から一気にトップスピードに載せていくギアチェンジが武器なので、こうやってL5からペースが上がってL3最速で仕掛けも早くて2段階加速となってしまうと、そもそもの末脚の絶対量が足りなくなってしまう。TS持続がこの馬は足りないわけで、秋華賞でもそれは見せている。まして今回はL5からの競馬になっているわけで、こうなってしまうとL1はどうしたって難しい。ペース自体はある程度幅を持っていると思うけど、仕掛けのタイミングが遅くなる中でギアチェンジを上手く活かせないとなかなか難しい。府中巧者だけどそれはL2の坂の地点で加速するところで一気に来れるから。このレースはL3最速で坂の手前でフルスロットルの状況、L2では減速している状況なのでこういう競馬では活きてこないと思うね。この馬が好走するときは少しトリッキーな展開になっている、ということが多いのであんまり直前の成績を気にしすぎない方が良いと思う。今回なんかは絶好の切り時だったと思うし。


15着クラリティスカイ


 9番枠から出負けして出していけず、中団からのスタートとなってしまう。最序盤でスローに支配されてしまった中で後方で動くスペースもない状況、掛かりながら3角。3~4角でも後方馬群の中目から直線。序盤でそこから追いだされるが一瞬伸びかけたもののL2以降は甘くなって失速。最後は流しての15着惨敗だった。


 まあ出負けした段階でノーチャンスだったかな。枠的にも中目で馬場が悪いので内はみんな行きたがらないし外に大きな壁ができていてスローでスペースもなくてという感じ。そのうえでスローからの2段階加速と長距離的にポテンシャル面とTS持続を合わせてこられると難しかった。基礎スピードを問われないと難しいうえにあの位置ではメイS以下のパフォーマンスになるのは必定。田辺的にはスタートでへぐった時点でどうにもならなかった。まあこういうこともあるから仕方ないけどね。



PR 【ユニコーンSは確実に獲れる。最注目レースは函館SS。】

完結に説明します。
過去2年間、毎週のように3連単を当てている『うまコラボ』。

実は、今年のユニコーンS/函館SSの的中へ最も成功率の高い競馬指数提供サイトです。

それはなぜか。

うまコラボが提供しているのは『コラボ@指数』。
サイトの立ち上げからまだ期間が短いものの、ユニコーンSは2014年に22万馬券も的中。
そして2014年から3年連続3連単的中。今年の的中はすでに見えています。

函館SSは、毎年激荒れのレースで有名ですよね。
2016年3連単配当:397,650円
2015年3連単配当:944,140円
2014年3連単配当:872,270円

2016年に2番人気馬が2着に入線したこと以外、 過去3年の着順を見ると、3番人気までの馬は一度も馬券に絡んでいません。

その中でもうまコラボは、2014年6番人気ローブティサージュの入線や、 2015年14番人気アースソニックの入線をみごとに予想しています。

この結果を見てわかる通り、
入手データ量が年々増えてくることにより、予想精度はメキメキと上がってきています。

だからこそ、今年のユニコーンS/函館SSの的中に近づくために、うまコラボを試す価値は十分にあります。

■注目ポイント:函館SSの予想は無料での提供が決定しています。

お申し込みはこちらから

もっと詳しく知りたいという方は、どうぞ先を読み進めてください。

今年のニュージランドトロフィーは覚えていますか?
もう忘れたという方は、以下の結果を頭に入れておいてください。

1着 ジョーストリクトリ 【12人気】
2着 メイソンジュニア 【8人気】
3着 ボンセルヴィーソ 【5人気】
馬連配当 29,320円
3連複配当 49,810円
3連単配当 496,220円

まず、単刀直入にお伺いいたします。
素直にお考えください。

『あなたはこの馬券を獲ったら、何をしたいですか?』

仮に3連単の配当金、496,220円があれば、PCやスマホを新調してもお釣りはきます。
スーツを新調してもいいですし、奮発して家族や友達と旅行にも行けますね。
496,220円あれば、趣味に打ち込むお金も用意できました。

「496,220円なんて絶対に当たらない」

そんなことはありません。
狙いすまして当てることは十分に可能です。


実は『うまコラボ』を使えば、うまコラボさえ信じていれば、この馬券を獲れたと言ってしまっても過言ではありません。
『コラボ@指数』の序列上位6頭の馬は走る。とにかく走る。
お気づきではないかもしれませんが、ニュージーランドトロフィーは指数序列6位の馬を買っていれば、当てることができました。



先日の指数序列上位6頭BOXの3連単の的中率をご紹介します。

5月28日(日)全レース中 【33.3%】
5月29日(土)全レース中 【41.7%】




勿体ないと思いませんか?
うまコラボを使っていれば、あなたはあの金額を手にできていたかもしれない。

先月の日本ダービー、まだ皆さんの記憶にあると思いますが、あのガチガチの決着、的中して当たり前だと思っています。

1着には指数序列5位、フランスのダービーで1勝しているルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロ。
2着に指数序列6位のスワーヴリチャード。
3着には指数序列1位のアドミラブルが入り、3連単まできっちりと的中することができました。

『レイデオロは他の馬に比べると評価が低く、走れないと思っていた。』
『スワーヴリチャードは適性はあっていたが、評価されすぎなだけと思っていた。』
『アドミラブルは脚質面の不安が大きすぎた。』

言い訳をしようと思えば沢山出てきます。

しかし、現実を考えれば、うまコラボを使っていれば当たっていた可能性はあります。
勿論、うまコラボを信じていればのお話。
だけど、当たるチャンスがあったことは紛れもない事実です。

この事実から、あなたは目を逸らしてユニコーンS/函館SSの馬券が買えますか?
ユニコーンS/函館SSを当てたいなら、まずはうまコラボを利用してみてください。
指数を見てから馬券を買っても損はしないですよ。

お申し込みはこちらから

■うまコラボの無料会員特典

  • 『函館SS』
    (毎週の注目重賞予想が見れます。)
  • 毎週全競馬場の1R~6Rまでの予想

他の予想サイトからすると、無料会員特典が少ないかもしれません。
だけど、当てることが競馬情報を提供するサイトの最大の使命。
的中に結びつかない不要な情報は必要ないんです。

■『月額1,980円』有料会員

  • 無料予想以外のレース全部の予想
    (今週はユニコーンS(G3)を含めた全競馬場全レース指数解放)
  • うまコラボ厳選レースの少点数買い目提供
    (うまコラボの評判が高いのはこの部分)

有料情報は、別に必要ないって方は必要ないかもしれません。
だけど、これだけは言わせてください。

『あなたが思っている以上の成績を、毎週毎週叩き出しています。』

無料会員になり、無料会員メニューを使い倒して下さい。
間違いなく、有料会員になってもいいかなと思っていただける指数システムを構築できていると思います。

これだけは言わせてください。
毎週結果を残せる根拠がある。

これだけは伝えておきたい。
毎週結果を残してきた実績がある。

あなたも、うまコラボの『コラボ@指数』を使って、毎週末の夜ご飯を豪華にすることから始めてみませんか。

お申し込みはこちらから

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!
チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
noimage
CBC賞 2017 レース回顧・結果:シャイニングレイ、追込みでも真価を発揮…大外からまとめてのなで斬りで久々の重賞制覇!
noimage
ファンタジーステークス 2017 レース回顧・結果:ベルーガ、強烈な末脚を披露し大外一気…本番に向け視界良し!
アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
noimage
平安ステークス 2017 レース回顧・結果:グレイトパール、試金石の舞台で輝きを示す…ハイペース上等、押し上げ前を潰しての圧勝!
セントウルステークス 2017 レース回顧・結果:ファインニードル、上手く立ち回って直線で抜け出し嬉しい重賞初制覇!
noimage
noimage
京王杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:タワーオブロンドン、エンジンがかかってからが凄い…大外からL1で突き抜け完勝!
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP