投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

エプソムカップ 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、バランスを取るのが難しい馬だが、支配できれば能力は確かで丹内次第

2017 6/11(日)
第34回 エプソムカップ(GIII) 東京芝1800m
出走予定馬一覧
エプソムカップ2017の予想用・出走予定馬一覧


 個性派を地で行く…逃げるにせよ控えるにせよ、強烈な早仕掛けでコーナーで千切って神のみぞ知る戦法…マイネルミラノがエプソムカップに出走予定だ。柴田大知から丹内に替わってもろに良さが出て、前走の福島民報杯でも暴走させずに上手く分散しながら長く脚を使って完勝。府中の1800なので今回もバランスが肝心だが、噛み合えば能力は非凡…展開のカギを握る一頭だが丹内が強気に乗ってこの馬の主戦を完全に奪い切れるか。


 少なくともこの馬に関しては柴田大知では暴走させて終了するのが落ち。コーナーでの動きを上手くコントロールすることで上手く分散、ポテンシャルを引きだしてきた丹内の方が手は合うと思う。この馬も究極のハイトップギアに入れると一瞬はそこそこ良い脚を使うけど、本当に一瞬しか使えないのでとにかく全体でも分散、仕掛けの意識も分散でコーナーで上手く脚を使わせたいというのは確か。その点で府中1800はちょっと乗りにくいので騎手の腕が問われるという認識。馬自体はかなり強いと思うんだけどバランスが重要だし乗り難しいのがね。


福島民報杯(OP) 1着 16頭8枠15番
福島芝2000m良 1:58.5 58.1-60.4 H^2
12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.6

 まずは前走の福島民報杯を振り返る。ペースは2.3でかなりのハイペース、ラップ推移的に見ると後半はポテンシャル戦で中盤少し息が入ってという流れ。この馬は少し離れた2列目で進めていて、大体1000通過が目視で59秒前半ぐらいなので実質的には恐らく平均前後という程度だろう。緩んだところで取り付いている感じにはなった。


 その中で15番枠からまずまずのスタートから押して押しての先行策、外のステイインシアトルを行かせる形で2列目の外。道中もシャイニングレイが単騎で逃げる中でこちらは離れた3番手でステイの後ろから様子を見ながら。3角で楽な手ごたえで先頭に躍り出てそのまま後続を突き放して直線。そのまま後続とのセーフティリードを最後は詰められたもののきっちりと振り切っての完勝。


 このレースでは基礎スピード的にちょうどバランスよくは行ってくれたなという感じ。実質平均ペースで進めながら3角で前が減速したタイミングでステイの外から蓋をしながら上手く先頭に立っているし、この時の丹内の騎乗はかなり高いレベルで上手く乗ってくれたと思う。この馬の印象としてこういうコーナーで分散する形で究極的なトップスピードを要さない競馬で良さが出ているというところ。なのでロンスパができるから長く脚を使えると思いがちだが、ポテンシャルとTS持続力をはっきり分けるべきだろうと。それと基礎スピードの幅が広い馬なので、前半をしっかりと引き上げることで2000m全体で分散するのも効果的となる。もちろんオーバーペースに注意を払う必要はあるが、理想としては大体自身で平均ペース前後では入っていきたい。


毎日王冠(GII) 11着 12頭5枠6番
東京芝1800m稍 1:47.9(+1.3) 48.3-46.3 S^2
12.5 - 11.3 - 12.0 - 12.5 - 12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6

 逆にこの毎日王冠は流れとしては最悪の競馬になった。もちろん外差し傾向の馬場ではあったのでここまで崩れたのはそれだけではないと思うが、この馬の適性を考えるとかなりマズイ競馬にはなっている。全体のペースが2.0でかなりのスロー、そこからの4F戦だがL3最速で11.4。もちろんこれは途中まで先頭だったこの馬がラップを途中まで刻んでいるのでレースラップ上では速くならなかっただけ。上位の上がりを見てもわかるようにトップスピード持続特化戦に近い。


 6番枠からまずまずのスタート、そこから押して押してハナを主張し取り切る。ここまでは良かったがここでペースをスローにコントロールしてしまって後続に脚を使わせることができないまま3角。府中なので流石にここでペースを引き上げるにしても一気にというのは難しく、そのまま4角で促しつつ出し抜きを狙って直線に入る。ただそこで脚を使ってしまってL2の段階では明確に失速。最後は甘くなっての惨敗だった。


 この時は少し渋っていたのもあるが、ドスローで各馬が後半余力を持っているという状況で仕掛けを早めたことで各馬が出し切れた。末脚を各馬が削がれない状況で早仕掛け、スローなので速い脚を要求されたがそれは本当に一瞬しか使えない。だからここまで崩れるという感じで、正直この馬を狙っていたが途中の段階で難しいなと思ってみていた。バランスを取った乗り方が難しいのはあるが、リスクを背負っても最序盤はそこそこペースを引き上げてリードを作る必要があると思う。基礎スピードそのものは秘めている馬なわけで。中山記念でひどく崩れたのも早仕掛けで最速11.1と速いラップを踏むようなほどに最序盤がドスローだったことが大きいとみている。基本的に各馬がトップスピードを引き出す余力がある展開では苦しい馬であると。


2017エプソムカップに向けての展望

 個人的にはちょっと違う面もあると思うけど、概ねロゴタイプに近いとみていいと思っている。基礎スピードの幅が広く、トップスピード面の質もある程度高い、コーナーで分散して動く形ならある程度長く脚を使える、ギアチェンジも上手い。なので直線で各馬がスローから出し切るような形は基本的にダメで、特に府中においては位置取りの差を取れなければスローでは苦しいと思う。古馬になってからは33秒台の上がりを一度も使えていない様に、この馬の場合は前半にペースを引き上げないという選択肢はそもそも愚策であると。直線ヨーイドンではどれだけ楽に入ったとしても他が32秒台を使ってくるような形ではまずTS持続負けする。34秒台までしか使えないから切れない、というのではなく瞬間的には負けない。ただ本当に一瞬しかいい脚を使えない馬なのでそれをどこで活かすか。仕掛けを極限まで待ちたい馬であると同時に分散すればそこそこ長く脚を使えるのでじわっと加速する形…馬なりでハミを外すような感じで加速しながら、トップギアには入れないというイメージが欲しいかなと思う。もちろん全体のペースを引き上げることも肝要だ。府中の1800でこの馬にとって理想のバランスを作るのは難しいと思うが、敢えて言えばやはり超高速馬場で今の状況、良馬場なら走破45秒台をイメージしつつ47.0-12-46.5ぐらいの意識は欲しい。1000通過で59秒前後では入ってほしいかな。個人的には渋った方が面白いとは思っているけど、渋って意識を落とすのは悪手となるので丹内が強くレースを支配する意識を持てるかがカギ。馬は上手くレースを作れれば、この面子なら普通に勝負に絡んできていい馬と思っているが、58kgは仕方ないにせよ重いし上がり勝負では勝負にならないのでそこだけ。まだ丹内を信頼するのは難しいから連下で絡める程度で我慢しないといけないかな。



PR【エプソムカップG3】はずす方がむずかしい

======================
今週の大注目レース

第34回 エプソムカップ(G3)
東京競馬場 1800m(芝)
別定 3歳以上オープン
======================

過去10年では2回10万馬券決着となっているが、比較的安定して万馬券が取れるレースです。
今年のエプソムカップを当てたいなら、ここの会社からでる情報は参考にするべきと
口コミや2chで数社名前があがっています。

そのうちの一つに上がったのが、
→  「競馬総本舗ミリオン」


今年の人気馬で、オッズ予想を見ると、前走メイS優勝タイセイサミットではなく、
前走メイS2着アストラエンブレムに注目が入ってます。
メイステークスでは本命にした方が多かったのではないでしょうか。
安定した実力と強さは本物ですよね。

他の注目馬と言ったら、やはり
前走メイS優勝 タイセイサミット
前走メイS3着 クラリティスカイ
前走メイS4着 ヒストリカル
昨年エプソムC2着 フルーキー
昨年エプソムC3着 マイネルミラノ などですね。

しかし、人気馬の強みだけピックアップされ、
各馬がどういった心配材料があるのか取り上げられているところがあまりないようです。


つまり、そこを突いて馬券にからまない人気馬の割出。馬券に絡んでくる不人気馬の割出。
これが最重要課題となるでしょう!!

そこで参考にしたいのが、先日の日本ダービーでもオークスでもなく、
その前の週、荒れに荒れたヴィクトリマイルG1の結果。
誰もがミッキークイーン(ダントツの1番人気)を軸としたレースしたが、
1着:アドマイヤリード(6番人気)
2着:デンコウアンジュ(11番人気)
3着:ジュールポレール(7番人気)

この波乱決着を 「競馬総本舗ミリオン」が3連単で的中させています。

実際のところ、予知能力があるわけでもないので、
無料情報ではたまに外れることはありながらも、他予想サイトよりは的中率の高さを実証済みです。
キャンペーン情報では的中率の高さを見せつけながらも高回収率を実現できています。

「エプソムCはどの3頭で決まるのだろうか?」

なんであの馬が来るんだよ!という結果はいらない。綺麗に気持ちよく3連単当てます。
→  コチラから無料登録でエプソムカップ予想を入手



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

中京記念 2017 出走予定馬:マイネルアウラート、昨年は殿負けも直線での不利…基礎スピードを活かして縦長で仕掛けを待ちたい
毎日王冠 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、総合力高く隙が無い…相手が超豪華メンバーで力関係が焦点
京都新聞杯 2017 出走予定馬:サトノリュウガ、地味だが前走は強敵撃破…大きな不安なく超高速馬場が合えば
七夕賞 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島民報杯は最後までばてずに食い込む…2000mで前を取れたのは好材料
エルムステークス 2017 出走予定馬:モンドクラッセ、夏の北海道は庭…強気の仕掛けでコーナーで勝負を決めたいが
函館記念 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、超スローで器用に立ち回っての怖さはあるが…流れると不安も大きく
新潟記念 2017 出走予定馬:トーセンバジル、ゲートが甘いのが不安も…多少ペースが速くてもやれそうで外枠からリカバーができれば
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:シュヴァルグラン、連覇の前に立ちはだかるダイヤモンドの壁を砕けるか?
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ロサギガンティア、昨年もラストは甘く…一足をどこで使えるかがポイントになりそう
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、唯一の重賞馬、競馬センスの良さ無傷の3連勝を狙う
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:コーディエライト、2走目で距離延長、激変の圧勝…新潟マイルはカギも侮れず
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:シュウジ、ここ3走の崩れは心配も、オーバーペースが要因の可能性高く…
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
アルテミスステークス 2017 出走予定馬:トーセンブレス、前走坂の上りでの強烈な加速は目を見張るが…完成度はかなり低く
ローズステークス 2017 出走予定馬:ミスパンテール、チューリップ賞で見せた末脚は武器…ここ2走は噛み合わず、挽回を期待
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP