投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

マーメイドステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロ、展開不問の器用な実力馬…詰めの甘さをポジションと器用さでカバーできるか

2017 6/11(日)
第22回 マーメイドステークス(GIII) 阪神芝内2000m
出走予定馬一覧
マーメイドステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年末のカウントダウンステークスで準OP卒業以降、重賞で3戦連続3着という安定感を見せてきたクインズミラーグロがマーメイドステークスに出走予定だ。ここ3走は色々な展開や距離となったがその中でも常に崩れず結果を出してきているところに頭が下がる。とはいえ目標はもう一段上、勝利を目指してここで噛み合わせることができるかに注目だ。


 ここ数走で掲示板を外したのは実は府中だけとなる。敢えて言えばTS持続力が本来はそんなに高いレベルに無いはず。山中湖特別は内から鋭く長く使ったともいえるが、レースレベルが低く強敵バンゴールも-14kgと大幅馬体減が響いていた可能性が高い。基本的にはできるだけ本仕掛けを待ちたいタイプで、そのうえでポテンシャル戦、基礎スピード戦、ギアチェンジ戦全てにおいてある程度のレベルでまとめてきている。1周コースでは大きく崩れにくいタイプではあるかなと。


カウントダウンS(16下) 1着 16頭1枠1番
阪神芝内2000m良 2:02.7 61.5-61.2 M
12.7 - 11.3 - 12.8 - 12.4 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 12.0 - 12.1 - 12.5

 4走前準OP卒業となったカウントダウンS。年末の阪神で良ではあるが雨の影響が少し残り、時計もかなり掛かっていた状況。ペースバランスも61.5-61.2という感じで平均、11秒台を中盤以降全く刻まない競馬でパワー型の馬場での基礎スピード、ポテンシャルのバランスを問われたというところ。


 1番枠から好発を切って出していきつつもじわっと下げる形で2列目の内ポケットを確保しきる。道中も前にスペースを置きながら上手くレースを進めていく。3角で少し促しながら前のスペースを詰めて一つ外に出し、4角では更に外に持ち出して進路確保で直線。序盤でそこから外に寄れつつもしぶとく先頭列に並びかけてくる。L1では外からマキシマムドパリが食らいつくがほとんど差を詰めさせず完勝。


 マキシマムドパリとの比較で見た時にこのタフな馬場でポジションを取ってという形で、基礎スピード面の高さで優位に立つことができたかなという感じ。愛知杯ではスローロンスパの形で逆転を許す形となったが、流としては上手く噛み合っていたのに地力であっさり差し切られたところを見ると後半のポテンシャルで良さが出たというより前半しっかりと厳しい流れでもポジションを取れたという面の方が強いと思う。いずれにせよ基礎スピードを高いレベルで持っているというのがこの馬の一つの武器。


中山牝馬S(GIII) 3着 16頭1枠1番
中山芝内1800m良 1:49.5(+0.1) 50.2-47.0 S^3
12.9 - 12.3 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 11.8

 そして真逆と言って良い、緩い流れからのギアチェンジを問われた中山牝馬Sでも好走していると。3.2の超スローからの3F勝負だが、L3-2で11.8-11.3と0.5の加速度を中山で問われた。内で包まれた馬にとっては前を向けない中でしっかりと加速できたかどうかの器用さが問われたといえる。


 1番枠からここでは坂スタートで五分のスタート、枠が良く取り付いていったがそれでも3列目のポケットでトーセンビクトリーの後ろ。道中でもジッとトーセンの後ろで進め掛からず楽に進めて3角。3~4角でもトーセンの後ろで我慢、進路確保で苦労しつつもトーセンが外に行ったので内を選択するしかなくなる。序盤で置かれずに2列目に押し上げ、L1でジリジリと伸びてきて3着を確保した。


 L1までしぶとく伸びるというほどではないが、加速ラップの地点で置かれずじわっと差を詰めていたように要所でしっかりと動けるのが魅力になる。ペースは全然違うのだが紫苑Sを勝った時もL2最速戦で中団馬群の中をしっかりと押し上げていきながら早い段階で伸び始めている。この辺からもギアチェンジの性能はそこそこ高いレベルにある。ただ敗因としてはやっぱりトーセンビクトリーのポジションを取りたかったかなと。その点では坂スタートで一歩目がそこまで速くなかったのが結果としては敗因と言えるかもしれない。52kgの軽ハンデでトーセンとの差を決定的には詰めきれなかったという点でもスローだとトーセンより前を取れないと難しいかなという感覚はある。


福島牝馬S(GIII) 3着 16頭5枠9番
福島芝1800m良 1:46.9(+0.1) 46.9-47.9 H^1
12.4 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.1 - 12.2

 前走の福島牝馬Sは1800mで1秒のハイペースと基礎スピードを高いレベルで問われた一戦。後半も終始12秒前後でポテンシャル面を問われていて厳しい流れとなったのは間違いない。


 9番枠から出負けして後方からのスタートとなってしまう。道中も流れていたので後方で我慢する展開、向こう正面でデンコウアンジュが捲ってくれたこともあって前に息を入れさせることのない厳しい流れ、そこで後方で促しながら3角に入っていく。3~4角では外々から正攻法で勝負に行く形になって中団から4角で一気に好位列に取り付いて直線。序盤でそこからしぶとくジリジリと伸び続けるが、最後は内からフロンテア、外からウキヨノカゼに差し込まれての3着だった。


 基礎スピードを高いレベルで問われて、その後のポテンシャル戦でもやれるが流石に外々から正攻法でとなってしまうと難しかった。1800での基礎スピード戦でも対応してきたのはあるし、終始淡々とした流れの中でなら外々から動いてもある程度はやれたといえる。ただ、やっぱりゲートをポンと出れずに後方から正攻法でとなると勝ち負けでは苦しくなる。


2017マーメイドSに向けての展望

 どんな展開でも対応はできるが、少なくともスローでのトップスピード戦ではポジションは結構重用になってくる。トップスピード持続力は過去の実績からもさほどない。ノベンバーSなんかでも前が離して進める中で後続が早めの仕掛けという中で後方からL2までは良い脚を使ってL1で甘くなってという形。この辺りからもTS持続力はそこまででもないだろうと。中山牝馬Sの内容からも2kgのハンデ差でどうかはるがトーセンビクトリーの後ろからトップスピード戦で差すのは簡単ではなさそう。またスローロンスパのポテンシャル戦でとなると愛知杯では3~4角で完璧に立ち回ったがそれでもマキシマムドパリにロスを作られて圧巻のパフォーマンスを見せられた。あの感じだとちょっと差がある。対マキシマムでもトーセンでも言えるのはやはり全体のペースが上がった方が良いタイプだろうと。カウントダウンSでも強い競馬ができたし、1800の基礎スピード戦でも最後まで脚を引き出すことはできた。ギアチェンジが優秀なので3~4角で内を立ち回るのは勝ち負けまで考えれば重要だと思うし、そのうえで全体のペースが流れてくれればチャンスは浮上しそうかなと。スローのトップスピード戦でもゲートをしっかりと出てトーセンの前を取れればチャンスは大きくなるし、そういったところでフォローしていきたい。大きく崩れる可能性は低いかなとは思っているが、やはり勝ち負けまで考えるとスローならポジショニング、流れていたとしても3~4角での立ち回りに注文をつけたいかな。いずれにせよ内枠が望ましい。条件が揃えば信頼度は高いと思うので本命まである。一応条件が読めない今の時点では連下としておきたい。どんな展開でも対応できる総合力の高さは魅力かな。



PR 【エプソムカップ的中は簡単】狙いは週間収支42万オーバー!

競馬予想は当たってますか?
明日から、この的中率が自分の最低ラインの的中率だと想像してください。
実は競馬って簡単に当てれるものだと思いませんか?



■うまコラボの無料会員特典

・毎週全競馬場の1R~6Rまでの予想
・6/11(日)東京11R エプソムカップ(G3)予想
・6/18(日)函館11R 函館スプリントステークス(G3)予想
・6/25(日)阪神11R 宝塚記念(G1)予想

■『月額1,980円』有料会員

・毎週全競馬場の7R~12Rまでの予想
(後半戦レースは荒れる傾向があるので高配当がのぞめます)
・6/11(日)阪神11R マーメイドステークス(G3)予想
・6/18(日)東京11R ユニコーンステークス(G3)予想
・6/24(土)東京8R 東京ジャンプステークス(J・G3)予想
・うまコラボ厳選レースの少点数買い目提供(うまコラボの評判が高いのはこの部分)

過去2年間、同じ買い方で同じことを、ただただ繰り返した結果、この的中率を実現できました。
この事を知った人だけが、最低3回に1回三連単を的中させることができるようになります。
それを実現させるのが『うまコラボ』
http://collabo-n.com/


うまコラボが提供しているのは『コラボ@指数』です。
使い方は簡単。サイト内で発表される順位予想を見て馬券を買うだけ。
あなたが計算することは一切ありません。

それだけのことで、昔からうまコラボ会員の人はこんな的中を手に入れてます。
・日本ダービー(G1)  指数序列 5位→6位→1位 11,870円的中
・オークス(G1)    指数序列 1位→6位→2位 20,130円的中
・京都新聞杯(G2)   指数序列 2位→4位→4位 15,190円的中
・天皇賞春(G1)    指数序列 5位→6位→1位 3,780円的中
・青葉賞(G2)     指数序列 5位→3位→4位 8,440円的中
・読売マイラーズカップ(G2) 指数序列 1位→3位→6位 12,430円的中
・福島牝馬S(G3)    指数序列 2位→4位→1位 24,790円的中
・桜花賞(G1)     指数序列 6位→2位→1位 94,890円的中
・ニュージーランドT(G2)   指数序列 6位→3位→1位 496,220円的中
・大阪杯(G1)     指数序列 2位→2位→6位 23,910円的中

『うまコラボ』
http://collabo-n.com/


『コラボ@指数』の序列上位6頭の馬は走る。とにかく走る。

では、その実力と予想公開画面を見てみます。
==============
5月最終週には48レース中19レースで三連単的中。的中率は39.6%

5月27日(土)京都2R 3歳未勝利 的中

三連単 8→4→2 配当金:118,830円 1点200円 「237,660円」獲得

5月28日(火) 東京2R 3歳未勝利 的中

三連単 11→15→4 配当金:26,020円 1点500円 「130,100円」獲得
==============
この的中レース、どちらも無料予想なんです。

無料でここまでできるなら、逆に月額1,980円の有料は何の意味があるの?
そう思いますよね。

大きな魅力は2つ。
まずは、無料で提供していないG2、G3予想や、特別戦の予想提供。
実力は4月から登録している人は知っています。

↓↓予想提供画面↓↓





これが、月額1,980円予想の実力です。

そして最大の魅力は、厳選買い目の提供です。
==============
・京都8R
三連単軸1頭マルチ相手4頭 36点
軸 : 11
三連単相手 : 1・5・8・10

結果:三連単 5→10→11 配当金:11,210円 1点100円 「11,210円獲得」
月額1,980円引いて、「9,230円」プラス
==============
どうです?例えば、土曜日月額会員になって、土曜日にはもうプラスになって返ってきています。
そして、翌週もその翌週も、そのまた翌週も「全競馬場12Rまで全部の予想と厳選買い目」使い放題です。

最後に、 今まであなたの予想で的中出来なかった大事なレースを思い出してください。
あの馬がしっかり走っていれば取れたレースだった。
最後に迷ったあの馬を買っていれば当たっていた。
言い訳はいくらでもできます。ですが、もう過ぎてしまった過去のこと。

もしかしたらうまコラボを使っていたら的中できていたかもしれませんね。

明日からこの的中率はあなたのもの。
『うまコラボ』
;">『うまコラボ』
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

平安ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、後一歩の詰めは甘いが…全体のペースが上がっても使える基礎スピード型一足タイプか
富士ステークス 2017 出走予定馬:エアスピネル、武豊に戻って安田の雪辱を晴らしたい…スローでもやれるが流れた方が良さが出やすい
エプソムカップ 2017 出走予定馬:バーディーイーグル、むらさき賞は単調な流れでしぶとくバテ差し…厳しい流れでは警戒が必要
AJCC2018 出走予定馬:ゴールドアクター、武豊との新コンビで久々のゴールドメダルとなるか?
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:アルバート、3連覇の偉業にムーアと挑む…動ける位置にいるかとフェイムゲームとの力関係がポイントか
CBC賞 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、1400への短縮で基礎スピードを活かして横綱競馬…更に200m短縮でどうなるか?
カペラステークス 2017 出走予定馬:ディオスコリダー、前走の西陣Sでは前半残して鋭く…ペースが上がり切らない方が良いかも
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ルヴォワール、2戦2勝無敗の不気味な才女…春の遅れを取り戻せるか?
京阪杯 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、末脚は魅力もゲートは下手…リカバーできる展開になるかどうかがポイント
札幌記念 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、馬場が悪いと不安も…良馬場なら条件は揃っているはず
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:アズールムーン、二の足は速いがゲートは微妙…行き切ってスピードを活かせるか
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:デアレガーロ、ドスローばかりだが…ゲートセンス良くロンスパ実績もあり面白い一頭
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:アルバート、58.5kgも出し切れれば1枚上…ギアチェンジが難で上手く進路を作って行けるかがポイント
ローズステークス 2017 出走予定馬:カラクレナイ、前走は負けすぎ、関西圏で巻き返せるか?…道悪で警戒も
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP