投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

エプソムカップ 2017 出走予定馬:ダッシングブレイズ、ここ2走はギアチェンジで置かれ…距離延長でも早めの意識で活路を拓け

2017 6/11(日)
第34回 エプソムカップ(GIII) 東京芝1800m
出走予定馬一覧
エプソムカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 オープン特別はリゲルステークス、そして今年の洛陽ステークスと2勝、期待されながらも重賞に手が届かずここまできたダッシングブレイズがエプソムカップに出走予定。ここ2走は伸び切れずにやや頭打ちとなった感もあるが、距離延長で東京1800mの舞台。意外にもこれが初めての1800m戦となるが、これがカンフル剤となるか?


 個人的にはようやく1800に出てきたか、という感じ。2000で2度完敗をしているけどあの時は3歳時で成長途上。これまでマイルで勝ってきたときも前半はスローで後半はトップスピードの持続力を要求されることが多かった。この路線では末脚の絶対量そのものは高い馬で、かつマイルで高いレベルでは基礎スピードかトップスピードの質不足に陥っていた。この辺りを考えれば距離はもうちょっと長い方が良いはず。少なくともマイルよりは1800の方が噛み合う可能性が高いと思っているので個人的には穴目で狙いたい一頭。


洛陽S(OP) 1着 11頭3枠3番
京都芝外1600m重 1:35.7 48.8-46.9 S^2
12.5 - 11.5 - 12.4 - 12.4 - 11.9 - 11.5 - 11.6 - 11.9

 この馬の本質は意外とこの洛陽Sにあると思っている。重馬場でパワーの要る馬場が得意、という前提で軽く入って終いがちだけど、ここまで強い競馬ができるには事情があると。ペース自体は1.9でかなりのスローになるわけで、とはいえ重馬場でもL3最速戦で仕掛けそのものは早かった。トップスピードはもちろん問われていないが、仕掛けが早い中で長く脚を使ってきたことが勝因であるといえるはず。


 3番枠からやや出負け、そこからある程度促して好位にはつけていく。道中も好位馬群の真ん中で流石に少しブレーキしながらにはなって3角に入る。3~4角でも好位列の内内に入って窮屈になりながらスムーズさを欠きつつ直線で最内。序盤で追い出されてジリジリtでここでは正直ケントオーに並ばれるなど脚色は微妙。しかしここからL1でグンと突き抜けてケントオーやグァンチャーレを1馬身ちょっと離しての完勝だった。4角辺りでかなり窮屈な走りになっていたが仕掛けが早い流れの中でL1の減速で物凄く伸びたと。ケントオーも本質的にはバテ差しタイプの馬で、これに対してL1でグンと伸びてくるというのは結構意外だった。もちろんこの馬もこの時点でも十分バテ差しが持ち味だと思っていたけど、自分のイメージ以上に強かったという方が正しいと思う。道悪になったことで末脚の質よりもポテンシャル面も含めて長く脚を使う必要があった。ここが問われて良さが出たのであればもうちょっと長い距離の方が面白いだろうと。


京王杯スプリングC(GII) 7着 13頭8枠13番
東京芝1400m重 1:23.6(+0.4) 36.4-34.2 S^3
12.8 - 11.3 - 12.3 - 12.6 - 11.6 - 11.1 - 11.5

 実際重馬場巧者というだけなら前走の京王杯スプリングSで伸びあぐねたことと繋がってこない。この時は確かに速いラップを踏めてはいるが全体のペースがかなり遅かったことも大きい。断続的に雨が降っていたので意識の差が大きかったからのトップスピード戦ではあったが、少なくとも馬場自体が高速状態にあったとは当日の馬場状態からは感じられない。少なくとも標準馬場かそれより悪い状況とみている。ただ、騎手の意識がそれよりも下がって36.4と緩く入って仕掛けのタイミングも遅くなったことが要因でL2最速11.1となったと思うし、そういう展開では重馬場でもダメだったと考える方が良いだろうと。


 13番枠から五分に出て外枠からじわっと好位につけていく。ただ馬場が重かったことで結果的にレースの流れが非常に遅くなって好位の外で楽にキープできる。3~4角でも外々から前を向いて直線に入ってくる、4角で軽く促しながら悪くない形で直線に入ってくるが団子状態。序盤で最後方まで置かれてしまってL2の坂の上りでようやく伸び始めるがここでも後方。L1ではなだれ込んでいい脚を維持しているが及ばずの7着完敗だった。


 超高速馬場だった昨年の方が結果が出ているように、道悪巧者という括りで判断すると間違えるかもしれないと。ここでの敗因はやはり4角で12.6とかなり緩んでしまったことで、外から促していたので悪くはないがそれでもそこから一気に加速するギアチェンジを問われた。後ろから勢いをつけてきた馬に比べてこちらは瞬間的に一気に置かれてしまった。L2では悪くなかったことを考えると明らかにギアチェンジが敗因だろうと。この辺りからもしっかりとエンジンをかけてやる意識が必要だろう。昨年は超高速馬場でキレ負けはしたが仕掛けそのものが早かったことでL1は伸びてきていた。動くまでの意識が必要な馬だろう。


マイラーズC(GII) 8着 11頭5枠5番
京都芝外1600m良 1:33.0(+0.8) 47.4-44.8 S^3
12.4 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 11.4 - 11.3 - 10.8 - 11.3

 ここまでくればマイラーズCの敗因もハッキリしてくると。ペースバランスは2.6で超スロー。ラップ推移的には2段階加速だがL2の2段階目で10.8と強烈な切れ味を要求されていて、かつ11.3-10.8とギアチェンジも複合的に問われた。内からでとなるとイスラのようなギアチェンジを持った馬でないと簡単ではない一戦。


 5番枠からやや出負け、そこから無理せず後方の内目で3角。3~4角でも前にスペースを置きながら加速の意識をもって直線で外目に誘導しようとするが序盤で蓋をされて窮屈になったこともあり下がってしまう。そこからL1では流しての8着完敗。


 ちょうどサトノアラジンが安田記念でロスがあっても外々から勢いをつけてという競馬で出し切って良さが出たが、この馬もそれに近いところがある。今回も前にスペースを置きながらの競馬はしているんだが、それでも反応が乏しかったし内を突かず外への誘導で上手くいかなかった面はあるにせよ窮屈になるとイマイチ伸びていない。東京新聞杯内ラチ激突のトラウマもあるのかもしれないが…。もちろん洛陽Sでは内内を上手く立ち回ってという競馬にはなっているが、トップスピード戦ではなかったので対応できたのかなという感じ。トップスピードを問われる形になるとしっかりと外から勢いに乗せきってやる必要がありそう。


2017エプソムカップに向けての展望

 個人的には1800への延長は歓迎している。TS持続は高いレベルにあるし、何より洛陽Sでは重馬場でポテンシャル面を問われて良さが出てきた。この感じなら距離はあった方が良いし、しかも比較的4角辺りから早仕掛けで分散する競馬になりやすい東京1800mは良い材料。今回のメンバー構成的にも平均ペースまで上がってかつ仕掛けも早い、というケースも十分あり得るしその条件は1800なら基礎スピード面で追いつくので噛み合いそうと。ここ2走は距離もだがそれ以上に要所のギアチェンジで置かれているのが決定的な敗因になると思っているし、基本的に仕掛けが早い方が良い。その点でも今回それだけで狙う価値はあるだろうと。リゲルSなんかは相当強い勝ち方で、阪神マイルでL3でも速いラップを踏んだ中で外々からL1まで長くトップスピードを維持して楽に上がり最速。アルバートドック辺りを撃破しているわけで本来重賞で通用しないはずはないと思っている。末脚の絶対量の高さをマイル以下で基礎スピードを問われたり、或いはギアチェンジを問われたりで上手く噛み合わなくなってきたことが大きい。雨の予報もあるが良馬場でもここは良い条件だと思っているので、本命も視野に入れつつの単穴~連下候補。浜中も調子を戻してきたかなという先週の活躍、もちろん斜行せずにしっかりとクリーンに乗って結果を出してもらいたい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第34回 エプソムC(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 エプソムCを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年では1人気4勝、2人気3勝と人気馬が好成績を挙げているエプソムCだが、マイネルスターリー(15人)、キャプテンベガ(9人気)、グラスボンバー(12人気)の人気薄が馬券圏に絡んでいるようにノーマークの穴馬の激走もある。過去の勝ち馬エイシンヒカリ、ディサイファは、エプソムCで初重賞制覇を成し遂げ、その後に活躍している。

ここ2年は人気サイドでの決着となっているが、実は競馬セブンが入手している極秘情報では有力馬の不安情報が舞い込んで来たのだ。公にはならない裏情報なので馬券は売れるだろうが、決して買ってはいけない危険な人気馬になるだろう。

さらに、人気の盲点となり出走する激走穴馬情報も緊急入手。関係者の間では「どれだけ配当がつくか楽しみ」と馬券話で盛り上っている。

競馬セブンでは春のGIも的中ラッシュ!オークスでは人気薄モズカッチャンの激走情報を入手し3連複4600円的中!NHKマイルCでは13人気リエノテソーロの激走情報を入手して馬連1万7290円、3連複5万0600円のダブル万馬券的中!皐月賞では9人気アルアインの激走情報を入手して馬連8710円的中!大阪杯では7人気ステファノスの激走情報を入手して馬連2320円、3連複4830円ダブル的中!高松宮記念も馬連2150円、3連複3230円ダブル的中など的中ラッシュ!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エプソムC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第34回 エプソムC(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 エプソムCを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:エプソムC300_250


━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

七夕賞 2017 出走予定馬:ゼーヴィント、福島で内目でも立ち回れる器用さ、ペースへの対応力高く勝ち切れるかが焦点か
京都大賞典 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、横山典弘と札幌記念で一つの目途、前目から一瞬のキレを引き出す競馬を期待
アルテミスステークス 2017 出走予定馬:トーセンブレス、前走坂の上りでの強烈な加速は目を見張るが…完成度はかなり低く
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、駆け上がったGI馬、そのタイトルの名に恥じぬ走りができるか
フェアリーステークス2018 出走予定馬:トロワゼトワル、前走折り合いに苦労も4着…速い脚を持っているわけではないが総合力は高く
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ストーンウェア、長くいい脚を維持できるのは強み…54kgで台頭となるか?
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:モリトシラユリ、パワー型で中山1800は追い風か…しぶとく差し込み賞金加算までいけるか?
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ミッキークイーン、素材は勿論一流…勝ち切るなら末脚を出し切ってほしい
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、中山1800で持ち味の鋭さをロンスパで分散させられると微妙
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、トップスピード戦では世代屈指も…転厩後の菊花賞が参考外としても色々不安が多い
中山金杯2018 出走予定馬:ウインブライト、切れ味は全く無いがポテンシャルは非凡…早めのスパートで粘り込みたい
中京記念 2017 出走予定馬:ピークトラム、今年は武豊とのコンビで昨年2着以上を狙うも…近走がもろに不満
エプソムカップ 2017 出走予定馬:アストラエンブレム、切れ味は非凡、別定戦で逆転可能もスローの上がり勝負が理想
東海ステークス2018 出走予定馬:クインズサターン、師走Sは大外ぶん回しが響く…前半のポジションが良ければ警戒も
AJCC2018 出走予定馬:ダンビュライト、ミルコ・デムーロとのコンビで初重賞制覇となるか?前半の進め方がポイント
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP