投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

エプソムカップ 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、緩い地点から鋭く加速する力は本物も…早めの仕掛けになって戦えるかがポイント

2017 6/11(日)
第34回 エプソムカップ(GIII) 東京芝1800m
出走予定馬一覧
エプソムカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 ヴィクトリアマイルでは11番人気ながらも2着と波乱を演出、東京巧者のデンコウアンジュがエプソムカップに出走予定だ。前走は大外から強烈な末脚を引き出しての2着、並み居るGI馬たちを相手に互角以上に立ち回った。今回は距離を1800mに延ばして個性派ぞろいの牡馬たちが相手。楽な一戦ではないが前走見せた末脚を引き出して台頭したい。


 前走みたいな感じで馬場が読みにくくて展開に紛れが生じた時こそこの馬の良さが出る。逆に言えば正攻法の競馬ではちょっと難しいと思う。トップスピードの質が一番の武器で、基礎スピードは高くない。またTS持続も並で、出し切ってという競馬は向いていない。今回はメンバー構成的に見ても全体の競馬になる可能性も早めの仕掛けになる可能性も高いとみている。そうなると個人的には微妙かなと。


ヴィクトリアマイル(GI) 2着 17頭5枠10番
東京芝1600m稍 1:34.1(+0.2) 47.9-46.0 S^2
12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.1 - 10.8 - 11.9

 前走のヴィクトリアマイルはかなり噛み合ったとみている。雨が降ってから回復していくという過程の稍重で、明らかに馬場の回復に騎手の意識が追い付いていなかった。3~4角で明確に緩んでL2最速10.8と10秒台に入ってくるほどの緩い流れ、トップスピードの質を高いレベルで問われた。また基礎スピードをこのレベルとしてはほとんど問われていない。ハロン12程度にしか流れていないしコーナーまでかなり緩かった。


 10番枠から五分には出てそこから無理せず中団で進めていく。道中もかなりのスローペースで団子状態の中団、ミッキークイーンを見ながら3角。3~4角でも中団からミッキークイーンの外に出して中団で直線。序盤で追い出されてギアチェンジでスッとミッキーの前に。L2の最速地点でグンとんびてきて2列目に取り付いて鋭く伸びるがL1は馬群の中からアドマイヤリードに抜け出され及ばずの2着までだった。


 もともとアルテミスSを勝った時が中弛みからの2Fのトップスピード戦で鋭く伸びて来てのもので、メジャーエンブレムに対してキレで差し切った形。このレースもそこまで極端ではないがスローで脚を残せる展開、持ち味であるトップスピードの質を高いレベルで引き出せたというのが好走要因だったとみていいだろうと。


福島牝馬S(GIII) 4着 16頭2枠3番
福島芝1800m良 1:47.2(+0.4) 46.9-47.9 H^1
12.4 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.1 - 12.2

 2走前の福島牝馬Sでは逆に厳しい流れの中で捲りというかなり強引な競馬を敢行して悪くはなかったが完敗を喫した。ペースも1.0でややハイ、ラップ推移的にも後半は終始12秒前後でポテンシャルが問われた一戦。全体としては前半の基礎スピードをある程度強く問われている。


 3番枠から五分のスタート、そこから無理せず下げて後方から徐々に外に進路を探っていく。向こう正面では少し前が落ち着けたところ、それでも12.0と決して遅くはないというところで動いて2列目外で3角。3~4角でもロスの多い競馬を強いられながらもクロコスミアに並びかけて直線。序盤で堂々と先頭に立つが一瞬。L1は明確に甘くなって最後は外差しを喰らっての4着となった。


 この4着自体も悪くはないんだが、基礎スピード面とポテンシャルが問われたという中で強気の競馬では最後はどうしても甘くなる。まあ前半からある程度流れた中でこれだけやれたのは個人的には収穫と言っても良いとは思うんだが、レースレベルを見た時には結構楽なメンツではあったと思うし、少なくともヴィクトリアマイルと比べても相手関係自体は2段階下がる。その中でのもので、やはり適性的にはトップスピード戦向き。


秋華賞(GI) 9着 18頭4枠8番
京都芝内2000m良 1:59.3(+0.7) 59.9-58.7 S^1
12.4 - 10.5 - 12.9 - 12.2 - 11.9 - 12.6 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.7

 5走前の秋華賞がこの馬の不満というか、やや物足りないところを見せているのかなと。ペースは1.2でややスロー程度、後半は4F戦で多少分散している中でのL2最速11.3。基礎スピードは秋華賞としてはあまり問われなかった中での後半勝負でTS持続も高いレベルで問われた。


 8番枠から出負けから後方で進めていく。道中も後方馬群の中目で進めながらで、3~4角でも後方馬群の中から4角出口で外に出して直線。序盤で伸びて中団列までは差を詰めてくる。しかしL1では伸び切れずになだれ込むだけの9着に終わった。


 もちろん後ろ過ぎたというのはあるが、仕掛けのタイミングが早くて3~4角辺りから分散するような感じになったことでトップスピードの質を削がれてしまっているかなという感じ。ラストも甘くなったし基本的に後半特化でも早めの仕掛けになると脆い印象。それと、エリ女は逆にそこまで悪くない流れでL2最速のトップスピード戦だが、ここではイマイチ伸び切れる感じが無かった。府中の坂の上り地点で加速するという適性が恐らく高い馬になってくるのかなと感じている。


2017エプソムカップに向けての展望

 スローで仕掛けのタイミングが遅ければトップスピードの質は屈指。少なくともキレで物足りないミッキークイーンを楽に動き出しの地点で差し切るレベル。府中適性が高いのも前述のとおりでそこは問題ない。ただ、やはり秋華賞の場合分散する形になって切れ味が削がれているというのは今回一つポイントになる。ヴィクトリアマイルを見てもそうだが、緩い地点からトップスピードに乗せていく過程…ギアチェンジの性能が高い、坂の上りでの加速性能が良い、そしてトップスピードの質が高い。なのでこれらを引き出すにはやはり3~4角では緩い流れ、L2の坂の上りでトップスピードに持っていく、というような展開が望ましいとなる。これはアルテミスS,ヴィクトリアマイルともにいえること。ただ、エプソムCもそうだが、府中の1800は基本的に仕掛けのタイミングが早くなりやすい。分散される形になるとこの馬の良さである瞬時のギアチェンジやトップスピードの質というのは秋華賞みたいに分散されて削がれる可能性が出てくる。個人的には今回はそのパターンになる可能性が高い面子の構成だと思うので、現時点では評価は控えめにしないといけない、と感じている。瞬間的な切れ味というだけならトップレベルにあると思うので、スローで噛み合えばという怖さはもちろんあるが。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第34回 エプソムC(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 エプソムCを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年では1人気4勝、2人気3勝と人気馬が好成績を挙げているエプソムCだが、マイネルスターリー(15人)、キャプテンベガ(9人気)、グラスボンバー(12人気)の人気薄が馬券圏に絡んでいるようにノーマークの穴馬の激走もある。過去の勝ち馬エイシンヒカリ、ディサイファは、エプソムCで初重賞制覇を成し遂げ、その後に活躍している。

ここ2年は人気サイドでの決着となっているが、実は競馬セブンが入手している極秘情報では有力馬の不安情報が舞い込んで来たのだ。公にはならない裏情報なので馬券は売れるだろうが、決して買ってはいけない危険な人気馬になるだろう。

さらに、人気の盲点となり出走する激走穴馬情報も緊急入手。関係者の間では「どれだけ配当がつくか楽しみ」と馬券話で盛り上っている。

競馬セブンでは春のGIも的中ラッシュ!オークスでは人気薄モズカッチャンの激走情報を入手し3連複4600円的中!NHKマイルCでは13人気リエノテソーロの激走情報を入手して馬連1万7290円、3連複5万0600円のダブル万馬券的中!皐月賞では9人気アルアインの激走情報を入手して馬連8710円的中!大阪杯では7人気ステファノスの激走情報を入手して馬連2320円、3連複4830円ダブル的中!高松宮記念も馬連2150円、3連複3230円ダブル的中など的中ラッシュ!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エプソムC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第34回 エプソムC(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 エプソムCを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:エプソムC300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

関屋記念 2017 出走予定馬:ロードクエスト、一昨年にファンを戦慄させた新潟のマイル戦で復活となるか…?
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ボンセルヴィーソ、前走で厳しい流れでの中でのギアの上げ下げの上手さを見せて…
札幌記念 2017 出走予定馬:ディサイファ、一昨年の覇者で洋芝巧者は確かも…ここ数走をどう判断するか?
鳴尾記念 2017 出走予定馬:ラストインパクト、古豪復活の舞台となるか?ロングスパートになりやすいこの条件は良さそうで
平安ステークス 2017 出走予定馬:ケイティブレイブ、厳しい流れに持ち込み良さが…基礎スピードを活かして引き上げたいところ
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノノブレス、得意の中京2000、流れれば要警戒だが…
ローズステークス 2017 出走予定馬:ミスパンテール、チューリップ賞で見せた末脚は武器…ここ2走は噛み合わず、挽回を期待
フェアリーステークス2018 出走予定馬:プリモシーン、明確に弱点は無く前走トップスピードの質・持続力ともに高く…ここは中心か
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:アキトクレッセント、新星荻野極とのコンビで重賞初制覇となるか?
毎日王冠 2017 出走予定馬:マカヒキ、今年は国内で鋭さを蘇えらせたい…ライバルに向けて完全復活でエールを送れるか
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:ムスコローソ、名牝ダイナカールを母系に…マイルへの延長でも末脚を炸裂させたい
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、菊花賞回避で状態面がカギ…勝負所でスッと動けるのは魅力
平安ステークス 2017 出走予定馬:クリソライト、地方交流では良いが中央の多頭数で良い位置を取れるかがポイント
京成杯2018 出走予定馬:コスモイグナーツ、逃げ粘りは警戒…芙蓉Sはキレ負けで距離の問題ではなさそう
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:アクティブミノル、前走復調の気配…穴人気しそうだが新潟1000も面白そうで
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP