投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

エプソムカップ 2017 出走予定馬:タイセイサミット、前走は良い位置からの抜け出し…56kgに強敵相手、楽にポジションを取れるか

2017 6/11(日)
第34回 エプソムカップ(GIII) 東京芝1800m
出走予定馬一覧
エプソムカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 個性派がずらりと勢ぞろい、上半期でも屈指の難解な重賞となりそうなエプソムカップにメイステークスの覇者タイセイサミットが出走予定だ。前走は番手からしっかりと抜け出しアストラエンブレムの追撃を振り切ってのオープン特別勝ちだ。連勝でここまで来た勢いが本物かどうか、百戦錬磨の古豪たちを相手に伸び盛りの4歳馬が勝負を挑む。


 ここ2走は2000mから距離を短くして、かつ前半かなりゆったりとしたペースで結果を出してきた。ただ今回はクラリティにマイネル2頭とそう楽なペースは望めない。この辺りを詰めてくることができるかがポイント。そんなにトップスピードを長く使える方ではないので特にポジショニングがカギになりそうだ。


メイS(OP) 1着 1枠1番
東京芝1800m良 1:46.0 48.7-45.3 S^3
12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.1 - 11.0 - 11.4

 まず前走のメイSを振り返る。同じ東京芝1800m戦で3.4と超々に近いレベルでの超スロー。ラップ推移的には中盤以降も淀みはないが一貫してドスローで、L2最速のトップスピード戦。L4で11秒台に入ってはいるが超高速馬場でL1も11.4でまとめているようにトップスピードの質やポジション差が大きかったかな。


 1番枠から好発を切って押してハナ、道中もあまりに遅いので途中でクラリティスカイがハナを奪ってこちらが番手に下がる形になる。3~4角でもペースを一気には引き上げずにクラリティに並びかけるような形で仕掛けを待つ。序盤でもまだじわっと促す程度で並びかけ、L2で先頭に立つ。L1ではアストラエンブレムが強襲してくるがこれを何とかしのぎ切っての勝利だった。


 これまで2000m路線では好位ぐらいで進めていて使える脚が短くてTS持続で見劣るというケースが多かった印象だが、ここではポジションを取ってリードを保つことで仕掛けを待つことができるようになったのが大きいかなと。ゲートも上手かったし枠が良かったのはあるにせよしっかりとレースをドスローに支配して前目で仕掛けを待てた。


アメジストS(16下) 4着 14頭2枠2番
東京芝2000m良 1:59.1(+0.8) 58.8-59.5 M
12.8 - 11.2 - 11.2 - 11.6 - 12.0 - 12.1 - 12.2 - 11.6 - 11.9 - 11.7

 逆に3走前のアメジストSは良さを出し切れず、4着と言ってもかなり離された。ペースバランスは0.7でややハイに肉薄する平均ペース。ラップ推移的にもL3最速11.6と速いラップを問われず。もちろん前が少し離れていて3番手で実質的に見れば1000通過は60秒前半ぐらい、なのでまあ離れた位置では大体60-58ぐらいのバランスで2秒とかなりのスローではあったはず。後半5Fが早いわけでもちろんだがある程度早めの仕掛けになっているとみるべきだろうと。恐らくスローからの2段階加速に近い競馬と見ている。


 2番枠からここでは五分のスタート、ある程度促して2列目の内内で立ち回り、最終的には前に各馬を入れて中団ぐらいの競馬になる。3~4角で離れた前を各馬がある程度差を詰めて直線。序盤の最速地点で馬群の中を割りながらするすると伸びてきてL2で中目に誘導。ただこの辺りから伸びが鈍化、最後はジリジリと伸び切れずの完敗だった。


 ここからも末脚の絶対量が不足しているのであの位置で末脚勝負にとなってしまうとちょっと厳しかったかなという感じ。できるだけ前目で仕掛けを待ちたいタイプだと思うし、後ろになってしまって3~4角で恐らくある程度ペースが上がって内で我慢できたのは良かったと思うがそれでも伸びあぐねてしまった。L3の地点では良かったので恐らくTS持続が甘い。このレースは字面は平均だけど前述のとおり恐らく実質はかなりのスローなので、後ろから出早仕掛けの展開が原因かなと。


武庫川S(16下) 1着 12頭8枠12番
阪神芝外1600m良 1:33.1 47.2-45.9 S^1
12.5 - 11.2 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 11.1 - 11.2 - 11.9

 この武庫川Sは意外と強かったというかちょっとびっくりした。ペースはスローだが1.3程度で最低限には流れていたし、そこからのL3最速でTS持続色が強かった。


 12番枠から五分のスタート、そこからある程度促して好位の外、道中は少し下げて好位列からはかなり離れた中団で進める。3~4角では1頭分外の位置で仕掛けを待ちながら最速地点でロスをできるだけ小さく、出口で外に出して3列目で直線。序盤でそこから伸び始めて2列目、L1でしぶとく伸びて前のベステンダンクを捕え、L1で迫ってくるデルカイザーも退けた。


 できるだけロスなくという競馬だがそれでもL3の4角地点が最速という中で1~2頭分はロスがあったわけで、これでL1までしぶとく伸びてきたのは少し意外だったかなと。この辺もマイルに縮めたことで良さが出てきたという感はある。ただこのレースでは離れた位置にいたのでこの馬の位置としては超スローのバランスになると思うし、距離短縮が噛み合ったのかそれともマイル路線で後半のレベルが少し下がったのか、という感じもある。ミエノサクシード辺りを撃破できているし強い競馬だったとは思うんだけどね。


2017エプソムカップに向けての展望

 ひとまずメイSではトップスピード特化戦でアストラエンブレムを撃破できたし、アストラにL1でそこまで強襲させなかったのは立派。ただあの時はハンデ戦で対アストラで見れば2.5kgもハンデを貰っていたのが今回は別定戦になってアストラとは同斤量。この辺りを踏まえても個人的にはやはり評価を控えめにしたいかなと。前走の好走要因はペースもあると思うがやはり好発を切っていい位置を確保できたこと。例えばアメジストSみたいにある程度前目が主張して縦長になってとなるとポジションで優位性を取れなくなると思うし、トップスピードの持続力はちょっと足りないなとも思っている。仮にクラリティスカイやマイネルハニー・ミラノのマイネル軍団がある程度ペースを作っていくとなると恐らく前半いい位置は難しい。それと同時にミラノは基本的に早仕掛けの馬になるので、ミラノが動けば仕掛けのタイミングは早くなる。アメジストSの様に全体が流れてからの仕掛けの早いTS持続、というパターンはあまり好ましくないだろうと。ここでやれるかどうかが今後を分けると思うが、2歳時の朝日杯でも流れて良さが出る感じでもなかった。ダイワメジャーの仔だし基本的にはこの距離だと機動力で勝負してくると思うし、今の時点では印を打たない可能性も高い。内枠を引いて前走の再現ができればだが、56kgで相手関係強化。なかなか骨っぽい面子が揃っているので。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
エプソムC(G3)・鉄板3点勝負

30倍も狙える3点勝負を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━
5/28 日本ダービー1万1870円的中
5/28 京都11R 3万1280円的中
5/27 京都9R  1万7780円的中
5/20 東京8R  2万2340円的中
5/20 京都7R  1万6490円的中

エプソムCの3点勝負を見る方法
pngホースメン会議:エプソムC300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

関屋記念 2017 出走予定馬:マイネルハニー、前走はスローに落としすぎてキレ負けも、マイルへの短縮がカギ…
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、力は見劣るが積極策からリードを保ち切れるか
ローズステークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、ラスト1冠に向けて、前哨戦で成長を見せられるか?
シンザン記念2018 出走予定馬:エアアルマス、距離延長の前走は直線ほぼ流してぶっちぎり…ラップ的にも優秀で素質は確か
CBC賞 2017 出走予定馬:エイシンスパルタン、鉄砲は得意で1200m戦でも底知れず…混戦を断てるか?
北九州記念 2017 出走予定馬:ダイアナヘイローと武豊、4連勝を賭けてタフな小倉1200を乗り切れるか?
札幌記念 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、今年はV字回復…実績あるも詰めきれない札幌2000の舞台で真価を問う
AJCC2018 出走予定馬:ゴールドアクター、武豊との新コンビで久々のゴールドメダルとなるか?
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ルヴォワール、2戦2勝無敗の不気味な才女…春の遅れを取り戻せるか?
クイーンステークス 2017 出走予定馬:ヤマカツグレース、瞬間的なギアチェンジは非凡も使える脚が短く使いどころがポイント
京成杯2018 出走予定馬:コスモイグナーツ、逃げ粘りは警戒…芙蓉Sはキレ負けで距離の問題ではなさそう
レパードステークス 2017 出走予定馬:ハルクンノテソーロ、良い脚は本当に一瞬だが、馬群に包まれても瞬時に加速できるのは魅力
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
目黒記念 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、58kgも実績は最上位の古豪…早めに仕掛ける流れなら互角以上のはず
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、トップスピード戦では世代屈指も…転厩後の菊花賞が参考外としても色々不安が多い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP