投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

安田記念 2017 予想:本命06レッドファルクス

東京11R 安田記念(GI) 芝1600m 良、かなりの高速馬場想定
展開予想
 展開予想の前にまず馬場状態を見ておく。土曜の府中の馬場を見る限りまず内は避ける意識が強くなっているなと。内を避ける馬が多いし直線では確かに馬場の3~4分所が伸びている。けど、最初から外々でなく直線で中目に誘導できるので、案外前目内目で仕掛けを待ちながら直線で中目に持っていってというタイプの馬が来ているなという感じを受けた。それと、上がりは速いし時計も速いんだけど、イメージよりもTS持続型の方がL1まで伸びて一瞬のトップスピードの質タイプは少し甘くなっている感じがある。この辺りを全体的に考えながら入っていきたい。


 展開予想だがとりあえずは動画を見てやってください、お願いします。


 そして、展開予想をこれまでもしていてなんだけど、展開予想自体にあんまり意味はないなと最近感じてきた。なので文章的にはここではあまり書かずに気になる人はyoutubeの方を見てもらえたらと思います。ざっくりとした色々なケースや馬の適性を軽く触れているという感じですね。


 逃げるのはとりあえずクラレントかロゴタイプ辺り、それをヤングマンあたりが前目でマークするだうし。コメント的にはロジは前目、サンライズは前に馬を置きたい、コンテントメントは2列目までには入りたいらしい。その辺を考えて色々幅を持たせていきたいね。スローでも流れても良いようにしたいね。グレーターなんかはトップスピードの質は高いから今日みたいに動きが遅いデニムで馬のケツおっかけて待って待ってでエンジンかけ遅れた福永でも何とか適性的には足りるかもね。最近はミルコも糞だけどここは頑張ってくれよ。…展開に関してはそんな感じで。個別の分析と予想をしっかりしようかなと。もうね、騎手に理想的なペースとか馬の適性とかそんなんわかるわけないわ。そのレベルに至っている騎手の方が圧倒的に少ない。期待する方が悪いって境地。なので馬の適性を見てのペース予想に意味はないから陣営のコメントだけ拾ってこうなるんちゃうかってのだけピックアップした。もうね、安西先生じゃないけどさ、あの糞レースとなったダービーの直後の鳴尾記念で『全く成長していない』とかね。そういうもんだと思うしかない。落ちたら命に関わってくるからそこに関してはリスペクトしているけど、プロのスポーツ選手としてもうちょっと色々考えてもらいたい。もちろんもう期待はしないんだけど、苦言は呈さんと。ダービーの次週土曜でいきなりこれやで。ハイが良いとは言わんが何事も限度ってもんがある。

<PR>
【先週】第84回 日本ダービー (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【レイデオロ】【スワーヴリチャード】【アドミラブル】

上位独占!3連複は2220円1点的中!



【2週前】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中!



今週は元JRA騎手・大西直宏の1点馬券

第67回 安田記念 (G1)

元JRA騎手・大西直宏の
『結論』
想定30倍の【馬連1点馬券】
無料で教えます


安田記念・大西直宏の1点はコチラ

>
pngワールド:安田記念300-250

<PR>

予想
◎06レッドファルクス

〇12ビューティーオンリー
[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、2位前後にあります!)
★07グレーターロンドン
△08エアスピネル
△18ステファノス
×02ディサイファ04アンビシャス
3連複◎軸〇▲★△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲★△→◎〇▲★△×

◎レッドファルクス


 ここからは真面目にね。で、展開予想でどうこう言ってきたけど、この馬に関してはどういう展開になってもこの馬を本命にと割とマジに考えた次第。安田記念展望前から一応前提でこの馬本命を考えつつ、何か面白い馬がいるかなという感じで見ていって、この馬にした。CBC賞の時から惚れていて、33.8-33.4の平均、超高速馬場で12.2 - 10.7 - 10.9 - 10.9 - 10.8 - 11.7とコーナーで終始10秒台、これを外外ぶん回してL1ズドンで11秒前半とかちょっとあり得ないなというぐらい。後はこれを延ばしてコントロールできるか。これが前走京王杯SCで雨は降ったが悪化しきらず36.4-34.2と超スローからの12.3 - 12.6 - 11.6 - 11.1 - 11.5と12.6が最遅、そこから動く競馬ができていてギアチェンジも高いレベルで見せてきた。正直自信を持っていながらも流れと4角の位置で伸びないことも覚悟したが、緩くコントロールしてしっかりとギアを換えてきた。これは優秀だったなと。TS持続はステファノスは手強いかもと思っているけど、この路線なら武器になると思うしコントロールできる、パワー型で内を狙ってもチャンスはある。そして前走は不良馬場で勝ったけど超高速中京1200で異次元の競馬をしていて馬場自体は高速の方が良いと思っているぐらい。そして馬場が荒れている中での進路どり、押上げは上手いミルコ。そろそろここいらでやれなきゃミルコも男が廃るぜ。ビビらずにしっかりと中団ぐらいは意識してほしい。もっと前でもコントロールできるから構わない。


〇ビューティーオンリー


 香港馬の場合検疫が長いから日本でパフォーマンスを維持できるかってのはある。海外遠征でもこの辺は日本馬よりハンデあるからね。検疫期間中の調整がいまだに白井とか。ちょっと考えた方が良いで。それはともかく素材的には一番で、かつパートンもタイトに進路を取ってくれる。モレイラが印象的に強すぎるけど、このパートンも日本でのコース取りの上手さや動き出しの意識なんかは個人的に気に入っている騎手。そのうえでこの馬の武器は素材的なもの。香港マイルを制した時が大体日本式で46.0-46.5ぐらいの平均、ここでしっかりと外々から出し切ってL1ズドン。サトノアラジンと通したところは同じだが、それを2列ぐらい前でしっかりと同じような脚を引き出してくる。前走のチャンピオンズマイルは大体48.5-45.7ぐらいで超スローの部類、ここで内内でポジション下げつつ直線でジリッと伸びてL1強襲。エンジンの掛かりはコンテントメントより少し遅いが、掛かってしまえばどこまでも伸びてくる感覚。香港のスターだったラッパードラゴンにも2走前のチェアマンズTでL1にしっかりと詰めてきている。これを引き出すことができればだし、香港マイルはロゴタイプやサトノアラジンを問題なく撃破。モーリス包囲四天王の2頭を楽に撃破している。地力は問題ないので後は状態面と出し切れるかかな。




 単穴枠も割と今回は迷わなかったかなと思う。まず逃げ馬を見ながらスッと入っていける枠を引いたし、基本的には前半は無理なく進めて中盤以降のペースをしっかりと作っていきたい。最序盤は今回のメンバー構成だと騎手がどういう意識を持つかまでは分からんがスローを好む馬が多い。その中で逃げ馬を目標にしながら上手く番手、2列目外を確保できれば序盤はクリア。後は3~4角でしっかりと前にプレッシャーをかけてほしいね。特にロゴタイプが自分より前にいる場合昨年のような3~4角でブレーキとかの展開になると苦しいから、ロゴが我慢してペースを落とすなら3~4角で喰っちゃっていいよ。合わせる必要はない。それとこの馬も蹴って王的には確実にパワー型で、今の府中の状況でTS持続が結構問われるという感覚はこの馬には噛み合ってきそう。もともとここでのトップレベルの馬を撃破してきているし、重賞の2勝はいずれも最序盤はスロー、そこから早めの仕掛けからの競馬。前走は苦手のドスローからのL4から1段階目加速、L2最速戦でも頑張ったようにL4辺りから勝負に行くような形で上手く分散させたい。ここ2走はドスロー過ぎたし流石にあそこまで遅いことはないだろう。ペースが速いとダメでバランスが難しいが過小評価されている一頭には違いない。


★グレーターロンドン


 福永は追込み馬は乗らなきゃいいのにな、今日のデニムとかどうせスローだからいいスタートきらんでも団子だし、むしろ仕掛けの意識を持てってところでスマートのケツばっかりおっかけてるから。福永が合うのは基本的に動きたいときに動く器用さがある馬のみで素材型は合わないからこの馬も微妙。ただトップスピードの質は間違いのないところで、例えば前走の東風Sなんかは50.1-46.6と超々スローに近いレベルのドスローで12.4 - 11.9 - 11.1 - 11.2のラップ推移、L1だけで4馬身差をぶっこ抜いて坂の上りで推定10.5前後という脚。この辺からも坂の上りでの加速も上手い。ただ田辺が上手く加速スペースを作って促しながら外に持ち出し勢いを以て直線に入ってきているので、これを福永ができるかって言われると微妙。馬自体に瞬時のギアチェンジがあるかは正直今のところ微妙で、しっかりと勢いをつけながら入ってほしいから重い印は打ち切れず。馬は良いけど福永とは合わないリスクにやっぱり状態面も不安。★として注目したい連下扱い。


△エアスピネル

 今回勝負としてイスラボニータを消したんだけど、枠の並び的にも今の府中の馬場適性的にもイスラと互角でハイペース、スローからのギアチェンジ戦にも対応できているこの馬を代用品とする感じにしたい。ただTS持続が甘いのも同じで、前走マイラーズCでは47.4-44.8と超スローからの11.7 - 12.1 - 11.4 - 11.3 - 10.8 - 11.3と2段階加速的競馬で3~4角2頭分外を回したにせよL2でイスラにギアチェンジ面で少し見劣り、L1で詰めきれず。京都金杯もL1で甘くなったし基本的には瞬間的なトップスピードをある程度厳しい流れでもギアチェンジを使ってスッと引き出せるのが魅力。なので崩れにくいのは確かかな。ただ総合力は高いけど素材的に抜けているものはない、今回は3~4角から直線序盤の立ち回りが問われると思うが、各馬が馬場の外を回す中で上手くスペースを取れそうなので内枠である程度前目から動ける馬は警戒したい。それでもL1が甘くなる傾向の馬を重く狙いたい今の府中ではないかな、という感じ。


△ステファノス


 日本馬でTS持続の一番手はこの馬だと思う。天皇賞秋では60.8-58.5と2.3とかなりのスローからの12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7とL2最速の流れで後方外々から直線ジリジリ。それでもL1までしっかりと食い込んできてL2地点では見劣ったリアルスティールにL1ではジリッと食い込んできた。誤差程度だけど基本は出し切った方が良いタイプ。キタサンマークしてL1詰めてきた大阪杯なんかもその辺り。マイルだと基礎スピード面で不安もあるけど今回のメンバー構成ならスローを好む馬が最序盤レースを引っ張ると思うし、▲馬なんかがある程度速めから突けばこの馬にとっては良い材料。ただどうしても外枠で恐らく3~4角で必要以上に外を回される羽目になる。それでもエンジンをかけ切れれば外差しで来るのはこの馬かなという感じ。外枠の馬は先行しないと簡単ではないかなという感じはあるね。馬場を選べる立場より後ろになると必要以上に外になりそう。


×ディサイファ


 ここ2走の内容が悪くなければもう一段上の連下を考えていたけど、やっぱり悪い。ただ想定している展開なら内目好位ぐらいから今回は進路も取りやすいだろうし、昨年よりはもうちょっと仕掛けも早くなるかなとみている。仕掛けで急かされない方が良い、L1でイスラをTS持続で差すタイプの馬なので、後は噛み合えばだけどね…。ここで2着以上に来られると全力で泣く(悲しい意味で)準備はできている。条件は合うと思うんだよなあ。


×アンビシャス


 この馬場なので押さえておく。秋天まで押し上げが上手く嵌ることはないかもだが、あれぐらいやれれば最後方からでも内のスペースが空きそうな今回圏内は狙えると思うので。前半のペースよりも動き出して行くタイミングの問題。出来るだけ3~4角でペースが上がって分散してほしいし、そうなれば面白い。秋天みたいにドスローからの12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7とL2最速でギアチェンジで脚を使っていい馬ではない、ハイトップギアに入れられるのは一瞬しかないが4速トップギアを維持は上手いという認識。本当はコーナーで勝負できる舞台が合っていると思う。前にレッドファルクスがいるのも良い材料だと思っているが、瞬間的な脚だけでレッドを差すのは難しいだろうとみている。多分府中向きじゃないんだよなあ本当は。小倉1800とか走らせたら無双しそうなんだけど。


消イスラボニータ


 まあ…消した。まず一つは過剰人気ではあると思う。イスラのマイラーズCは完璧に噛み合ってのもので、大外枠から最内に入り込んで2段階加速、1段階目の加速地点となった3~4角でロスなく、そしてL2最速でもう一段のギアに切り替えるときにギアチェンジの性能差を活かして狭いところを割ってとロスなくこの馬にとって最高の競馬をしてきたと。個人的には昨年の安田が不満で、47.0-46.0のスローで12.0 - 12.1 - 11.3 - 10.9 - 11.7のラップ推移、好位の外からじわっとコーナーでブレーキを外しながら直線前を向いたけど伸びたのは一瞬。このラップ推移でもこんな感じで前受けして内内で仕掛けを待てないと基本的に甘くなる。もちろんペースが速くてもそれを引き出せる、TS持続もマイルだと踏ん張れるけど、流石に安田でもフィエロやサトノクラス相手にL1は完敗だからね。そう考えると、今の馬場状態で騎手が内の馬場を嫌って外枠、展開が読みにくい中でどこまで前を取っていけるかどうか。個人的には最低でも2列目外につけないと苦しいかな。今の馬場だと瞬間的な総合力タイプは案外苦戦しているからね。軽い馬場だけどL1まで踏ん張れないと難しい感覚。外から勝ちに行くと常に甘い、今回は内の馬も進路確保が結構スムーズにできそう。この辺りを考えると今回は安定しそうで案外圏内を取りこぼす可能性も高いんじゃないかと。思い切って全消し。怖がらずに前目につけられるかどうか、3~4角で分散されないかどうか。いずれにせよスローのトップスピード戦で外から勝ちに行く形になると2段階ぐらい甘くなるイメージかな。



<PR>
【先週】第84回 日本ダービー (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【レイデオロ】【スワーヴリチャード】【アドミラブル】

上位独占!3連複は2220円1点的中!



【2週前】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中!



今週は元JRA騎手・大西直宏の1点馬券

第67回 安田記念 (G1)

元JRA騎手・大西直宏の
『結論』
想定30倍の【馬連1点馬券】
無料で教えます


安田記念・大西直宏の1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第84回 日本ダービー (G1)
◎アドミラブル
○スワーヴリチャード
▲レイデオロ
3連複1点目:2220円的中

京都11日目7R
◎インフェルノ
馬連2点目:2180円的中
3連複:1万5440円的中
3連単:6万0220円的中

東京12日目6R
◎ボーダーオブライフ
馬単本線:2420円的中
馬連本線:1290円的中
3連単:4万3460円的中

第78回オークス (G1)
◎アドマイヤミヤビ
○ソウルスターリング
▲モズカッチャン
3連複1点目:4600円的中

東京8日目3R
◎コスモペリドット
3連複:4480円的中
3連単:2万4320円的中

新潟6日目5R
◎モレッキ
馬単1点目:1400円的中
馬連1点目:630円的中
3連複:2450円的中
3連単:1万1990円的中

第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京・プリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

京都4日目12R高瀬川特別
◎イーデンホール
▲カネトシビバーチェ
△ヒロブレイブ
馬単2点目:1万1850円的中
馬連2点目:7450円的中
3連複:2万9660円的中
3連単:14万2130円的中

第24回 青葉賞(G2)
◎アドミラブル
◎ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中


安田記念・大西直宏の1点はコチラ

pngワールド:安田記念300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

安田記念 2017 出走予定馬:ヤングマンパワー、前半は無理が利かないが…中盤以降じわっと引き上げて良さが出てきた一頭
安田記念2017予想参考前日オッズ 4年連続で連対中の1番人気はイスラボニータ
安田記念 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ルメールがペリエを超える4週連続GI制覇を賭けて…
安田記念 2017 出走予定馬:クラレント、岩田の逃げの手が不気味…前走2着と復調を示すが同タイプの強敵が多いのがどうか
安田記念2017のプレ予想 外国馬の評価
安田記念 2017 出走予定馬:グレーターロンドン、蹄葉炎を克服しての5連勝…福永が強烈な切れ味を引き出せるか
安田記念2017のプレ予想 レッドファルクスの評価
noimage
安田記念 2017 出走予定馬:サトノアラジン、トップスピードの質、持続力は一級品も…ゲート・ギアチェンジが甘く展開次第
安田記念 2017 予想用ラップデータ:基本的には平均以上で流れやすく…昨年はモーリスの影響でやや例外的
安田記念2017のプレ予想 イスラボニータの評価
安田記念2017予想参考 東京芝1600mの血統データ
安田記念 2017 出走予定馬:ロジチャリス、楽に前を取って早めスパートという条件が揃えば…マイルは本来ちょっと短い感
安田記念 2017 出走予定馬:ディサイファ、昨年も噛み合わない中で6着…ただしここ2走はかなり物足りず、差し引く必要はある
安田記念 2017 出走予定馬:コンテントメント、魔術師ジョアン・モレイラが総合力の高いこの馬でどう乗ってくるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP