投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

安田記念 2017 出走予定馬:トーキングドラム、阪急杯はハイペースを完璧に立ち回り…鋭くはないが厳しいペースでギアを上げられる魅力はある

2017 6/4(日)
第67回 安田記念(GI) 東京芝1600m
出走予定馬一覧
安田記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年は準OPを勝ち上がり、阪急杯では7番人気で重賞初制覇と急上昇のトーキングドラムが安田記念に出走予定。阪急杯ではシュウジら強敵を内から上手く立ち回って撃破したが、前走の京王杯スプリングカップでは前目で競馬もイマイチ伸び切れなかった。今回も府中の舞台、前走以上の強敵が揃うが、今年の勢いで結果を出したいところだ。


 東京の1400m戦はそれなりにトップスピード面でも対応できていた印象だが、流石にこのクラスまで来ると厳しい流れの方が合っているかなという感じ。その中でもやはり阪急杯は少し恵まれた面が強いし、前走の京王杯では悪くない競馬でキレ負けした。スローではここは流石に難しいかなと。この馬こそこのメンバー構成なら思い切った逃げでもうってペースを引き上げて一発を狙いたいところ。ただパフォーマンス的にはそれでも見劣るとは思っている。


阪急杯(GIII) 1着 12頭2枠2番
阪神芝内1400m良 1:21.4 33.8-35.9 H^3
12.1 - 10.7 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2

 3走前の阪急杯を振り返る。この時は良馬場だったが雨の影響があったし、時計的にはそんなに出ていなかった。ペースは2.1で1400以下では超ハイの部類。ラップ推移的にも全く淀みなく進んで基礎スピード特化戦。少し渋っていてパワー型の基礎スピード面を問われたと。


 2番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと出していきながら下げて好位の内内。道中も無理なく下げて最終的には中団の内内で厳しい流れの中で脚を残す。3~4角でも最内で立ち回って進路が無い状況で直線。序盤で前にいたブラヴィッシモが外を探った隙をついて一気に内から突き抜け1馬身リード。L1ではヒルノデイバローとの叩き合いに持ち込まれたが何とかしのいでの勝利だった。


 ここでは結果的にだが基礎スピード特化戦の流れの中で強敵と目されたシュウジとロサギガンティアがどちらも前半で脚を使わされて失速してしまった。その流れの中でかつ厳しい流れに適性のあったブラヴィッシモが詰まって出せなかった。レースレベル全体が下がった中でしかも最短距離で完璧に噛み合ったこの辺りからもかなり恵まれた面はある。


京王杯スプリングC(GII) 6着 13頭7枠11番
東京芝1400m重 1:23.6(+0.4) 36.4-34.2 S^3
12.8 - 11.3 - 12.3 - 12.6 - 11.6 - 11.1 - 11.5

 同じ1400m戦でも前走の京王杯スプリングCでは苦戦を強いられた。ペースバランスは2.2で超スロー、ラップ推移的にはL2最速が顕著。ギアチェンジをかなり高いレベルで要求された。断続的に雨が降って悪化しているのだがそれでも馬場のベースが超高速状態で結果悪化しきらず意識が物凄く下がった形。


 11番枠から好発を切ってハナを主張するレベル。そこからじわっと促しつつだが内のヒルノデイバローが主張したので行かせて番手。3~4角でもペースをスローにコントロールしていて4角地点が12.6と最遅という流れで我慢しながら直線。序盤で馬場の良い中目に持ち出して馬なりで進めているがL2の最速地点で追い出されてここで少しキレ負けして並ばれる。L1でも甘くなって最後は4着争いまで。


 意外にもギアチェンジの性能は高かった。これは阪急杯でも内から動きたいときにスッと動けていて、これまでの準OPのイメージとはちょっと違う感じの競馬になった。ただL2最速地点で各馬がトップスピードに乗ってくると並ばれていてここでキレ負けしているし、トップスピード戦でTS持続も甘くなった形。まあヒルノデイバロー辺りと比較すれば妥当と言えば妥当だが、この流れではイマイチ良さが出なかったかなという感じ。


新春S(16下) 1着 14頭8枠13番
京都芝外1600m良 1:34.6 47.0-47.6 M
12.4 - 11.2 - 11.4 - 12.0 - 11.8 - 12.1 - 11.4 - 12.3

 5走前、準OPを勝ち上がった舞台がマイル戦で、この一戦が意外とこの馬のここ最近の好走を象徴している感じはあるし押さえておきたい。ペースは平均でややハイ寄り。ラップ推移的には時計が掛かっていた時期でそこそこ流れたという意識が働き、仕掛けはL2最速が顕著。基礎スピードとそこからの一足でギアチェンジが問われた一戦だが質的にはそこまで求められていない。


 13番枠からまずまずのスタート、そこから押して押しての先行策で最終的には好位の外目で落ち着く。出していったがポジションを決めてからも掛からずに平均ペースに乗って3角。3~4角でもペースは上がらず落ち着いた状況の中で好位の外から4角出口でじわっと仕掛けて直線。序盤の最速地点でしぶとく伸びて先頭列を意識、L1でしぶとく伸びて前のティーエスネオを捕えての勝利だった。


 今回のメンツに比べると勿論レベル的には楽な一戦だったとは思うしこれだけでどうこうとは言えないが、基礎スピードを問われたことで仕掛けのタイミングが遅れるパターンで結果が出たとはいえる。また1400ではその基礎スピード面でそこまで優位に立てなかったが距離をマイルに延ばしたことで結果が出てきた感はあるかなと。阪急杯では結果的に1400に戻して結果を出したので何とも言えないが、基礎スピードを問われたことで結果が出ているのは確かだろうと。


2017安田記念に向けての展望

 前走の京王杯スプリングCやこれまでの競馬を見てきてもスローのトップスピード戦ではちょっと難しい。要所で動けるのはここ数走で見せてきているけど、加速自体は上手くても単純にトップスピードの質そのものがちょっと足りないなという感じ。かといってTS持続でもこれまで準OPで結果が出ていなかった。今年パフォーマンスを上げてきた過程を見ても、阪急杯も結果的に基礎スピード特化の中で各馬が適性的にパフォーマンスを落とした中で完璧に立ち回っての勝利だし、準OP勝ちも平均ペースでの一足。基礎スピードを活かす競馬が求められると思う。阪急杯のような厳しい流れで我慢して馬群を一気に捌く一足を使えているわけなので、この辺からもやはり勝負をするつもりであればペースを引き上げていくことで他の脚を削ぐしかないだろうと。もちろん阪急杯の時計自体は正直ちょっと物足りないし、実際上位のレベルは微妙だ。なのでペースを引き上げたから一気にということはないが、少なくとも京王杯スプリングCの様にスローからのトップスピード戦では質、持続力であのメンツで1枚足りない。今回ここに入ると2枚は落ちるだろうと思う。この競馬を避ける必要があるだろうと。ゲートは近走安定して良くなってきているし、ここはギャンブル的にもレースを厳しい流れに持っていく必要があるかな。天気が読みにくいところはあるが、少し渋って時計が標準ぐらい…走破時計で1分33秒台まで掛かってくる中で積極策で縦長に持ち込めればワンチャンスは…というところ。厳しい流れでも一脚は使えるが、溜めても鋭くならないならやはりペースを作っていきたい。馬券的には難しいところで、チャンスがあるとするなら前述の条件が揃って連下で押さえるところまで。高速馬場なら31秒台、遅くとも32秒前半の走破になると思うし、そうなると難しい。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

   第67回 安田記念(G1)
新聞の印に惑わされたくない方へ
【外国勢で鍵を握るのは●●!】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】最近も巨大的中を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼1人気を“完消し”
 伏兵の一変話を入手!▼
5月21日 東京1R
◎ガチコ
(9人気・単勝22.0倍)
△デルマカゼタチヌ
(10人気・単勝22.6倍)
◯メイショウアテン
(3人気・単勝7.0倍)
3連単 19万9440円
馬 単  2万8840円
3連複  2万5980円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼単勝104倍でも
   買えるのが情報力▼
5月7日 東京10R
◎ナムラアラシ
(6人気・単勝10.1倍)
◯ミツバ
△キクノソル
(14人気・単勝104.1倍)
3連単 27万0960円
3連複  4万6560円
馬 単  3万0090円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼メインレースで
12⇔5人気の穴穴マルチ▼
5月7日 京都11R
◎ダイシンサンダー
(12人気・単勝42.6倍)
△キングハート
(3人気・単勝7.5倍)
◯オーヴィクレール
(5人気・単勝10.1倍)
3連単 21万0760円
3連複  4万8480円
馬 単    5100円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼GⅠの前に
  3079倍の殿堂的中▼
4月30日 京都9R
◎ペプチドサプル
(4人気・単勝5.8倍)
△エマノン
(10人気・単勝45.7倍)
◯メイショウタチマチ
(5人気・単勝9.0倍)
3連単 30万7940円
3連複  3万6170円
馬 単  3万1880円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼8歳牝馬の
 一変話をスクープ!▼
4月29日 京都8R
◎メイショウユメゴゼ
(7人気・単勝18.5倍)
○ブライスガウ
(3人気・単勝5.3倍)
△ワンダーヴィーヴァ (8人気・単勝21.4倍)
3連単 11万0950円
3連複  2万2060円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『安田記念(G1)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【外国勢で鍵を握るのは●●!】
完全無料・安田記念
png暴露王:安田記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

安田記念 2017 予想用ラップデータ:基本的には平均以上で流れやすく…昨年はモーリスの影響でやや例外的
安田記念 2017 出走予定馬:エアスピネルと武豊、厳しい流れでも鋭い一脚を引き出せる魅力…折り合いやや不安も総合力高く
安田記念 2017 出走予定馬:ステファノス、富士S制覇の舞台、マイルでもスローで楽に進められれば末脚警戒
安田記念2017予想参考 東京芝1600mの血統データ
noimage
安田記念2017のプレ予想 イスラボニータの評価
安田記念2017のプレ予想 レッドファルクスの評価
安田記念 2017 予想:本命06レッドファルクス
安田記念 2017 展開予想動画+予想用の出走予定馬全頭展望まとめ!
安田記念 2017 出走予定馬:コンテントメント、魔術師ジョアン・モレイラが総合力の高いこの馬でどう乗ってくるか
安田記念2017のプレ予想 外国馬の評価
安田記念 2017 レース回顧・結果:サトノアラジン、悲願のGI初制覇…出し切ることを第一に川田が馬を信じた結果の勝利!
安田記念 2017 出走予定馬:クラレント、岩田の逃げの手が不気味…前走2着と復調を示すが同タイプの強敵が多いのがどうか
安田記念 2017 出走予定馬:レッドファルクス、マイルへの延長も前走府中で強烈な末脚…力を信じたい
安田記念 2017 出走予定馬:ブラックスピネル、L1の伸びは目を引く…適正ペースの幅は広いがギアチェンジは少し見劣る
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP