投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

安田記念 2017 出走予定馬:ビューティーオンリー、香港マイル路線の中心を担う実力馬…トップスピード持続力は屈指

2017 6/4(日)
第67回 安田記念(GI) 東京芝1600m
出走予定馬一覧
安田記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 モーリスが蹂躙した香港のマイル路線…今度は香港が逆襲を誓って、最強の刺客である香港マイル覇者ビューティーオンリーが安田記念に出走予定だ。モーリスが中距離路線に移って不在の香港マイルで鮮やかに台頭、その後もマイル路線で安定して結果を出してきた。香港の名手ザカリー・パートンとともに東京の舞台で香港旋風を巻き起こせ。


 今回はコンテントメントと2頭の香港マイルGI馬が来たけど、厳しい流れならばこちらの方が手ごわいとみている。まあスローでも個人的には前走のチャンピオンズマイルの内容ならとは思うんだけどね。面白い馬なのは間違いない。

<PR>

【先週】第84回 日本ダービー (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【レイデオロ】【スワーヴリチャード】【アドミラブル】

上位独占!3連複は2220円1点的中!



【2週前】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中!



今週は元JRA騎手・大西直宏の1点馬券

第67回 安田記念 (G1)

元JRA騎手・大西直宏の
『結論』
想定30倍の【馬連1点馬券】
無料で教えます


安田記念・大西直宏の1点はコチラ
pngワールド:安田記念300-250
<PR>

香港マイル(GI) 1着 14頭13番枠
シャティン芝1600m良 1:33.48 47.02-46.45 M
24.48-22.54-23.01-23.45 

 まずは5走前の香港マイルから振り返りたい。良馬場でペースバランスは日本の計測方法で補正すると大体46.0-46.5といったところ、平均ペースとみていいと思う。ラップ推移的にも前半の3~4F目が22.54と最速なので前半が結構流れているとみるべきだろうと。


 13番枠からゲートはまずまず、そこから控える形で後方の外で進めていく。道中も淡々と速い流れということもあって比較的縦長の展開。3角で後方外から進出して押し上げながら直線に入ってくる。序盤でしっかりと伸びて中団列から好位列に取り付く。L1では先頭列に並びかけてしっかりと半馬身差ほど前に出ての完勝だった。


 3~4角でのロスは最も大きく、サトノアラジンと同じコースで大外を回してきたし、2着のヘレンパラゴンに対して一つ外から押し上げてのもの。これは評価したい。厳しい流れの中でしっかりとこの末脚を引き出してきたように、基礎スピードの幅が広いなという感覚。いずれにせよ今の香港勢のトップレベルを相手に一枚上の競馬をしてきたわけでこれは高く評価しないといけないだろうと。


チャンピオンズマイル(GI) 2着 7頭2番枠
シャティン芝1600m良 1:35.30(+0.07) 49.54-45.69 S^3
26.44-23.10-22.95-22.74

 前走のチャンピオンズマイルを振り返っておこうと。日本式で見て大体48.5-45.7というところで、これでも超スローペースとなる。その中で後半2Fも22.74なので比較的遅いラップであると。トップスピード戦ではあると思うが、このラップだけだとどこの地点が最速だったかを推測するのは難しい。L2かL1かはちょっと読みにくいかな。


 2番枠からまずまずのスタートを切ってしっかりと2列目のポケットを確保する競馬。道中も前にスペースを置きながら動く意識を持っていたが3角手前でポジションを上げたストーミーアトランティックが動いたことでペースも上がってその中で上手く最内を立ち回って直線。序盤で追い出されるが反応がイマイチで先頭列に加わっていけない。L1でようやく突っ込んできたがコンテントメントに前から出し抜かれたのが決定打となった。


 このレースでは中心的存在だった史上初の香港三冠を成し遂げたラッパードラゴンが故障・予後不良で安楽死という非常に残念なレースになってしまったが、その中で3角で動いた馬がいたことでスイッチが入ったという流れ。それでも直線で恐らく加速しているかなという展開だったと思うし2列目の内で我慢しながらスッと動けなかったかな、というのが敗因に感じた。1Fごとだとかなり正確に分析できるけど、この辺りは流石にちょっと決めつけられない。ただ香港Cでも厳しい流れでL1の伸びが目立った馬なので、恐らくギアチェンジ面に関してはそこまでのものはないかもしれない。ただスローで前目、いつでも動けると噛み合ったコンテントメントをラストで追い詰めたように個人的には力自体は上位ということを証明していると思う。


チェアマンズT(GII) 2着 9頭2番枠
シャティン芝1600m良 1:33.83(+0.09) 48.65-45.09 S^3
25.12-23.53-22.90-22.19

 チェアマンズトロフィーではチャンピオンズマイルで非業の死を遂げたラッパードラゴンとの対決だった。ペースは四捨五入でギリギリの2.6と超スローにギリギリのラインで入っている。ラップ推移もL2-1区間が非常に速く、FAで11.1というところ。


 2番枠からここではやや出負け、そこからじわっと取り付いて2列目の一角を狙うが少し不利を受けて下げて結局は中団。徐々に外に誘導しながらでラッパードラゴンを見ながら3角に入っていく形。3~4角ではラッパードラゴンが少し離れた2列目から徐々に外外進出、その直後を促しながらだがなかなかペースが上がってこない中で仕掛けを待って4角出口でラッパーの外に出して直線。序盤でそこから追いだされてここではスッと伸びて2列目に並びかける。L1で伸びるラッパードラゴンとの一騎打ちに持ち込むがジリジリと差を詰めるも届かずの半馬身差ほど、2着だった。


 この一戦からスローでもトップスピードに乗って出し切れれば相当なレベルにあるなと感じた。ラッパーをマークしながらの競馬になったし、ラッパードラゴン自身もそれを意識していたか少し仕掛けの意識を遅らせながらとなったので進路確保をし切れたのが4角出口も出口。ここから2Fでレースラップが22.19ということを考えるとなかなか差し切るのは難しい。ただ一つ言えるのはこの馬の位置で4角出口で大体先頭との差は2馬身差。これを代替半馬身まで詰めたのであればまずL2-1のどちらかでは10秒台に入っているということになる。L3から加速していくという競馬になっていると思うので、その辺りを考えると少しエンジンの掛かりが遅かったこの馬としてはL1で最速という可能性もはらんでいる。まあいずれにせよ2Fずつだとそこまで精密な分析はできないが、L1の伸びがラッパードラゴンに対しても優位に立てた要因だし、スローだろうが流れようが基本は出し切っていい馬だろうと。


2017安田記念に向けての展望

 個人的には香港2頭で単純に地力が上なのはこちらだと思う。もちろん人馬込みで言えば魔術師モレイラは厄介だが、個人的にはザカリー・パートンも香港No.2と言っていいと思っているのでこの人の手腕も楽しみだ(エアロヴェロシティの宮記念時の鞍上です)。小器用な脚は正直あまり感じないけど、トップスピードに乗ってからの持続力の高さはかなりのものだし、厳しい流れになってもしっかりと外から勝負に行って最後までポテンシャルで維持できる。この辺りからも個人的には強化型のサトノアラジン、というイメージで良いのかなと。実際香港マイルではサトノアラジンやロゴタイプといったところをしっかりと楽に撃破しているし、これはまさに外々からの王道だった。またラッパードラゴンの実力は間違いないと思うし、実際ラッパードラゴンのライバルだったパキスタンスターがクイーンエリザベス2世Cでも展開が向かない中で外々から鋭く食い込んできていた。マイル路線のラッパーは香港でも屈指の実力馬だと思う。エイブルフレンドが一時期香港の絶対マイル王となっていたが、個人的にはエイブルは総合力の高さ、素材としてはこちらが少し上かなと見ている(まあ昨年の香港マイル時にはエイブルの全盛期は過ぎていたと思うけど)。


 そのうえで、日本馬と比較してどうか。ひとまず2走前のチェアマンズトロフィーで見せているようにしっかりとトップスピードに乗せることができれば質的に見劣ることはないと思う。エンジンの掛かりが遅いので、直線の半ばに上り坂がある府中がどうなるかが一つポイントで、個人的には少し心配。なので坂の上りまでにしっかりとスピードに乗っていけるL3最速戦が理想かなと。ゲート自体は悪くない馬なので、最序盤のポジションは場合によっては結構とっていけるかもしれない。使い詰めてはいるんだけど、ここ2走でパフォーマンスは上昇してきているし、相手関係を見ても今年の日本馬という観点で見れば素材で突き抜ける可能性は結構高いとみている。もちろんイスラなんかは坂の上りでのギアチェンジ性能が高い、これはロゴタイプはもっとだし、エアスピネルなんかも含めて日本の上位馬は総合力で勝負してくる馬が多い。これらにレースを作られて昨年の安田記念のような流が落ち着いて要所のギアチェンジを問われて、となると個人的には不安がある。その辺りをフォローできれば、このメンバー構成なら普通に勝ち切っても良い馬だとみている。なので、枠を見ないと何とも言えないが現時点では本命も視野に入れている、というところ。個人的にはラッパードラゴンが無事でマイルで何度かやりあえば結構いい勝負だったと思う。香港マイル路線では屈指の実力馬だとみているので、後は小器用な脚を要求される展開にならなければ…かな。



<PR>
【先週】第84回 日本ダービー (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【レイデオロ】【スワーヴリチャード】【アドミラブル】

上位独占!3連複は2220円1点的中!



【2週前】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中!



今週は元JRA騎手・大西直宏の1点馬券

第67回 安田記念 (G1)

元JRA騎手・大西直宏の
『結論』
想定30倍の【馬連1点馬券】
無料で教えます


安田記念・大西直宏の1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第84回 日本ダービー (G1)
◎アドミラブル
○スワーヴリチャード
▲レイデオロ
3連複1点目:2220円的中

京都11日目7R
◎インフェルノ
馬連2点目:2180円的中
3連複:1万5440円的中
3連単:6万0220円的中

東京12日目6R
◎ボーダーオブライフ
馬単本線:2420円的中
馬連本線:1290円的中
3連単:4万3460円的中

第78回オークス (G1)
◎アドマイヤミヤビ
○ソウルスターリング
▲モズカッチャン
3連複1点目:4600円的中

東京8日目3R
◎コスモペリドット
3連複:4480円的中
3連単:2万4320円的中

新潟6日目5R
◎モレッキ
馬単1点目:1400円的中
馬連1点目:630円的中
3連複:2450円的中
3連単:1万1990円的中

第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京・プリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

京都4日目12R高瀬川特別
◎イーデンホール
▲カネトシビバーチェ
△ヒロブレイブ
馬単2点目:1万1850円的中
馬連2点目:7450円的中
3連複:2万9660円的中
3連単:14万2130円的中

第24回 青葉賞(G2)
◎アドミラブル
◎ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中


安田記念・大西直宏の1点はコチラ

pngワールド:安田記念300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

安田記念2017のプレ予想 レッドファルクスの評価
安田記念2017予想参考 東京芝1600mの血統データ
安田記念 2017 出走予定馬:レッドファルクス、マイルへの延長も前走府中で強烈な末脚…力を信じたい
安田記念 2017 枠順確定:イスラボニータ、ルメールの4週連続GI勝利は試練の7枠15番から
安田記念 2017 展開予想動画+予想用の出走予定馬全頭展望まとめ!
安田記念2017枠順確定 イスラボニータは7枠15番
安田記念 2017 追い切り・調教評価:全体で出しながらもしっかりと反応、素軽いフットワークで加速!
noimage
安田記念2017のプレ予想 外国馬の評価
安田記念2017予想参考前日オッズ 4年連続で連対中の1番人気はイスラボニータ
安田記念 2017 出走予定馬:サンライズメジャー、前走は上手く逃げて直線出し抜き狙うも苦戦…逃げてどこまでも流石に苦しいか
安田記念 2017 予想用ラップデータ:基本的には平均以上で流れやすく…昨年はモーリスの影響でやや例外的
安田記念 2017 予想:本命06レッドファルクス
安田記念 2017 出走予定馬:コンテントメント、魔術師ジョアン・モレイラが総合力の高いこの馬でどう乗ってくるか
安田記念 2017 出走予定馬:ロゴタイプ、昨年まんまと出し抜いた実力馬…府中だと仕掛けを待てぬとラストは甘くなりがち…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP