投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

安田記念 2017 出走予定馬:コンテントメント、魔術師ジョアン・モレイラが総合力の高いこの馬でどう乗ってくるか

2017 6/4(日)
第67回 安田記念(GI) 東京芝1600m
出走予定馬一覧
安田記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 香港からはもう一頭、前走チャンピオンズマイルでビューティーオンリーを撃破したコンテントメントが安田記念に出走予定だ。マイル路線では少し物足りなかったが、壁を打ち破ってのGI制覇。勢いに乗って春の統一アジアマイル王の座に就くことができるか。魔術師ジョアン・モレイラとともに不気味さ満点の刺客だ。


 基本的にはトップスピードの質、持続力ともに最上位と比べるとちょっと物足りないと思う。少なくとも昨年のチャンピオンズマイルではモーリスに子ども扱いされたわけなので、日本のモーリスを狙う四天王ロゴタイプ、イスラ、フィエロ、サトノアラジンといったところと比べてもちょっと足りないだろうと。ただゲートが上手く安定しているので上手くペースを落とせれば怖さはあるし、何より器用さが最大の武器。その辺りを活かしてモレイラがどう乗ってくるか。昨年は惨敗を喫したが馬体減でベストの状態ではなかった可能性も高い。改めてその辺りを克服してくれば。


チャンピオンズマイル(GI) 1着 7頭1番枠
シャティン芝1600m良 1:35.23 49.54-45.69 S^3
26.44-23.10-22.95-22.74

 まず前走のチャンピオンズマイルを見ておきたい。ペースは日本式で見て大体48.5-45.7というところで超スロー、ラップ推移的にはL2-1区間が最速だがそれでもFAが11.37とそんなに速くない。1Fずつではないので読みにくいが仕掛けどころが遅かった可能性は高いかなと。スローで前有利だったのは確かかなと思う。


 1番枠から好発を切って楽に主導権を握る。道中も誰もプレッシャーをかけに来ないので楽々ドスローに落とし込む。ただ流石にスローに落としすぎて3角手前で前に出られて2番手。ただ単独の2番手でしかけを待ちながら4角まで馬なりで入ってきて出口で促しながら直線。序盤で追いだされてジリジリ、一旦は外の馬に前に出られるがL1でしぶとく差し返す形、今度は逆に内からビューティーオンリーに差し込まれるが何とか封じ切っての勝利だった。


 かなり噛み合ったなというのはあるし、3角手前でペースが上がったようでそこまで上がり切らなかったパターンかなと。恐らく11秒半ばを連続するような競馬にはなっていると思うのだが、ビューティーオンリーとしては要所での反応が鈍かった。スローから中盤ペースが上がっていくという中で良さが出たとみればタイプ的にはヤングマンパワーに近いところはあるかなと。ただゲートが上手かったというのはやはりポイントになるだろうと思う。


チャンピオンズマイル(GI) 2着 12頭2番枠 
シャティン芝1600m良 1:34.41(+0.33) 48.66-45.44 S^2
24.85-23.81-23.39-22.05

 昨年モーリスに完敗を喫したチャンピオンズマイルを見ておこう。このレースもペースは日本式で大体47.7-45.4という程度でかなりのスローだったのは確かだろうと。そこからL2-1が22.05と強烈に速いラップを踏んでいる。トップスピードの質を相当高いレベルで要求された。ちなみにここではビューティーオンリーも参戦していて4着だった。


 2番枠からまずまずのスタートを切って上手く2列目のポケットに入ってくる。道中もスローの中で上手く2列目のポケットで折り合って3角。3~4角でもペースがなかなか上がってこない中で2列目のポケットで我慢しながら仕掛けを待たされて直線。序盤で直線ヨーイドン、ギアチェンジを要求されたところで追い出されて反応、しかしモーリスには前に出られる。L1では甘くなってモーリスには離されたがビューティーオンリーの追撃は問題とせず単独2着を楽に確保した。


 スローからの2F戦という中でスッと反応できたように器用さはある。ただモーリスが楽にトップスピードに乗ってきてからは完全に見劣った。モーリスが勝ったマイルCSとの比較でみてもイスラやフィエロほど抵抗できたとは感じなかったし、2F戦の中でL1で詰めてきたビューティーオンリーとの比較でみても微妙なライン。ただもちろんだが器用にギアチェンジ面を見せてきたことは評価できるし、ここではゲートはまずまず程度だがスッと2列目ポケットを取れているようにポジショニングの上手さは光るところがある。なのでそういう意味ではビューティーオンリーとは対をなす存在ともいえるかなと。


香港マイル(GI) 1着 14頭6番枠
シャティン芝1600m良 1:33.66(+0.18) 47.02-46.45 M
24.48-22.54-23.01-23.45 

 平均ペースで流れた香港マイルも振り返る必要があるだろう。ペースバランスは日本式で大体46.0-46.5というところ、ラップ推移で見ても前半の3~4F区間が最速で厳しい流れの中での競馬で4着と甘くなった。それでもロゴタイプ、サトノアラジンは撃破している。


 6番枠からまずまずのスタートを切って先行策、そこから様子を見ながらじわっと下げて2列目の中目と理想的な入り方。ただペースが速い中で前半に脚を使わされる羽目にはなる。3~4角では外目からじわっと手が動いて2列目の外、出口で追いだされるがイマイチ反応なく直線。序盤でロゴタイプに蓋をするような競馬、そこから先頭列に並びかけてくる。しかしL1での伸びはジリジリでビューティーオンリー、ヘレンパラゴンに差し込まれての4着だった。


 ひとまずロゴタイプやサトノアラジンといった日本のマイラーたちを撃破してきたのは立派だが、ロゴタイプはマイルで流れるとあまり良さが出ないというのはあるし、サトノアラジンも同様でL1の伸びはサトノの方が良かったというのはある。もちろんこの馬にとっても基礎スピード戦が得意とは思わないし、ビューティーオンリーに出し切られてしまうと難しいなというのは感じた次第。ただこの厳しい流れで最低限やれたので、ここに入って流れたとしても無視はしにくいのかなという感じはある。


2017安田記念に向けての展望

 単純に出し切れるような競馬になればビューティーオンリーの方が上だと思う。ただ昨年の安田記念の様にスローになって仕掛けも遅れて、というパターンになれば意外と器用に動ける馬なのでそこは厄介。それと、日本の先行勢が結構ゲートが安定しない馬が多い中で、この馬はかなり安定的にいいスタートを切っているし出足も速い。この辺りは厄介な存在になりそうで、特に展開面を左右してくる一頭になる。プレブル騎乗時は仕掛けのタイミングを遅らせる形が多かったし、今回はモレイラに替わるのでどういう競馬をしてくるか。イメージ的にはやはりスローでペースをスローに支配、仕掛けを待ちながらしっかりと一足を使ってくると厄介。ただ、素材的にはちょっと足りないと思うし、府中の坂の上りで一気に動けるロゴタイプやギアチェンジ、基礎スピードも後半の3要素も高いレベルで持ち合わせている総合力型のイスラボニータに目標にされると厳しい。なので1着で狙う、という点では難しいかもしれない。ヒモ穴では押さえておきたい一頭という認識で、逆に早めの仕掛け、厳しい流れで嵌った時の破壊力が怖いのがビューティーオンリーかな。イスラと比べてどうかはともかく、ギアチェンジ面やゲート、序盤の二の足といったポジショニングも含め総合力は高いイメージ。昨年の安田記念では楽に先行していたが掛かりながらになってしまったし、遠征で-21kgと大幅な馬体減も響いていいところなく失速している。ベストは520kg前後という感じの馬なので、その辺りを克服して上手くレースを支配できれば浮上してくるかな。3着ヒモ穴で狙うかどうか、というラインで考えている。


PR【安田記念】今年の決め手は2桁人気の激走か?

======================
今週の大注目レース

第67回 農林水産省賞典
安田記念(G1)
東京競馬場 3歳以上オープン
1,600 (芝) 定量
======================

毎年のように荒れる高配当がつく安田記念。配当を求める方には嬉しいレースです。
今年の安田記念を当てたいなら、ここの会社からでる情報は参考にするべきと
口コミや2chで数社名前があがっています。

そのうちの一つに上がったのが、
→  「競馬総本舗ミリオン」

1~3番人気が複勝率40%と馬券にからむ可能性は高い。
しかし、2桁人気の激走で例年のごとく波乱となる安田記念。
枠順すらあまり参考にならないレースです。

この香港馬2頭も謎が多いですね。
コンテントメントとビューティーオンリーはどこまで脅威をあたえられるのか!?

今年の人気馬で、しいての望みは
ルメール騎手が騎乗するとなっているイスラボニータ。ダントツの1番人気!
ルメール騎手については、4連勝への期待もかかってますよね。

他には、
前走京王杯優勝 レッドファルクス
前走東風S優勝 グレーターロンドン
前走大阪杯2着 ステファノス
前走マイラー2着 エアスピネル
前走大阪杯6着 アンビシャス
などですね。

しかし、人気馬の強みだけピックアップされ、
各馬がどういった心配材料があるのか取り上げられているところがあまりないようです。


つまり、そこを突いて馬券にからまない人気馬の割出。馬券に絡んでくる不人気馬の割出。
これが最重要課題となるでしょう!!

そこで参考にしたいのが、先日の日本ダービーでもオークスでもなく、
その前の週、荒れたヴィクトリマイルG1の結果。
誰もがミッキークイーン(ダントツの1番人気)を軸としたレースしたが、
1着:アドマイヤリード(6番人気)
2着:デンコウアンジュ(11番人気)
3着:ジュールポレール(7番人気)

この波乱決着を 「競馬総本舗ミリオン」が3連単で的中させています。

実際のところ、予知能力があるわけでもないので、
無料情報ではたまに外れることはありながらも、他予想サイトよりは的中率の高さを実証済みです。
キャンペーン情報では的中率の高さを見せつけながらも高回収率を実現できています。

「安田記念はどの3頭で決まるのか!?」

なんであの馬が来るんだよ!という結果はいらない。
→  コチラから無料登録で安田記念予想を入手



投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

安田記念 2017 出走予定馬:サンライズメジャー、前走は上手く逃げて直線出し抜き狙うも苦戦…逃げてどこまでも流石に苦しいか
安田記念 2017 出走予定馬:ロンギングダンサー、回避馬多く出走に漕ぎ着けたが…自分の末脚を引き出しどこまで食い込めるか
安田記念 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ルメールがペリエを超える4週連続GI制覇を賭けて…
安田記念 2017 予想用ラップデータ:基本的には平均以上で流れやすく…昨年はモーリスの影響でやや例外的
安田記念2017の出走予定馬と血統データ
安田記念 2017 出走予定馬:ロゴタイプ、昨年まんまと出し抜いた実力馬…府中だと仕掛けを待てぬとラストは甘くなりがち…
安田記念 2017 出走予定馬:エアスピネルと武豊、厳しい流れでも鋭い一脚を引き出せる魅力…折り合いやや不安も総合力高く
安田記念 2017 予想:本命06レッドファルクス
安田記念2017の予想
安田記念 2017 レース回顧・結果:サトノアラジン、悲願のGI初制覇…出し切ることを第一に川田が馬を信じた結果の勝利!
安田記念 2017 出走予定馬:サトノアラジン、トップスピードの質、持続力は一級品も…ゲート・ギアチェンジが甘く展開次第
安田記念 2017 出走予定馬:トーキングドラム、阪急杯はハイペースを完璧に立ち回り…鋭くはないが厳しいペースでギアを上げられる魅力はある
安田記念 2017 出走予定馬:グレーターロンドン、蹄葉炎を克服しての5連勝…福永が強烈な切れ味を引き出せるか
安田記念2017のプレ予想 レッドファルクスの評価
安田記念2017のプレ予想 イスラボニータの評価
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP