投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!

2017 目黒記念(GII) 芝2500m良
レース回顧・結果

2:30.9 7.2 - 11.0 - 11.2 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.3 - 12.0 - 11.8
60.8-59.7 S^1

 ダービーの後の目黒記念は逆に仕掛けが早かったという内容。大知早いわって…って声が出てしまうぐらいの早仕掛けだった。時計は思ったより出なかったかなという感じ。ただ実質ペースで見れば離れたマイネルサージュの位置で大体62秒ぐらいかなという感じなので、多分ざっくりとだと62-59ぐらいで遅い流れではあったと。実質で見れば2列目以降は3~4角で速いラップをある程度要求されているはず。


1着フェイムゲーム


 五分に出てそこからやや坂スタートで行き脚微妙も徐々に進めて中団の外。割と縦長だが実はドスローという中で中団の外目で様子を見ながら、ただ折り合いは流石のステイヤー。3~4角でも中団の中目で進めながらレコンダイトの後ろから直線。序盤でそこからジリジリとしか伸びないが、そこからL2での減速地点で徐々に伸び始める。L1まで落とさずに入ってきてきっちりと差し切っての復活の勝利。


 う~む、今日はルメールデイやな。まあこの件に関してはちょっと前が仕掛け早かったかなというtころはあったけど、高速馬場でも仕掛けが早ければTS持続はトップレベルだったんだなあという感じ。58kgで衰退期でこれだからなあ。GI勝つチャンスはあったと思うんだよなあ。まあこれで結果を出されてしまうとますます北村宏司の立つ瀬がなくなってしまうな。関東の騎手の序列としても相当下がってくるかもしれない。ここはかなり噛み合った展開ではあったにせよ、ルメールが勝たせてしまうかというちょっとしためぐりあわせの運もあったかもしれない。シップを追い詰めただけはあるよ。高速馬場で出し切れればこの路線ではトップレベルだから驚きはない。強い競馬だったけどこの馬の良さが出やすい高速馬場でドスローから出し切りやすい流れだったという前提は確かにある。


2着ヴォルシェーブ


 2番枠からまずまずのスタートを切ってそこからしっかりと先行する意識、ある程度いい位置を取って好位~中団前目で進めていく。道中もモンドインテロの直後で進めながら淡々と実質スロー、という流れで3角に入っていく。3角でもメイショウがペースを落としていない中で前が早仕掛けを敢行、徐々に中目から外に誘導しつつ直線。序盤で中目から進路を外に出そうとするが塞がれて窮屈、レコンダイトに完全にふさがれる。しかしL2で進路が相手そこを突いて、最後はしっかりと抜け出し掛けたがフェイムゲームに呑み込まれて2着惜敗。


 内枠引いた段階で消せないなあとは思っていたけど、しっかりと中団の位置を取れたのは結果として良かったと思う。3~4角では外過ぎないところにいたけど、直線で外に出したかったところでレコンダイト松山に完全に蓋をされて成す術がなかったし、結果的に開いたから良かったけどね。まあただ末脚の絶対量ではまだまだフェイムゲームが一枚上ってことで、ステイヤー重賞路線で最上位までにはまだちょっと足りない馬ではある。重賞で勝ち切るまでには枠や展開の利が欲しいね。ただこの展開で2着を取れているのは結構立派だと思うし、若干上方修正した方が良いかな。


3着ハッピーモーメント


 9番枠から五分のスタート、そこから二の足で楽に先行していく形で入っていく。2角過ぎでは離れた3列目の外で楽に折り合いながらマイネルサージュの後ろで進めていく。3~4角で先に前のマイネルサージュが動いたのでその後ろからじわっと促して追走、そのまま2列目で直線。序盤でそこから外に出してマイネルサージュの出し抜きに食らいつく。L2辺りでしんどくなるかなと思ったがむしろ踏ん張って先頭に。L1でしぶとく踏ん張って3着は楽に確保、波乱の片棒を担いだ。


 正直この馬が来るならマイネルサージュと同じようにスローから段階的に加速してL2最速でと思っていたので、マイネルが速い段階で沈むようなかなりの早仕掛け、フェイムゲームが突っ込み切るような展開で3着とはちょっと驚き。典型的ギアチェンジ型だと思っていたのでこの展開で3着に踏ん張ったのは54kgだったとしても立派だと思う。これなら今後も面白いかもしれんね。中堅どころは撃破してきたから。


4着クリプトグラム


 18番枠から坂スタートでも悪くないスタート、徐々に前にポジションを取って好位の3列目で進めていく。ただ結果的に実質はスローだった中で好位の外々で少し掛かり気味になるが、それでもしっかりとポジションをキープして落とさず進めていく。3角辺りで前が一気にペースを引き上げていくのでその外からじわっと促しつつ追走して3列目の外で直線。序盤で追い出してジリジリ、L2の減速地点でしぶとく伸びて先頭列に並びかけてくるがL1の踏ん張りがちょっと足りず、最後は甘くなっての4着だった。


 まあもともと昨年の目黒記念でも外から動いて抜け出すところの脚が良くてL1はちょっと甘かった。もちろん1年ぶりが影響していないとは思わないので何ともだけど、やっぱり全体の仕掛けが早くなってしまったことで外枠でということもありちょっと良さが出にくかったところはあったかもしれない。いずれにせよここを結構良い形で叩けたのは良かったと思う。後はこの時期でレースをどう選んでいくかだなあ。正直あんまりいいレースが無い。北海道2600シリーズを使うか、だけど個人的にはもうちょっと距離が短くても結構やれそうな感じはするけどね。結構器用に動けるしトップスピードの質も高い方だからね。


5着レコンダイト


 17番枠からまずまずには出たがそこから二歩目がちょっと遅くて中団の外目で進める形。道中はクリプトグラムの後ろで折り合わせつつ向こう正面。特に隊列に変化なく前のメイショウを捕まえに前が3~4角で一気にペースを引き上げてという中で好位の外々から勝負に行って直線。序盤でそこからクリプトグラムに出し抜かれてなかなか食らいつけず、しかし内にいたヴォルシェーブは締める。L1までジリジリとは伸び続けていたが結局5着なだれ込みまでだった。


 この馬も昨年好走組だから、基本的には過去の実績馬が保ってきているとは思う。クリプトグラムに内容的には昨年より詰めている5着だし、まあクリプトグラムが1年ぶりというのはあったにせよしっかりとTS持続に近い競馬でしぶとく脚を使ってきた。上がり的には35.0と遅いんだけど、L4-3では結構速いラップを踏んでいると思うし、その中でしぶとく踏ん張ったのは一定の評価が必要かな。


7着カフジプリンス


 4番枠からまずまずのスタート、そこから押して主張するが結局中団の内内に押し込まれる形になる。道中もフェイムゲームより後ろからの競馬になってしまって苦しい展開で3角。3~4角でも内目を立ち回って仕掛けながら直線。序盤で追い出されて中目のスペースが空いているところを狙うがイマイチ伸び切れない。ラストで徐々に伸び始めてラストは伸びてきたもの7着完敗。


 ん~やっぱね、こういう展開ですら伸びるのが遅い。L1は映像から切れちゃったけどそれなりには来てるんだよね。ただエンジンの掛かりがどうしても遅いので。前に行こうとしてカットされて下げた不利は痛かったけど。ただトップスピード戦はちょっと難しいのかもしれんね。馬場自体はかなりの高速馬場だったし、その中で恐らくL4-3で11秒前半を要求されているという中でついていくのに苦労した感じがある。コーナーであんまり動けない感じもあるし、神戸新聞杯でも結局直線前半で置かれてしまっていた。この辺の不器用さが解消しないとなかなか狙いが立たない。現状だとコーナーが緩くてポテンシャルが要求されやすい札幌の2600でもロンスパにならないと軽い馬場ではL2で出し抜かれるリスクもあるし。持っているものは良いものがあるんだけど、総合力においてポテンシャル以外のすべてが弱点みたいな感じ。う~ん…トゥインクルみたいにズブズブのダイヤモンドSとかで覚醒するかもしれんけど。


8着モンドインテロ


 1番枠から好発、そこから押して押して先行策、シルクドリーマーが入ってきたのでその後ろで我慢しながらだがシルクが前に馬を結構入れてくるので最終的には4列目の後ろで我慢。3~4角でも内内を完璧に立ち回って直線。序盤で3列目から外に出そうとするができずに狭いところを突こうとする。そこからL2で進路を決め切れずフラフラしながらバランスも崩す。最後までジリジリとイマイチ伸び切れずの8着完敗だった。


 パトロール見るとひどいけど、進路を確保できずに鞭で誘導しているけどそこも進路が無いし、バランスを崩しているシーンも少しあった。ん~流石にロスなく立ち回っても進路を確保しきれずにとなるとちょっと厳しかったかなあ。それとギアチェンジで抜け出す脚は良いけど、使える脚はそんなに長くないからロスなく運べたにせよ3~4角で一気にペースが上がったのはちょっと痛かったと思う。まあでも進路確保がなあ。


9着ウムブルフ


 7番枠からゲートは五分、そこからじわっと流れに乗って中団馬群の前目中目からまずは入っていく。道中少し手綱を引っ張りながらでやや掛かり気味ではあったがスローなので許容範囲内。3~4角でも好位の中目から4角でゴーサイン。直線でそこから追いだされるが徐々に甘くなるがL2の段階ではまだ2列目で踏ん張る。ただL1では明確に甘くなって最後は下がって9着と完敗だった。


 ん~まあレイデオロもそう思っていたから何ともけど、個人的には過剰人気だったとは思う。そのうえでだけど、基本的には軽い馬場でのトップスピード面を持続するのが難しいんだろうなという感覚。ポテンシャルは高いんだけど、速いラップを問われるとそう維持できない。今回は早仕掛けなんで好位の位置からしんどい競馬にはなっていると思うんだけど、それでも同じような前目の位置にいたハッピーモーメントが上位に来ているわけで、そう考えるとやっぱりL1で下がってしまったのは物足りない。軽い馬場だと噛み合ってこない感じで、少し時計が掛かる必要があるね。函館や札幌の2600でって感じ。


11着サラトガスピリット


 3番枠からやや出負けしてそこから押してリカバーしようとするが塞がれて中団の内内で進めていく。道中もある程度リカバーしつつヴォルシェーブの後ろぐらいまでには持ってくる。3~4角でも中団馬群の最内でロスなく立ち回るが動けず置かれて直線。ただ置かれた分だけ前のスペースは確保できたのだが追い出されての伸びが無く。L1まで良いところなくなだれ込むだけの11着完敗。


 位置取りを取れなかったのはあるけど、3~4角以降のペースが上がったタイミングでロスなく進められたのにイマイチ直線どの地点でも伸び切れなかったというのはやっぱり物足りないかなあ。もうちょっとやれるかなと思っていたんだが…。準OP上がりの馬が結構苦戦していたし、ハッピーモーメントは意外な形で結果を出してきたけど、この馬辺りは馬場の適性もあったと思うしもうちょっと伸びてほしかったかな。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 安田記念(GI)・鉄板3点勝負

30倍も狙える3点勝負を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

5/20 東京8R  2万2340円的中
5/20 京都7R  1万6490円的中
5/14 新潟9R  2万1990円的中
5/14 東京8R  1万2720円的中
5/13 京都10R  1万7150円的中

安田記念の3点勝負を見る方法!
ホースメン会議:安田記念300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
noimage
中山牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:トーセンビクトリーと武豊、鮮やかに進路を確保しスッと抜け出しての完勝!
noimage
日経新春杯2018 レース回顧・結果:パフォーマプロミス、2列目ポケットからラストに鮮やかに差し切り重賞初制覇!
ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!
京成杯オータムハンデ 2017 レース回顧・結果:グランシルク、田辺復活の重賞V…淡々とした流れの中で鋭さを引き出し完勝!
小倉記念 2017 レース回顧・結果:タツゴウゲキ、代打秋山お見事…内から強襲し接戦を制した!
阪神カップ 2017 レース回顧・結果:イスラボニータ、ラストランには惜しいラストの末脚…高速馬場のハイペースで真価を発揮しレコード!
函館スプリントステークス 2017 レース回顧・結果:ジューヌエコール、軽量とハイペースでGI馬をまとめてなで斬り6秒台のレコード勝ち!
ターコイズステークス 2017 レース回顧・結果:ミスパンテール、直線で待たされながらも進路確保から鋭く反応と新たな一面を見せての勝利!
金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP