投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

安田記念 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ルメールがペリエを超える4週連続GI制覇を賭けて…

2017 6/4(日)
第67回 安田記念(GI) 東京芝1600m
出走予定馬一覧
安田記念2017の予想用・出走予定馬一覧


 安田記念の前哨戦であるマイラーズカップで、3歳秋のセントライト記念以来の約2年半ぶりの勝利の美酒を味わったイスラボニータが安田記念に出走予定だ。昨年のマイルチャンピオンシップでも外から伸びて強い2着とモーリスが去ったマイル路線を引っ張る第一人者と言える。勝ち方を思い出し、鞍上は今週制覇すれば4週連続GI制覇となる、まさに神懸るルメール…。騎手はフランスの大先輩オリビエ・ペリエを抜く前人未到の記録を賭けて、そして馬は3年ぶりのGI制覇を賭けて、府中のマイルを駆け抜けろ。


 マイル~1400路線で抜群の安定感を見せるようになってきた。理由としてはやはりこの距離での基礎スピードの高さ、そして要所で動ける器用さ、マイルならばTS持続も高いレベルにある、というところ。その点でも昨年の安田記念ではスローになったことでマイルの全体の勝負ではなく後半の末脚勝負に特化した面が大きいだろうと。日本馬の中でエース的存在なのは間違いないが、崩れるとしたらやはり末脚勝負の割合が大きくなった時だろう。


マイラーズC(GII) 1着 11頭8枠11番
京都芝外1600m良 1:32.2 47.4-44.8 S^3
12.4 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 11.4 - 11.3 - 10.8 - 11.3

 前走のマイラーズカップは久々に勝利の美酒を味わった。大外枠の不運を馬の適性とそれを引き出すルメールの好騎乗で結果を出したという形。ペースは2.6と超スローの部類、ラップ推移的には3角の下りのL4で一段階加速も上がり切らず、L2の直線でもう一段ギアを上げる必要がある競馬。後半特化だが、その中でも要所のギアチェンジは意外と結構問われたとみている。


 11番枠から好発、外の各馬を行かせつつ下げながら好位。道中上手く下げて中団の内に潜り込んで3角。3~4角でもフィエロの後ろで我慢、3列目の内内で上手く立ち回って直線。序盤で最内のスペースで一気に加速するがスペースがなく外に出して狭いところを突く。L1でしぶとく粘り切ってエアスピネルを捻じ伏せての完勝だった。


 外枠から最内に入り込むルメールの騎乗が完璧だったし、何よりイスラの適性と合っていたと。要所で一気に加速できるギアチェンジがイスラボニータ最大の武器で、これを3~4角の1段階目の加速でロスなく立ち回って2F戦のような形に持っていけた。終始ロスが無かったことでL2の最速地点で弾けさせることができたし、あれを狭いところでも一気に加速することで捌けてしまうというのはルメールと手が合っているというのもあると思う。我慢して進路を上手く作れる騎手でルメールの表の顔(もう最近は裏の顔である積極性が出てきて完璧に使い分けているけどね)と噛み合っているのかな。いずれにせよドスローでも仕掛けのタイミングが遅いときにしっかりと加速できるのが大きいし、エアスピネルは後半特化ではそこまでの強敵ではなかったというのと、L1が平坦な中でのL2最速というのも一瞬の脚を上手く使えたかなという感じ。


安田記念(GI) 5着 12頭7枠9番
東京芝1600m良 1:33.3(+0.3) 47.0-46.0 S^1
12.3 - 11.0 - 11.7 - 12.0 - 12.1 - 11.3 - 10.9 - 11.7

 安田記念では同じようにスローの上がり勝負でL2最速ではあったのだが、雨の影響が少しあったのでL1は11.7とそれなりには落としている。トップスピード勝負でL3でも11.3とそこまで上がり切っていないしギアチェンジ面を比較的問われたレースではあった。


 その中で9番枠からやや出負けという程度、そこから無理はせずに好位列で進めていくがかなりブレーキするような感じで最序盤はかかりながら中団で我慢。3~4角で前にいたモーリスやリアルスティールも掛かるのをなだめている感じで動かず、こちらも掛かりながら直線で2列目に並びかけて直線。そこから馬なりでじわっと加速しつつL2で追い出してというところだったが徐々に甘くなる。L1では明確に甘くなって最後にフィエロやサトノアラジンにも差し込まれた。


 ここは色々な分析ができるんだけど、一つは位置取りが後ろになったこと、3~4角で外からじわっと動く形になったこと。この馬の持ち味は一気に加速できるギアチェンジなので、コーナーで緩んだところでということ自体は良いが、押し上げていく立場、というのは好ましくなかった。L2の段階ではまだ踏ん張っていたが結局はTS持続で見劣った形で、前半が遅く高いレベルで末脚を引き出してきたフィエロやサトノアラジンというところに末脚の絶対量で足りなかった格好。モーリスの位置にいたらまだ良かったかもしれないが、仕掛けて行かざるを得ない立場だった。崩れているわけではないが高いレベルまで来るとやはり前目内目で仕掛けを待つ立場で何ぼだろうと思う。マイラーズCでは立ち回りが良かったし、後半型の強敵がそこまでいなかった、しかも超高速馬場だったというのはあるだろうと。本来マイルでは後半特化向きではないとみている。崩れることはないがレベルが高くなるとL1が甘い。


マイルCS(GI) 2着 18頭4枠8番
京都芝外1600m良 1:33.1(+アタマ) 46.1-47.0 H^1
12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 12.3

 強いなと感じたのはこのマイルCS。ここではL1までしぶとく伸びてきたが、ここでロスの多い中何故食い込めたかというのは考える必要があると。ペースは0.9でややハイ、この時は良馬場でも雨の影響があったので標準馬場ぐらい。


 8番枠から五分に出て好位馬群の中目で進めていく。3角では外に持ち出して仕掛けを我慢、4角でも好位3列目の外目で仕掛けを待って直線で外。序盤で前2頭が離れている中でしっかりと伸びて3馬身差。L1で最後まで伸び続けてミッキーアイルに強襲、決定的に詰めよったが2着までだった。


 まあ捕えきれなかったので何ともだし、内で詰まったサトノアラジンやディサイファといったところと比較してどうか?というのはあるが、それでもL1で差を詰めてくるイスラボニータ、という構図はかなり珍しいケース。ここはやはり前半のペースが速かったことで各馬の脚が削がれていると考えると結構スッキリする。L1のレースラップは12.3と落としているわけで、各馬も落としていた中でバテ差してきた格好ではあるし、もちろんL2で再加速している中でも伸びてきている。この馬としてはこのペースでもしっかりと末脚を引き出してきたが、他がそこまで弾けるだけの余力がなかった。そう考えるならやはり前半の基礎スピード面を評価すべきだろうと思う。流れた中で末脚を引き出せるという強みをマイルで見せたのは大きい材料だろう。


2017安田記念に向けての展望

 ここに入って崩れるパターンはあまり考えにくい。もちろん昨年の安田記念のようなスローでそこから仕掛けが早くなってとなるとどうしてもちょっと甘くなる。ただ、富士Sでもヤングマンパワーの2着だが、スローで中盤以降ペースが上がってという中でも対応ができるし、厳しい流れはもちろん歓迎、阪神Cの1400の平均ペースでも余裕があったぐらいなのでマイルの基礎スピード戦は歓迎できそう。また阪神Cにせよ、マイルCSにせよ、本来は高速馬場向きではあるという中でこれだけやれたのは大きいかな。マイラーズCでも超高速馬場で後半特化でも良さが出た感があるので、基本は良い脚をいいポジションで出来るだけ引き付けて使いたい。


 ただ、仮に昨年の安田記念のような展開になった時には、例えばTS持続が高いステファノスなんかはマイルでも対応できてしまうと思うし、グレーターロンドンもかなり厄介になる。もちろん昨年差されたサトノアラジンは手強い。そう考えるとこの馬の高い総合力の中で、どこを取るかがポイントかな。全体のペースを引き上げればもちろんエアスピネルやブラックスピネルといった京都金杯組は手強いし、レッドファルクスなんかも対応してきそう。またビューティーオンリーも厳しい流れで歓迎できる口。色々と考えながらレースの主導権を握っていきたい。ルメールに替わってからは少なくともゲートは安定してきているし、いつでも動ける馬なので出来れば内枠を引いて逃げ馬を前に置いての2列目ポケットが理想。流れてもやれる馬なので最序盤ペースが速くなったとしてもしっかりとリスクを取って前を確保してほしいね。結構今回は強敵が多いのでもちろん勝ち切れるかどうかは微妙だと思っているけど、信頼度は高い一頭だと思う。後はノっているルメールに任せよう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第67回 安田記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  安田記念を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年、参戦予定のメンバーでは14年皐月賞馬イスラボニータ。前走のマイラーズCでは2年半振りの勝利で復活の狼煙を上げた。最強マイラーが不在の今なら出番はあるのか?昨年のスプリンターズSの覇者レッドファルクスは前哨戦の京王杯SCを快勝。1600Mの距離を克服しGI2勝目なるか?GI2着が3度(海外GI含む)あるステファノス。中距離路線を中心に使われて来たが3歳時には富士Sで勝利しているように、マイルの距離が不向きではない。今年のメンバーなら初GI制覇の可能性も?昨年の菊花賞3着後にマイル路線へ変更したエアスピネル。今年の金杯(京都)で重賞2勝目を挙げたが2勝ともにマイル戦。クラシック路線を使ったため、2000M~3000Mを走ってきたが、適距離はやはりマイルだろう。ここ2走は勝ち切れない競馬が続くがGIで好走することができるのか?上記に挙げた有力馬だけではなく今年の安田記念は抜けた馬が不在でどの馬にもチャンスがあると言えるだろう。

モーリスの引退で最強マイラーは不在で混戦模様の安田記念だが、競馬セブンでは早くから「安田記念を勝つのは○○厩舎のアノ馬」と断言する関係者情報を入手!人気割れが必至のマイルGIだが「GIを勝つだけの状態に持ってこれた」と究極仕上げで送り出す陣営の勝負馬は人気薄濃厚!NHKマイルCに続き馬連万馬券の可能性も十分!

競馬セブンでは春のGIも的中ラッシュ!オークスでは人気薄モズカッチャンの激走情報を入手し3連複4600円的中!NHKマイルCでは13人気リエノテソーロの激走情報を入手して馬連1万7290円、3連複5万0600円のダブル万馬券的中!皐月賞では9人気アルアインの激走情報を入手して馬連8710円的中!大阪杯では7人気ステファノスの激走情報を入手して馬連2320円、3連複4830円ダブル的中!高松宮記念も馬連2150円、3連複3230円ダブル的中など的中ラッシュ!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第67回 安田記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  安田記念を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
七騎の会:安田記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

安田記念2017予想参考 東京芝1600mの血統データ
noimage
安田記念 2017 予想:本命06レッドファルクス
安田記念2017の出走予定馬と血統データ
安田記念 2017 出走予定馬:クラレント、岩田の逃げの手が不気味…前走2着と復調を示すが同タイプの強敵が多いのがどうか
安田記念 2017 展開予想動画+予想用の出走予定馬全頭展望まとめ!
安田記念 2017 出走予定馬:コンテントメント、魔術師ジョアン・モレイラが総合力の高いこの馬でどう乗ってくるか
安田記念 2017 出走予定馬:ディサイファ、昨年も噛み合わない中で6着…ただしここ2走はかなり物足りず、差し引く必要はある
安田記念 2017 出走予定馬:ビューティーオンリー、香港マイル路線の中心を担う実力馬…トップスピード持続力は屈指
安田記念 2017 出走予定馬:ステファノス、富士S制覇の舞台、マイルでもスローで楽に進められれば末脚警戒
安田記念2017のプレ予想 イスラボニータの評価
安田記念 2017 レース回顧・結果:サトノアラジン、悲願のGI初制覇…出し切ることを第一に川田が馬を信じた結果の勝利!
安田記念 2017 出走予定馬:グレーターロンドン、蹄葉炎を克服しての5連勝…福永が強烈な切れ味を引き出せるか
安田記念2017予想参考前日オッズ 4年連続で連対中の1番人気はイスラボニータ
安田記念 2017 出走予定馬:サンライズメジャー、前走は上手く逃げて直線出し抜き狙うも苦戦…逃げてどこまでも流石に苦しいか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP