投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本ダービー 2017 出走予定馬:ペルシアンナイト、皐月賞では内から一瞬勝利を意識できる脚…平均の流れでも鋭さを引き出せるのが強み

2017 5/28(日)
第81回 日本ダービー(GI) 東京芝2400m
出走予定馬一覧
日本ダービー2017の予想用・出走予定馬一覧

2017日本ダービーの出走予定馬の中から注目馬は?
[最強]競馬ブログランキングへ(4位前後にあります!)

 アーリントンカップでは強烈なパフォーマンスで2着以下を突き放し、皐月賞でも2着と結果を残したペルシアンナイトが日本ダービーに出走予定だ。これまではマイル路線を中心に歩んできたが、クラシックの大舞台、皐月賞で覚醒の2着と一気に台頭を果たした。府中ではアイビーステークスでソウルスターリングの2着、相手はオークスを勝ったがこちらも日本ダービーを制覇となるか。


 前走の皐月賞は中弛みと押し上げが上手く噛み合う競馬になったというのはある。それと3~4角の立ち回りも上手く噛み合った面があるので、仮に皐月賞と同じようにある程度流れてしまうと微妙なところはある。ただこの馬の良いところはトップスピードの質を高いレベルで持っている馬なので、スローペースへの対応力は皐月賞上位組の中では一番だと思う。その辺りを展開予想から色々判断していきたいなと。


<PR>
【先週】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中!



今週の絞りに絞った3頭も必見

この3頭で決まれば想定500倍!

第84回 日本ダービー (G1)

絞り絞った
【3連単1点馬券】
無料で教えます


日本ダービーの3連単1点はコチラ
pngワールド
<PR>


アーリントンC(GIII) 1着 12頭6枠8番
阪神芝外1600m良 1:34.1 47.2-46.9 M
12.3 - 11.0 - 12.0 - 11.9 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 12.3

 まずは2走前のアーリントンカップ勝ちから。この時はまだ高速馬場ではない状況で時計もそこまで速くないが、この時の馬場状態を考えればかなり優秀。同日の1000万下丹波特別が1:35.0でL1を12.2と落とすトップスピード持続戦だったわけだが、このレースで上位5頭の中で上がり最速は34.1。この馬がこの時計で上がり34.0を出しているように1000万下を楽に上回ってきたといえる。


 8番枠からやや出負けし、ある程度追走しつつも後方の外でという競馬。道中もある程度流れていたので折り合い面はそこまで苦労せず。3~4角でも後方で我慢しながら入っていき、4角でじわっと外に出しながら楽に押し上げて中団に取り付いて直線。序盤で3列目から一気に先頭に立つ。後は後続を寄せ付けないTS持続で完勝だった。


 この時の2着レッドアンシェルがNHKマイルCでも4着に入っているように、また前述のとおり時計もラップ的内容からもかなり強い競馬だったことは間違いない。仮にNHKマイルCに出ていたらアエロリットに勝負になるところまではいけたんじゃないかなと思う(アエロリットもあの競馬でレッドアンシェルは千切っているから勝てるかまでは何とも)。いずれにせよL2の最速地点で3馬身近くあった差を一気に詰めているわけで、11.3から考えても10秒台後半はまず間違いなく使ってきている。これをこの時の馬場、そしてこのペースで引き出せたというのは大きな材料だろうと。


皐月賞(GI) 2着 18頭4枠7番
中山芝内2000m良 1:57.8(+クビ) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 前走の皐月賞でも素質の高さをしっかりと見せての2着。ただ、結構嵌った側面も強いのでこの辺りはしっかりと分析してみておきたい。まずペースバランスとしては平均のど真ん中というところだが、超高速馬場だったので中間に12.2-12.4という緩いラップは結構な中弛みになったといえる。そしてそこからの仕掛けどころはファンディーナの動きで早くなってL3の4角地点が最速となった。ここでの立ち回りは個人的には勝敗に直結しているとみている。皐月賞はこの2点がレースの特性としては焦点だっただろうと。


 7番枠から五分には出てそこから無理せず控えて後方でという競馬になってしまう。ただ道中向こう正面でペースが明らかに緩んだことで団子状態、ここで開いていた内のスペースを押し上げて一気に3列目まで。3~4角では最内を立ち回りながらアルアインの内で最短距離を通して下がってくる馬を交わしながら2列目に押し上げる。序盤で完璧に捌いて抜け出しを図ったが、L1ではアルアインに競り落とされての2着となった。


 まあもちろん2着で強いなというのはあるんだが、噛み合ったのは間違いない。ひとつは中間の淀みを内から押し上げられたこと。ストレート地点なのでここで内外のロスというのは生じないが、3角までに内目のいいポジションを確保できたのは、中弛みに乗じたミルコの判断に依るところが大きい。ここで動かなければ恐らく2着はなかったかなとみている。そして3~4角でファンディーナが外に出して動いたことでレースの流れが速くなったしそのおかげで内のスペースがかなり広がった。この結果最短距離を通しながらもスムーズに押し上げることができたのは大きい。アルアインより後ろからアルアインより内で勝負ができているわけだし、それでいて最後はアルアインに差し込まれているので少なくとも皐月賞の展開で2着に来たのにはミルコの好判断があったのは間違いないと思っている。マイルの基礎スピード戦でも対応できていたが、冷静に判断するならやはり前半のポジショニングとTS持続ではアルアインに分があったとみるべきだろうと思う。


アイビーS(OP) 2着 9頭8枠9番
東京芝1800m良 1:49.2(+0.3) 49.4-46.9 S^2
12.7 - 12.0 - 12.2 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 11.6 - 11.2 - 11.5

 さて、府中に関してはやはりアイビーSを見ておく必要があるだろう。後のオークス馬ソウルスターリングに対して最後は差を詰めた、という内容。2.5で超スローに肉薄するかなりのスロー、ラップ推移的にも3F勝負でL2の上り坂最速。ギアチェンジを高いレベルで要求された一戦だ。


 9番枠から出負けして最後方近くからの競馬となってしまう。道中もスローということもあり、かなり掛かっていたが、何とかソウルスターリングの後ろにつけて落ち着ける。3~4角でもソウルの直後でマークする形で直線に入ってくる。序盤でソウルの外に出して追い出されるがここでの反応はイマイチで一瞬ソウルに置かれる。しかしL2の坂の地点では徐々に伸び始め、他とは差を広げるがソウルはもう一段加速して鋭く脚を伸ばす。L1でジリッと差を詰めたが及ばず、それでもエトルディーニュは楽々捕えきった。


 仕掛けの内容としてはソウルの仕掛けに合わせる形になってしまったし、ギアチェンジの性能が高いソウルの仕掛けを待っているようでは明らかに脚を出し切れなかったといえる。まあこの時点ではある程度仕方ないところはあるが、ソウルよりもギアチェンジで1段見劣るが器用に動ける方のエトルとの比較で見劣っていないので、少なくともギアチェンジ面で苦手ではないし、坂の上りである程度動けていたというのも府中適性の高さをうかがわせる内容。ただ同じようにエトルとの比較でみると当然だがスワーヴリチャードのギアチェンジはソウルスターリングと比較しても互角レベルにあると思うし、エトル比較でトップスピード戦で強い競馬が出来ている馬として強敵になってくるのはダイワキャグニーであると。この辺りを考えても抜きん出たほどのパフォーマンスではないとみている。


2017日本ダービーに向けての展望

 今回評価が難しい一頭なんだが、意外と勝ち切るイメージが湧かないというか、TS持続では上手く立ち回った皐月賞でちょっと甘いし、スローのトップスピード戦でとなると動き出しの鈍さが出てくる。確かにアーリントンCは強かったし、あの感じならTS持続を出し切った方が良さそうな感じだが、それでもNHKマイルCのアエロリットとのパフォーマンス比較で考えても互角ぐらいになる。ソウルスターリングやアエロリット、アドマイヤミヤビといった牝馬のトップレベルが牡馬に対してどの程度の強さを持っているかというのが結局わかりにくいままここまで来てしまっているので評価が難しいなというのが一つあるかな。こうやまき賞も強かったし坂の上りで一気のギアチェンジ戦でも動けているので府中の上り坂加速は合う、セントポーリア賞比較ならジュンヴァリアスがそこそこやれているしアーリントンCも速いペースからしっかりと切れたし、ある程度流れた中での瞬間最大の切れ味という観点なら引けを取らない。総合的に見れば最上位の1頭なんだけど、勝ち切るには何かが足りないという感じかな。


 この辺りを総合してどう判断するか。距離延長自体は皐月賞の感じなら恐らく合うと思っているし、淀みで取り付けたのがラッキー、3~4角の立ち回りも噛み合ったとはいえL2-1で抜け出し掛けた時の脚は目立った。府中ならもう少し速いラップを要求される可能性も高いので総合的に見ればこの馬が一番信頼できそうな感じはする。トップスピード戦でも互角にやれる、ペースが上がった皐月賞で噛み合ったとはいえ対応できた、府中の2400なら皐月賞以上に流れるというケースは稀(ドゥラメンテの年が例外)で、そうであればやはり大きく崩れる可能性は低い一頭だろうと。ギアチェンジ面も最低限持っているので、その点で我慢したがる戸崎との相性そのものはこのレベルまで来るといいかもしれない。皐月賞掲示板組の中でトップスピード戦への対応力はこの馬が一番だと思うし、皐月賞よりも少し緩い、かつサトノアーサーやカデナといったところが末脚を削がれる程度に現実的なややスローぐらいのバランスが一番合っている感じはする。ドスローになってしまうと前目からいい脚を長く使えるダイワキャグニー、カデナのトップスピードの質、サトノアーサーの持続力はかなり手ごわいし、ギアチェンジでスワーヴリチャードに出し抜かれるリスクも出てくる。この馬も本来の良さはアーリントンCや皐月賞の様にある程度流れても削がれずしっかりとトップスピードを引き出せる基礎スピードの幅も入ってくると思うし、その辺りのバランスを問われる一頭になりそうかな。アイビーSのエトルとの比較でみてもトップスピード特化戦では不安がある。極端でないペースなら上位に絡んでくる可能性が高い一頭で、勝ち切るには仕掛けのタイミングと進路どりが噛み合う必要はある。理想を言えばややスロー、スワーヴが先に出し抜いた進路を確保してL1で差すイメージ。ポジション取りは結構重用で、ゲートが甘いというのはリスクにはなってくる。流れてしまえばそんなに気にならないが、戸崎が最序盤のポジション取りやミルコのような要所でのリカバーという作戦を取ってくる可能性は低いし、今回は連下辺りで留めたいかな。


 ダービー予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンで日本ダービーを制していて、東京2400Mコースを熟知しており、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。
 曰く、、「今年の牡馬戦線は見えているので自信あり。混戦と言われるが、あの3頭が抜けている」とのこと!↓↓


情報的に買える3頭はこれだけ

想定500倍以上も!

第84回日本ダービー(G1)
『絞りに絞った3頭』

◆[先週!]
第78回 オークス(G1)
ソウルスターリング
モズカッチャン
アドマイヤミヤビ
3連複1点で4600円的中!



◆牡馬戦線も見抜けているこの証拠↓

=ダービートライアルは全的中=
第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京5日目11RプリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

第24回 青葉賞(G2)

◎アドミラブル
○ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中

第66回スプリングS(G2)
△ウインブライト(5番人気)
◎アウトライアーズ
○プラチナヴォイス(6番人気)
馬連:1350円的中
3連複:6670円的中


アドミラブルは本当に強い?

皐月賞組の取捨選択は?

大混戦で大荒れもある?


ダービーのことはダービージョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日本ダービー 2017 展開予想動画+出走予定馬の予想用全頭展望まとめ!
日本ダービー2017の出走予定馬と血統データ
日本ダービー2017の予想
日本ダービー 2017 出走予定馬:キョウヘイ、千両賞も内容は良い、距離はこなせそうだが高速馬場では難しい…
日本ダービー2017のプレ予想 アドミラブルの評価
日本ダービー 2017 出走予定馬:カデナ、皐月賞ではペースが上がって脚を削がれた印象強く…
日本ダービー 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、強気に攻める競馬で皐月賞以上を…強さを分かち合った人馬なら逆転は十分あり得る
日本ダービー 2017 1週前追い切り評価:ペルシアンナイト、力強いフットワークで楽に反応し併走馬を突き放す!
日本ダービー 2017 出走予定馬:クリンチャー、藤岡佑介、チャンスを手中に収められるか…すみれSは強く皐月賞も強く、それを信じた乗り方を期待
日本ダービー2017のプレ予想 アルアインの評価
日本ダービー 2017 出走予定馬:ジョーストリクトリ、NZTは内から抜け出し強い競馬も…2400と一気の延長に高速馬場でのキレ負けはやはり懸念
日本ダービー2017枠順確定 注目の1枠1番は武豊騎手とダンビュライト
日本ダービー 2017 出走予定馬:ダイワキャグニー、プリンシパルSは圧巻も基礎スピード戦…折り合いとのバランスが問われる試練の外枠で
日本ダービー2017のプレ予想 ペルシアンナイトの評価
日本ダービー 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、皐月賞は6着も健闘…あの競馬があの展開でできれば怖いが、とにかくゲートが大事
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP