投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本ダービー 2017 出走予定馬:ダイワキャグニー、プリンシパルSは圧巻も基礎スピード戦…折り合いとのバランスが問われる試練の外枠で

2017 5/28(日)
第81回 日本ダービー(GI) 東京芝2400m
出走予定馬一覧
日本ダービー2017の予想用・出走予定馬一覧

2017日本ダービーの出走予定馬の中から注目馬は?
[最強]競馬ブログランキングへ(4位前後にあります!)

 弥生賞ではまさかの大敗を喫したが3戦3勝と府中の舞台はまさに庭、ダービートライアルのプリンシパルステークスを制して日本ダービーに出走予定なのがダイワキャグニーだ。セントポーリア賞では先行策から鮮やかに抜け出し完勝、前走のプリンシパルステークスでも厳しい流れの中でまさに一頭地を抜くパフォーマンス。府中の大舞台が用意されたが、華麗なる逆襲で主演を誓う。


 弥生賞の敗因をどれと決めつけるのが結構難しい。もちろん中山の右回り、向こう正面から直線半ばまで終始加速をし続けるというトリッキーな競馬が合わなかった可能性はあるが、前走のプリンシパルSにせよセントポーリア賞にせよ、超高速馬場で高いパフォーマンスということもできる。いずれにせよ今の高速府中は合うはずで、後は金曜の雨の程度次第というところだろう。金曜は思ったより降りそうなんだよなあ。

<PR>
【先週】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中! 



今週の絞りに絞った3頭も必見 

この3頭で決まれば想定500倍!

第84回 日本ダービー (G1)

絞り絞った
【3連単1点馬券】
無料で教えます


日本ダービーの3連単1点はコチラ
pngワールド
<PR>

プリンシパルS(OP) 1着 12頭6枠8番
東京芝2000m良 1:58.3 59.0-59.3 M
12.8 - 11.2 - 11.4 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 12.5 - 12.4

 前走のダービートライアル、プリンシパルSではしっかりと勝って唯一の権利を確保。展開的にはラップ推移からも明らかだが平均ペースでL3最速と仕掛けが非常に早い。前の馬が少し離していたというのはあるがL2-1と12秒台に入っているように消耗気味だったのは間違いのないところだろう。中間が淀みなく入っていて中距離でもかなり質の高い基礎スピードを要求されている。


 8番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出していきながら最終的には控えて好位の外で進めていく。最序盤は少し掛かり気味かなというところも見せていたが道中はしっかりと折り合ってマイネルラプティスが押し上げて行ったときもしっかりとコントロール、煽られずに好位をキープして3角。3角辺りは先行集団の3頭が徐々にペースを引き上げて行く形で、そこからはワンテンポ置く形で離れた2列目の一頭分外、というぐらいで直線。序盤で先頭列から2頭下がってきてL2でこれを吸収、自身で単独の2番手に上がりそのまま先頭に並びかける。L1では突き抜けてレッドローゼズを問題とせず、完勝だった。


 流れとしては先頭列が超早仕掛けではあったにせよ4角以降この馬も捕まえに行っているし、L3でも差を詰めていたので恐らく実質的にこの馬の位置で見てもL3最速だろうと思う。TS持続戦をかなり高いレベルで基礎スピードを問われた中で問われていた、その中では総合的に見て圧倒したとみていいと思う。ただ、この感覚はかなり中距離色が強い競馬ではあると言え、ペースが上がったことで各馬の末脚が削がれている。基礎スピードを武器にしっかりと引き上げて良さが出たという側面もあるので、これがダービーに向けてどの程度評価できるのか、というのは結構難しいライン。パフォーマンスとしては勿論評価できるんだが、皐月賞組と比べた時に2400へ延長するダービーで問われる適性となるとちょっとずれているかなと。少なくとも淡々とした流れで消耗する競馬にはなっているし、皐月賞は超高速で平均ペースは同じだが中盤に息が入って後半のラップをまとめてきている。後半要素がより色濃く問われたのが皐月賞だと思うので。もちろんこの一戦で強かったということに関しては異論はない。基礎スピード面はかなり高いレベルにあるし、それを見せてくれたのは大きいと。


セントポーリア賞(5下) 1着 11頭8枠10番
東京芝1800m良 1:47.7 48.5-46.5 S^2
12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 12.8 - 11.4 - 10.8 - 11.5

 このセントポーリア賞は違うパターンできっちりと勝ち切った。この馬の良いところは前受してしっかりと速いラップを踏めるんだけど、L1の踏ん張りが良い。この辺りがL1が甘い総合力型のエトルディーニュとの決定的な違いだったなあとここでは感じた次第。ペースは2秒でかなりのスロー、ラップ推移的に3~4角では相当遅く12秒後半、そこから一気に加速するギアチェンジも問われていたし、そういった器用さが問われた一戦。まあエトルが2着の時点で大体そういうレースになったのがわかるかな。


 10番枠から五分には出てそこからじわっと出していっての先行策、2列目ぐらいでコントロールしようとしていたが、出していったこともあって少し掛かりながら入って向こう正面では番手まで押し上げる形。3角前ではコントロール、前に逃げ馬を置いてしっかりと前を向いて仕掛けの意識をもって直線。序盤でそこからの反応ではエトルディーニュの方が良くてL2の手前ぐらいまでは脚色で差が無かったが徐々に差を作り出すとL1は突き抜けた。


 まあエトルと比較するとL1はどうしても目立つからね。これはスワーヴリチャードの共同通信杯もそうで、使える脚が短いエトルディーニュはポジションが凄く重要。それに対して掛かって恐らく意識はしていなかっただろうが前を取れたこと、結果的に前受出来たし仕掛けを主導出来たのも楽だったかなと。また後続に対しては仕掛けどころを遅らせることができているのでこの上がりで上がってしまえば後ろからの馬にはノーチャンスだったと思う。なのでここでのベストアプローチのL1の伸びはその辺りを考えると結構厄介ではあるかなと。前目でこれを引き出せるのは魅力の一つなのは間違いないが、気性的には少し難しいところはある一頭。


弥生賞(GII) 9着 12頭7枠9番
中山芝内2000m良 2:03.8(+0.6) 63.2-60.0 S^3 
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 大崩れを喫した弥生賞も当然振り返る必要があるだろう。ペースは3.2で超スロー、ラップ推移的には向こう正面での13.4から段階的にじわじわと加速していくという競馬。コーナー地点はフルに加速していくという流れのラップ推移なのでかなり特殊な流れにはなった。


 9番枠からやや出負けして外のマイスタイルを行かせてからの先行策、スローの内に上手くポジションを押し上げて番手だがここでも最序盤はかかって進めていく。2角辺りでは落ち着いてドスローの流れに合わせて進めていく。向こう正面では団子状態の中で番手で一気に仕掛けずドスローのマイスタイルの流れに乗っていく。3角辺りから手が動いてじわっと先頭列にプレッシャー、4角では追い出されるのだがイマイチ反応が無いし途中で逆手前となって直線。序盤でそのまま置かれてしまって良いところが無い。L1ではジリッと下がっての完敗だった。


 残り400の手前ぐらいから一頭だけ早く左手前に換わっているというのはある。基本的に右回りでコーナリングするには右手前で状態を少し内に傾けてというのが理想だが、逆手前で少しバタついていたなというのは今にして思うと結構影響があったかもしれない。いずれにせよ右回りでコーナーで加速していくというトリッキーな競馬になった時に良さが出なかった、というのはある。特に中山はコーナーが勝負になることが多いし、その中でコーナリングの拙さが出てしまったかなというところ。なので府中の2400であればそこまで悲観はしなくていい敗戦かもしれない。手前の換え方は左回りの方がスムーズなのは確か。もちろん左回りだと府中になるわけで、コーナーで動くことがあまり問われないコースというのもあるかもしれないが。


2017日本ダービーに向けての展望

 問題は2400mへの延長をどう捉えるかで、これは結構微妙なラインじゃないかなと個人的には感じている。ひとまず2つほど気になるところがあって、一つはやはり末脚の絶対量そのもの。ドスローの直線勝負のセントポーリア賞はそこまで仕掛けが早くない。プリンシパルSではL3最速で長く脚を要求されたがそれと同レベルで淡々と進んで基礎スピード面を要求される複合型の競馬だったと。特にプリンシパルSは皐月賞と比べても明らかに前半要素が強く問われているし、これは上がり3Fで見てもわかりやすい。皐月賞は平均ペースで基礎スピードを要求されたようで、実際上がり切ってはおらず緩んでからの後半勝負の度合いが強いレースだと思っている。前があの流れで落とさなかったというのは侮れないし、個人的には適性だけで見ればプリンシパルS組よりは皐月賞先行勢好走組の方がダービーへの適性は高いとみている。むしろプリンシパルSで狙うなら基礎スピード負けした馬かなという感覚で、この馬はあの競馬で綺麗に前後半をバランスよく引き出してきたのであれば、中距離色が強いなと感じた。


 もう一つは気性面。個人的にはかかりながらとなったセントポーリア賞、弥生賞はどちらもかなりのスローだったのでそんなに気にせず進めてほしいとは思うんだが、陣営の意識としては折り合いの意識はそこそこ強そう。加えて枠順発表で先行勢が内に揃う中でかなり外枠を引いてしまったと。これはかなり良くない。距離延長で掛かるのを嫌って出たなりだったり、意識的に壁を作って内を探りながらとなってしまうとポジションを上げて行けない。特に今回は前走のプリンシパルSがかなり流れて消耗気味だったこともあるし、馬の方も最序盤から少し前に行きたがる可能性がある。セントポーリア賞では番手で引き出せたので良かったが、このレベルで折り合いを怖がって好位~中団でとなっての末脚勝負では分が悪いとみている。Dコース時の府中も極端な超高速状態だったし、レース全体の仕掛けも遅かった。その辺りを踏まえてTS持続は評価できるレベルにあるがポジションを取って進められないようでは不安は少なくない。特に今回は内の出方が非常に読みにくく、こちらが探りながらの気持で入れば内がサッとペースを引き上げて隊列を整えてしまうとかなり後手を踏む、そういうリスクもあるのでこの馬がどこまで競馬を作っていくかの意識が重要になると思う。強い馬だとは思っているけど、基礎スピード色が強い馬で気性に少し難がある馬。東京2400m戦で展開が読みにくいレースだと評価が難しいなというのが率直な感想。




 ダービー予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンで日本ダービーを制していて、東京2400Mコースを熟知しており、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。
 曰く、、「今年の牡馬戦線は見えているので自信あり。混戦と言われるが、あの3頭が抜けている」とのこと!↓↓


情報的に買える3頭はこれだけ

想定500倍以上も!

第84回日本ダービー(G1)
『絞りに絞った3頭』

◆[先週!]
第78回 オークス(G1)
ソウルスターリング
モズカッチャン
アドマイヤミヤビ
3連複1点で4600円的中!



◆牡馬戦線も見抜けているこの証拠↓

=ダービートライアルは全的中=
第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京5日目11RプリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

第24回 青葉賞(G2)

◎アドミラブル
○ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中

第66回スプリングS(G2)
△ウインブライト(5番人気)
◎アウトライアーズ
○プラチナヴォイス(6番人気)
馬連:1350円的中
3連複:6670円的中


アドミラブルは本当に強い?

皐月賞組の取捨選択は?

大混戦で大荒れもある?


ダービーのことはダービージョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日本ダービー2017のプレ予想 アドミラブルの評価
日本ダービー 2017 出走予定馬:アメリカズカップ、道悪巧者は確かで金曜の雨の程度次第…高速馬場での決め手勝負では苦戦必至か
日本ダービー 2017 枠順確定:アルアインは4枠7番と中目の枠で二冠を目指す
日本ダービー 2017 出走予定馬:ペルシアンナイト、皐月賞では内から一瞬勝利を意識できる脚…平均の流れでも鋭さを引き出せるのが強み
日本ダービー 2017 1週前追い切り評価:ペルシアンナイト、力強いフットワークで楽に反応し併走馬を突き放す!
日本ダービー 2017 出走予定馬:クリンチャー、藤岡佑介、チャンスを手中に収められるか…すみれSは強く皐月賞も強く、それを信じた乗り方を期待
日本ダービー 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、強気に攻める競馬で皐月賞以上を…強さを分かち合った人馬なら逆転は十分あり得る
日本ダービー 2017 レース回顧・結果:レイデオロ、ルメールがまたも神騎乗…名伯楽藤沢和雄が悲願のダービー初制覇!
日本ダービー 2017 出走予定馬:アドミラブル、青葉賞は圧巻…ポテンシャルは一級品も追走力で不安があり、出し切って届くかが焦点
日本ダービー2017予想参考前日オッズ 1番人気はアドミラブル
日本ダービー 2017 出走予定馬:ジョーストリクトリ、NZTは内から抜け出し強い競馬も…2400と一気の延長に高速馬場でのキレ負けはやはり懸念
日本ダービー 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、皐月賞は6着も健闘…あの競馬があの展開でできれば怖いが、とにかくゲートが大事
日本ダービー2017枠順確定 注目の1枠1番は武豊騎手とダンビュライト
日本ダービー 2017 出走予定馬:ウインブライト、超高速馬場適性は微妙も皐月賞はペースも速く、この距離で警戒は必要か
日本ダービー 2017 展開予想動画+出走予定馬の予想用全頭展望まとめ!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP