投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本ダービー 2017 出走予定馬:マイスタイル、皐月賞は控えてイマイチ…展開のカギを握るが高速馬場は不向きで…

2017 5/28(日)
第81回 日本ダービー(GI) 東京芝2400m
出走予定馬一覧
日本ダービー2017の予想用・出走予定馬一覧

2017日本ダービーの出走予定馬の中から注目馬は?
[最強]競馬ブログランキングへ(4位前後にあります!)

 弥生賞では逃げてレースを作ってスローから出し抜いてあわやの2着、マイスタイルが日本ダービーに出走予定だ。前走の皐月賞では厳しい流れにそもそも先行することができずに脚を使わされて16着と惨敗を喫してしまった。2400mへの延長で自分のスタイルで入れるかどうか、名前の通り己を貫いて活路を見いだせ。


 弥生賞ではゆったりとした流れから徐々に加速し続けるというような流で上手く出し抜いてきたけど、皐月賞ではそもそものペースが速かったこともあってイマイチ良さが出なかった。それとこの馬の場合はこれまでの実績的に見てもタフな馬場で結果を出してきているのはあるので、超高速馬場そのものが合わなかった可能性も十分ある。となると今の府中の馬場で2400m戦の日本ダービーではなかなか難しいかな。


弥生賞(GII) 2着 12頭7枠10番
中山芝内2000m良 2:03.3(+0.1) 63.2-60.0 S^3
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 まずは弥生賞2着から振り返る。この時は時計も掛かっていてペースバランスも3.2と超スロー、13.4と向こう正面では相当緩い流れから徐々に加速していく多段階加速戦という特殊な競馬になっている。そのうえでL2最速で、ここで出し抜いてあわやの場面を作ったと。


 10番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと内に切り込みつつペースを引き上げずに上手くハナを取り切る。そのままペースを上げずに団子状態を先導。向こう正面からじわじわとペースを引き上げつつもまだ緩い流れで3角。3~4角でも徐々に加速しながらの競馬、団子状態の中で4角出口で出し抜いて直線。序盤でじわっとリードを広げるが、これに食らいつくのが大外カデナ。L1でも大きく落とさなかったが最後はカデナに食い込まれての2着だった。


 上手くレースを支配できたし、動き出しも自分が主導して徐々に加速していったことで各馬になかなか早仕掛けの意識を持たせにくい競馬に持ち込めたといえる。その結果L2でもう一段加速してここである程度出し抜けているし、ノリが上手くこの馬のレースを作れたことが好走要因ではあると思う。またゆったりした流れでこれだけ長くじわじわと加速というような競馬をしてきているので、距離に関してはもうちょっと長くてもやれるだろうと。ただスローで恵まれたという面も考える必要はある。


皐月賞(GI) 16着 18頭1枠1番
中山芝内2000m良 1:59.6(+1.8) 59.0-58.8
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 ただ前走の皐月賞ではその競馬に持ち込むことが全くできず、結果的に流れに翻弄されての惨敗だった。ペースは平均だがこれでも上がり切っておらず中盤で息が入っている。そこからの後半のL3最速戦なので、ある程度TS持続力を持っていないといけない競馬ではあった。基礎スピードと後半のTS持続が両面で問われた一戦だ。


 その中で1番枠からまずまずのスタートを切ったがある程度促すという程度でハナを主張せず控えて中団馬群の中で進めていく。道中も中団の内内で我慢しながら3角。3角では中団馬群の最内から一頭分外、4角で追い出されて中目に持っていくがここで置かれる。序盤から既に脚色鈍く鞍上も諦めていたという惨敗だった。


 ここでやはり気になるのは4角の段階で既に置かれていたということ。タフな馬場だった弥生賞でも最速ラップ11.4を踏んでいたので、この地点で明確に置かれたとなると速さ負けというよりは純粋に脚を削がれてしまったとみるべきだろうと。超高速馬場でこの流れで中団だと決して無理をしていないと思うのだが、それでも脚を削がれてしまったとみるべきかなと。もちろん高速馬場でL3の4角地点が最速なので全体の仕掛けが速かったのも弥生賞と違うし動かないといけない立場だったのも違うけど、それでもL1の段階ならともかくL2の段階から甘くなるとなるとペースへの対応力が低かったとみないといけないと思う。


こぶし賞(5下) 1着 8頭8枠8番
京都芝内1600m稍 1:36.2 48.7-47.5 S^1
12.9 - 11.7 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.4 - 12.0

 3走前のこぶし賞もある程度この馬にとって都合よく運べたという側面はある。この辺からもやはり本質はパワー型の馬で基礎スピードもそこまで高いレベルには無いのだろうと。1.2のスローで息を入れての2F戦、L2最速戦とこれも弥生賞と仕掛けが遅いという点では合致している。


 8番枠から五分のスタート、そこから無理なくじわっと先行して2列目の外で進めていく。3~4角でも先頭列を見ながら2列目の外、4角で手が動いて直線に入るが反応はイマイチ。序盤では前に出し抜かれながらでL1でようやくジリッと差し込んだ。


 弥生賞と違うのはこちらが2列目外から追いかける形になったのだが、ここで少し置かれていてちょっと物足りない面も見せた。ただ今にして思うとマイルでそこそこ流れたことで要所の反応やトップスピード面が削がれている可能性があると。シンザン記念みたいに完全に消耗すれば別なんだろうが、本来これだけ基礎スピード面を問われると末脚、特に動き出しに影響してしまうタイプなんだろうと思う。


2017日本ダービーに向けての展望

 弥生賞では良かった、皐月賞ではダメだった、というのもペースの差が大きいと思う。こぶし賞では2F戦とはいえL1で食い込めているし、弥生賞も段階的な加速ではあったにせよL1を自身で11.8を踏んで粘っているわけでそこまで決定的に甘くなるという馬でもないはず。となると全体のペースが速くなると難しい、そしてパワー型と考えるのが妥当かなと。それと、末脚の絶対量自体も弥生賞で見せているように、やはり高いレベルとは言い難い。カデナとの比較でL1踏ん張ったのはある程度評価できるが理想的にドスローから仕掛けを主導出来てL2まで本仕掛けを待てた中であれ、しかも叩き台のカデナ相手で、となる。仮にドスローに持ち込めたとしてもカデナはもちろん、ここではダイワキャグニーやペルシアンナイト、スワーヴリチャードといったところが強敵になるのでこれらを穿つには難しいだろう。新馬を見ても2F戦で前を向いてキレ負けしていたので高速馬場での切れ味勝負に対応できない可能性は極めて高い。現時点ではなかなか難しいが、パワー型なので雨が降って顕著に馬場が悪くなってくれば浮上の目は出てくるかなと。それでもシンザン記念組上位を狙いたいが。


PR【今年の決め手は枠順か?】

======================
今週の大注目レース

第84回 日本ダービーG1
東京競馬場 3歳オープン
2,400 (芝) 牡57kg 牝55kg
======================

皐月賞組に敵対するアドミラブル、サトノアーサーは、どこまで脅威をあたえられるのか!?

上位人気馬が馬券に絡んでくる可能性が高く、
昨年と一昨年は安定した順位となりましたが、
過去10年の傾向を見ると上位人気馬に交ざって穴馬1~2頭が絡んでくる傾向が見られます。
その穴馬が1頭なのか2頭なのか、はたまた1着なのか2着なのか3着なのかで配当は大きく変わってきます。

2007年~2014年まで5万馬券以上の決着となっていて、2007年には200万馬券と荒れたレース展開となりました!

今年の人気馬は
前走青葉賞優勝 アドミラブル
前走皐月賞優勝 アルアイン
前走毎日杯2着 サトノアーサー
前走皐月賞2着 ペルシアンナイト
前走皐月賞3着 ダンビュライト

しかし、人気だけが先行し、各馬がどういった心配材料があるのか取り上げられているところが少ないようです。

つまり、そこを突いて馬券にからまない人気馬の割出。馬券に絡んでくる人気薄馬の割出。
これが最重要課題となるでしょう!!

そこで参考にしたいのが、先週のオークスではなく、その前の週 荒れたヴィクトリマイルG1の結果。
誰もがミッキークイーン(ダントツの1番人気)を軸としたレースしたが、
1着:アドマイヤリード(6番人気)
2着:デンコウアンジュ(11番人気)
3着:ジュールポレール(7番人気)

波乱決着を3連単で的中させた、穴馬選定に評価の高い競馬情報サイト
→  「競馬総本舗ミリオン」


正直なところを言うと、神様でもないので、
無料情報がたまに外れることはありながらも、他予想サイトに引けを取らない的中率の高さを実証済みです。
キャンペーン情報では的中率の高さを見せつけながらも高回収率を実現しています!

先週予想を利用したユーザーからの声で、

5月21日(日)
いいじまとしひろ 様

うおおお!2週連続G1的中とは!!
貴社の情報には感服するしかありません!私の人生を変えて頂き本当にありがとうございます!

5月20日(土)
雄太 様

本当に当たるんですね!
券売機に持ってくと高額はこちらでと案内され証明書も取ってもらいました!
彼女とも一緒だっただけに二人で盛り上がれ、最高のデートになりました!
彼女も競馬にハマってくれると話題も増えるんだけどな(笑)

「走れる穴馬はどれだ!?」

なんであの馬が来るんだよ!と隣で叫ぶおじさんを横目に、
当然でしょ。と心で笑う自分が今週末いるかもしれませんね。
→  「競馬総本舗ミリオン」


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日本ダービー2017前々日オッズ 1番人気と3番人気が強い傾向
日本ダービー 2017 出走予定馬:アルアイン、皐月賞はフロックか実力か…松山弘平が強気のレースメイクで2400を支配しきれるかに注目
noimage
日本ダービー 2017 出走予定馬:キョウヘイ、千両賞も内容は良い、距離はこなせそうだが高速馬場では難しい…
日本ダービー 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、皐月賞は6着も健闘…あの競馬があの展開でできれば怖いが、とにかくゲートが大事
日本ダービー 2017 出走予定馬:トラスト、2400への延長をプラスと信じ、積極策で天命を待ちたい
日本ダービー 2017 出走予定馬:アメリカズカップ、道悪巧者は確かで金曜の雨の程度次第…高速馬場での決め手勝負では苦戦必至か
日本ダービー 2017 展開予想動画+出走予定馬の予想用全頭展望まとめ!
日本ダービー 2017 出走予定馬:レイデオロ、皐月賞では直線最後に食い込み5着も…嵌ったのが大きく
日本ダービー 2017 レース回顧・結果:レイデオロ、ルメールがまたも神騎乗…名伯楽藤沢和雄が悲願のダービー初制覇!
日本ダービー2017のプレ予想 ペルシアンナイトの評価
日本ダービー 2017 1週前追い切り評価:ペルシアンナイト、力強いフットワークで楽に反応し併走馬を突き放す!
日本ダービー2017の予想
日本ダービー2017予想参考 東京芝2400mの血統データ
日本ダービー 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、強気に攻める競馬で皐月賞以上を…強さを分かち合った人馬なら逆転は十分あり得る
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP