投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本ダービー 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、前走はアドミラブルを追いかける形…ポジションを取って内目が嵌れば警戒必要

2017 5/28(日)
第81回 日本ダービー(GI) 東京芝2400m
出走予定馬一覧
日本ダービー2017の予想用・出走予定馬一覧

2017日本ダービーの出走予定馬の中から注目馬は?
[最強]競馬ブログランキングへ(4位前後にあります!)

 素質の一端は常に示し続けていたものの、後一歩で賞金を詰めず皐月賞には出られなかったベストアプローチが日本ダービーに出走予定だ。前走の青葉賞では直線外から一瞬アドミラブルに脅威を与える2着、とはいえラストは貫禄の違いを見せつけられた格好。皐月賞組も強敵だが、前回敗れた強力なライバルにどう歯向かうかに注目したい。


 前走は結果的にアドミラブルがじわっと動いていったことで直線では後ろからの競馬になってしまったのはある。この馬自身に前半に課題があるのは確かだけど、アドミラブルに対してはやはり直線までにできるだけリードが必要かなと感じた一戦。ただ瞬間的なトップスピードでは通用するところを見せているし、TS持続も高いレベルにあるので上手く噛み合えばという面はある一頭。

<PR>
【先週】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中!



今週の絞りに絞った3頭も必見

この3頭で決まれば想定500倍!

第84回 日本ダービー (G1)

絞り絞った
【3連単1点馬券】
無料で教えます


日本ダービーの3連単1点はコチラ
pngワールド
<PR>


青葉賞(GII) 2着 12頭7枠9番
東京芝2400m良 2:24.0(+0.4) 59.7-59.2 M
12.5 - 11.2 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0

 まずは前走の青葉賞から振り返りたい。日本ダービーと同じ東京2400m戦でペースバランスは平均ペースまで突入している。ラップ推移的に見ても大きく淀みなく進んで最遅が12.4。最速ではL2で11.4なので厳しい流れからも2段階加速的な競馬になっているし、個人的には結構ハイレベル戦ではあったと思っている。


 9番枠からやや出負けという程度、そこから無理はせずに後方馬群の一角では入っていく。道中も後方馬群の外目で我慢しながら進めているが、3角手前から先に最後方にいたアドミラブルに仕掛けられてその後ろをついていくという形。3~4角ではアドミラブルよりも一頭分内で我慢する形を上手く取る。4角でアドミラブルの後ろに移ってしっかりと前を向いて直線に。序盤でそこから追いだされてスッと反応、アドミラブルにL2では一瞬差を詰めようか?というところまできたがアドミラブルも少し寄ってきてこの辺りから脚色で苦しくなる。最後はじわっと離されて完敗の2着だった。


 まあ内容的には完敗なんだけど、ただ結果としてこの馬も後ろからの競馬にはなったし、3角手前のまだペースが上がり切っていない段階で先にミルコに動かれたことでアドミラブルを差す必要が出てきたと。トップスピードの質的には通用したけど、あの形だとTS持続力が非凡なアドミラブルを相手にするのは難しかった。なのでアドミラブルに逆転を狙うならやはり直線までにこちらが前目内目で我慢して仕掛けを待っている状況だろうと。いずれにせよ小さい差ではないが、L2で見せた一瞬の切れは対アドミラブルでは通用しそう。


弥生賞(GII) 4着 12頭1枠1番
中山芝内2000m良 2:03.5(+0.3) 63.2-60.0 S^3
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 弥生賞はこの馬にとってはかなり苦しい競馬になってしまって権利を取れず…まあ結果的に青葉賞の感じからもこれまでの内容からも2000で基礎スピード戦だと難しかったのでかえって良かったかもしれないが、この馬は噛み合わないことが多かった。このレースではドスローから3~4角で終始加速し続けるという特殊な流れで内内で捌ききれなかったという形。


 1番枠からここでは好発を切って一旦は先頭列にいたがそこから下げながらコントロール、3列目の内内と絶好位で進めていく。ただドスローのため団子になったしその結果として3角までには凝縮してしまって3列目でも中団より後ろというかなり難しい競馬。3~4角でもスペースが無いので押し上げられない、4角で一頭分外のスペースを見つけて追い出し2列目を狙うが出口で窮屈になって下げてから直線後半でようやくさばいて伸びて来ての3着だった。


 正直かなり難しい競馬になったが、それでも直線前半で下げながら進路を確保してL1できているように結構器用に脚を使ってきたといえる。L1でレースラップが11.7というところで4馬身差あった差を坂の上りでグンと来て2馬身は切ってきている。恐らくだが11.3前後というところで、しかもL2に入った地点では2馬身半ぐらいだったはず。恐らくL3-2は下手したら詰まって減速しているかもで、そこからギアを上げてL2-1では加速ラップで入ってきているのは間違いないだろうと。この一戦はかなりひどい流れになっているし、実際青葉賞で来ているように強い競馬をしている。カデナとの比較でみても唯一後半勝負で戦える目途を立てたといえる。


セントポーリア賞(5下) 6着 11頭7枠8番
東京芝1800m良 1:48.1(+0.4) 48.5-46.5 S^2
12.7 - 11.4 - 11.8 - 12.6 - 12.7 - 12.8 - 11.4 - 10.8 - 11.5

 3走前のセントポーリア賞も噛み合ってない。ペースは2秒でかなりのスロー、特に3~4角で12秒台後半を刻んでいるように相当緩んでいてそこから最速10.8に向けて猛烈なギアチェンジを要求された一戦だ。ポジショニングとギアチェンジとトップスピードの質を高いレベルで問われた。


 8番枠からやや出負けからある程度押して先行していこうとはするが結局は中団馬群の後ろぐらいで進めていく。ただそこで包まれてしまって3~4角でも後方馬群の中で進路が無い状況で後方で直線。序盤で追い出されるが反応が鈍くギアチェンジで置かれる。ただ徐々に伸び始めるとL2の坂の地点でようやくジリジリと差を詰め始める。そしてL1でのバテ差しがは顕著で一頭だけ違う伸びを見せて食い込んでの6着だった。


 ここからも要所でスッと動けなかったことがハッキリ示されているし、しかも後方で動けないままとなると究極的なトップスピードの質が問われた。この一戦は質的な勝負という観点では結構レベルが高いと思っていてキセキなんかも毎日杯でスローのトップスピード戦に対応している。その辺りを考えるとここで一頭だけ違う脚を見せたというのは侮れない材料。ただし言うまでもないが、やはり器用ではないのでこれが上手く嵌らないといけない。スローでトップスピード勝負になったとしても悪くないポジションを取って仕掛けのタイミングが早く出し切るチャンスがあれば面白い、というところは示した。


2017日本ダービーに向けての展望

 青葉賞2400の平均ペースなら追走しても脚を使うことができたというのは大きな収穫。少なくとも2:24.0という時計を出せたのは最低限のラインとしては評価できる。ただ個人的にはこの競馬では強敵が多いし恐らく難しい。アドミラブルはもちろんだが皐月賞組も走破ラップから補正すれば恐らくハロン12は切ってくる(2400のハロン12が丁度2:24.0)。その流れでとなると青葉賞で見せた一瞬しかないキレではアドミラブルはもちろん…となる。あまり前半が速いと脚を削がれている面はあるし最低限の競馬はできたけど今回のメンツではこれは武器になりにくい。


 まあ勝ち負けまでとなると今回はかなり混戦だと思っているので何ともだが、対アドミラブルという視点で見た時に優位性があったのはL2のトップスピード面。もともとアドミラブルはそこまで瞬間的な切れ味で優位に立てる馬ではなく、こちらの方がL2で少し差を詰めていたわけで良い脚を使えていたのは確か。これまで内で我慢して噛み合わなくて出し切れず難しかった馬だけど、出し切ってみた時にアドミラブルは強敵だということが判明した以上、リスクを背負って前目内目で我慢だろう。使える末脚の絶対量は見劣るが、瞬間的な鋭さ…トップスピードの質的にはこの世代でも屈指だし、弥生賞の感じからも京都2歳S(これも少し不利があったが)の対カデナの視点で見てもパフォーマンスを上げてきているはず。ここを信じて中団~上手くスタートを切って好位の内ポケットを確保できれば圏内まで浮上のチャンスはあると思う。その点ではタイプ的にスワーヴリチャードに近いが、スワーヴの方がギアチェンジの性能が高いので、スワーヴを目標にしながらというのも面白いかもしれない。スワーヴ比較ならL1はこちらの方が伸びてくると思うので。いずれにせよ少しアイデアが必要な馬にはなるが、上手くトップスピードを引き出せればこのメンバー構成ならチャンスはあるし、ややスローぐらいで落ち着いて、アドミラブルよりも3列ぐらい前でしっかりと仕掛けを待てれば。坂の上りで加速する形でも伸びてきた馬なので府中適性は高いはずだし、ヒモ穴としては十分お勧めできる一頭。ただし、内枠から良い位置を取ってほしい。動き出しは少し甘いのでそこが噛み合えば。


 ダービー予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンで日本ダービーを制していて、東京2400Mコースを熟知しており、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。
 曰く、、「今年の牡馬戦線は見えているので自信あり。混戦と言われるが、あの3頭が抜けている」とのこと!↓↓


情報的に買える3頭はこれだけ

想定500倍以上も!

第84回日本ダービー(G1)
『絞りに絞った3頭』

◆[先週!]
第78回 オークス(G1)
ソウルスターリング
モズカッチャン
アドマイヤミヤビ
3連複1点で4600円的中!



◆牡馬戦線も見抜けているこの証拠↓

=ダービートライアルは全的中=
第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京5日目11RプリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

第24回 青葉賞(G2)

◎アドミラブル
○ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中

第66回スプリングS(G2)
△ウインブライト(5番人気)
◎アウトライアーズ
○プラチナヴォイス(6番人気)
馬連:1350円的中
3連複:6670円的中


アドミラブルは本当に強い?

皐月賞組の取捨選択は?

大混戦で大荒れもある?


ダービーのことはダービージョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日本ダービー 2017 出走予定馬:マイスタイル、皐月賞は控えてイマイチ…展開のカギを握るが高速馬場は不向きで…
日本ダービー 2017 敗因分析・回顧:アドミラブル、ミルコの溜め殺し…2度のチャンスをふいにした代償の3着だ
日本ダービー2017の予想
日本ダービー 2017 出走予定馬:キョウヘイ、千両賞も内容は良い、距離はこなせそうだが高速馬場では難しい…
日本ダービー 2017 枠順確定:アルアインは4枠7番と中目の枠で二冠を目指す
日本ダービー2017のプレ予想 アルアインの評価
日本ダービー 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、皐月賞は6着も健闘…あの競馬があの展開でできれば怖いが、とにかくゲートが大事
日本ダービー 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、強気に攻める競馬で皐月賞以上を…強さを分かち合った人馬なら逆転は十分あり得る
日本ダービー 2017 レース回顧・結果:レイデオロ、ルメールがまたも神騎乗…名伯楽藤沢和雄が悲願のダービー初制覇!
日本ダービー 2017 1週前追い切り評価:ペルシアンナイト、力強いフットワークで楽に反応し併走馬を突き放す!
日本ダービー 2017 出走予定馬:サトノアーサー、素質の高さは確か…距離延長よりも府中に少し不安あり?
日本ダービー 2017 出走予定馬:クリンチャー、藤岡佑介、チャンスを手中に収められるか…すみれSは強く皐月賞も強く、それを信じた乗り方を期待
日本ダービー 2017 出走予定馬:カデナ、皐月賞ではペースが上がって脚を削がれた印象強く…
日本ダービー 2017 出走予定馬:レイデオロ、皐月賞では直線最後に食い込み5着も…嵌ったのが大きく
日本ダービー 2017 追い切り・調教評価:終い馬なりでも素軽いフットワークで楽に併走馬を千切り捨て!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP