投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本ダービー 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、強気に攻める競馬で皐月賞以上を…強さを分かち合った人馬なら逆転は十分あり得る

2017 5/28(日)
第81回 日本ダービー(GI) 東京芝2400m
出走予定馬一覧
日本ダービー2017の予想用・出走予定馬一覧

2017日本ダービーの出走予定馬の中から注目馬は?
[最強]競馬ブログランキングへ(4位前後にあります!)

 重賞戦線では伸び切れずの2、3着ということが多く皐月賞本番では12番人気と人気薄ながら強い3着、ダンビュライトと武豊のコンビが日本ダービーに出走予定だ。前走時はあの超高速馬場に対応してくるという驚きもあったが、決して嵌った3着とは言い難い強い内容だった。いまだ重賞勝ち馬を輩出できていないルーラーシップに大金星となる日本ダービー制覇の栄光を届けることができるか?


 正直言って前走の皐月賞は全く予想していなかった強い3着だった。ただ前述のとおり決して嵌ったわけではなく、強気の競馬でコーナーで勝負に行く流れになった。結果論だがあそこで上手くファンディーナを封じ込めていたら内のスペースも空かず、こちらもロスを少なくという競馬で、L1の踏ん張りを考えれば勝ち負けまであったかも?というレベルの競馬をしてきた。今回はそういう馬だという認識を持って武豊も入っていけるので、どういう競馬をしてくるか楽しみ。ただもちろんだがトップスピードの質的には足りない馬ではあるので、外からしっかりと出し切るイメージ、しかもできるだけ前を取りたい。基礎スピード面とTS持続はトップレベルまで上がってきたはず。


PR┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 競馬予想の概念を変える競馬指数で
      ▼  ▼  ▼
競馬ド素人が使った初月に
      月42万のプラス収支

 『今なら1日最大18レース分を』

    毎週無料で見れます。

http://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3381

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻PR


皐月賞(GI) 3着 18頭5枠10番
中山芝内2000m良 1:57.9(+0.1) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 前走の皐月賞は見事な3着だった。ペースバランスは平均ではあるが超高速馬場だったし中間12.2-12.4と明確に息が入っている。そこからのL3実質最速で11.4。平均だがラップの偏差はそこそこ大きかったし淡々とした流れではなかった。実際向こう正面緩んだ地点でかなり馬群も凝縮している。個人的には極端ではないけど前半の流れに乗っていった先行馬の方が厳しい流れだったとは思っている。


 10番枠からまずまずのスタートを切ってそこから決して無理はせず、好位の一角で進めていく。道中も好位列の外でアルアインを見ながらというような競馬、向こう正面で緩んで馬群が凝縮する中で各馬に取り付かれながら3角に入っていく。3角で促されながら外から進出。4角でファンディーナが外に出してきたのでそこで一つ外に張られてロスを作りながら速い地点を回して先頭列。序盤の伸びはジリジリで内2頭に出し抜かれる。それでもL1ではしぶとく踏ん張って盛り返し、ペルシアンナイトとは差を詰めての3着だった。


 奇しくもブックを買うと武豊のダービーインタビューがあって、武豊の皐月賞の感想はまんま自分の分析通りの感じだった。結果的に(もちろん自分自身もダンビュライトがここまでやれるとは思っていなかったのはある)ファンディーナを締めてプレッシャーをかけていたらというのはあったし、それによって内のスペースを与えなければアルアインもペルシアンナイトもここまで嵌らなかったし、ファンディーナが動いたことで前の動きを助長させたのはある。実際4角では11.4と最速タイのラップ。ここで内を立ち回れた馬が有利だったのは間違いないところだろうと。ただ最後まで粘り込めたというのはやはりTS持続が高くないとできない芸当。瞬間的な切れ味では見劣ってもそれを出し切る形で最後まで踏ん張る競馬ができたのは大きな強み。また前半の速い段階である程度前につけられたし、また淀みで外々と苦しい展開でも掛かるしぐさもなかった。この馬はギアを瞬時に上げるのはともかく、ペースダウンに対応するのは非常に上手い気がする。こういうタイプの馬は先行しやすい。これはダービーでは明確な武器になりそう。


弥生賞(GII) 3着 12頭4枠4番
中山芝内2000m良 2:03.5(+0.3) 63.2-60.0 S^3
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 2走前の弥生賞はそう考えるとやはり器用さに欠けた一戦だったかなと。ペースは3.2の超スローで、このレースのポイントは向こう正面以降L2最速地点まで終始段階的にじわじわと加速していく、長い区間加速が問われたという少し特殊なレースになっている。L3-2で0.5の加速度なのでこの辺りからもギアチェンジもある程度問われたが、向こう正面から0.4-0.5の範囲でずっと上げ続ける競馬というのはあまり見当たらないケース。超段階的加速戦というような感覚か。


 4番枠からまずまずのスタートを切ってじわっと先行させつつ、最終的には内の方で我慢をしながら好位の中目。道中はドスローではあったので最序盤は少し掛かり加減なところもあったがすぐに落ち着いて、向こう正面では終始落ち着いて進めていく。3~4角でも前が加速を続けていく中で2列目の中目で我慢しながら直線。序盤で追い出されるがここで伸びあぐねて前に出し抜かれる。L1ではジリジリとという程度、内で捌き損ねたベストアプローチの強襲は凌いだが3着完敗だった。


 内容的にはやはりL2の地点でちょっと置かれてしまったのが響いているし、L1の伸びも結局前がそこまで落としていなかったので伸び切れなかった。ベストアプローチもかなり窮屈な競馬になってL1の伸びで見劣った。緩い流れの中で各馬が余力を持ってとなると難しいのかな、質的に足りないというのは一点。これは重馬場のきさらぎ賞でも見せていた要素ではある。動き出しが鈍いというのがこの馬の弱点にはなってくると思う。


サウジアラビアRC(GIII) 2着 9頭7枠7番
東京芝1600m稍 1:34.7(+0.2) 47.7-46.8 S^1
12.3 - 10.9 - 11.8 - 12.7 - 12.4 - 11.7 - 11.1 - 11.6

 5走前のサウジ戦も振り返っておく。府中でL2最速戦、坂の上りでの動きも含めて、また完全なトップスピード戦という点ではこのレースぐらいしか判断出来ないのもある。


 7番枠から五分に出てそこからある程度促していくが中団の外で落ち着く。道中も無理せず中団で進め、3~4角の中弛みで徐々に取り付いて直線で外。序盤で団子状態の中で外からじわっと促されるがそんなに動けない。L2で追い出されて坂の上りではそれなりに来るがここでブレスジャーニーにキレ負けする。L1ではTS持続でもやや見劣っての2着完敗だった。


 3着以下は離しているし、L2の地点でもブレスとの差は僅差、入った段階では前との差もあったので11.1より遅いということはない。悪くはないけどスローで後半の3要素の特化勝負では全てにおいてブレスに見劣った。クライムメジャーがそうでもなかったし、ここでの評価は難しいが全くトップスピード戦がダメということはない。ただいずれにせよこれまでのレースを見ても末脚勝負に特化しては苦しく、皐月賞では超高速馬場もあるがある程度全体で流れたことで良さが出たのとポジションを取って勝負に行けたことが大きいだろうと。


2017日本ダービーに向けての展望

 今回の日本ダービーは展開次第で結果がある程度変わってくるとは思っている。その中でも皐月賞上位組は特にその認識が自分の中では強くて、アルアインとダンビュライトはダービーでも同じような感じでしっかりと平均ペースまで持ち込めるかどうか、中間で息を入れ過ぎずにしっかりと全体の競馬に持ち込めるかで変わってくると思う。そのうえで敢えて言えば、対アルアインで見ればこちらの方が優位かなと思っている。ひとつは皐月賞のパフォーマンス自体はこちらの方が単純に上だろうと。結果的に3~4角の立ち回りが勝敗に直結していて、11.4の地点でアルアインに対して2頭分外を回す羽目になったのは、結局ファンディーナの出方が影響した。ファンディーナが外に出したことでこちらは外に張られて最速地点でロスがあり、遠心力も加えられている。一方でファンディーナが動いた直後のスペースをタイトに立ち回れたアルアインとの比較なら十分逆転可能だ。またペルシアンナイトはもっとタイトに立ち回っているがL1ではこれを詰めている。2400で全体の競馬に持ち込めれば皐月賞上位組の中でも一番の可能性は出てくる…敢えて言えばクリンチャーが厄介だが、クリンチャーが自身より前で2400で少し息を入れてくると怖い。まあこれはクリンチャーの記事で書きたいところだが。


 逆に言えばスローではちょっと難しい。これまでを見てもわかる通りこの馬の武器は特にここ2走はゲートの良さ、そしてポジションを取ってペースを落としても掛からず対応できる、そのうえで皐月賞の様にペースをある程度引き上げる中で末足を長く使える。これが魅力。ただ一方でドスローになったからと言って鋭く脚を引き出せるか?と言われると答えはノーで、サウジ戦でも見せたようにまずブレスジャーニーに完敗ならスワーヴリチャードにも苦しいしカデナなんかを相手にするのは難しいだろう。皐月賞ではこれらの切れ味タイプをしっかりと全体の競馬でつぶせている。これを府中の2400で敢行できるかどうかに尽きるだろう。名手武豊がどういう競馬をこの馬で展開するかだが、音無師は下手なことは言わずにこの馬の強みを武豊に引き出してもらう方が良いだろうと。距離を怖がることなく、むしろ前半の強みをしっかりと活かす競馬を期待したい。ペースを上手く作って、その中でアルアインとの比較で見れば直線地点が長い東京の方がコーナーで最速という可能性は薄い分だけロスの差は小さくなるし逆転のチャンスはある。この馬に限らず、皐月賞組はしっかりと先行してレースを支配する意識を持ってほしいね。



PR【TVで紹介された!穴馬的中率と3連単的中率の高さがすごい!】
日本ダービーで3連単を当てる!優勝はアルアインか?その真実にせまる!



史上初でしょう。TVで競馬サイトが紹介されました!
さっそく、日本ダービーの考察をしながら、調べてみます。
TVで紹介された競馬サイト
→  http://collabo-n.com/

5月28日(日)今月の最大レース『第84回日本ダービーG1』
優勝賞金は2億円!最強の3歳馬を決めるレースです。

3連単が106万馬券となった皐月賞組馬が注目を浴びていて、
人気薄の馬が本当の強さを証明しました。

日本ダービーの人気馬は、皐月賞で優勝したアルアイン。
皐月賞2着のペルシアンナイト。
皐月賞では12番人気だったが3着入線と強さを見せたダンビュライト。
毎日杯や青葉賞で実力を発揮したサトノアーサーやアドミラブルも注目です。

どの馬が勝てるのか?ここで一つ注目項目があります。「距離です」

皐月賞は2,000m
日本ダービーは2,400m

この400mの差はレース展開を崩します。

つまり、皐月賞や他のレースで実力を残した馬だから勝てる。
という簡単なレースではないんです!!

JRAオッズは前レースの結果から人気が集中するため、結果としてアルアインが注目されます。
しかし、本当にアルアインは勝てるのでしょうか?

2,400mを走り切れるのか?他の馬との相性は?枠順は適性か?

そういったレースで勝てる要素を、血統、適正、スピード指数、過去データ、
あらゆる角度から見直し『日本ダービーで勝てる馬』を割り出します!

このデータがTVで紹介されました!

無料会員登録をすると、週末レースが見れるようになります。

《無料で最大18レース分の予想が見れる》
《無料で日本ダービーG1の予想も見れる》
《月額1,980円で日本ダービーG1の少点数買い目が見れる+毎週全72レースの予想が見れる》
※月額会員は入会から30日間有効とのことなので、今入会してもまた月初にお金が発生することはないようです。

そのサイトがコチラ!
→  http://collabo-n.com/


競馬の右も左もわからないド素人のアイドルが実践しところ、驚きの結果がでました!
購入方法6頭BOX
このデータを使って4月には桜花賞で3連単9万馬券を的中させ、
ニュージーランドTでは3連単49万馬券も的中させました!
回収率は2,458倍!!





今週の日本ダービーは無料で使える!
そのサイトがコチラ!
→  http://collabo-n.com/

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日本ダービー 2017 出走予定馬:アドミラブル、青葉賞は圧巻…ポテンシャルは一級品も追走力で不安があり、出し切って届くかが焦点
日本ダービー 2017 追い切り・調教評価:終い馬なりでも素軽いフットワークで楽に併走馬を千切り捨て!
日本ダービー 2017 1週前追い切り評価:ペルシアンナイト、力強いフットワークで楽に反応し併走馬を突き放す!
日本ダービー2017のプレ予想 ペルシアンナイトの評価
日本ダービー 2017 出走予定馬:サトノアーサー、素質の高さは確か…距離延長よりも府中に少し不安あり?
日本ダービー 2017 レース回顧・結果:レイデオロ、ルメールがまたも神騎乗…名伯楽藤沢和雄が悲願のダービー初制覇!
日本ダービー2017前々日オッズ 1番人気と3番人気が強い傾向
日本ダービー2017予想参考前日オッズ 1番人気はアドミラブル
日本ダービー2017の出走予定馬と血統データ
日本ダービー 2017 出走予定馬:レイデオロ、皐月賞では直線最後に食い込み5着も…嵌ったのが大きく
日本ダービー2017枠順確定 注目の1枠1番は武豊騎手とダンビュライト
日本ダービー2017予想参考 東京芝2400mの血統データ
日本ダービー 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、前走はアドミラブルを追いかける形…ポジションを取って内目が嵌れば警戒必要
日本ダービー 2017 出走予定馬:ジョーストリクトリ、NZTは内から抜け出し強い競馬も…2400と一気の延長に高速馬場でのキレ負けはやはり懸念
日本ダービー 2017 出走予定馬:カデナ、皐月賞ではペースが上がって脚を削がれた印象強く…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP