投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本ダービー 2017 出走予定馬:ウインブライト、超高速馬場適性は微妙も皐月賞はペースも速く、この距離で警戒は必要か

2017 5/28(日)
第81回 日本ダービー(GI) 東京芝2400m
出走予定馬一覧
日本ダービー2017の予想用・出走予定馬一覧

2017日本ダービーの出走予定馬の中から注目馬は?
[最強]競馬ブログランキングへ(4位前後にあります!)

 中山を舞台に外から動いて直線最後までばてずに差し込みスプリングステークスや若竹賞を制してきたウインブライトが日本ダービーに出走予定。ただ前走クラシック第一弾となる皐月賞では正攻法で外から勝負に行くも甘くなって9着完敗。壁を感じさせる競馬にはなったがロスもあった、2400mへの延長で何とか名誉挽回と行きたいところだ。


 ちょっと運が無いなというのが、今年は恐らく雨が降らなければ日本ダービーも超高速馬場になりそう…。皐月賞も突然と言っていいほど急激な超高速化で軽い馬場過ぎて基礎スピード面で苦労した感じがある。トップスピードの質的には物足りない馬なので、今のダービーでとなると淡々と流れる中でついていってバテ差しが利けば。それでも一雨ほしい…かな。それに皐月賞までは1000万下レベルでもと思っていたが、トライアル路線ではなく力を出し切れなかった馬と裏路線が結果を出してきたので勢力図は変わってきている。その辺りも考えないといけない。


スプリングS(GII) 1着 11頭8枠10番
中山芝内1800m良 1:48.4 48.6-48.1 M
12.6 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 12.4

 2走前のスプリングSから振り返る。ペースバランスは平均で収まり、ラップ推移的に見ても後半5Fのロンスパ、コーナーで若干域が入ってそこからのL2再加速戦ではあり、疑似的な2段階加速という感じ。いずれにせよ時計が若干掛かっている中での基礎スピードと後半のポテンシャルのバランスを問われたし、後方からこれを差し切るならポテンシャル的に高いレベルのものを見せないといけなかったと。


 10番枠からやや出負けという程度、内が速かったので前に行けずに後方馬群の外目で進めていく。向こう正面でも後方で内のアウトライアーズを意識して仕掛けを待ちながら3角に入っていく。3角でアウトが内にいるという中でその外から押し上げて勝負に行く。4角でアウトライアーズが外に出そうとするがこれを防ぐ形でプラチナヴォイスを目標に2列目まで押し上げ直線。序盤でプラチナが抜け出すがこちらもしぶとく食らいつく。L1できっちりとバテ差してアウトライアーズの追撃も振り切っての完勝だった。


 この路線のレベルを結果的にどう考えるべきか?というのは今となっては出てくる問題。ひとまずポテンシャルがこの時点で世代ではかなり高いレベルにあったのは間違いなくて、このラップ推移の中でしっかりと6頭分ぐらいロスのある中で3~4角押し上げていくという競馬ができている。それでもL1では仕掛けを待たされたアウトライアーズに対してしっかりと寄せ付けていない。ステイヤー型としては強い競馬だったと言っていい。ただ同時に同週のフラワーCのファンディーナと比較してラップや時計的観点で見ると個人的には2段階近く見劣っていると感じている。もちろんこれだけロスが多い競馬をしているわけなので、ラップの字面だけで判断はできないが少なくとも皐月賞でファンディーナ以上はないだろうなという感覚ではあった。そのうえで結果的に皐月賞は別路線組の台頭、ファンディーナすら崩れてしまっているわけなので、スプリングSのパフォーマンスでは明かに足りない、というところまで出てきてしまった。この世代は途中まではレベルが低かったとみていてそれ自体は間違っていない。ただ、恐らくだが高速馬場巧者や基礎スピードタイプの馬が前哨戦でパフォーマンスを上手く発揮しきれなかったことが大きかったかも。いずれにせよ、今の段階では1000万下を少し超えたかな、という程度ではちょっと足りないのである。ただ、内容的にはどう見てもステイヤー型のそれで、平均の1800がベストだったとも思わない。適性的には時計が掛かれば皐月賞がベストだと思っていたが、本質的には2400~2500ぐらいは欲しいだろうなと。


皐月賞(GI) 9着 18頭8枠17番
中山芝内2000m良 1:58.3(+0.5) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 前走の皐月賞は悪くはない…悪くはないが上位には完敗だし少なくとも同じようにロスの多い競馬となりながら前々でしぶとく粘って最後まで伸びたダンビュライトには確実に見劣っている。ペースは平均、中弛みがあったので取り付くチャンスはあった。そこからの後半のロンスパで、ここまで来ると中間的なラップになっているし、これで3~4角で大外からとなるとかなり速い脚を必要とされたとも思う。なので悪くは無いとは思っているんだが。


 17番枠からやや出負けしてそこから大外枠でもあり無理せずじわっと追走、それでも中団にはつけていく。道中もペースの割には団子気味、そこで前も向こう正面で息を入れてきたので外にいたこの馬としては比較的楽に前とのポジション差を詰めていく。3~4角では大外から追走、ダンビュライトの一つ外から押し上げて行こうとするがコーナーでなかなか差を詰められずに直線。序盤でダンビュライトに差を広げられこちらもジリジリとなだれ込むまでしかない。最後まで頑張ったが9着完敗だった。


 前述のとおり悪くはない。外枠は厳しいし3~4角であれだけ外を回すとここまでレースラップが速く11.4を問われている、もちろんこれより速い脚を引き出せないとコーナーワークで置かれるわけで、そこで脚を引き出せなかったし、前半も含め少し無理があったと思うのでL1までいつものバテ差しも封じられた感じ。それも前もL1で11.7と落としていないわけで、ここまで来ると前を褒めないといけないと。この馬のパフォーマンスとしては決して悪くない、ただ低レベルな世代だと思っていたら、別路線組や高速馬場適性が高かった馬が思っていたよりも強かった、というところに尽きるだろうと思う。もっとも、皐月賞の時計でもそこまで速いレベルではないのだが、ラップ補正をしても後半を11.4-11.4-11.7でまとめてきたというのは流石にハイレベルだったと思う。超高速すぎて1000万下の鹿野山特別との比較すら非常に難しいのだが。ただ0.5差で3~4角を通した差を考えれば個人的にはそこまで悲観するほどではないとみている。


若竹賞(5下) 1着 14頭7枠12番
中山芝内1800m良 1:48.3 49.0-47.5 S^1
12.2 - 12.5 - 11.8 - 12.5 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 11.9

 個人的にはこの若竹賞で強いなと感じたし、この辺からも後傾での2段階加速向きだろうと。なので距離自体はやっぱり長い方が良いだろうと今でも思う。ペースバランスは1.5でかなりのスローに肉薄するレベル、ラップ推移的には5F勝負だがL2最速で、この地点でウインはかなり動けていることに注目しないといけないと。


 12番枠から五分には出てそこから外枠でじわっと好位列を狙っていくが中山1800でもあるので無理せずに中団の外となる。向こう正面でも割と縦長でペースも上がっていく中で中団の中目で3角に入っていく。3角で外からじわっと進出、4角で大外6頭分ぐらいぶん回しながらも押し上げて直線に入ってくる。L2の地点で3馬身差を楽に呑み込んで先頭に立つ。L1では余裕をもって流しての完勝だった。


 ここで改めて見て3馬身差を一気に詰めたL2は恐らく11.1~11.2ぐらいで自身のラップ的には踏んでいるはず。ポイントとなるのはこれを6頭分ぐらい大外を回して引き出している。感覚的にはこのレースは2段階加速で、ウインブライトだけL2で明確に伸びた。上がりから逆算すればL2を推定11.1として11.7-11.1-11.9というような感じになっている。これが中山でコーナリングの上手さがあって相対的に目立ったのかどうかというのはあるんだけど、少なくとも皐月賞も大きなロスがあったにせよこれほどではないし、11.4の地点で全く動けないほど苦労するような馬ではないと思う…。となると皐月賞の敗因は意外とペースと馬場かもしれないと。実際このレースでは自身の3F走破で見れば37.8-34.7で3秒以上の超スローバランスから2段階加速を踏んできた。そして割と流れた中で中団で流れに乗ったひいらぎ賞ではアウトライアーズに見劣っている。この辺りから考えても、前半の基礎スピードはあまり高いレベルに無いと考えると意外と皐月賞の敗因そのものも見えてくるかもしれないと。確実にこうだ、と言えるほど自信があるわけではないけど、皐月賞は高速馬場で質的な基礎スピードが不足していた可能性が高いと見ることもできる。


2017日本ダービーに向けての展望

 個人的には流石に皐月賞、青葉賞、プリンシパルSとダービー前哨戦まで含めてここに至ると、力的に見て若干足りないかなとは思っている。ただ、意外とこの馬はトップスピード面は舐められない可能性があるのと、やっぱり距離は2400は欲しいと思う。それと、結局皐月賞でポイントになったのは3~4角の立ち回りではあったし、ダンビュライトよりも一頭分外ではあったので、対ダンビュライトではともかく、内を綺麗に立ち回った馬と比較して0.5差なら悪くはない。少なくとも展開一つで逆転可能な範囲だ。この馬の場合、意外と速い脚を持っている可能性があるし、若竹賞の内容はかなり評価できる。


 ただ、やっぱり超高速馬場だと色々良さが出ない懸念はある。若竹賞もあの時はそこそこ時計が掛かっていた中ですごいな、という感覚で(同日OPの1200m戦が33.2-35.3で1:08.5なのでややタフな馬場とみている)時計が掛かっても前半ゆったり入れれば鋭く脚を引き出せるという感覚。超高速馬場だと皐月賞でもそうだがコーナーで動けていなかったし、もちろん全体のペースが上がったことで少し末脚を削がれている感もあった。2400への延長なら皐月賞から比べてパフォーマンス的に前進があるとは見ているが、それでも超高速馬場だと勝ち負けまで加わってくるには難しいかな。少なくとも皐月賞でダンビュライトには完敗なので、流れてしまうとそれ以上は難しく感じる。この馬の場合理想は前半無理せず入っていっての2段階加速的な競馬かなとみている。マカヒキのときまでいくとちょっと遅すぎてキレ負けするかなと思うが、59秒半ばから少し息が入って取り付けて、という中で3~4角外からじわっと動きつつ直線で、という形かな。ただ、できれば少し雨でも降って時計が掛かる馬場まで行ってほしい。極端な超高速馬場でなければ重めの印まで含めて回したい馬なんだけど…ここまで軽いとなると簡単ではないかな。



<PR>
【先週】第78回オークス (G1)
無料公開の絞りに絞った3頭
【ソウルスターリング】【モズカッチャン】【アドマイヤミヤビ】

上位独占!3連複は4600円1点的中!



今週の絞りに絞った3頭も必見

この3頭で決まれば想定500倍!

第84回 日本ダービー (G1)

絞り絞った
【3連単1点馬券】
無料で教えます


日本ダービーの3連単1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第78回オークス (G1)
◎アドマイヤミヤビ
○ソウルスターリング
▲モズカッチャン
3連複1点目:4600円的中

東京8日目3R
◎コスモペリドット
3連複:4480円的中
3連単:2万4320円的中

新潟6日目5R
◎モレッキ
馬単1点目:1400円的中
馬連1点目:630円的中
3連複:2450円的中
3連単:1万1990円的中

第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京・プリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

京都4日目12R高瀬川特別
◎イーデンホール
▲カネトシビバーチェ
△ヒロブレイブ
馬単2点目:1万1850円的中
馬連2点目:7450円的中
3連複:2万9660円的中
3連単:14万2130円的中

第24回 青葉賞(G2)
◎アドミラブル
◎ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中

第155回 天皇賞・春(G1)
◎シュヴァルグラン
馬連1点目:1040円的中
3連複:610円的中
3連単:3780円的中


日本ダービーの3連単1点はコチラ

pngワールド

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日本ダービー2017枠順確定 注目の1枠1番は武豊騎手とダンビュライト
日本ダービー 2017 枠順確定:アルアインは4枠7番と中目の枠で二冠を目指す
日本ダービー 2017 出走予定馬:アドミラブル、青葉賞は圧巻…ポテンシャルは一級品も追走力で不安があり、出し切って届くかが焦点
日本ダービー 2017 出走予定馬:レイデオロ、皐月賞では直線最後に食い込み5着も…嵌ったのが大きく
日本ダービー 2017 出走予定馬:マイネルスフェーン、前走青葉賞は頓挫明けも完敗…高速馬場未知数でトップスピード戦にどう対応するか
日本ダービー 2017 レース回顧・結果:レイデオロ、ルメールがまたも神騎乗…名伯楽藤沢和雄が悲願のダービー初制覇!
日本ダービー 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、強気に攻める競馬で皐月賞以上を…強さを分かち合った人馬なら逆転は十分あり得る
日本ダービー 2017 展開予想動画+出走予定馬の予想用全頭展望まとめ!
日本ダービー 2017 予想:本命10ベストアプローチ
日本ダービー 2017 1週前追い切り評価:ペルシアンナイト、力強いフットワークで楽に反応し併走馬を突き放す!
日本ダービー2017予想参考 東京芝2400mの血統データ
日本ダービー 2017 出走予定馬:アルアイン、皐月賞はフロックか実力か…松山弘平が強気のレースメイクで2400を支配しきれるかに注目
日本ダービー 2017 追い切り・調教評価:終い馬なりでも素軽いフットワークで楽に併走馬を千切り捨て!
日本ダービー 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、皐月賞は6着も健闘…あの競馬があの展開でできれば怖いが、とにかくゲートが大事
日本ダービー2017のプレ予想 アルアインの評価
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP