投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

日本ダービー 2017 出走予定馬:アドミラブル、青葉賞は圧巻…ポテンシャルは一級品も追走力で不安があり、出し切って届くかが焦点

2017 5/28(日)
第81回 日本ダービー(GI) 東京芝2400m
出走予定馬一覧
日本ダービー2017の予想用・出走予定馬一覧

2017日本ダービーの出走予定馬の中から注目馬は?
[最強]競馬ブログランキングへ(4位前後にあります!)

 2歳にデビューしたが9着といいところなく惨敗、そこから立て直すと破竹の3連勝でダービートライアル青葉賞を制したアドミラブルが堂々と日本ダービーに出走予定だ。前走は最後方から追走に苦労しつつも徐々に取り付いて最後は強烈。時計も優秀で本番の日本ダービーに向けて十分に目途を立てた。相手は皐月賞組、力関係は読みにくいが東京2400の舞台で一気に世代の頂点を狙う。


 前走レベルの出負けをしてしまうと、正直ここまでハイレベルでしかも皐月賞上位が怖がらずにペースを作ってくると青葉賞ほど簡単ではないだろうとみている。前走は確かに強かったが先行馬が貧弱だったからこそ差し込めた。今回はそうはいかず、強力な逃げ先行馬がまともにペースを作れば青葉賞以上のレベルにはなってくる。それを問答無用で差し込めるかどうかは先週のオークスの馬場を考えると?となる。基礎スピード自体はあるけどポジショニングが甘い馬なので、前が落ちてこなければ結構簡単ではないかもしれない。とはいえ必ず最後は差し込めるのでそこは評価できるし信頼度自体は比較的高いはず。素材的には世代最強レベルで強いとは思っているので後は勝ち切れるかどうか。


未勝利 1着 15頭4枠6番
阪神芝外1800m良 1:45.8 46.7-47.3 M
12.4 - 10.8 - 11.6 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.2 - 11.5 - 11.6

 まずは3走前の未勝利勝ちから振り返っておきたい。阪神芝外1800m戦で超高速に近い馬場、ラップ推移的に見ても中盤少し息が入っているが極端ではない。ペースがややハイに近い平均ペースまで流れていることでしかけの意識が遅れての2F戦というところ。


 6番枠からやや出負け、そこからじわっと取り付いていきつつ中団の内目で入っていく。道中もかなり流れていて中団の外に出して追走しながら3角に入っていく。3~4角でも前がペースを少しずつ落としていくという中で中団の外々から正攻法で直線。序盤でそこから一気に伸びて先頭列に並びかけるがその外からメルヴィンカズマに来られる。これをL1で楽に振り払っての完勝だった。


 L2の地点では3馬身半ぐらいあったところを一気に先頭列にという形なので、L2では恐らく11秒を切ってきている。ただここではメルヴィンに来られているようにトップスピードの質的に圧倒していたわけではない。このペースからしっかりと一定の鋭さを引き出し、なおかつTS持続を高いレベルで見せてきたと。なので素材型にはなってくるとみている。ただもちろんだけど阪神の下りでとはいえ最速で10秒台をこのペースで引き出せたのは素直に評価したい。超高速馬場ではあったが。


アザレア賞(5下) 1着 8頭3枠3番
阪神芝外2400m稍 2:30.0 65.0-59.1 S^6
12.9 - 12.2 - 13.4 - 13.7 - 12.8 - 12.8 - 13.1 - 13.0 - 12.4 - 11.0 - 10.9 - 11.8

 アザレア賞に関しては見るまでもなくドスローの3F勝負に特化している。L3の4角地点で準最速と言っていい流れで、TS持続特化と言っていいだろうと。稍重だが内回りはそこそこ時計が掛かっていたという感じで外回りだとちょっと読みにくいが高速馬場というほどではなかったかなと。


 3番枠から五分に出てそこから少し挟まれる形で一旦は中団。ただ極端なドスローを嫌ったミルコが外に出して向こう正面で押し上げて番手につけて3角。3~4角でも番手外で進めて1頭分外から4角11.0の地点でしっかりと先頭に並びかける。序盤でそこから追いだされるがここではまだ抜け出せず半馬身ほど。しかしL1に入ったところで振り払うと最後は後続の追撃も問題なく完勝だった。


 高速馬場ではない中での後半特化、TS持続でかなり高いレベルのものを見せてきたと言っていいだろうと。素材的にこの世代はそこまで高いレベルのものを見せてこなかった中で(皐月賞で勢力図が一変したが)、この馬は明確に後半の末脚の絶対量、とりわけTS持続の高さを引き出していたと言っていい。皐月賞前の段階ではもしかしたらダービーで最右翼もあるかな、というぐらいの感覚はあった。


青葉賞(GII) 1着 12頭7枠10番
東京芝2400m良 2:23.6 59.7-59.2 M
12.5 - 11.2 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0

 やはり圧倒的だったのがこの青葉賞。正直ここまで流れればまず勝ち切ってくるだろうとは思ってレース中見ていたが、それでも想像以上に強かったなという感じ。超高速馬場ではあったにせよ、これだけ流れてL2最速11.4を引き出せたのは立派だしなおかつこの馬の良さであるL1の踏ん張りを見せてくれたと。


 10番枠から出負け、というよりは出足が突かない感じで最後方となってしまう。道中も前が淡々とした流れを作っていくのでリカバー自体が難しいという展開の中で最後方で追走。向こう正面の段階ではそれでもなんとか取り付いて最後方でも前との位置は詰めてくる。3~4角で前もじわっと加速という本当にしんどい競馬の中で外々から進出、ロスを作りつつ好位列に取り付いて直線。序盤でそこからしっかりと伸びて堂々先頭、L2で11.4を引き出すがここではベストアプローチが良い脚で少し詰められる。しかしそれでもL1は降り切って寄せ付ける隙を与えずの完勝だった。


 非常に高いレベルの話をすれば最速地点で切れる馬ではないというのはここでも感じた。未勝利勝ちでもアザレア賞でもそうで、最速地点では結構他の馬に見劣ることもある。それでも特筆すべきなのはやはりL1のTS持続面に尽きる。青葉賞の場合は上がりが34.6でL2-1は自身で走破、逆算すれば11.2-11.4-12.0なのでL3が最速というラップをこの馬は踏んでいる。それでもL1を12.0でまとめてくるというのが素晴らしい。


2017日本ダービーに向けての展望

 ただ、気になるのは出脚はやっぱり遅い。基礎スピード的に青葉賞ぐらいペースが上がっても脚を引き出せるというのは大きな武器なんだけど、単純に皐月賞の面々がペースを淡々と進めてくると2:23.6以上に速い時計というのは十分狙えるというところになる。皐月賞は紛れもなく超高速馬場だったので、青葉賞時よりも一段軽かったとは思うのだが、それでも平均とはいえ緩めてのもので実際はもうちょっと時計的にも出す余裕があったとみている。仮に今の府中の馬場で想定すれば59-59は十分狙えるほどに軽いし、皐月賞も59-58.8というバランスで中間息を入れてのもの。なので皐月賞組は真面目に走れば23秒前半は狙えるとみている。具体的に言えば59-24.5-59.5ぐらいでも2:23.0、これを詰めて来れるかは単純に追走力で物足りなさがあるというこの馬には意外とネックになってくるかもしれない。もちろん青葉賞の時は超高速までは行ってなかったので、仮にもう一段軽くなればこの馬ももうちょっと時計は詰めてこられるだろう。ただそれでも前半の追走は純粋に質的に苦労していた感じなので、前走のような出足がもっさり、となってしまうと簡単ではないかもというのは一つ。


 また仮に60秒前後だと今の馬場ならマカヒキのダービーの時の様に2秒近いスローバランスまで落ち込むと思うが、そうなると今度は質的なレベルを問われてくる。この馬はTS持続はかなり高いレベルにあるとみているが、質的にはそうでもない。ここに入ればカデナやダイワキャグニー、スワーヴリチャードは瞬間的な鋭さであれば結構手ごわくなってくる。しかもこの馬の場合は展開に関してはほぼ他力本願であると。なので思っているほど安泰とは思わない。もちろん出し切れれば勝ち負けになる馬だし、理想を言えば前半が速く中盤で前が日和って緩めてくるパターンだろうと。どこかで取り付くタイミングが欲しいタイプで、青葉賞のような感じで遅くとも12秒台前半で進められると皐月賞の上位は手強いとみている。いずれにせよ前半の追走力と要所の反応、トップスピードの質という観点はさほど高いレベルには無いので、無条件での信頼はしにくい。出し切る展開なら恐らくメンバー中でもトップクラスだと思っているが、ポジショニングの拙さ、ついていけないのでどこかで取り付けるかどうか。スローで動けない立ち位置になると質的なキレ負けも懸念しないといけないので、その辺りを意識して枠順や天気、当日の馬場状況から判断したいかな。消す可能性もあるけど重い印を打つ可能性まであるふり幅の大きい馬。


  日本ダービー予想の際ぜひご紹介したいのが、"競馬の神様"大川慶次郎が創設し、東信二元騎手、能勢俊介TM率いる実績と信頼の「ホースメン会議」
 現代競馬予想会社の先駆けとされ、今も情報力で不動のトップを譲らない最老舗が2017年GⅠシリーズは大盤振る舞い!「宝塚記念当日6/25まで1日1鞍渾身予想を特別無料配信」のキャンペーンを実施!予想会社が初めてという方も導入としてオススメしたい安心のサービスを一度実感してみてください↓↓

☆馬券のプロはこう買う!☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━
"競馬の神様"故・大川慶次郎が創設
 創業36年【ホースメン会議】
実力を知って頂く為の特別無料配信!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
『2400Mだからこそ狙える馬』
3点で
30倍を狙える理由を無料公開!

《100名限定 特別無料配信》
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1鞍~3鞍の厳選提供から
先週はオークスも獲った!
5/21オークス 馬連2290円的中
5/13京都10R 1万7150円的中
5/7 京都10R 2万6610円的中
4/29 新潟11R 5万3290円的中
4/23 東京7R 3万2050円的中
4/22 福島11R 2万4790円的中
4/16 阪神6R 1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中

■7割当たるとユーザー絶賛の1鞍渾身予想■
■実力を知って頂く為の無料配信■

↓↓↓↓↓
pngホースメン会議:日本ダービー300_250


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

日本ダービー2017前々日オッズ 1番人気と3番人気が強い傾向
日本ダービー 2017 追い切り・調教評価:終い馬なりでも素軽いフットワークで楽に併走馬を千切り捨て!
日本ダービー 2017 1週前追い切り評価:ペルシアンナイト、力強いフットワークで楽に反応し併走馬を突き放す!
noimage
日本ダービー 2017 出走予定馬:レイデオロ、皐月賞では直線最後に食い込み5着も…嵌ったのが大きく
日本ダービー2017のプレ予想 アドミラブルの評価
日本ダービー 2017 展開予想動画+出走予定馬の予想用全頭展望まとめ!
日本ダービー 2017 出走予定馬:マイスタイル、皐月賞は控えてイマイチ…展開のカギを握るが高速馬場は不向きで…
日本ダービー 2017 出走予定馬:キョウヘイ、千両賞も内容は良い、距離はこなせそうだが高速馬場では難しい…
日本ダービー 2017 出走予定馬:アルアイン、皐月賞はフロックか実力か…松山弘平が強気のレースメイクで2400を支配しきれるかに注目
日本ダービー 2017 枠順確定:アルアインは4枠7番と中目の枠で二冠を目指す
日本ダービー2017のプレ予想 アルアインの評価
日本ダービー 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、前走はアドミラブルを追いかける形…ポジションを取って内目が嵌れば警戒必要
日本ダービー 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、皐月賞は6着も健闘…あの競馬があの展開でできれば怖いが、とにかくゲートが大事
日本ダービー 2017 敗因分析・回顧:アドミラブル、ミルコの溜め殺し…2度のチャンスをふいにした代償の3着だ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP