投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オークス 2017 レース回顧・結果:ソウルスターリング、ルメール3角で外に出してペースを引き上げ、外の馬にロスを作らせる競馬で完勝

日曜の22:00からツイキャスでオークス回顧ライブします。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 オークス(GI) 東京芝2400m良
レース回顧・結果

2:24.1 12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6
61.7-57.8 S^4




 一言で言えばルメールが仕掛けのタイミングで勝負を仕掛けた。このレース程使える脚がそこまで長くない馬の仕掛け方の大事さが分かりやすいレースはないなというぐらい、教科書的な競馬になったと思う。逆にミルコ・アドマイヤミヤビとリスグラシュー武豊はこの先述の被害を被り、内で我慢していた馬がL4の4角地点でロスなく立ち回ったうえに早めに動くことでギアチェンジをあまり問われなくなった。これはモズカッチャンにとっては理想的な展開だったといえる。こういう競馬をルメールが仕掛けてくると思わなかったので、この時点で予想的に完敗やね。ギアチェンジでモズカッチャンが見劣ると思っていたら内でも動けるぐらい1段階目の仕掛けが早かったパターン。そして1段階目の仕掛けを少し早めることで分散しつつ2段階目を遅らせることができた、仕掛けを待てたのが映像的にももろに見えたレースだったと思うし、3角で外に出された段階でルメールにやられたと思った。ルメールはちょっと覚醒してきている気がするね。まあ後で詳しく。ただレースを作った戸崎だとこういうドスローになってしまうし、流石にノリ辺りは向こう正面で動いてほしかったけど今日はヘタレてしまったね。池添もなんだかんだで距離の不安を意識しすぎてああなった。それでどうだったかの結果はともかくその辺はルメールとの違いやね。


1着ソウルスターリング


 2番枠から好発、外の各馬の出方を窺いつつ、フローレスマジックが行ってくれたのでそれを行かせて2列目ポケットとかなり前目での競馬になる。最序盤は少し掛かり気味にはなったが出していかなかったし前に壁も作れたのでしっかりと折り合ってコントロール。ひとまずは我慢の展開でドスローの流れに身を任せる。しかし遅すぎるのを感じたか3角でわずかなスペースを上手く突いて番手の位置を確保すると、そこからはレースの仕掛けを支配、前にプレッシャーをかけつつコーナーで一段階目の仕掛け。直線序盤でも軽い促し方ではあったがL2の坂の上りで鞭が入って内から来るモズカッチャンに抵抗、最後は抜け出してアドマイヤミヤビも含めて差を詰めさせずの完勝だった。


 もし仮に内ポケットで我慢していたまま直線だったら、外から勢いをつけてきた馬の方が直線の坂の上り地点までに勢いをつけられたから、ギアチェンジに秀でたこの馬と言えどもワンテンポ置かれると難しかったと思う。ドスローだったことで3角から勝負に行くことをしっかりと判断して、4角地点で11.6と中間的なラップを踏んだ。ここが対アドマイヤ、リスグラシューには決定的に優位に持ち込めた要因だったと思う。4角以降アドマイヤミヤビの反応がイマイチだったのは単純に先頭列がペースを引き上げていたからで、ここで11.6を踏まれると外から押し上げるのは4角出口スパイラルのきつい府中ということもあって勢い自体は削がれないがロスが大きくなる。ある程度速いラップをコーナーで踏んだことでこちらはロスなく進められた。ミルコの十八番である緩い地点での押上げを封じ込めるには、押し上げてくるタイミングでワンテンポ早く引き上げてしまう。もちろんこれをしたことで動き出しがそこまで速くないモズカッチャンでもついてこれる段階的な加速となったことでL2までは際どかったが、それでもL1では素材の差で捻じ伏せた。細かい話だけど、11.6をL4で踏んだけどL2の坂の上り最速ということで余力を直線半ばまで持っていた。つまり本仕掛けのタイミングはL2の坂の手前~坂の地点ということになるので、これを遅らせることができたのも大きかったと思う。直線勝負に集中していたら結果はどうだったか分からないと思うが、4角で上手く一段階目に引き上げたことはこの馬の適性的に見ても完璧だった。説明が長くなったのでまとめると今日はルメールの日だったってこと。地味ながら3角の判断が勝敗を分けた。神騎乗ですよ。


2着モズカッチャン


 1番枠からまずまずのスタートを切ったことで楽にソウルスターリングの直後という絶好位を取って進めていく。道中もペースが落ち着いてドスローになったことで追走も楽々。3列目のポケットを確保したまま3角に入る。幸運が訪れたのは3角手前。前にいたソウルスターリングが外に出てくれたことで前のスペースが1頭分空く。しかもソウルが3角以降前を突いてくれたことで加速スペースを楽に取れたまま4角で追い出して勢いをつける、しかも最短距離でそのまま直線に入ってくる。勢いをつけられた分とコーナーワークで2列目から直線半ばの坂の上りで一瞬はソウルスターリングに食らいつきそうになる。しかしL1では余裕を持っていたソウルスターリングにあっさり振り払われての2着だった。


 結論から言えば、これは地力で2着を取ったというよりはフロックな面が大きいとみている。まあ勿論この展開を読めていたらというのはあるんだけど、これに関してはルメールさんに完敗です。それはともかく、ソウルの直後を取れたとしても、ソウルの記事で書いているのと同じで、仮にソウルがポケットで我慢していたら恐らく圏外だったと思う。3列目で動き出しが鈍い、その中でソウルは要所でスッと動ける。外からコーナーの緩い内に押し上げてきた外の馬と比較してヨーイドンだったら内有利馬場でも難しかっただろうと。ただ、前述のとおりでこの馬にとって最高の展開になった。最短距離を通せたうえに加速スペースを要所で確保できた状況でかつ前にソウルスターリングがいた。それでもL1で離されているのでソウルスターリングとの比較で見れば完敗も完敗。後は3,4着のアドマイヤ、ソウルに対しては4角のコース取りの差が大きかったしドスローなので縦のポジション差も当然響いていると。全てがこの馬にとってプラスに働いた結果なのは間違いないと思っている。もちろん、そこに最低限食い込み切るだけの地力があったからこそ、というのはあるんだけどね。いずれにせよ、この上なく嵌っているのは事実なので、これでアドマイヤミヤビやリスグラシューに対して上位になったかと言われると、それは違うと思う。ここまで綺麗に嵌ることはなかなか無い…フローラSはそこまで嵌り切ってなくて今回は完璧ってぐらい嵌ったと思っている。後でyoutube動画で説明したいぐらいルメールの騎乗の恩恵をもろに受けてド嵌りした。今日は競馬の重要な要素が詰まったレースになったなあと思うね。


3着アドマイヤミヤビ


 16番枠からやや出負けしたかなという程度そこから後方で進めつつ。道中はドスローの団子状態という中で中団の外目ぐらいまでじわっと取り付いてきながら3角まで我慢。3角で前がペースを引き上げていくという中で中団やや後方の外目から徐々に仕掛けていくが反応鈍く、4角で追い出されて直線で後方外。序盤でその勢いでそのまま中団列に取り付いてくる。L2の坂の上りで中団列を切り裂いて流石の伸びで3着争いには加わってくる。ただラストは甘くなってなだれ込むだけで何とかディアドラは捕えての3着までだった。


 まあソウルスターリングが相当強かったというのはあるんだけど、前述している通りルメールが意図的に外の馬に対して苦しい競馬、内の馬にチャンスを与える競馬をしているので、今日に関しては騎手同士の判断で負けた側面が強いと思う。良い頃のミルコ…というか馬に対して信用を置いているミルコなら向こう正面の段階でもう少し前を意識していたと思う。この馬に関しては桜花賞しかないから自信を持てなかったのもあるかな。陣営の指示があった可能性はある(馬主はリーチ氏だしね)し、ミルコにしては珍しく終い一手に賭けてしまった。そしてその結果ルメールに先手を打たれてしまって4角でペースが上がった中で外から動かざるを得なくなった。これがL1の伸びに響いていると思う。まあそれでももうちょっと決定的に詰めてほしかったんだけどね。その辺りはそこまでの力差が無かったという感じかな。オークスで重要な要素である有力馬の中で前目でコントロールして要所で動ける馬、というのはここでも感じたしやっぱりこれに関しては鉄則に近いのかなという印象を受けた。外から動いていくというのは府中ではなかなか難しいからね。各馬距離に不安がある中で動く意識が遅れるのもあるしね。鉄則に逆らった以上やっぱり予想としてはダメで、ソウルスターリングに本命を打つ意識が必要だったかな。まあミルコに頼っていた面はあるんだけど。うまんちゅ見て中団ぐらいを意識してと言っていたので信頼していたんだが、今日に関しては3角までに勝負を決められてしまった。馬もそれを覆すほどのレベルには無かったと。素材自体は見劣らないけど、3歳牝馬限定の東京2400で問われるのはそこじゃないんだよなあやっぱり。実際前が57.8で5F上がっていて、これを3~4角終始外で差し切れるほど競馬は簡単じゃない。馬は頑張って3着拾ってくれました、反省です。


4着ディアドラ


 7番枠からやや出負けしたかなというぐらい、そこから内のスペースを綺麗について中団。道中も中団の内内で我慢する形になって3角に入る。3~4角でも中団の内内で進めていたが仕掛けも早くこちらも早めに仕掛けて中団内内で直線。序盤でそこから追いだされてスッと伸びてきてL2の坂の地点ではするすると最内から3番手を狙う。L1で一旦前に出たが外からアドマイヤに差し込まれて惜しくも4着となった。


 この馬はモズカッチャンとは逆のイメージで、仕掛けがもうちょっと遅ければ…という感じだったのと、ポジションが後ろになってしまったのでそこが痛かったかな。まあ内を確保できるに越したことはないけど、結局ドスローにはなるだろうという中で中団なので末脚の絶対量を問われたうえで4Fで分散させられた。ここで内を立ち回れたのは勿論良かったんだけど、前とは離れていたので出し切って良いタイプのモズカッチャンが既に前で勢いついていた状況でそれを差すってのは難しい。この馬がモズカッチャンに勝つには緩い地点から速い地点に向かうギアチェンジ面で勝負したかった。ポジションがモズが前で仕掛けが早いという展開で崩すのは難しかったから、このディアドラの4着は適性的には噛み合い切ってない4着だと思う。だからペースをもう少しは引き上げて前目から仕掛けを待てるように成長させてほしいかなという感じ。ゲートが安定してくれば1800~2000路線で面白い一頭になると思うし、2400でもやれると思うんだけどね。今回は出し切りやすい展開になったこととペースが上がるまでの縦のポジションが後ろだったと思う。モズの位置とまではいわないけどブラックスビーチの位置が取れていたら3着までならかなり面白かった。少し出負けしたのでもちろんここを上げてくればというところかな。アドマイヤ辺りと比較すればもちろん嵌ったのはあるが、今後楽しみな競馬になったと思う。


5着リスグラシュー


 14番枠からやや出負け、そこから中団馬群の中で進めていって道中はジッと我慢。スローペースで流石に少し掛かり気味だがそれでも許容範囲内。3角でも中団馬群の中で進めながら、4角で徐々に外に誘導しつつ中団列で直線。序盤でそこから追いだされるが一気に反応はできず、少し内の馬と接触。それでもL2辺りで馬群を捌いて抜け出してくるが、最後はTS持続で伸び負けしてアドマイヤミヤビには差をつけられての5着完敗だった。


 ん~やっぱりというか、トップスピード戦はあんまり合ってない感じなんだよなあ。もちろん少し窮屈にはなったけど、レース全体の1段階目の仕掛けが早かったのは確かで動き出しが鈍めのこの馬としてはロスも中団中目でそこまででもない、勢いを比較的つけやすい展開だったと思うのでもうちょっと頑張ってほしかったんだが。L4の地点で丸々外々だったアドマイヤにこの展開でL1で見劣ったというのは結構小さくない差だと思う。距離自体は多分2400でも問題ないと思うんだけど、ドスロー過ぎて質的にも持続力的にも見劣った感覚かな。チューリップ賞に近い感想で、この馬は1800~2000である程度基礎スピードを問われる競馬が合っている感じはするね。良くなるのはもうちょっと先かもしれんけど、マイルだと基礎スピード面でちょっと足りないし、1800~2000路線を目指してほしい。ローズSとか結構良いんじゃないかなと思ってるんだけどね。


6着フローレスマジック


 3番枠からまずまずのスタート、そこから積極的にハナを取り切る。そこからは戸崎らしくドスローに持ち込んで3角。3角でソウルスターリングにプレッシャーをかけられてじわっと加速、4角出口でしかけて出し抜きを狙うがソウルに食らいつかれて直線。序盤で早々に甘くなって3番手まで下がる。そこからもジリジリと下がってしまって最後は6着完敗だった。


 まあ、この馬で逃げるとは正直全く思っていなかったので何とも言い難いが…この馬の結果だけ見ると逃げなかった方がチャンスがあるパターンだったかな。ただこの馬が逃げたことでこの展開になったともいえるし何とも言い難い。結果としては超スローからの仕掛けが早めの展開だったので出し切りやすい競馬だったのはあるし、アルテミスSがそういう競馬でL1まで脚を使ってきていた。内内で我慢できていたら噛み合った可能性は合ったけど、前述のとおりで展開は生き物、ましてこの馬が逃げたわけなのでガラッと変わってきちゃうから不毛やね。ん~まあもうちょっとペースを引き上げても面白かったかもしれんけど。平均ペースまではやれていた、クイーンCも動けなかっただけで悪くはなかったからね。内有利の馬場状態ではあったと思うので、この一戦は評価がちょっと難しいかな。ただ逃げて良いタイプではなさそうで、前の目標に向かってしっかりと前を向いてじわっと加速していくことで末脚を引き出せそうな感じだし、後ろからの方が適性的には噛み合いそうな感じ。


9着ブラックスビーチ(8番人気番外)


 10番枠から五分に出てそこからじわっと出していきながら内に潜り込む理想的な展開。道中もモズカッチャンの後ろで進めながら我慢して3角に入っていく。3角ではソウルが2列目ポケットから抜けてくれたことで前のモズカッチャンが仕掛けてくれて加速、そのスペースを上手く取って3列目で直線に入るが外に持ち出す。進路確保で苦労しつつL2では捌ききろうとするがミスパンテールが寄れてくる。最後までジリジリと伸び切れずの9着完敗だった。


 ん~まあ内容的に見ても力的にはちょっと足りなかったかなとは思うんだけど、正直内を突くことを徹底した和田と岩田が上位に来ていることからもわかるように、いらんことしたなというのが率直な感想。ソウルが外から勝負に行っている段階で内の各馬が勢いをつけやすいわけだからまずモズカッチャンの直後は信用できるし、4角でペースが上がっているのは恐らく前のソウルやモズが動いていることからも分かったと思う。それなら外の馬も押し上げて来れないだろうから内主体の競馬になったと読めないと。あそこで外に持ち出そうとするのは流石に足りない馬でやることではないわ。前が我慢我慢の展開で進路を探るなら別だけど、もうここまで流れていたら本人に勢いもついている、多少待たされても捌くぐらいの気持で直線内を通すべきだったと思う。それで結果どうだったかはともかく、あれだけ窮屈なところに入ってしまって結果としてスムーズさを欠いた以上は騎手に責任があるわ。


13着レーヌミノル


 13番枠からまずまずのスタート、そこから外目で様子を見つつヤマカツグレースを行かせて好位の外でという競馬。道中も上手くヤマカツグレースを使う感じで好位の外で壁を作る位置で折り合って3角に入っていく。ただ3~4角で内にいたソウルが出して先頭列、ここでペースが上がっていくという中で好位の外から正攻法の勝負を挑む形、4角で外に出して直線。序盤で追い出されて一瞬は反応するがイマイチ伸びず。L2の坂の上りではアドマイヤミヤビに捕えられる。L1は明確に下がっての13着惨敗だった。


 距離という観点で問題があったのは間違いないとは思う。ただそれ以前に最悪の競馬になっていると。まあ桜花賞で90点、オークスで0点でも桜花賞勝てればいいと思うし、中途半端にどちらも60点よりは…とは思うけどまあ適性的に最悪だった。そもそもだけどアドマイヤミヤビですらL4の4角地点で外を回されて削がれているレベルだからね。クイーンCでも示している通り末脚の絶対量は足りない。だから前受しないといけないと。2400に自信があるならまずソウルスターリングより前を目指さないといけないんだが、それは物理的にソウルがあの位置を取った時点で難しくなった。そうなるとやはり勝負所までに何とかしないとどうにもならないが、まあそこでリスクを取れなかったと。その結果ドスローで各馬余力がある状況下、4角出口でペースを前に引き上げられた中で4頭分ぐらい外を回していてはそりゃなくなるよね脚、って感じの負け方。まあ勿論難しい枠が当たったし、ソウルがあの位置を取ったこととそれに胡坐をかかず勝負の仕掛けをしてきた段階でどうにもならんからこれで池添は責められんけどね。あるとすればドスローで前受、仕掛け待って一瞬のギアチェンジでっていうところを全部ソウルに潰されたから。距離が長いのは間違いないし、TS持続が足りないから結局マイルでも緩めて良さが出ず厳しい流れで良さが出ているわけだし。緩めても一足は使えるが、その一足を速い地点で外から勝負に行くのに使ってはTS持続が明確に足りないこの馬ではお話にならなかったというだけの話。マイルでも同じようにドスローでコーナーでペースが上がっていく中で外々では勝負にならんと思う。なので距離どうこうよりも脚をどこで使ったか?という点を重要視しないといけないと思うね。ソウルスターリングみたいにしっかりと前で受けられていたらもうちょっとは違ったかもしれない。其れで駄目たら全て距離だよねって言えるけど、それだけじゃないからね。もちろん長いとは思っているんだけど、勝負するなら武器と言える基礎スピードを活かして弱点のTS持続をどう補うか?ってのを考えないといけないと思う。しかし本田優師のはったりはすげえわ。


16着ホウオウパフューム(7番人気番外)


 8番枠からやや出負けして無理せず後方で進めていく。道中もドスローの流れの中で後方馬群の外で徐々に押し上げながらだが掛かっている感じ。3~4角でも中団馬群の外々で進めて4角で前がペースを一気に上げたのでここで外から押し上げようとして脚を使う。序盤で一気に失速、そのまま良いところなくの惨敗だった。


 この馬って中山でL1良い脚を使ったから評価されているってのはあるんだけど、逆に言えばそれだけ仕掛けが遅かったからL1で最速だったわけで、今回の様に4角で仕掛けが早い中でそのいい脚を外から使ってしまってはダメだよねって感じ。これまで上がり33秒台を一度も出せていないのは、逆に言えばそれだけ絶対量が足りないともいえるわけで、トップスピードを出し切る競馬では案外良さが出ない。もちろん状態面屋掛かっていたことなんかもあるかもしれないけど、ペースが上がる前にどう押し上げて行けるかがポイントだと思う。現状ハイペースの中弛みぐらい嵌ってこないと難しい気がするね。使える脚が長くない、ポテンシャル面で段階的に動いていって一足を我慢しながら使えそうなイメージなので、距離延長でもう少し全体を上手く使って進めて行ってどうなるか見てみたいかな。現時点では本当にいい脚は一瞬しかないと思う。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の成績は1人気[4.1.2.3]、2人気[1.1.0.8]、3人気[4.1.1.4.]と上位人気馬では1人気と3人気の活躍が目に付く。2人気は2連対のみと苦戦。また、マイネルフロスト(12人気)、ウインバリアシオン(10人気)、スマイルジャック(12人気)、アサクサキングス(14人気)など、2ケタ人気馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっているように10万馬券~200万馬券が出ている。

今年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイト、ダンピュライトの社台系が馬券圏を独占。池江厩舎のワンツーとなり馬連配当では8710円。社台系情報に強い競馬セブンでは当然の的中となったが、牡馬2冠目のダービーも「獲れる根拠あり」と情報班からの報告が入っている。

ダービーは皐月賞組と皐月賞別路線組みの戦いとなる。皐月賞組が圧倒的に有利な成績を残しているが、別路線組みからの好走も多い。一昨年は京都新聞杯を勝ったサトノラーゼンが2着、14年は青葉賞6着のマイネルフロストが3着、13年は京都新聞杯を勝ったキズナが優勝し青葉賞2着のアポロソニックが3着。12年には青葉賞勝ちのフェノーメノが2着、京都新聞杯勝ちのトーセンホマレボシが3着、11年には青葉賞勝ちのウインバリアシオンが2着と好走しているように皐月賞別路線組みが馬券圏に好走している。

皐月賞には目もくれず、ハナからダービー狙いでローテーションを組んでいる別路線組みは当然警戒しなければない。

競馬セブンでは皐月賞的中に続きダービーも的中できる情報を既に入手している。社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を掴んでいる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:日本ダービー300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

オークス2017のプレ予想 リスグラシューの評価
オークス 2017 予想用ラップデータ:意外と流れるが、重要なのは3角手前以降の緩みやすさ…後ろ過ぎると届きにくい
オークス2017のプレ予想 ソウルスターリングの評価
オークス 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、雨が残った桜の借りは府中の樫の舞台で晴らす…総合力高く坂の上りでも動ける器用さ、実力的にも最上位だ
オークス2017予想参考前日オッズ 1番人気はソウルスターリング
オークス 2017 予想:本命16アドマイヤミヤビ
オークス 2017 出走予定馬:マナローラ、重馬場でバテ差してくるポテンシャルは不気味も…ゆきやなぎ賞はもろにキレ負けで…
オークス 2017 出走予定馬:モズカッチャン、ラストの伸びは確か…外から早めに出し切る意識が欲しい
オークス 2017 出走予定馬:カリビアンゴールド、メンバー中最速の上がり33.1を持つ…この末脚を2400で引き出せるか?
オークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞のラストの切れ味は認めるが…不器用だし使える脚が短い印象
オークス 2017 出走予定馬:ブラックスビーチ、前走は外から最後まで良い脚を維持…ここ2走の上昇は確かで総合的に不気味さあり
オークス 2017 出走予定馬:ヤマカツグレース、前走坂の上りで瞬間的には良い脚も…L1が甘くなる傾向で
オークス2017の予想
オークス 2017 出走予定馬:レッドコルディス、6分の1の抽選を見事突破…その勢いでどこまで
オークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、GI3度目の挑戦…前走反応鈍かったが距離を延ばしてゆったり入れれば
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP