投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【日本ダービー】27歳・松山、スタージョッキーへの分岐点

148

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/05/15(月) 20:14:18.26 ID:ai3ygg5F0
“ネクスト武豊”の出現は競馬界全体が長年待ち望んでいる重要なトピックに違いない。
その課題に一筋の光明を射そうしているのが、アルアインに騎乗した皐月賞でGI初制覇を飾った松山騎手というのは決して大げさではない。

 近年、ダービーの栄誉に輝いたジョッキーのほとんどは経験値の高い30代以上。
20代の制覇は03年のミルコ・デムーロ(24歳、ネオユニヴァース)までさかのぼらなければならない。

 そこに現れたのが27歳の松山騎手だ。09年に36勝をあげ最多勝利新人騎手を獲得した、JRA競馬学校出身のいわゆるプロパー。
スマートな騎乗スタイルも武豊騎手に通じるものがあり、端正な顔立ちも含めて“ザ直系”か。

 実は競馬界のスーパースターも、 ダービージョッキーとなったのは20代ギリギリの29歳(98年、スペシャルウィーク)。 大御所を超える可能性も残されているのだから夢はグッと広がる。

 肝心のパートナー・アルアインにも全幅の信頼を置く。

 「自在性があって、追ってからしっかり伸びてくる。持久力が優れていて、最後の粘りも魅力。折り合いも問題はないし、ダービーに向けて今のところ、注文という注文はない」

 競馬界にとってもスタージョッキー誕生のビッグチャンス。
近い将来、“競馬は松山”になるか否か。大きな分岐点となるダービーといえそうだ。(夕刊フジ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000528-sanspo-horse

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【京都新聞杯】アドマイヤビルゴ4着 藤岡康「もう1段ギアが上がらなかった」
【セントライト記念】ジェネラーレウーノが秋初戦を快勝!重賞2勝目
【秋華賞】サトノワルキューレが疲労回復の遅れで回避
藤田菜七子が夏休み中の小中学生に熱心に騎乗指導「楽しいです」
福永、冠番組を放送へ「ダービージョッキー福永祐一の至福の時間」
【セレクトセール/2017】DMM.comが1億6000万円でリアルスティールの妹を落札
【大阪杯】サトノダイヤモンド 戸崎絶賛「これほどまでとは」
noimage
noimage
【オールカマー】ルージュバック 最内突いて牡馬一蹴!重賞4勝目
リスグラシュー有馬で電撃引退
小倉5R落馬の藤田菜七子、診断は左鎖骨骨折
【日本ダービー】ルメール「ステルヴィオ、ダービー勝つ自信あります」
石橋脩「ドゥラメンテの共同通信杯、前の日は緊張して眠れなかった」
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP