投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、GI3度目の挑戦…前走反応鈍かったが距離を延ばしてゆったり入れれば

2017 5/21(日)
第78回 優駿牝馬(オークス) (GI) 東京芝2400m
予想用・出走予定馬一覧
オークス・優駿牝馬2017の予想用・出走予定馬一覧


 阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞とここまで2つのGIで2度の2着と後一歩で戴冠に届かなかったリスグラシューが3度目の正直を目指して武豊とともにオークスに出走予定だ。桜花賞では厳しい流れで一旦置かれたがラストの坂の上りで巻き返す競馬。課題はあるが素質はGI馬2頭を相手に引けを取らない実力馬。距離延長で出し切って樫の女王の座に君臨となるか。


 個人的にはオークスで狙いたいと思っていた一頭…なんだがここにきてちょっと事情が変わってきた。素材としては間違いないし恐らく馬券的には印は打つと思うが重い印をとなると色々噛み合わせないといけない。まあ武豊とのコンビ自体は合うと思うので、鞍上がそこをフォローして乗ってくれれば。2400という距離自体は大丈夫というかプラスだと思っている。


アルテミスS(GIII) 1着 18頭8枠16番
東京芝1600m良 1:35.5 48.8-46.7 S^2
12.6 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.2 - 11.5 - 11.7 - 11.3

 4走前重賞初制覇を成し遂げた府中のマイル戦アルテミスSから振り返る。ペースバランスは2.1でかなりのスロー、ラップ推移的にも中盤まで12秒台を刻みながらの直線勝負でL1最速というやや変則的なラップ推移になっている。L1地点で抜け出した2頭がこのラップを刻んでいるにせよ、ひとまずレースラップ上は加速ラップで踏んでいるように、ほとんど落としていない。


 16番枠から五分に出て無理せずじわっと促す程度で中団の外。スローで折り合い面での苦労も少しはあったがむしろ押し上げて無理に抑えることはしないで3角。3~4角でも中団馬群の外目でしかけを待ちつつ、4角出口で促しながら直線。序盤で4列目ぐらいからじわっと伸びつつ3列目、そこからL2の地点でしっかりと2列目に並びかけてくるが外からフローレスマジックもじわっと来る。L1で並ぶ間もなく抜け出し、外から襲い掛かるフローレスマジックをきっちり封じ切っての勝利だった。


 L1に入る直前ではまだ前に1馬身差があった状況を11.3で差し切っているわけで自身では恐らく11.1ぐらい。上がり3Fが33.5ということから考えてもL1最速かL2最速としても減速はほぼ無い。具体的に見ればL2の段階でも4馬身半ぐらいの中で1馬身差。11.7地点なので大体11.0~11.1というところ。恐らくL2-1は11.1前後だろう。この辺りを考えても出し切っていないといえる。半面でこのクラスまで来ると瞬間的な切れ味、トップスピードの質は一級品とまでは言えなかった。実際L2の地点ではフローレスマジックの方が良い脚を使ってきていたと。動き出しに関してはこの時点ではギアチェンジ面もある程度は見せていたと思うが瞬時の加速というほどではなかった。ただフローレスマジック相手にきっちりと最後は寄せ付けずに粘っていたというのは評価できる。


チューリップ賞(GIII) 3着 12頭3枠3番
阪神芝外1600m良 1:33.6(+0.4) 46.4-46.8 M
12.4 - 10.7 - 11.1 - 12.2 - 12.2 - 11.4 - 11.3 - 11.9

 JFでは厳しい流れの中で大外からしぶとく脚を使って敵の2着と存在感を見せたが、桜花賞前哨戦のチューリップ賞では思ったほど結果が出せなかった。高速馬場の中で平均には見えるが中弛みが起こっているし、実質的には息が入ってJFよりはゆったりした流れにはなっているとみている。L3の段階で速いラップを踏んでいるしここでのロスはそれなりに響いているとは思うが。


 その中で3番枠からやや出負けしたかなという感じ、そこからじわっと促しつつ中団に入っていく。道中は外に誘導する意識で進めて3角までには後方の外に持ち出し切る。3~4角では外目からじわっと仕掛けて4角出口で中団に取り付いて直線。序盤でしぶとく伸びて2列目まで上がってくるが、L1では意外と伸びあぐねて最後はソウルスターリングに完敗はもちろんミスパンテールにも差し込まれての3着だった。


 アルテミスSではTS持続で底を見せなかったんだけど、このチューリップ賞ではL1で甘くなってしまった。もちろん4角でかなり外を回していたのが響いているとは思うが、それでもミスパンテールも自身の1頭分内という程度。L1で甘くなって差し込まれたというのはちょっと物足りなかったかな。このレースではバランスで比較した時に、勝ち馬ソウルスターリングで見るとJFよりも後傾度合いがきつくなっている。後半要素…つまり末脚の絶対量を純粋に高いレベルで問われたときに甘くなったというのは桜花賞との比較でみてもオークスに向けては微妙な内容であると。


桜花賞(GI) 2着 17頭3枠6番
阪神芝外1600m稍 1:34.6(+0.1) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 この桜花賞は稍重で時計も明確に掛かっていた。ペースバランスを見ても1.5とかなりのハイに肉薄するレベル、ラップ推移もL3最速でL1が12.8と非常に消耗度合いが激しい。チューリップ賞と比較すると明らかに前半要素、ここで言えばパワー型の基礎スピードを問われたと言っていいだろう。後半はポテンシャルを問われているし、これまでの中でも最も厳しい流れになったとみてまず間違いない。


 6番枠から五分には出たかなというぐらい、そこからある程度促されて中団馬群の中で進めていく。終始追走する感じで進め、3~4角でも中団馬群の中で追い出されるが反応鈍いまま直線。序盤で下がってしまってこれは苦しいか?というところから徐々に盛り返してくる。L1では3馬身差ぐらいはあった差をようやく詰めてきて最後は半馬身差ぐらいまで、それでも2着だった。


 最後は脚を使っているし、決定的にばてていたわけではないのは間違いない。なのにL2の減速地点での反応が鈍かったのが気がかり。もちろん強い競馬をしてきているのでそれは評価したいのだが、このレースはL3最速で仕掛けは早かった。L2の段階では明確にラップも落としている中で差をつけられていた感覚だったので、それを考えると機動力が物足りなくなってきているというのはある。それとJF、チューリップ賞、桜花賞の比較で見た時に桜花賞が最もタフな競馬、そして時計が掛かってトップスピード面を問われない競馬になっている。前半の基礎スピードを最も問われたのがこの桜花賞になるので、そこでソウルスターリングに対して逆転という結果を出してきたことをどう考えるか。


2017オークスに向けての展望

 距離延長に関しては少なくとも1800mの未勝利戦で圧勝しているし、その時は厳しい流れから要所で楽に突き抜ける機動力を見せてきていて、正直この時点ではオークスが一番合いそうだと思っていた。ただ、少なくとも前走見せた反応の悪さをどう考えるか。ペースが速くて追走に汲々となって鋭く伸びる余力は持っていなかったが、有酸素運動であるポテンシャル面で急激には落とさずラストの踏ん張りで突っ込んできた形。余力があればもうちょっとスムーズに動けるのかどうか。アルテミスSでは緩い流れから一定レベル動けているし、府中適性という観点で見ても悪くはない感じだった。それだけに前走桜花賞の鈍さをどう考えるかがポイントになる。流れが速くてこの馬には本来は合わなかったとみるのも手。


 それと、桜花賞はともかくとしても、JFとチューリップ賞の比較で見た時に高速馬場でのトップスピード面の度合いが問われたチューリップ賞でソウルスターリングに離されている。個人的にはチューリップ賞の方が緩みや馬場からもオークスに繋がりやすい競馬になったと思っているので、その中でソウルスターリングにいいところなく完敗、ミスパンテールにも差し込まれたというのはあまりいい材料ではない。少なくともこの馬はキレッキレの脚を持っているわけではない。アルテミスSにしても長く維持できたが瞬間最大は10秒台までには入れられていないと思う。ソウルスターリングと比較するとギアチェンジ、瞬間的なトップスピードの質はワンランク物足りない。雨の影響がありそうでほとんどなかった先週の府中の馬場を見てもオークス当日まで雨の影響がなければ恐らく高速馬場だろう。そうなってくると後半でトップスピードの質といったり要所で動けるかどうか、ギアチェンジ面を問われてくる。桜花賞の感じだと危ういのでその辺をどう考えるかだろう。ゆったり入ることでパフォーマンスを上げてくる馬が多いハーツクライの仔なので、前走はタフな馬場での基礎スピード特化に近い競馬ということで目をつぶって2歳時に感じた要素を信じて本命にするか…。相手関係という点ではソウルスターリングはもちろんアドマイヤミヤビは手強いし、個人的にはフローラS勝ち馬モズカッチャンは侮れないと思っている。この辺りとの比較で見た時にどうかでちょっと悩んでいるところかな。印は回すと思うが重い印を打つだけの材料は案外乏しい気がする。2400なら基礎スピード的に楽ができると思うし、ポジションを取ってほしいかな。ソウルスターリングより前を取ってくれれば。後は未勝利時やアルテミスSで見せた動き出しができれば置かれる心配は本来ないはず。色々判断が難しいが、距離延長はプラスになるとみているので、武豊の誘導次第かな。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第78回 オークス(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  オークスを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、桜花賞組から13頭が連対、内8頭が勝利。忘れな草賞からの連対馬2頭は共に勝ち上がっている。フローラS組みからは5頭が連対しているが勝ち馬はおらず全て2着となっている。このように桜花賞組が圧倒的に成績上位でもり別路線組みでは勝ち馬こそ出ていないが2着5回のフローラS組みの活躍が目立つ。

一昨年のルージュバック(桜花賞9着)、13年メイショウマンボ(桜花賞10着)、08年トールポピー(桜花賞8着)など桜花賞で凡走してオークスで巻き返す例もあり、距離延びて能力を発揮するケースもある。桜花賞・フローラS・忘れな草賞の別路線組みで馬券圏に入ったのは14年バウンスシャッセ(皐月賞11着)と07年ラブカーナ(スイートピーS2着)の2頭のみとなっている。

桜花賞で断然人気だったソウルスターリングが3着に敗れたことでオークスは大混戦模様とマスコミは囃し立てるが、競馬セブンが入手している関係者情報では「オークスを勝つのはアノ馬しかいない」と言われている、とある厩舎の激走情報を極秘入手。混戦と言われるであろう今年のオークスだが、「相手も絞って獲れる」と競馬セブン情報班も自信を持っている。さらに、人気にならないであろう穴馬の大駆情報を緊急入手!NHKマイルCでは新聞紙上完全無印13人気リエノテソーロの激走情報を入手し馬連1万7290円を的中!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第78回 オークス(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  オークスを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
pngホースメン会議:オークス300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

オークス 2017 出走予定馬:ディアドラ、滑り込みだが前走距離延長で総合力を高め…この条件は面白い
オークス 2017 出走予定馬:ディーパワンサ、前走は直線入りで少しスムーズさを欠いたが…距離延長で良さが削がれているのが気がかり
日本ダービー 2017 予想用ラップデータ:ここ3年はL2最速が顕著…どんな展開にも対応できる総合力の高い馬を狙いたい
オークス 2017 出走予定馬:ミスパンテール、桜花賞は無残のブービー負け…距離延長に活路を見出し末脚復活なるか
オークス 2017 展開予想動画+出走予定馬の全頭まとめ!
オークス 2017 出走予定馬:ブラックオニキス、札幌2歳S2着も…流石に近走の内容が悪くてここでは難しい
オークス 2017 レース回顧・結果:ソウルスターリング、ルメール3角で外に出してペースを引き上げ、外の馬にロスを作らせる競馬で完勝
オークス 2017 出走予定馬:マナローラ、重馬場でバテ差してくるポテンシャルは不気味も…ゆきやなぎ賞はもろにキレ負けで…
オークス 2017 速報・結果:ソウルスターリング、桜の雪辱を樫の舞台でやってのける…ルメール積極策で堂々完勝!
オークス2017枠順確定 武豊騎手とリスグラシューは7枠14番
オークス 2017 予想:本命16アドマイヤミヤビ
オークス 2017 出走予定馬:レッドコルディス、6分の1の抽選を見事突破…その勢いでどこまで
オークス 2017 出走予定馬:レーヌミノル、桜花賞は消耗度のきつい競馬で逆転しただけに…総合力は高いがTS持続はこのレベルでは明確に甘く
オークス 2017 出走予定馬:モーヴサファイア、前走はトリッキーな流れが嵌った感…頓挫でぶっつけも不安材料…
オークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞のラストの切れ味は認めるが…不器用だし使える脚が短い印象
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP