投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ヴィクトリアマイル 2017 予想:本命02スマートレイアー

東京11R ヴィクトリアマイル(GI) 芝1600m 稍~重、標準馬場想定
展開予想】 
 土曜の府中を見てこらあかんか…と思ったけど、雨の降り方の割に馬場の悪化は限定的にとどまっているようで、京王杯スプリングCも上位は33秒台の脚を使えていた。勿論超スローなのででるには出るにせよ、極悪馬場だとすぐに甘くなるから少なくともズブズブの馬場ではない。ただ京王杯終了後最終レースの時はもっと降っていたので馬場が読みにくいなというのはある。それと、どうしてもこういう時の馬場造園課は土曜開催後にぽんぽんおばさんを最大限に導入して馬場を回復させる傾向がある。思った以上に軽くなることも考えておかないといけないし難しい。いずれにせよ、明日の段階でズブズブの馬場ではないと思っておく方が良い。標準馬場ぐらいを想定、この面子なら33秒前半ぐらいは出ても良いぐらいの馬場にはなると前日では想定しておく。


 展開予想だがひとまずこちらをご覧くださいませ。




 ひとまずはスマートレイアーがじわっと出していって様子を見る形、内枠なのでそれでもある程度ペースを作っていく意識が必要にはなる。これに対して外から行く馬がいるかどうかかな。ジュールポレールやソルヴェイグといったところはある程度スマートを意識して番手~2列目を狙うだろうし、リーサルウェポンはやっぱり陣営のコメント的にもそこそこ前を意識している感じなのでこれが逃げまであるのか、それとも好位で落ち着くのか。そしてドンキ岩田が逃げ馬不在を逆手にとっての逃げもあるのか?というところまでかなと。馬場がどうしても悪化している意識で入るので恐らくそんなに速いペースにはならないだろうとみている。ペースも47-46.5前後とみて平均~ややスローぐらいで落ち着くかなと。また雨の意識もあるので仕掛けもワンテンポ遅れる可能性を考えた方が良いとみて、昨年とは逆の展開、パワー型総合力を問われるとみた。ある程度の基礎スピードとポジショニング、ペースコントロールから要所でしっかりと動けるかを重視。雨の影響もあるのは間違いないのでL1の差し込みも軽快はしたいけど、要所の動き出しの良さを重視したい。


<PR>

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
ヴィクトリアM(GI)・鉄板3点勝負

  ミッキークイーンを脅かす!?
馬券のプロも買う穴馬で30倍を狙う
━━━━━━━━━━━━━━━━━

4/23 東京7R  3万2050円的中
4/23 京都11R 1万2430円的中
4/22 福島11R 2万4790円的中
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中

ヴィクトリアMの3点勝負を見る方法!
pngホースメン:ヴィクトリアマイル300_250

<PR>


予想
◎02スマートレイアー

〇14レッツゴードンキ
[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、2位前後にあります!)
△08クイーンズリング
△11ミッキークイーン
×04ソルヴェイグ10デンコウアンジュ
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎スマートレイアー


 この馬に関してはなかなかこれまでの考察からもベストの条件というのが掴めなかった馬ではあるんだが、理想は1800~2000ぐらいの距離でポジションを取って総合力を、というのが今のこの馬のベストではあると思っている。そして馬場も少し時計が掛かった方が良い。もちろん前走の京都記念はトップスピード戦ではなかったので当てにはしづらいが、ポテンシャル戦でサトノクラウンとの勝負であれだけ頑張れたのはかなり意外だった。香港CでもL4-3区間が最速、3~4角地点に当たるわけでここで外々を回すロスがあっても大きく崩れず踏ん張ってクイーンズリングとは対照的な踏ん張りを見せてきた。距離に関しては少なくとも2000までは問題なく高いパフォーマンスを見せてきたといえる。そのうえで、昨年のヴィクトリアマイルは高く評価している。45.7-45.8と平均ペースで流れてというのはともかく、重要なのは仕掛けどころでカフェブリリアントが掛かってしまって3~4角で動いたことで11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6とL4の段階で11.5とある程度上がっていたしロンスパに近い競馬になっている。ここで先行してL2までは踏ん張っていたというのも驚き。マイルの基礎スピード戦でここまで流れに乗ってやれたのも意外だったし、負けはしたが基礎スピード面の限界を上げてきていること、高速馬場で仕掛けが早い中で噛み合ったミッキークイーン辺りとはそう差はなかった。あのレースはハイレベルだと思っているし、出し切れる展開のマジックタイムを撃破できているわけでこの一戦は評価が必要。先行できるようになってから違う馬になっているとみるべきかな。今回は逃げと目されているが個人的には別に逃げに拘る必要はないとみている。馬群の中で包まれても対応していたし、2列目あたりで進められれば、最悪3列目のポケットまでなら対応してくると思う。トップスピードの質もある程度高いが府中牝馬Sを見てもわかるように究極的な切れ味はクイーンズリングの方が一枚上。TS持続力では昨年の阪神牝馬Sで正攻法のL3最速戦でミッキークイーンを相手に粘り切った。仕掛けを待ちやすい、L2の坂の上りでギアチェンジが問われやすい府中のマイルなら出し切った方が良いタイプの馬との比較で逆転可能。昨年のヴィクトリアマイルは恵まれなかった中で強い競馬、雨の影響で序盤はもう少しゆったり入れそうなのと、昨年ほど出し切りやすい展開にはならないだろうとみてこの馬を本命にした。仮にある程度流れても昨年並みに頑張ってくれれば圏内は狙えるはず。馬場適性もレースの主導権を握りやすいという点でもここから入りたいし、後は出遅れなければかな。

 
〇レッツゴードンキ

 
 この馬も評価が常に難しいというか、定めるのが難しかったが最近重要なのは馬場状態であるというのと、自身で余裕をもって入れるかどうか。この2つが大きいなと感じた。例えば2走前の京都牝馬Sではド掛かりしたんだが、35.8-34.7と1.1のかなりのスローからの11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.5とL2最速の中で中団外からスッと伸びてL1で突き抜けてとトップスピードの質、持続力を馬場の重い中で見せてきた。前走の高松宮記念も然りで33.8-34.9と1.1のかなりのハイペースでも自身は後方で進めて35.0-33.9と明らかな後傾バランスで末脚を鋭く引き出しレッドファルクスを差し込んできた。パワー型なのは間違いないし、崩れたレースが昨年のヴィクトリアマイル、阪急杯。超高速馬場で掛かるぐらいの基礎スピードをと思って追走させたらそこで脚がなくなってしまったという感じで、超高速馬場は合わない感じだし、前半でスピードに乗って甘くなる傾向も出た。今回は恐らく後ろからとは思っているんだが、昨年のヴィクトリアマイルの場合は45.7-45.8と超高速馬場で全体で流れたうえに11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6とコーナーでも11.5と速いラップを踏んでいて各馬がこの時点で勢いに乗せやすい状況、素材型の競馬になってしまった。道悪でペースが上がり切らず、仕掛けどころも遅くなってという中でパワーが問われる馬場の中でトップスピードの質を引き出してくれば強烈というのはここ2走で示せている。ターコイズSの様にある程度タフな馬場で46.4-47.2とややハイで流れても後方で我慢して直線で鋭く。多少流れても自身で無理をしなければ一足は鋭く引き出してくる。この条件なら逆転してくるとみて。後はとにかく逃げるにせよ後ろから行くにせよ折り合いで暴走しない程度に。 


[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、2位前後にあります!)

 悩んだけどこの枠で狙うことにした。不安はあって追い切り面がしっくりこなかった。前走からは十分な感覚があるのだが1週前と直前の一本ずつというのは他の馬と比べても明らかに中間の過程が物足りない。それをどう考えるのかが非常に難しい…のだがパターンだけ見ればヴィクトリアマイルで積極的に狙いたい条件が揃った。まず道悪自体は前走でクリア。47.5-46.8と平均の範囲内でそこそこは流れたしその中で11.9 - 11.8 - 11.2 - 11.8 - 12.0とL3最速とTS持続戦となってしまった。それを好位の外から最速地点の4角で少し外を回しつつ直線序盤で2列目を楽に抜け出す脚を披露していた。L1は甘くなったが勝ち馬はTS持続タイプとしては強敵、2着とは僅差のところまで踏ん張っていたし内容は評価できる。もともとこの馬の武器はギアチェンジ面にあり、3走前の京都1800m戦で12.7 - 12.2 - 11.8 - 11.2 - 11.2のラップ推移を2列目ポケットからスッと反応して直線で抜け出してきた。基礎スピード面が不安で、46秒前後の入り方になると不安もあるが今回なら各馬馬場も読みにくいだろうと思うしそこまでペースも上がってこないだろうと。状態面以外の不安はほぼ無くなったと思うので、後は信じてかな。


△クイーンズリング


 まあ不安はあるに決まっているんだが、トップスピード戦、ギアチェンジ面に関して非凡なのは間違いないし、要所でしっかりと動けるのは魅力。府中牝馬Sでは48.5-46.0と2.5のかなりのスローから12.1 - 12.1 - 11.4 - 11.1 - 11.4と3Fのトップスピード戦で2列目外から直線鋭く伸びてきたし後ろにいたスマートレイアーを全く問題としない完勝だった。ただもちろんだがエリ女も含めて超スローに近いレベル。緩い流れから反応してギアチェンジで動き、質的に優位に立ってスパッと切れる。そういう馬なのでもちろんだがマイルで流れた時の不安はある。昨年のヴィクトリアマイルが45.7-45.8と流れたうえに仕掛けも早めの流れになったのでいいところなく崩れている。また前走の阪神牝馬Sは重馬場に平均ペース、L3最速に落鉄と色々不安材料はあったにせよ崩れすぎ。出していって失速したことを考えるとしっかりとポジションを取れるかどうか?意識的に不安が出てくる。個人的には勝ち負けを考えるなら今の馬場なら怖がらず前を取った方が良いと思うが、逃げ馬が難しい中でとりあえずスマートレイアーを意識した乗り方になると思うし恐らくその後ろを狙って進めても3列目ぐらいだろうと思う。瞬間的な脚は凄いが府中牝馬Sは馬場にペース、ポジションまですべて噛み合った、エリ女はトップスピード戦としてはやや低調なメンバー構成でもあった。要所の反応ではミッキークイーンを上回るが、同じような位置からミッキーも仕掛けの意識を高めてくる、前に強烈な総合力タイプがいるとなると勝ち切るまでは難しいかなと判断した。連下で押さえたい。


△ミッキークイーン


 土曜の馬場次第だけど京王杯SCのレースの内容を見て、やっぱりそこまで劇的に悪化はしていないし逆に騎手の意識的にレース全体はペースをゆったり目、仕掛けを待ちたくなる意識が働きそう、馬場の回復も追いつきそうな感じがするので、器用さのないこの馬を頭からは買わないと。ある意味首尾一貫した評価で落ち着いた。この馬の良いところはトップスピードに乗ってから減速を最小限にとどめてくる、TS持続特化型。加えて昨年のヴィクトリアマイルで見せた45.7-45.8と超高速馬場での平均ペースに対応してきたように基礎スピードも高めてきた。素材はここでは一番なのは間違いないと思う。ただ昨年のエリザベス女王杯でも縦の関係で同じようなポジションにいたクイーンズリングに対して最速地点のL2で明らかに反応負けをしているように動き出しは鈍い。昨年のヴィクトリアマイルで結果を出せたのは基礎スピード面を上げてきたこともあるが、それよりも11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6とレース全体の仕掛けがカフェブリリアントの捲りで早かったことが大きいと思う。誰かが動いてくれればというのはあるが、今回は馬場悪化の意識もあるだろうし紛れる可能性は高くなりそう。この馬を頭からの信頼というのは少し危険な感じはやっぱりするかな。昨年のヴィクトリアマイルの比較であの流れと仕掛けどころでスマートレイアーに0.2差、馬場が渋ってゆったり入られてスローバランスの適性が高いスマートとの比較だと上位はあちらに、という感覚かな。昨年ぐらい流れるかスローでも仕掛けが早くなればというところはあるけどね。仕掛けが遅れると2,3着から捌きまで遅れれば圏外まであると思うし、その中で出し切った時のパフォーマンスは一番だとみているので連下が妥当かなと。


×ソルヴェイグ


 3着ヒモ枠には穴馬を2頭選んだ。一頭はソルヴェイグ。まあハッキリ言ってここ2走が物足らんのは間違いない。ただ、基本的にこの馬の場合はペースを引き上げることで仕掛けを待って一足で出し抜く競馬で結果を出してきた。それは函館スプリントSでも見せてきている。また内内で我慢することでスプリンターズSでも最後はしぶとく伸びて3着を確保。基本的には立ち回りの上手さ、総合力で勝負している。そのうえでフィリーズレビューでは平均ペースから11.6 - 12.2 - 11.7 - 11.5 - 11.7とL2最速で明確に緩んでからの再加速という競馬でしっかりと対応して抜け出している。桜花賞は大敗を喫したがこれは4角出口以降は終始内内で詰まってしまって下がったのが大きいし度外視で良い。距離に関しては良くも悪くも未知数で、フィリーズレビューやこれまでの1200m戦で評価するしかないが、適性から判断すればマイルはこなせる可能性は十分にある。距離延長で流れに乗っての一足は警戒しておきたい。加速性能は高い馬だし、1200路線ではドンキと互角にやれていた馬だからね。ここ2走が足りないのでこれ以上の評価は難しいが昨年夏~秋だけやれれば怖さはある。 


×デンコウアンジュ


 もう一頭の大穴。可能性として重馬場でペースはともかく仕掛けが甘くなること、特に3~4角で息が入る形になればこの馬を警戒しておく必要がある。アルテミスSが極端な中弛みで外から取り付いての2F戦でメジャーエンブレムを喰ったように、基礎スピードに不安はあるが後半のトップスピードの質、持続力はそこそこ勝負になる。そして同じようにローズSが悪くなくて、重馬場の阪神1800で47.4-46.8と平均ペースの範囲内だが12.0 - 12.5 - 12.2 - 11.7 - 10.9 - 12.0と中弛みがあってL2最速が10.9と顕著だった。重馬場だが早いラップは出る、というような特殊な中で中団外から進めて直線序盤でシンハライトに外から前に出られたのでスムーズさを少し欠いたがそれでもL1までジリジリと脚を使っていたしアットザシーサイドには楽に先着している。前半を無理せず入るのがポイントになるし、加えて言えば中弛みの展開で外からというのが理想。 ミッキーに外に出させずに上手く蓋をしながら押し上げるまで行くとさらに面白いが、今回の馬場状態で紛れがあった時に噛み合うとすればこの馬かな。前走の福島牝馬Sはかなり厳しい中での捲りである程度度外視できる。阪神牝馬Sでは淀みない中でL3最速を外からでとなると難しい。トップスピードの質を上手く引き出しつつ、できれば中弛みを上手く使いたい。嵌れば3着ぐらいまでなら。


消ルージュバック


 悩んだけど不安が2つある。まず一つは状態面で、正直追い切りはいつもの良さを感じられず、促されてようやくという感じだしラップ推移的に見ても目立たなかった。2つ目は枠順の並びと戸崎。この馬で戸崎が結果を出せないのは多分最後までロスなく進めようとして進路確保が後手になるからだろうと思っている。正攻法で進めている毎日王冠なんかはアンビシャスを目標にしたのもあるが12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6とL3最速でレース全体の仕掛けが早かったことでしっかりと出し切れた。昨年のヴィクトリアマイルなんかは45.7-45.8と流れていた中で戦えたのは良い材料だが、11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6と好位で進めながら仕掛けが早い展開でも動き出しが甘くなってL1でようやくいい脚で伸びてきた形。スローだとそこまで感じなかったけど、マイルである程度流れた時に要所の反応の鈍さが想像以上だった。そういうタイプなので出来れば外枠で嫌でも早い段階で進路を取っていく意識が必要になるぐらいが良かった。今回は中目の枠だし恐らくクイーンズリングがいるのでその後ろぐらいでしかけを待って内内でとなると思うが、要所で内からスッと動くというイメージはない馬なので今回は消した。毎日王冠の感じからもスローで下げて早い段階でミッキークイーンを目標にしてミッキーが早めに動けばその外から差せる唯一の馬かなとは思っているんだけどね。エンジンの掛かりが鈍い馬でとなると個人的には難しいかな。馬場は良いと思うんだけど。 


PR【ヴィクトリア・オークス・ダービー!オッズで読めない穴馬がこのサイトならわかってしまう事実!】

馬券購入残り時間わずか。人気上がってるし、もしかしたらあの馬も馬券に絡むかもしれない。
でもあの馬も馬券に入れたら購入金額がかなり膨らんでしまう。回収しきれないかも。
やばい、どうしよう、わからない。

そんな不安にかられたことありませんか?
僕は毎回そんな不安にかられて、結局買えなくてその馬が来てしまった。
なんて経験をたくさんしました。

でも今はそんな心配がなく「馬券代を少なく、そして的中率は上昇」
きっちり回収できています。

4月にこのおっちゃんに出会ってから、僕の競馬人生は激的に変わりました。
クリックするとおっちゃんの凄さがわかります。↓

※府中競馬正門前駅※北条直人※東京競馬場に行った時は見てみてねw※

その実績は、

04月02日(日) 大阪杯(G1) 
→7番人気ステファノス 2着
無料予想で穴馬的中!

04月08日(土) ニュージーランドT(G2) 
→12番人気ジョーストリクトリ 1着
月額1,980円の全レース予想で穴馬的中!

04月09日(日) 桜花賞(G1) 
→8番人気レーヌミノル 1着
無料予想で穴馬的中!

04月16日(日) 皐月賞(G1)
→4番人気ペルシアンナイト 2着
無料予想で穴馬的中!

04月23日(日) フローラS(G2)
→10番人気ヤマカツグレース 2着
月額1,980円の全レース予想で穴馬的中!

04月30日(日) 天皇賞春(G1)
→4番人気シュヴァルグラン 2着
無料予想で穴馬的中!

今や僕の予想は、「オッズに惑わされずに穴馬的中」「しかも1分で穴馬判別可能」
そして・・・「とにかく的中率が格段にUP!!」


もう一生離さない。競馬予想の相棒 【うまコラボ】
皆さんの記憶にも新しい今年の皐月賞ではファンディーナがダントツの1番人気でした。
が結果は7着。誰しもが期待とオッズに騙されました。
しかし、うまコラボはどうだったと思います?ファンディーナは走れないと結果をだし、9着で予想をしていました。
馬券外確定!と言った予想で見事当ててくれました。

今週のヴィクトリアマイルでは、ミッキークイーンに人気集中してますが、走れるんですか?馬券に絡めますか?馬券に絡むという根拠はありますか?
オークスでは、桜花賞組レーヌミノル、リスグラシュー、ソウルスターリング?逆に馬券に絡まない確率が一番高い馬はどれ?
日本ダービーでは、アルアイン、ペルシアンナイト、サトノアーサー、今年は力が均衡している。でもこの出走予定馬だったら相性が良く最も走れるのはあの馬では?

【うまコラボの的中精度】過去2年分の累計
三連単37.2% 馬単58.3% ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%
※競馬市場の三連単平均的中率は10%です※

使い方は超簡単。サイトを開くだけで、レース前日に全レースの予想を公開しています。
※3会場x12レースx2日=72レース 全レース予想公開
(無料で使うならその週の注目重賞「今週はヴィクトリアマイル+数レース分予想公開」
月額1,980円(30日間利用可能)なら1週間72レースx4週間=「288レース分予想公開+少点数で勝てる厳選レースの買い目公開」)
※JRAオッズ無視だから穴馬が一瞬でわかる。人気のない強い馬・勝てる馬がわかる。
※予想が公開されているので、予想は1分で可能

実際に触れて触って当てちゃって!
たっか数秒で完了する無料登録をすることで、今日から皆さんの的中率は、間違いなく数倍になります。
↓↓
予想公開画像と無料登録は コチラから。
※わからない事があったらフリーダイヤルで星川さん(女性)が出来る限り対応してくれます。
あんまりいじめないでね(笑)

【実際に公開された三連単40万馬券的中のニュージーランドT】




投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:クリノラホール、前目から反応して脚を使える魅力…マイルでの基礎スピード面の課題を克服できるか
ヴィクトリアマイル2017予想参考前日オッズ 1番人気はミッキークイーン
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、ここは主導権を取れそうなメンツ…昨年も強い4着でそろそろGIタイトルを
ヴィクトリアマイル 2017 敗因分析・結果:ミッキークイーンはスローで緩い流れから一気のギアチェンジに反応できず…
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:フロンテアクイーン、総合力は秘めるもゲートが甘く…一足は鋭いが使いどころが難しい馬
ヴィクトリアマイル 2017 予想用ラップデータ:平均ペースから直線坂の上りで最速、というケースが多くマイルでの総合力を重視したい
ヴィクトリアマイル2017の出走予定馬と血統データ
ヴィクトリアマイル 2017 レース回顧・結果:アドマイヤリード、結果的にスローの切れ味勝負で本領発揮、ルメール渾身の神騎乗!
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:リーサルウェポン、超高速馬場ではキレ負け必至…土曜の雨での悪化と積極策で活路を見出したい
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:アットザシーサイド、マイルだとワンパンチ足りないが、桜花賞で見せた切れ味をどこまで引き出せるか
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:オートクレール、超高速馬場適性不気味も少し嵌った面もあり、強敵相手にどうか
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、重賞勝ちの舞台もマイルは少し短い…中弛みの展開で警戒必要も
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ルージュバック、昨年のこのレースではラストに良い伸び…エンジンの掛かりが遅く出し切れるか
ヴィクトリアマイル2017枠順確定 ミッキークイーンは6枠11番
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、昨年2着もコーナーでの動きに助けられた面アリ…要所で鈍く勝ち切れるかが焦点
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP