投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京王杯スプリングカップ 2017 予想:本命10レッドファルクス

東京11R 京王杯スプリングカップ(GII) 東京芝1400m 稍~重、やや高速馬場想定
展開予想】 
 土曜は雨が降りそうでこれがどの程度かによって変わってきそう。ある程度まとまって降りそうなので恐らく稍重~重ぐらいまではいくかなと。先週が超高速馬場でもあったし、基本Bコース替わりでは高速化することが多いイメージ。ちょっとやそっとで馬場が悪化するとは思わないので、一応標準まで視野に入れるがやや高速馬場までの悪化でとどめておく。


 展開予想だがひとまずクラレント、内からはキャンベルジュニアがある程度出してきて先行策というところかな。ブラヴィッシモも先行力があるのでこれも2列目あたりを意識しつつ、外からはダッシングブレイズが内田博幸で積極的な先行策まで。ダンツプリウス辺りもある程度前を意識してくるかも。ペース自体は雨の影響で前もコントロールしてきそうだし、岩田のペースメイクだとそんなに上げてこないかな。雨が降ってどの程度か?というところだがこの面子ならスローでも1:21.0ぐらい。35-12-34ぐらいとみておく。

====================================================

PR【今回の決め手は1600m。一攫千金を狙えるヴィクトリアマイル】

NHKマイル、ヴィクトリア、同条件の東京1,600m。

NHKマイルで13番人気を本指名した競馬サイト
http://k-million.jp/?afl=nik170405

====================================================


予想
◎10レッドファルクス

〇04サトノアラジン
[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、2位前後にあります!)
△02ロサギガンティア
△09グランシルク
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎レッドファルクス


 雨の影響を考えるとこちらを上位に取ったという感じかな。この馬の場合は前走の高松宮記念でも少し追走して脚を使ったがそれでも最後までしぶとく脚を使えていた。稍重だが明確に時計が掛かっていたし、その中で33.8-34.9のかなりのハイを好位内々で追走、12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2というラップ推移で内からしぶとく伸びての3着。レッツゴードンキには差し込まれたが34.4-34.6と自身である程度ペースを引き上げたことで少し甘くなった感覚。それでも踏ん張ったし馬場適性に不安はないなと。この馬の良いところはCBC賞で見せたトップスピードの持続力の異常さ。超高速中京1200で33.8-33.4と平均ペース、12.2 - 10.7 - 10.9 - 10.9 - 10.8 - 11.7と10秒台をコーナーで刻み続ける中で終始3~4頭外を回しながらもL1でグンと伸びて差し切っている。あれだけロスがあっての上がり32.7というのは素晴らしいの一言。こういう競馬からも恐らくTS持続戦がベストで、後半型なら距離自体は対応してくる可能性は高いし、もしかしたら1400がベストの可能性もある。マイルまではこなせるとみているので、馬場適性、距離適性やTS持続力の非凡さ、またスプリント路線のレベルで考えてもこの条件、成長度からこの馬を本命にしたい。ミルコだし早めの動き出しを意識してくれそうなのも良い材料かな。


〇サトノアラジン


 雨の程度に依るけど、少し程度なら雨が少し残っていたスワンSからも大丈夫。34.4-34.5と平均ペースから11.5 - 11.8 - 11.3 - 11.4 - 11.8とL3最速戦で後方外からしっかりと追走して直線しっかりと突き抜ける完勝。トップスピードの質持続力ともに高いレベルにあるが、基本的には高速馬場の中で最大限に切れ味を発揮してくるタイプ。昨年の京王杯SCを勝った時も34.6-33.5と超高速馬場で1.1とかなりのスローからの11.1 - 11.5 - 10.9 - 11.2 - 11.4とL3最速でトップスピードの質も要求されつつ、もちろんL1まで伸び続けるTS持続を要求されて外差し、L2の坂の上りでスパッと切れた。府中適性は間違いないし、多少渋っても信頼度はそう落ちないだろうと。ベストは1400mの超高速馬場だとは思うので、雨は厄介だけど悪化しきらなければ。


[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、2位前後にあります!)

 この馬はトップスピードの質的には見劣るんだけどエンジンが掛かればラストは必ずしぶとく伸びてくるタイプ。そして道悪適性が高いと言いうのは大きい。4走前が超高速府中の1400m戦で34.6-33.5のかなりのスローからの11.1 - 11.5 - 10.9 - 11.2 - 11.4とL3最速戦で中団外から要所で少し置かれてL1でジリジリと差し込んできた。ただこのレベルまで来るとトップスピードの質的に足りなかった。これが雨によってある程度ほかの切れ味が削がれれば、こちらは得意としている分だけ押し上げられる。それと、今回は鞍上も積極的に前を狙ってくれそうな騎手。外枠から先行策を取ってくると面白いかも。前走はドスローの上がり勝負でこれでは辛い、先週の馬場なら辛いが雨の影響で前半無理なくいい位置を取れそうならこの条件で見直したい。


△ロサギガンティア


 オーロCのパターンがハマれば手ごわい。雨の影響でペースが落ち着き35.5-34.3とかなりのスローからの11.6 - 11.9 - 11.4 - 11.2 - 11.7とL2最速戦で好位内内から直線でスッと反応して出し抜く鋭さを見せてきた。基本的にはいい脚を使えるが短いタイプで、昨年の京王杯SCでも34.6-33.5とかなりのスローでも11.1 - 11.5 - 10.9 - 11.2 - 11.4とL3最速でここで10秒台の脚を要求されて使ってしまったのでL1でTS持続タイプに差し込まれた形。仕掛けを待てる形になれば面白いし道悪はプラスに働く可能性が高い一頭。ただこの馬場で読みにくい中で本当は本命まで視野に入れたい馬なんだけど、ここ2走はちょっと物足りないというのもあるので信頼は置きづらかったかな。適性的に見て条件は1,2を争うぐらいと思うが押さえまで。
 

△グランシルク


 適性的には噛み合うと思うし、この馬も昨年のサトノアラジンではないがマイルでは良い脚を使うけどトップレベルまで来るとL1の甘さを露呈させている感じ。前走のダービー卿は個人的にはスローのトップスピード戦でレベルに恵まれたのでL1で食い込んできた感じだが、ニューイヤーSなんかを見ても46.8-46.7と平均からの11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 12.0と一足という中で中団内内からの競馬になったが反応もL1の伸びも決定的とは言えなかった。ただ過去の実績を見ても奥多摩Sなんかはこの馬の中では相当切れたしL1まで突き抜けきった。この辺からも適性的には1400が合っている感覚で、もしかしたら1200でも良いかもしれないぐらい。後傾型で良さが出てきていたので道悪よりは高速馬場の方が良いと思うしその辺りの加減が難しいけど、この条件なら積極的に狙いたい。
 


PR【今回の決め手は1600m。一攫千金を狙えるヴィクトリアマイル】

今週は何と言っても、ヴィクトリアマイルG1。

今年は一昨年の様な配当がついてくれるでしょうか。
そう、2,000万馬券

尋常じゃない高額配当を手に入れた人は、車でも買ったんですかね。
今後の人生ウハウハです!

これでこそ競馬!夢がある!
さぁ今年はどうなるか。


ミッキークイーンがダントツ人気となりそうな気配ですが、
1番人気が馬券に絡まないこの競馬シーズン。

ディープかキンカメか、まさかステイゴールド!?
血統から考えればいいのか、過去実績から考えればいいのか。勝てる確証はありません。

そこで参考にしたいのが、先週のG1、NHKマイルカップ。
今週のヴィクトリアマイルと同じく東京競馬場開催の1,600m。


スピードが注目視されると思われます。
NHKマイルカップは13番人気の穴馬リエノテソーロが2着と好走し、
3連単は29万馬券となりましたね。

NHKマイル、ヴィクトリア、同条件の東京1,600m。

「走れる穴馬はどれだ!?」

さぁ見つけましょう。ヴィクトリアマイル予想、鉄板のおススメ競馬サイト
→  「競馬総本舗ミリオン」




結果で証明する。 →  「競馬総本舗ミリオン」

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

競馬ひと言(レジまぐ:2018年1月の結果(発行予想記事別)と2月販売価格変更のお知らせ)
カペラステークスの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
菊花賞の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
noimage
目黒記念の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
2018秋華賞予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
関屋記念 2017 予想:本命10ダノンリバティ
noimage
フェブラリーSの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
今週の重賞データ分析まとめ(菊花賞,富士S)
2018東スポ杯2歳S予想【※レジまぐ予想記事有料配信】
中山牝馬Sの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP