投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、阪急杯は少しフロック視…昨年完敗の舞台で坂の上りで動き出しの甘さも懸念

2017 5/13(土)
第62回 京王杯スプリングカップ(GII) 東京芝1400m
予想用・出走予定馬一覧
京王杯スプリングカップ2017の予想用・出走予定馬一覧


 強烈な末脚を武器にダート路線から芝に転向、阪急杯で2着と結果を出してきたヒルノデイバローも京王杯スプリングカップに出走予定だ。阪急杯ではシュウジやロサギガンティアといった強敵を撃破もトーキングドラムを捕えきれず。前走の大阪ハンブルクカップでは期待されながらも好位で競馬し末脚不発。この馬の競馬に徹してズドンと来るか?


 この馬は評価が難しい馬なんだけど、敢えて言うならレッドファルクスに近いとは思っている。ただ、レッドに比べるとそこまで高いレベルのTS持続力ないし、スローで差し切れるほど鋭さもない。個人的には阪急杯は色々と嵌ったことが大きいとは思っているので、阪神1400ならブラヴィッシモの方が実力的には上かなと。ただ軽い馬場でも戦える馬なので、その点でトップスピード持続力を出し切れれば…だが、昨年の甘さ、宮記念の伸び切れなさから左回りもだが坂の上りの加速適性に疑問がある。ここはサトノ、レッドと強敵が手ごわいからその辺りの見極めかな。


阪急杯(GIII) 2着 12頭4枠4番
阪神芝内1400m良 1:21.4(+アタマ) 33.8-35.9 H^3
12.1 - 10.7 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2

 まずは3走前の阪急杯を振り返る。ここがはまったというのはこの馬の適性的に噛み合ったというよりは、この2.1の超ハイペースで有力馬が結構崩れたことが大きいのと、ハイペース適性が高かったブラヴィッシモが詰まった、というのが噛み合ったというところ。完全な消耗戦でパワー型基礎スピードが要求された一戦だ。


 4番枠からやや出負けしたかなという程度。そこから無理せずに後方でというのはこの馬のスタンス。道中は一応中団馬群の後ろぐらいには取り付いて3角。3~4角でも馬群の中で我慢、シュウジの後ろを取りながら楽な手ごたえで直線に入ってくる。ただ序盤でシュウジの手ごたえが悪いので狭い外への進路を確保し、そこから一気に2列目を切り裂く。ただ出し抜いていたトーキングドラム相手にL1で差し切れずの2着惜敗だった。


 このレースレベルが微妙に難しいのだが、ひとまず2強の2頭ともここまでのハイペースはまず合わなかったし、特にシュウジに関してはいいスタートを切ったことでこの流れに入らざるを得なかった感じ。厳しい消耗戦でライバルが沈んだこと、また唯一ハイペースに対応できる実力馬ブラヴィッシモが直線で進路が無かったことが大きいと思う。


大阪ハンブルクC(OP) 6着 12頭5枠6番
阪神芝内1400m稍 1:22.9(+0.5) 35.5-35.2 M
12.3 - 11.3 - 11.9 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 12.1

 実際に前走の大阪ハンブルクCではブラヴィッシモに楽に先着されてしまっている。ペースバランスは平均、L3最速で出し切りやすい競馬と特に展開的にはこの馬にとって不具合はなかった。まあ前半いつもより前を取ったと言っても、完敗には違いない。


 6番枠からやや出負けという程度、そこからノリが促して好位を確保するという流れ。3~4角でも好位の内目で我慢しながら3列目ぐらい直線。序盤で少し進路確保に苦労するが前のスペースは確保できている状況。ただ進路が空いてからも伸びあぐねての6着完敗だった。


 まあ直線序盤で進路確保できずにスムーズさを欠いて置かれたのは痛かったが、置かれた分前のスペースはできていたのでそこで伸びる気配がなかったのは減速ラップでは物足りない、というところ。エポワスやブラヴィッシモは個人的には評価している2頭で、この2頭が相手だと正攻法では苦しいかなと思っていたんだが、多少不利があったにせよやっぱりその感覚を覆すほどではなかった。阪急杯は少なくともブラヴィッシモが詰まったことは確実に大きな要素だったかなと。


シルクロードS(GIII) 4着 13頭4枠4番
京都芝内1200m良 1:08.1(+0.3) 33.9-33.9 M
11.9 - 10.9 - 11.1 - 11.3 - 11.1 - 11.5

 ただこの馬の良いところはもう一つあって、TS持続力が高いという武器もある。ブラヴィッシモ比較でみてきたが、その観点からみればやはりこのシルクロードSはこの馬の良さが出ていると。やや高速化していたかなというぐらい、平均ペースでL2最速11.1と京都にしてはコーナーの地点で上がり切っていなかった。総合力を問われた一戦と言える。


 4番枠からやや出負けして後方からの競馬。道中団子状態に近い中で最後方から進めていく。3~4角では最後方の外々から大外をぶん回す形で一列上げて直線。序盤の最速地点での伸びはまだジリジリだが、L1でしぶとく食い込んで最後は3着争い際どいところまで来ての4着だった。


 この馬の場合最速地点でのキレはそこまでスパッと、というほどではない。このレースだけでなく、実際ダンスディレクターにはこちらは勢いをつけて入ってきたのにダンスが外に出してから半馬身差ぐらい差を詰めていたはずがL1の手前までで1馬身差まで広げられている。瞬間的な加速とトップスピードの質という観点ではダンスに見劣った。もちろん京都内回り1200の場合、外々を回すロスを考える必要はあるが、今回はコーナー地点で上がり切ってなかったので少なくともL2の地点ではまだ余力はあったと思うし前を向いた分は速度的に優位に立ちやすいと思うがそこでダンスの切れ味には見劣ったと思う。ただ、ロスがありながらL1まで差し込んできていたしここは高く評価したい。TS持続力は結構いいものを持っていると思うし、こういう高速馬場での後半勝負であればブラヴィッシモよりも適性的に上であるとみていいと。


2017京王杯スプリングカップに向けての展望

 昨年のこのレースではスローからのTS持続戦で良さが出ていないので府中の上り坂加速への適性面で不安が一つ、また超高速馬場になってしまうとトップスピードの質をかなり高いレベルで問われてくる。この辺りも不安の一つ。TS持続自体は高いレベルにあるはずだけど、あまりに軽いと昨年のケースもある。シルクロードSでもトップスピードの質的にダンスディレクターに一段見劣った。この分だとサトノアラジン相手にキレで優位に立つのはまず難しいし、レッドファルクスが距離不安があるとしてもそれでもTS持続、超高速馬場適性はレッドの方が高いレベルにあると思う。この2頭に対して優位性が無い差し馬なので、やはりあまり強くは狙えない。昨年の京王杯スプリングカップは内で立ち回って甘くなってしまっているし、これまでの2度の宮記念の内容的にも坂での加速が得意ではなさそうな感じはある。加速が問われない競馬、単調な阪急杯や或いはシルクロードSのように外から下り坂で押し上げて加速する競馬で結果が出ていて、実際加速戦となった大阪ハンブルクCでは進路を取れなかったにせよ動きの甘さは見て取れた。個人的には意外と噛み合いそうで噛み合わない条件なのかなと。後傾バランスで結果が出たが、この辺りを考えると現時点では能力的にも微妙で適性的にも積極的には狙いたくない一頭になるかな。


<PR>
わずか1レース1分の予想だけで・・・

この結果、

■───────────■
04月23日(日)
京都10R 桃山ステークス
馬単20点 9,590円 的中

04月22日(土)
京都4R  3歳未勝利
3連単60点 328,190円 的中

■───────────■

重賞だってこのとおり、

■───────────■
04月09日(日)
阪神11R 桜花賞(G1)
馬単30点 45,330円  的中

04月08日(土)
中山11R
ニュージーランドT(G2)
3連単60点 496,220円 的中

■───────────■

なぜ?わずか1分の予想で、
こんなにも的中を出せるのか?

その秘訣は・・・

  ≪指数を使う事です≫

といっても、その辺に転がってる
ゴミのような指数では、

全くもって意味はありませんよ。

“業界初”の“的中だけに特化した”
指数だからこそ、簡単に的中を築けるのです。


↓最近ウワサの指数はこちら↓
 http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

 ~~~~~~~~~~~~~
   競馬歴わずか五ヶ月で
 月間収支プラス42万円達成
 ~~~~~~~~~~~~~

ある方は競馬素人にも関わらず、
この指数を使っていきなり42万円の
プラス収支を出す事ができました。

マジです・・・

でも、この収支は当然と言えば当然。

なぜなら、この指数を使えば

 ↓   ↓   ↓

■───────────■
  3連単 37.2%
  馬単  58.3%
  ワイド 81.9%
  複勝  93.2%
  単勝  83.3%
■───────────■

これだけの的中を出す事ができるんですから。

でも、言葉で伝えても信じる事はできないですよね。


指数は無料で公開していますので、
一度見てみてください。


そして、指数で的中を出してみてください。


『この指数なら勝てる!稼げる!』


そう確信する事でしょう。
↓↓↓
http://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

シンザン記念2018 出走予定馬:ツヅミモン、前走4角の手ごたえ程には突き抜けず…センスは評価も強敵相手にいきなり?
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
フェアリーステークス2018 出走予定馬:トロワゼトワル、前走折り合いに苦労も4着…速い脚を持っているわけではないが総合力は高く
アルテミスステークス 2017 出走予定馬:トーセンブレス、前走坂の上りでの強烈な加速は目を見張るが…完成度はかなり低く
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:スローで鋭く末脚を引き出すタイプ…基礎スピード、器用さに疑問で中山マイルは不安か
AJCC2018 出走予定馬:トミケンスラーヴァ、距離延長で覚醒…主導権を握ってしぶとく粘り込め
七夕賞 2017 出走予定馬:バーディーイーグル、エプソムC5着と善戦も上手く立ち回った…2000と福島で前走以上を狙えるか?
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:エアスピネルと武豊、前走の雪辱誓うも先行馬が少なくペースがカギ
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ディアドラ、春の実績馬不在のここは譲れない一戦…成長を見せて淀に向かえるか?
セントライト記念 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、コーナーで鋭く脚を使える魅力…出負け癖をノリで解消できれば
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ヒストリカル、ハイペースでも対応、L1まで食い込む末脚は不気味で差し込み警戒だ
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:アンティノウス、前走は一気にパフォーマンスを上げ…ハイペース歓迎も包まれないかがポイント
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デニムアンドルビー、屈腱炎後もトップスピード持続力は非凡さ…強い馬だが穴も多い馬で
中日新聞杯 2017 出走予定馬:マウントロブソン、素材は確かも不器用な面アリ…コーナーでついていくのに苦労するのがどう出るか
クイーンステークス 2017 出走予定馬:シャルール、平坦の札幌でいいスタートを切ることができるかに注目だ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP