投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、適性的にマイル自体は楽しみもあるが…ここ2走、この馬の走りができていない

2017 5/14(日)
第12回 ヴィクトリアマイル(GI) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
ヴィクトリアマイル2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017ヴィクトリアマイルの注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 昨年夏にスプリント路線で台頭、函館スプリントステークスで接戦を制し、スプリンターズステークスでも3着に入った実力馬ソルヴェイグがヴィクトリアマイルに出走予定。ただ今年は初戦シルクロードステークスでらしくない負け方、更に高松宮記念でも良さが見られず9着と完敗を喫してしまった。距離をマイルに延ばして巻き返しとなるか。


 距離自体の不安はあるけどこれはこなせる可能性もあると思う。ベストが1400、マイルまでもつかな、というレベルの感覚だが。ただ、それよりもどちらかというと状態面に尽きるんじゃないかなと。仕掛けを前目で待って一足を使いたい馬なのでヴィクトリアマイル自体は後半の適性は合いそう、展開的に恵まれれば或いは…と思っているが、とにかく状態面が上がってこないと狙えない。

====================================================

PR【ミッキークイーンVSスマートレイアー】

どちらのディープ産駒が強い!?
そこに対抗するレッツゴードンキ

ルージュバックは今回も不発か!?

高配当を期待させる絶好調の穴馬は2頭いた!
http://k-million.jp/?afl=nik170405

====================================================


函館スプリントS(GIII) 1着 16頭8枠16番
函館芝1200m良 1:07.8R 33.4-34.4 H^1
11.8 - 10.6 - 11.0 - 11.5 - 11.3 - 11.6

 5走前の函館スプリントSから振り返る。この時はかなり時計も出ていたが、それでもレコード勝ちは立派。函館で初めて7秒台に突入した馬になる。ペースは1.0でかなりのハイに肉薄するレベル、結構流れたがそれでもL3-2で再加速という競馬なので単調な流れではない。前半の総合力、基礎スピード、ポジショニング、要所で動く一足といったところを要求された。


 16番枠から好発を切ってローレルベローチェの外から楽に番手外につけていく。そこからはコントロールするぐらいの余裕があって3角の緩みで並びかける。4角で再加速という流れの中で楽な手ごたえで先頭列で直線。序盤でしっかりと抜け出したが内からシュウジの一足鋭く詰められる。しかし最後は軽量を活かしてこれを前に出し切らせずにしっかり勝利をもぎ取った。


 もちろんこの時は50kgと軽量で戦えたというのはあるが、それだけではないというのもスプリンターズS3着である程度証明してきたと。ここではレッツゴードンキも撃破しているわけで、実力的には少なくとも3歳秋の段階まではスプリント路線でも五指に入ってくる馬だったはず。基礎スピードが高く楽にこのペースで追走できたし、そこから息を入れての再加速に繋げてきている。もともとフィリーズレビューでもマイル適性を感じさせる競馬はしていたが、このレースからも少なくとも単調なスプリンターという感覚ではなかった。実際シュウジやドンキといったある程度距離適性に幅を持っている馬が上位に来ているというのも高いレベルでは一息入っているというところがあると思う。


高松宮記念(GI) 9着 18頭7枠13番
中京芝1200m稍 1:09.5(+0.8) 33.8-34.9 H^2
12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

 ただ、今年2走が物足りない。シルクロードSも良いペースで逃げて失速したが、この高松宮記念も良い頃のこの馬ではなかった感覚だ。馬場は結構時計が掛かっていたというのはあるが、ペースバランス自体は1.1でかなりのハイも許容範囲内のはず。ラップ推移的にみてもL2で誤差程度に再加速するレースの流れではあった。


 13番枠から五分のスタートを切っていたが出していかずに少し消極的な入り方で好位の中目というポジションで進んでいく。3~4角でも内目を意識して好位の真ん中ぐらいを進め、セイウンコウセイの直後で直線。序盤で追うだけの流れだったのだが全く脚が引き出せずにセイウンコウセイに千切られる。ラストまでジリジリで、これまで良い勝負をしていたレッツゴードンキとの比較でもかなり離されての9着完敗だった。


 正直ベストの展開とまではいわないが、馬場も悪化しきってはいなかったしペースも上がり切ってはいなかった。セイウンコウセイが思った以上に強かったというのはあったにせよ、もうちょっと要所で喰らいつける馬だったはずで、これは物足りない一戦。ここ2走は流れとしてみても秋と比べると正直崩れすぎなのは間違いないだろうと。


フィリーズレビュー(GII) 1着 18頭1枠2番
阪神芝外1400m良 1:22.1 35.0-34.9 M
12.2 - 11.2 - 11.6 - 12.2 - 11.7 - 11.5 - 11.7

 マイル適性を考えるなら1400mのフィリーズレビューを見ておきたい。桜花賞は詰まって大敗なので参考にしづらいというのもある。ペースは平均だが中弛みがあって12.2からの再加速でL2最速11.5とポテンシャル戦ではあるが単調な基礎スピード勝負というわけではない。バランスも問われたし息を入れてしっかりと後半要素を高いレベルに持っていけたかもポイントだったといえる。


 2番枠からまずまずのスタート、そこからじわっとハナ争いを演じかけて、上手く控えて2列目ポケットを確保する。3~4角中間地点ぐらいで域が入り、4角以降そこからの再加速という中で内内で我慢しながら楽についていきつつ直線。序盤でそこから進路を確保して追い出されてしっかりと反応して逃げ馬との差を詰めてくる。L1で抜け出したところに外からアットザシーサイドが食い込んできたがこれを決定的には詰めさせずの完勝だった。


 ペースはそこまで速くない、息を入れる競馬になったがその分だけしっかりと加速していく段階で脚を使って伸びてきたし、L1でも大きく落とさず踏ん張れた。ゆったり入ることでも後半のギアチェンジ面やTS持続に近いものをある程度高めてきている。この感じならマイルへの延長でも自分の競馬ができそうだと感じたし、実際桜花賞の大敗に関してはマイルというより直線でのどん詰まりの影響が大きい。こなせるかは未知数としてもあれだけでマイルがダメと決めつけない方が良いだろう。



2017ヴィクトリアマイルに向けての展望

 個人的にはマイルである程度厳しい流れになって基礎スピードを活かし、そこから前目でしかけを待てれば圏内ワンチャンスぐらいはあるかも、と地力を考えれば思っている。確かにスプリント路線で台頭してきたのは事実だが、フィリーズレビューでも再加速の3F戦と後半勝負が問われた中でしっかりと末脚を引き出してきた。もちろんこれでマイルが合うとかベストとか、そういう次元の話ではないが少なくとも1400で緩めての後半勝負で良さが出ればマイルも守備範囲には持っていけるだろうとみている。また1200路線でもそうだがトップスピード持続力はそこまで高くないし要所で一足を使えるのが魅力、かつフィリーズレビューやスプリンターズSでも内で我慢を強いられて反応できた。ゲートセンスが高いレベル、基礎スピードも高いレベルで持っていてそれをコントロールできる、かつ要所でもしっかり動けるのがこの馬の強みと言える。こういうタイプは距離はこなせるので、内枠でも引いて高速馬場である程度縦長、前目で後ろに対して仕掛けを待てる立場で坂の上りで一足を使えれば穴としては怖い。のだが、後はここ2走をどう考えるか。正直不安の方が大きいし、ここ2走は好走時と比べると10kg程太い。まず前提としてある程度絞ってきてほしいかな。良い頃のこの馬に戻ってきて、内枠を引いてある程度流れれば警戒は必要だろう。ただスローになって仕掛けが早くなってしまうと末脚の絶対量では恐らく苦戦すると思うし、状態面がまず大前提、次に枠順とペース。ややハイぐらいで流れて縦長になってほしいイメージだ。


PR【今回の決め手は1600m。一攫千金を狙えるヴィクトリアマイル】

今週は何と言っても、ヴィクトリアマイルG1。

今年は一昨年の様な配当がついてくれるでしょうか。
そう、2,000万馬券

尋常じゃない高額配当を手に入れた人は、車でも買ったんですかね。
今後の人生ウハウハです!

これでこそ競馬!夢がある!
さぁ今年はどうなるか。


ミッキークイーンがダントツ人気となりそうな気配ですが、
1番人気が馬券に絡まないこの競馬シーズン。

ディープかキンカメか、まさかステイゴールド!?
血統から考えればいいのか、過去実績から考えればいいのか。勝てる確証はありません。

そこで参考にしたいのが、先週のG1、NHKマイルカップ。
今週のヴィクトリアマイルと同じく東京競馬場開催の1,600m。


スピードが注目視されると思われます。
NHKマイルカップは13番人気の穴馬リエノテソーロが2着と好走し、
3連単は29万馬券となりましたね。

NHKマイル、ヴィクトリア、同条件の東京1,600m。

「走れる穴馬はどれだ!?」

さぁ見つけましょう。ヴィクトリアマイル予想、鉄板のおススメ競馬サイト
→  「競馬総本舗ミリオン」




結果で証明する。 →  「競馬総本舗ミリオン」

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ヴィクトリアマイル2017のプレ予想 ミッキークイーンの評価
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、ここは主導権を取れそうなメンツ…昨年も強い4着でそろそろGIタイトルを
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:フロンテアクイーン、総合力は秘めるもゲートが甘く…一足は鋭いが使いどころが難しい馬
ヴィクトリアマイル 2017 予想用ラップデータ:平均ペースから直線坂の上りで最速、というケースが多くマイルでの総合力を重視したい
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:クリノラホール、前目から反応して脚を使える魅力…マイルでの基礎スピード面の課題を克服できるか
ヴィクトリアマイル 2017 レース回顧・結果:アドマイヤリード、結果的にスローの切れ味勝負で本領発揮、ルメール渾身の神騎乗!
ヴィクトリアマイル2017のプレ予想 ルージュバックの評価
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:クイーンズリング、落鉄も前走大敗は流石に不安…昨年完敗のレースも本来は合いそうな馬
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ウキヨノカゼ、前走1800m重賞制覇で読みにくい…超高速マイルで追走面に不安も緩みで取り付ければ浮上
ヴィクトリアマイル2017の出走予定馬と血統データ
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ヒルノマテーラ、このレベルで追走して鋭く脚を使えるか?状態面も良い頃になさそうで
ヴィクトリアマイル 2017 追い切り・調教評価:馬なりでも前向きで力強いフットワーク…最後は追われず楽に加速!
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、スローでの切れ味抜群…府中の上り坂加速適性に少し不安あるも不気味
ヴィクトリアマイル 2017 速報・結果:アドマイヤリードが馬群を縫ってするすると突き抜けた!
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、重賞勝ちの舞台もマイルは少し短い…中弛みの展開で警戒必要も
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP