投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:オートクレール、超高速馬場適性不気味も少し嵌った面もあり、強敵相手にどうか

2017 5/14(日)
第12回 ヴィクトリアマイル(GI) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
ヴィクトリアマイル2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017ヴィクトリアマイルの注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 並み居るGI馬、重賞馬が犇めく春の古馬女王決定戦に準OPクラスの身ながらオートクレールが出走予定だ。前走の春興Sでは超高速馬場の中山マイルで内から器用さを見せて僅差の2着と適性的な怖さは見せてきている。とはいえ一気にGIの舞台、相手も強敵が揃った中で自分の強みを活かし切ってどこまで戦えるか、果断な出走が功を奏すかに注目だ。


 適性的には面白いし、3走前の節分Sでもグレーターロンドンが相手だから、悪くはないけどうずしおSではジュールポレールに完敗。加えて言えば基礎スピード面でどこまで戦えるかが未知数。前走も好時計だが超高速馬場なら当たり前だしバランス的にはスロー。厳しい流れになると微妙で、スローならば機動力を活かしての浮上はあり得る、それでもゲートや要所の反応も含めてジュールポレールは高い壁だとみている。


春興S(16下) 2着 16頭2枠4番
中山芝外1600m良 1:32.5(+クビ) 46.8-45.7 S^1
12.4 - 11.1 - 11.7 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.4 - 11.4

 まずは前走の春興Sから振り返る。皐月賞と同日というだけでもわかってもらえると思うが極度の超高速馬場状態にあった中でペースも1.1とスローなのだが1:32.5と速い時計が出てしまった感じ。L3最速戦だがこれでもL1まで落とさず入ってしまう、その中で器用に立ち回っての2着だった。


 4番枠から五分のスタート、そこから押して押しての先行策、逃げ馬が1番枠から行ってくれたこともあってそのスペースを押し上げて上手く2列目の内内までポジションを上げて行く。そこからはペースも落ち着いて楽に進めながら3角。3~4角でも楽な手ごたえで前にスペースを置いて4角、4角で前がペースを引き上げたので仕掛けて2列目で直線。序盤の反応はそこまででもなかったがそれでも内内からジリジリと伸びてくる。L1で抜け出したところに外から一気にヒーズインラブに差し込まれての2着惜敗だった。


 まあひとまずこの超高速馬場でポジションを取ってしっかりと脚を引き出せたのは評価したい。ただL3の段階で11.3と最速ラップを踏んでいるわけで仕掛けは早かったしコーナーでロスなく運べたのはこの展開ではプラスだったとみるべきだろう。また最序盤もゲート自体でそこまで優位性を確保していたわけではなく、あくまで枠の並びが良かったことで結果的に楽に2列目ポケットを取れたかなという感覚。なのでいつも安定的にいいスタートを切って主導権を取れるかは疑問が残る。あまり過度に評価したくないなというのはこの辺かな。超高速馬場で適性を見せた点は評価したいが、枠の並びも含めてそこそこ恵まれてはいる。


うずしおS(16下) 6着 11頭4枠4番
阪神芝外1600m良 1:34.5(+0.7) 48.8-45.0 S^4
12.8 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 10.7 - 11.0 - 11.5

 2走前のうずしおSでは伸びあぐねてしまった。ペースバランスは3.8が示す通り超々スロー、ラップ推移的にもL3最速が顕著だが、L1の段階でも11.5とそこまで落ちていない。トップスピードの質の高さはもちろん、L4-3でのギアチェンジ面も下り坂地点とはいえそれなりに影響しているし、TS持続も問われた。


 4番枠から五分のスタートを切って押して先行策、最終的には控えて番手の外でコントロールしていく。ドスローなので流石に掛かり気味、3角手前でアカネイロが上がってきたので1列下げて2列目の中目。3~4角中間でアカネイロの直後から一気にペースが上がった時に置かれてしまって3列目で直線。序盤でそこから置かれた分前のスペースは空くのだがイマイチ反応できずジリジリ。L1ではそこまで離されずに食らいついたが6着と完敗だった。


 まあ3角手前でアカネイロが動いてきたのはこの馬にとってはかなりつらい展開ではあったし、実際3列目で前にスペースなく前を向けずにというのは10.7と一気に加速した4角地点である程度置かれてもやむを得ない展開だったといえる。ただ、それでもやはり機動力があれば直線前半地点では伸び返してほしかったしここでの決め手で見劣ったのは個人的には不満がある。L1は悪くなかったが、ジュールポレールと比較しても前半のポジショニングや要所の反応というところで見劣った面は否めない。もちろんある程度苦しい展開ではあったと思っているが、この馬に求められるものを考えるとここは最低限のパフォーマンスを見せてほしかったかな。個人的には高いレベルまでくると機動力に不安がある。


節分S(16下) 2着 13頭5枠6番
東京芝1600m良 1:33.8(+0.2) 47.8-45.8 S^2
12.9 - 11.3 - 11.9 - 11.7 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.4

 この節分Sではグレーターロンドンの2着。しかもラップ推移的に見るとL2最速戦である。まあ2.0とかなりのスローバランスではあるのだが、これも近年の府中マイルでは結構起こりがちな最序盤だけかなりスローでそこから中盤以降は徐々に流れ出すパターン。L2最速で本仕掛け自体は遅いがコーナーの段階で既にある程度スピードに乗っている状況と言えばわかりやすいだろうか。


 6番枠から出負けして後方から押してリカバー、最終的には中団の内内で入っていく。3角手前ぐらいで前の馬が下がってきたので少しブレーキを踏まされつつ、3~4角では内内で我慢しながら、前のスペースを上手く活かして3列目ぐらいで直線。序盤で最内ががっぽりあいたのでそこを突いてL3の段階で伸びてくる。L2で最内からしぶとく伸びて先頭列に並びかけるが最後はグレーターロンドンのTS持続に屈しての完敗だった。


 まあここもかなり噛み合ってはいる。前半はスローなのだが中盤以降は流れていて3~4角でも11.7-11.7、そこから徐々に加速していって最速が11.2なので加速度はそこまで高くない。その流れでロスなく立ち回ろうとすれば当然進路が厳しくなってもおかしくない、そこで最内ががっぽり開いた。早い段階から伸び始めていたのはその辺りもあると思う。最速地点で1馬身半差ぐらいを半馬身ぐらいまでには詰めていると思うし、この辺りを考えると11秒前後の脚を使ってはいると思うが、まあこの時の超高速府中だと何とも言えないかな。上がり32秒台を出す馬もざらにいたので。それとスローからじわっと段階的に加速していく競馬で良さが出ているので、1800を試しても面白いかなと感じる内容でもあったかな。


2017ヴィクトリアマイルに向けての展望

 ひとまず厳しい流れに対応できるかどうかは今のところまだ何とも言い難い。ただ一応1000万下勝ち上りが47.1-47.5をやや離れた3番手から抜け出せているのでバランス的にはクリアできていると思う。昨年のようなケースだと流石にもう少し質の高い基礎スピードが問われると思うので難しいが、46秒半ばぐらいまでなら許容範囲かなと。ただパフォーマンスを見て一つ感じるのは字面の上がり3Fには惑わされない方が良いということ。少なくとも前走も3走前の節分Sもかなり噛み合っている。前走春興SはL3最速で最内でロスなく進められたのはあるし、超高速馬場でスローペース。3走前の節分Sでは2秒とかなりのスローで段階的な加速。急激なギアチェンジはそこまで問われなかったのはある。3~4角で息が入る傾向が基本的には強いヴィクトリアマイル。前がレースを支配する中で我慢しながら要所でスッと加速できるかどうかが今回のポイント。


 その点に関しては府中実績はプラスともいえるが、内容を見てもジュールポレールの方がゲート、要所の反応に加えてトップスピードの質的にも上にいるかなとみている。また阪神牝馬Sで強敵相手にはっきりと目途を立ててきた相手に対してこちらはやはり準OPでも噛み合っての善戦レベル。現時点ではなかなか強くは推しにくい。理想を言えばスローからの段階的な加速、節分Sのようなパターンかなとは思っているが、そうなると素材型TS持続でミッキークイーンやルージュバックなんかは手強いだろう。超高速馬場適性が高いと思うので少し不気味さもあるが、総合力的な観点で見た時には結構他に強敵が多いと思っているので、現時点では馬券的には手を出さないつもりかな。



<PR>
わずか1レース1分の予想だけで・・・

この結果、

■───────────■
04月23日(日)
京都10R 桃山ステークス
馬単20点 9,590円 的中

04月22日(土)
京都4R  3歳未勝利
3連単60点 328,190円 的中

■───────────■

重賞だってこのとおり、

■───────────■
04月09日(日)
阪神11R 桜花賞(G1)
馬単30点 45,330円  的中

04月08日(土)
中山11R
ニュージーランドT(G2)
3連単60点 496,220円 的中

■───────────■

なぜ?わずか1分の予想で、
こんなにも的中を出せるのか?

その秘訣は・・・

  ≪指数を使う事です≫

といっても、その辺に転がってる
ゴミのような指数では、

全くもって意味はありませんよ。

“業界初”の“的中だけに特化した”
指数だからこそ、簡単に的中を築けるのです。


↓最近ウワサの指数はこちら↓
 http://collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

 ~~~~~~~~~~~~~
   競馬歴わずか五ヶ月で
 月間収支プラス42万円達成
 ~~~~~~~~~~~~~

ある方は競馬素人にも関わらず、
この指数を使っていきなり42万円の
プラス収支を出す事ができました。

マジです・・・

でも、この収支は当然と言えば当然。

なぜなら、この指数を使えば

 ↓   ↓   ↓

■───────────■
  3連単 37.2%
  馬単  58.3%
  ワイド 81.9%
  複勝  93.2%
  単勝  83.3%
■───────────■

これだけの的中を出す事ができるんですから。

でも、言葉で伝えても信じる事はできないですよね。


指数は無料で公開していますので、
一度見てみてください。


そして、指数で的中を出してみてください。


『この指数なら勝てる!稼げる!』


そう確信する事でしょう。
↓↓↓
http://www.collabo-n.com/lp/ahead/?ad_id=3295

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、スローでの切れ味抜群…府中の上り坂加速適性に少し不安あるも不気味
ヴィクトリアマイル2017のプレ予想 ミッキークイーンの評価
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ジュールポレール、ゲート、ギアチェンジは府中で噛み合いそう…初関東圏と単調な競馬には少し不安あり
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、昨年2着もコーナーでの動きに助けられた面アリ…要所で鈍く勝ち切れるかが焦点
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、適性的にマイル自体は楽しみもあるが…ここ2走、この馬の走りができていない
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ヒルノマテーラ、このレベルで追走して鋭く脚を使えるか?状態面も良い頃になさそうで
ヴィクトリアマイル 2017 速報・結果:アドマイヤリードが馬群を縫ってするすると突き抜けた!
ヴィクトリアマイル 2017 敗因分析・結果:ミッキークイーンはスローで緩い流れから一気のギアチェンジに反応できず…
ヴィクトリアマイル 2017 予想用ラップデータ:平均ペースから直線坂の上りで最速、というケースが多くマイルでの総合力を重視したい
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:リーサルウェポン、超高速馬場ではキレ負け必至…土曜の雨での悪化と積極策で活路を見出したい
ヴィクトリアマイル2017のプレ予想 ルージュバックの評価
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:フロンテアクイーン、総合力は秘めるもゲートが甘く…一足は鋭いが使いどころが難しい馬
ヴィクトリアマイル 2017 追い切り・調教評価:馬なりでも前向きで力強いフットワーク…最後は追われず楽に加速!
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ウキヨノカゼ、前走1800m重賞制覇で読みにくい…超高速マイルで追走面に不安も緩みで取り付ければ浮上
ヴィクトリアマイル 2017 展開予想動画+出走予定馬全頭まとめ!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP