投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、スローでの切れ味抜群…府中の上り坂加速適性に少し不安あるも不気味

2017 5/14(日)
第12回 ヴィクトリアマイル(GI) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
ヴィクトリアマイル2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017ヴィクトリアマイルの注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 桜花賞では5着と健闘もクラシック戦線では脇役どまり、前走阪神牝馬ステークスで一線級相手に2着と目途を立てたアドマイヤリードがヴィクトリアマイルに出走予定だ。ここまで強烈な末脚を武器に戦い抜いてきた実力馬だが、府中のマイルでこれをどこまで引き出すことができるかが一つポイントとなりそうだ。相手はもちろん手ごわくなるが、まず自分の脚をしっかりと引き出したい。


 1600は短いと思うんだよなあ、正直な感想を言えば。桜花賞ではスローの中で潔く最後方で脚を引き出せた。ハイペース気味だったJFでは末脚を引き出し切れなかった。もちろんあれから時は流れたし、前走の阪神牝馬Sでは一応平均ペースの中で脚を引き出せた。それでも前半あまり無理が利かない感じは確かだし、高速馬場で46-46とかになってしまうと時計的にも課題は出てくる。阪神牝馬Sの感じでジュールポレールとあの着差なら個人的には府中ではジュールの方が上かなとは思っているんだが、嵌り切った時に勝ち切るだけの武器は持っていると思うし本当に難しい一頭。

====================================================

PR【ミッキークイーンVSスマートレイアー】

どちらのディープ産駒が強い!?
そこに対抗するレッツゴードンキ

ルージュバックは今回も不発か!?

高配当を期待させる絶好調の穴馬は2頭いた!
http://k-million.jp/?afl=nik170405

====================================================



飛鳥S(16下) 1着 12頭7枠10番
京都芝外1800m重 1:48.6 48.7-47.2 S^1
12.9 - 11.5 - 11.8 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 12.0 - 11.6 - 11.3

 圧勝した2走前の飛鳥Sを振り返る。重馬場で時計も掛かっていたのは確かで、その中で各騎手も適正ペースが掴みにくい感じ、流れていたようで仕掛けが遅くのL1最速のパターンだろう。基礎スピードは1.5のスローに中弛みということもあって後ろからの馬ならほとんど問われていないとみていいと思う。


 10番枠からゲートは五分に出て無理せず控える形で後方、脚を残す競馬を選択する。道中も最後方でジッとしながら楽なペースで3角に入っていく。3~4角で緩んだところでしっかりと外から押し上げていく形、4角では中団に取り付くぐらいの感じで徐々に仕掛けながら直線。序盤で2列目雁行状態の外から一気にこれを切り裂き先頭に立ってしまう。そのまま突き抜けての完勝だった。


 L1は自分のラップ、L2地点では大体3馬身差ぐらいかなというところを一気に捕えているのでL2で11.0~1というところだろう。恐らくだがこの馬自身はL2最速。緩い地点で外から押し上げてきたというのも噛み合ったが、それでも鋭く切れたのは確かでこれは高く評価したい。基礎スピード面はほとんど問われていないので、もちろん言うまでもないが流れてこれだけの脚を使えるかと、縦長になって後方から届く位置にいられるかどうかが本番では問われる。


阪神牝馬S(GII) 2着 16頭8枠16番
阪神芝外1600m重 1:34.6(+0.3) 47.5-46.8 M
12.5 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 11.8 - 11.2 - 11.8 - 12.0

 前走の阪神牝馬Sは重馬場ではあったので時計はかかっていたがペースバランス的に見ても平均ペースまで入ってきた。その中でしっかりと脚を引き出してきたのでこれは基礎スピード面で見ても一定の評価は必要かなと思っている。ラップ推移的にL3最速戦なので出し切りやすい流れではあった。


 16番枠から出負けして後方からのスタートとなる。道中も無理はせずに後方で脚を残しながらの競馬はこの馬のパターン。3~4角でもロスを最小限にすべく最内に入り込んで仕掛けを我慢しながら中団まで押し上げて直線。序盤で上手く内を捌いてスルスルと伸びてくるがここではまだジューヌポレールが強く簡単には差がつまらない。しかしL1でジューヌが甘くなったところを差し込んで2着を確保、それでもクイーンズリングには離された、という内容だった。


 ひとまずレース展開的には4角が最速で11.2とトップスピード戦なのでここでロスなく立ち回れたのはプラスに働いたかなとみている。また平均ペースだがややスローに肉薄していたしこの馬自身は相当後ろだったのもこの脚を引き出せた要因ではあるだろう。ただそれでも最低限流れている中で脚を使えたのは前述のとおり一定の評価をしたいと。噛み合った、出し切れる形にはなったのでその中でジューヌポレールをやっとこさ差し切った、というのをどこまで評価できるか?というのが難しいところだし、出し切れる形で少なくともミッキークイーンには内容的に完敗してしまっている。この馬の評価としてはひとまず余力を残せたとしてもここの2頭との関係性は重要になってくるとみている。


衣笠特別(10下) 2着 15頭6枠11番
京都芝外1800m良 1:48.1(+クビ) 49.0-46.4 S^3
12.9 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.7 - 12.2 - 11.8 - 11.2 - 11.2

 後1走をどれにしようかというところで色々悩んだがまとめで一気に言ってしまって、一応対ジュールポレールを見ておこう。このレースは超スローの2F戦。京都外回りだが3角の下りを終えてからの加速戦なので前にいた馬はギアチェンジを問われていて後ろからの馬が3~4角で外から前を向けていれば加速しやすい状況下にはあったと言える。


 11番枠からここでもゲートは悪くない、そこから控えて後方で進めつつ、様子を見ながら向こう正面ではまだ離れた後方2番手。3~4角でもペースが上がってこないので後方の仲目からじわっと進出もここでもまだ我慢を強いられる。4角で中目から進路確保できないまま直線。序盤で馬群の中目にできたスペースを上手く突いて中団まで追い上げてくる。L1でもその脚を維持して決定的に差を詰めてくるが出し抜いたジューヌポレールを捕えきれなかった。


 要所での反応が意外と良かったなという感じで、正直康太が外から3~4角で動いていたら届いていたかも、と思っている。2F戦で踏み遅れているのは痛かったし、L1の地点でもまず3馬身は合ったところをL1だけでほぼさのないところまで来ている。ここの2Fはまず間違いなく10秒台に入っているわけで、この鋭さを2F維持できたのは流石というところ。ただ、やはり極端なスローだったからこそここまでキレる脚を維持できたというのも言えると思う。いずれにせよここまで極端にスローに持ち込めると最大限まで切れ味を引き出せるタイプではあるかなと。


2017ヴィクトリアマイルに向けての展望

 近走だとローズSの敗因だけがちょっとわからない、というところ。ローズSも確かに平均ペースではあったがそれでも中弛みがあったし最速も10.9とトップスピード戦で後方からなので少なくとも自分の脚は引き出せないとというところ。+20kgと大幅馬体増だったが、ここ数走を見ても馬体増が太ってのものだったというわけではなく成長分だったと見て取れる。もちろん休み明けの影響も無視はできないし、チューリップ賞も休み明けで16着と殿負け。まああれはポジションを取りに行って崩れた側面もあるし、何ともだが休み明けが苦手なのかもしれない。いずれにせよ、それを除けば基本的には1600~1800なら安定していて結果が出なかったのがJFでハイ寄りにまで流れた時に持ち味を活かせなかったというところ。なのでひとまず1800でゆったり入って末脚を高いレベルに引き出しているのがこの馬の適性としては合っていると思う、前半無理せずどこかで緩んで取り付いて末脚を引き出し切る。


 このパターンを東京マイルでどう導けるか。2つほど不安があって一つは超高速馬場での基礎スピード戦。馬場自体は軽くなれば鋭さを増すことができていると思うのでそこは問題ではないが、軽い基礎スピードタイプの馬がスピードに乗って全体のペースを引き上げてくると基礎スピード的についていけない可能性は出てくる。スローならここは問題ないかなと。もう一点は坂加速ができるかどうか。この馬に関してはオークス以外東京実績が無い、オークスは距離不安もあったかもだが後方馬群の中から追いだされてL2の坂の上りで全然良さが出ていなかった。また新馬戦でシルバーステート相手に勝ち切ったのも中京マイルの2F戦で坂の上りで少し伸びを欠いていた。この辺りを考えるとL2最速になった時に坂の上りでの自力での加速が問われる府中適性は少し疑問がある。スローからのL3最速戦となれば適性的に噛み合い切る可能性は高いが、ペースを引き上げられたり、仕掛けのタイミングが遅れた時に坂の上りでの加速が問われるとリスクはあるかもしれない。いずれにせよ京都や阪神といった要所が下り坂、或いは平坦というところで結果が出てきているので真逆の府中適性が未知数~微妙な坂加速適性だと信頼は置きにくいかな。この馬場でスローからのTS持続ならトップスピードの質的にはミッキークイーンを上回ってくるとは思うので、嵌り切れば頭までというタイプではあると思うし非常に扱いが難しい一頭だと思う。展開次第でガラッと変わってくるし、雨が降っても悪化しきらなければペースの意識も落ちてくるので面白いかもしれない。今回のヴィクトリアマイルで一番取捨が難しい一頭だと感じるが、総合的にみるとジュールポレールの方を少し上に評価したいかなあ。枠次第でもあるが。


PR【今回の決め手は1600m。一攫千金を狙えるヴィクトリアマイル】

今週は何と言っても、ヴィクトリアマイルG1。

今年は一昨年の様な配当がついてくれるでしょうか。
そう、2,000万馬券

尋常じゃない高額配当を手に入れた人は、車でも買ったんですかね。
今後の人生ウハウハです!

これでこそ競馬!夢がある!
さぁ今年はどうなるか。


ミッキークイーンがダントツ人気となりそうな気配ですが、
1番人気が馬券に絡まないこの競馬シーズン。

ディープかキンカメか、まさかステイゴールド!?
血統から考えればいいのか、過去実績から考えればいいのか。勝てる確証はありません。

そこで参考にしたいのが、先週のG1、NHKマイルカップ。
今週のヴィクトリアマイルと同じく東京競馬場開催の1,600m。


スピードが注目視されると思われます。
NHKマイルカップは13番人気の穴馬リエノテソーロが2着と好走し、
3連単は29万馬券となりましたね。

NHKマイル、ヴィクトリア、同条件の東京1,600m。

「走れる穴馬はどれだ!?」

さぁ見つけましょう。ヴィクトリアマイル予想、鉄板のおススメ競馬サイト
→  「競馬総本舗ミリオン」




結果で証明する。 →  「競馬総本舗ミリオン」

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、ここは主導権を取れそうなメンツ…昨年も強い4着でそろそろGIタイトルを
ヴィクトリアマイル 2017 展開予想動画+出走予定馬全頭まとめ!
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:フロンテアクイーン、総合力は秘めるもゲートが甘く…一足は鋭いが使いどころが難しい馬
ヴィクトリアマイル 2017 追い切り・調教評価:馬なりでも前向きで力強いフットワーク…最後は追われず楽に加速!
ヴィクトリアマイル2017の予想
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:クリノラホール、前目から反応して脚を使える魅力…マイルでの基礎スピード面の課題を克服できるか
ヴィクトリアマイル2017の出走予定馬と血統データ
ヴィクトリアマイル 2017 速報・結果:アドマイヤリードが馬群を縫ってするすると突き抜けた!
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、重賞勝ちの舞台もマイルは少し短い…中弛みの展開で警戒必要も
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、適性的にマイル自体は楽しみもあるが…ここ2走、この馬の走りができていない
ヴィクトリアマイル 2017 レース回顧・結果:アドマイヤリード、結果的にスローの切れ味勝負で本領発揮、ルメール渾身の神騎乗!
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:クイーンズリング、落鉄も前走大敗は流石に不安…昨年完敗のレースも本来は合いそうな馬
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:ルージュバック、昨年のこのレースではラストに良い伸び…エンジンの掛かりが遅く出し切れるか
ヴィクトリアマイル2017予想参考前日オッズ 1番人気はミッキークイーン
ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:アットザシーサイド、マイルだとワンパンチ足りないが、桜花賞で見せた切れ味をどこまで引き出せるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP