投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

新潟大賞典 2017 レース回顧・結果:サンデーウィザード、終始促しての積極策が功奏…直線叩き合いを制し重賞初制覇!

2017 新潟大賞典(GIII) 新潟芝外2000m稍
レース回顧・結果

1:58.6 13.1 - 11.2 - 11.4 - 11.6 - 12.5 - 12.2 - 12.1 - 11.5 - 10.8 - 12.2
59.8-58.8 S^1

 雨の影響がどうかなと思ったんだけど、まあ稍重でL1も想定内に落としているし、後半もえげつないラップをというほどでもなかった。当日のレースと比較しても結構出ている方で、全体でみると標準~ややタフな馬場ぐらいだったと思う。ペースはややスローでそれなりには流れた、3~4角では息が入って直線勝負。L2最速10.8は馬場を考えればまずまず速く、L1は落としているのでTS持続戦の側面が強いかなと。


1着サンデーウィザード


 2番枠からまずまずのスタートを切ってそこから石橋脩も意図的にポジションを取っていくという感じで押して追走、最終的には好位の内内で進めていく。道中も促しながらで積極的なレースを展開。3~4角でも好位列の内目から徐々に外を意識しながら直線序盤で早めに動く。L2の地点ではもう先頭に並びかける形でマイネルフロストと叩き合い。L1でも馬場の五分所をこの2頭の競り合いで終始、最後は競り落として嬉しい重賞初制覇となった。


 石橋脩の積極策にしてやられたなあという感じ。ここまで常識的に流れた中でこういうポジショニングというのは想定していなかった。終始促していたように馬のリズムに合わせていたら恐らくもっと後ろだったと思うが、それでもポジションを取ってしっかりと3~4角で息を入れて直線で動けた。トップスピードの質もある程度高いレベルのものを見せてきたしマイネルフロストを捻じ伏せたのは評価したいかな。レースレベル的に読みにくい面もあるんだが、走破時計的にもラップ推移的にも他のレースと比較すると想定より良かったので結構侮れないかな。U字のこういう条件が想像以上に合っていた+石橋脩の好騎乗というところかなと。新潟2000は決め手勝負というより前半のポジショニングがやっぱり問われやすいよね…新潟外回りのプロ石橋脩にやられました。


2着マイネルフロスト


 6番枠から五分のスタートだが押して押してハナを主張、レースを主導していく選択を取る。ただ途中で外から一気にトーセンレーヴが競ってきたので抵抗しつつも3角手前で譲る。3~4角でも内目で2番手から様子を見ながら直線に入ってきて中目に誘導。序盤でしっかりと加速して抜け出しにかかるが内からサンデーウィザードに並ばれてしまう。それでもL1まで叩き合いを演じて最後に見劣ったが2着と復活を遂げた。


 追い切りはイマイチだったと思ったんだけどなあ、競馬は分からんがここで復活するか…。まあ内容的にはフロストにはあっている展開ではあり、ややスローでレースを支配、トップスピード勝負でもある程度やれる馬でそれが前受出来たというのはある。総合力を上手く活かせる競馬になったのでそこは良かったし、途中から併走状態に持ち込めたのとロスなく馬場の一番いいところを通せたのも良かったかな。ただここ2走の内容がある程度流れたとしてもちょっと物足りなかったからなあ。こういう馬を狙うタイミングって本当に難しい。まあ追い切りが良く見えなかった自分的にはどうしたって当てられなかったし仕方ないかな。


3着メートルダール


 11番枠から五分のスタート、下げながら中団というような競馬になる。道中もややスローの中で中団の外で進めて3角。3~4角でも仕掛けを我慢して中団の外のまま直線。序盤で外々から追いだされてスッと反応して2列目に並びかけてくる。L2でもジリジリと伸びてきて内に切り込みつつもう一伸びが欲しかったが、最後はフルーキーにも迫られるような形になっての3着完敗だった。


 ん~もうちょっと前でも良かったと思ったんだけどね。まあただL1での伸びもそこまで良さを出し切れなかった感じだし、これまでの府中の内容からL1のバテ差しはもうちょっと期待したんだけど、フルーキーに迫られるぐらいだとちょっと物足りなかったところもあるかな。雨で渋ったのもあるし、その辺りが適性的に噛み合わなかったのもあるかもしれんね。高速馬場の方がパフォーマンスは高い馬だし。まあそこまで悲観する内容ではないけど、L1はもうちょっと伸びてほしかったという感じ。


4着フルーキー


 8番枠からやや出負けしたかなという感じ、無理せず後方に下げて進めていく。道中も無理せず動かずでロンギングダンサーの後ろから後半勝負に徹して3角。3~4角でもロンギングの後ろから直線勝負に賭けて直線。序盤ではメートルダールの後ろぐらいでまだ壁を置きながら、L2でも直後で進めてL1でしぶとくバテ差し伸びてくるが圏内確保しきれず、4着までだった。


 こういうパワー型の馬場が合っているのかな、というのはあったしこれまでの相手関係を考えればこれぐらいは頑張ってくれないとというのはある。ただ今回は後半特化の競馬でTS持続で思ったよりやれたなという認識で、昨年秋のパフォーマンスがちょっと物足りなかったけど、今は1800~2000で前半ゆったりというのが合っているかもしれんね。前走の金鯱賞だけがちょっとよくわからないんだけど、チャレンジCや小倉大賞典からも流れるとあまり良くないから、余力を持って入って出し切れているのが良さにつながったのかな。追い切りは直近では良かった方だと思うし、その辺りも立て直した効果だと思う。


5着バロンドゥフォール


 10番枠からまずまずのスタート、そこから積極的に押して押してで最終的には好位馬群の中で進めていく。3~4角でも好位の中で仕掛けずジッと我慢で直線。序盤で追い出してからの反応は一息でジリジリとしか伸びてこず、L2の地点でもジリジリと伸びあぐねていたがL1でも大きく落とさず、僅差の掲示板争いを制したという内容。


 3着争いからは少し離されているし、ポジションを取ってというのが後半の末脚にどう響いているかというのは判断が難しいかも。ただこれまでの実績を見ても流れた方が良い馬だし今回はややスロー。その中で積極的にポジションを取ったからこそキレ負けしてもL1のバテ差しでばてずにキープできての5着という感じだと思うし、個人的には噛み合っているんじゃないかなと。ただこの馬の場合は1週コースで基礎スピードとポテンシャルをバランスよく問われる中でのバテ差しが理想かな。高速馬場の1週コース1800適性が高い感じだし、これまでの内容的にも2000はちょっと長い感じがするからね。もうちょっと淡々とした流れの方が合っていると思う。


13着レッドソロモン


 13番枠からやや出負けしてそこから無理せずじわっと好位でという競馬を展開。 道中はバロンドゥフォールと同じような位置で進めて3角。3~4角で息が入ってという中で好位列の外から前を向いて直線に入ってくる。序盤で追い出されるがイマイチ反応がなくすぐに外からメートルダールに交わされてしまって後退。そのまま窮屈になったのもあるが下がってしまって良さ無くの惨敗だった。


 ん~サムソン産駒って準OPまでは強いんだけどなあ、こういうケースが多い。ポジションもちょっと後ろだったかな、もうちょっと前を取ってほしかったかな、というのはあるが直線であそこまで反応できないとなるとそれ以前の感じ。少し渋った馬場も良かったと思うし、アンドロメダSではマイネルフロストを破っているわけで…もうちょっとやれて欲しいんだけど案の定なぜか大敗を喫すると。この競馬で惨敗となると色々難しいね。 +8kgだったけどアンドロメダSの時は486kgだからそこまで太っていたとも思わないし。


15着ジュンヴァルカン


 7番枠から再度出負けてしまって後方からの競馬となってしまう。 道中もややスローでコントロールされてしまって動けないまま3~4角でも最後方に近い位置から直線に入ってくる。直線一かばちか最内にという競馬だったがすぐに甘くなって最後は良いところなくの惨敗だった。


 ここまで出負けがハッキリしてくると偶然じゃないから、馬の方に何かしらの原因がある。ペースを作って勝負していきたい馬なのでスローで後方からでは如何ともしがたいし、トップスピード戦向きではないと思うので後ろからではなおのこと厳しい、という感じ。難しいけどこの馬にとっては2400~2500ぐらいは欲しいと思うし、日経賞からも後半はポテンシャル戦向きだと思うので。いずれにせよゲートが改善されてこないと人気では狙えないなあ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
ヴィクトリアM(GI)・鉄板3点勝負

  ミッキークイーンを脅かす!?
馬券のプロも買う穴馬で30倍を狙う
━━━━━━━━━━━━━━━━━

4/23 東京7R  3万2050円的中
4/23 京都11R 1万2430円的中
4/22 福島11R 2万4790円的中
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中

ヴィクトリアMの3点勝負を見る方法!
png七騎の会:ヴィクトリアマイル300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
中山金杯2018 レース回顧・結果:セダブリランテス、スローロンスパの流れを2列目外から正攻法で捻じ伏せた!
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
平安ステークス 2017 レース回顧・結果:グレイトパール、試金石の舞台で輝きを示す…ハイペース上等、押し上げ前を潰しての圧勝!
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
noimage
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
京阪杯 2017 レース回顧・結果:ネロが力の要る馬場を利して久々に逃げられて波乱の主役!
noimage
オールカマー 2017 レース回顧・結果:ルージュバック、北村宏司とのコンビで久々に末脚を爆発させ勝利!
ラジオNIKKEI賞 2017 レース回顧・結果:セダブリランテス、前走とは違う横綱競馬、好時計で先が楽しみとなる完勝!
エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!
noimage
noimage
ファンタジーステークス 2017 レース回顧・結果:ベルーガ、強烈な末脚を披露し大外一気…本番に向け視界良し!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP