投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京都新聞杯 2017 レース回顧・結果:プラチナムバレット、ドスローの流れで一閃…直線大外一気を決め込んだ!

2017 京都新聞杯(GII) 京都芝外2200m良
レース回顧・結果

2:15.2 12.7 - 11.1 - 12.8 - 12.4 - 13.1 - 13.1 - 12.7 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.6
62.1-60.0 S^2

 ペースは想像以上に上がらずかなり緩い流れ。これを単騎逃げ馬が刻んだわけなので相当遅い。離れた番手で見ると1000通過で大体63秒前半ぐらいになってくるわけでこれは流石に遅すぎた。3角の下りで2番手以降が一気に詰めていて、4角で逃げ馬がペースアップした形なので恐らくL3-2最速というところだと思う。L1に入る地点では勝ち馬がほぼ先頭に立っていた。ドスローからのトップスピード戦というところでいいだろうと。想定外に緩かった。


1着プラチナムバレット


 11番枠から五分に出てそこからじわっと先行策、早い段階で好位の外を確保してそこからコントロール、最終的には中団に控えての競馬になる。道中は実質的には超スローのレベルでミッキースワローを前に置いて楽に折り合って3角に入っていく。3角の下りで前との差を一気に詰めていく形の中で中団馬群の中でワンテンポ待つ。4角で中目から徐々に外に誘導しながら後方外目で直線。序盤でそこから追いだされると外からしぶとく伸びて好位列まで押し上げる。L1までその足を維持してしっかりと差し切っての勝利だった。


 阪神1800で良い脚を使ったときもドスローだったが、やっぱりこれぐらい緩い方が良いのかなという感じだった。実質63秒ペースという未勝利並みのペースでも楽に折り合っていた。3~4角の立ち回りでは序盤は無理せず、4角で恐らくペースが上がっていくという中で外に誘導してこちらも進路を確保しながら直線まで上手く入ってこれたという印象かな。L1まで差し込めたのはこの辺りワンテンポ待って3~4角で速い脚をできるだけ使わずに直線まで入ってきたことが大きいかも。まあいずれにせよ、この面子の中ではトップスピードの質、持続力で一枚上回ってきたと思う。ただレベルとしてみた時に、正直ラップ推移は平凡で、届いたこの馬はそれなりに評価したいけど、この馬も毎日杯で削がれているレベルだと顕著にスローの方が良いと思うからなあ。ダービーでどうこうとは正直思わない。


2着サトノクロニクル


 3番枠から五分のスタート、そこからじわっと出していきつつ割と積極的に先行争いに加わっていくが、最終的には好位3列目。向こう正面ではダノンディスタンスの後ろで前にスペースを置きつつ我慢。3~4角でもダノンの後ろで仕掛けを待ちつつ、外からミッキーらが被せてくる感じになったのでここで仕掛けて進路をキープしようとするが、4角で少し置かれるような感じになって外に出せずに中目に進路を切る。序盤での反応は悪くなくジリジリと伸びてくると、L1ではしっかりと先頭に立つものの最後はプラチナムバレットに差し切られての2着完敗だった。


 内容的に見た時に、4角でちょっと置かれていたのが気になったかな。L1では伸びてきていたわけでここが敗因としては大きいかもしれないと。3角で仕掛けを待って外から来られたので焦って仕掛けてスピードに乗っていって4角出口遠心力で振られた感じになっているし、この馬としては動けているけど遅いラップの中で外から来られてしまったので慌てて速度を上げたことが結果的に反応面や4角出口での膨れに繋がった感はある。ワンテンポ早く仕掛けていたら色々とカバーできたかもしれなかったけどね。ここまでドスローなんだし良い頃の川田ならもっと積極的に動いていたと思うんだけどね。騎乗に不満はちょっとある。ただトップスピード戦ではちょっと物足りんね。ペースが上がった方がチャンスがあったかもしれないし、ダービーで流れた中である程度の位置、兄サトノラーゼンほど要所で動ける感じはしないんだけど、まあ全体で流れれば。


3着ダノンディスタンス


 2番枠からまずまずのスタート、そこから無理なく楽に先行していって離れた2列目の外で入っていく。1角辺りでは少しブレーキしつつ若干掛かり気味で、向こう正面では一列上げて単独の2番手で実質的にレースを作って超スローで3角に入っていく。3角の下りでじわっと仕掛けて逃げ馬との差を詰めていく、そのまま1馬身半ぐらいまで差を詰めて直線。序盤でしぶとく伸びて一旦は先頭に立つのだがL1で甘くなっての3着完敗だった。


 かなり上手に運ばれたし、サトノクロニクルと比べても前目で先に仕掛けることができた。この競馬でL1で差し込まれているので結局はTS持続力でちょっと不足していたかなという感じ。ただドスローだし馬場を考えてもラップ推移からみてもやっぱりトップスピード特化戦としてはレースレベル的に少し疑問符はつくので、まだこれで重賞で通用するとは思わないかな。馬場は少し時計が掛かった方が良いぐらいの馬だと思うし、ゆったりの方が良いとも思うので、ポテンシャル面も含めて夏の洋芝2600戦線で見てみたい一頭かな。


4着サトノリュウガ


 5番枠から五分のスタートを切るが行き脚が突かずに中団の内内でという競馬。向こう正面では外も意識できるような位置でサトノクロニクルの後ろを追走。3角でサトノの外から上がろうとしたがミッキーやメルヴィンが外から押し上げてきたので外への進路がふさがれる。4角で少し下がってしまって中団中目で直線。序盤で追い出され、置かれた分だけスペースができたのでそこをしぶとく伸びてくる。L1までジリジリとは詰めてくるが、それでも最後はミッキースワローを差し切るところまで、4着完敗だった。


 この馬も3~4角の動きで後手を踏んだのが響いてはいるかなと思う。サトノクロニクルの直後をある程度進路として当てにしていたと思うけど、結局サトノクロニクルもスッと動けなかったから外への進路を塞がれた時点で加速で苦労するのはある程度仕方ないかな。ただスパッと切れる感じは当然なかったし、L1もジリジリとは来たけど決定的な伸びとは言えなかったからトップスピード戦では完敗だったと。もうちょっとタフな馬場の方が良いのか、それとも高速馬場なら全体でペースが上がってしまった方が良いのか。この辺はどこかで適性を見極めたいところかな。


5着ミッキースワロー


 8番枠からやや出負けかなという程度、そこからじわっと取り付いて中団には入っていく。道中も中団の外目ぐらいで様子を見ながら3角。3角の下りで外から動いていく選択、楽な手ごたえでサトノクロニクルの外から動いて押し上げて2列目で直線。序盤でそこから追いだされるがここでなかなか切れずにジリジリ。L1でも悪くはないが甘くなって最後はサトノリュウガにも差し込まれての5着完敗だった。


 結構良い競馬をしたかなと思ったんだけど、思ったよりも切れなかったしL1も甘かった。L3の4角で速いラップを踏んではいると思うのでロス自体はあったと思うけど、それを込でももうちょっとやれると思っていたので個人的には馬を過大評価してしまったかな、という感じ。鞍上菊沢君はある程度自分のイメージの範囲内だったし、良く乗ってくれた方だと思う。ちょっと足りなかったかなあ。


7着インヴィクタ


 4番枠から出遅れて最後方からの競馬となってしまう。内枠で前のスペースをリカバーして一頭交わしたがそれでも後方2番手ぐらい。実質ドスローの中で動くタイミングも作れず後方馬群の中目で3角を迎える。3角で外々から押し上げる意識、4角で大外をぶん回して追い出して直線に入ってくる。序盤でそこからの伸びはイマイチ、L1でジリジリと伸びてきたがという感じの7着完敗だった。


 まあ出遅れて後方、3~4角で一気にペースが上がってからの大外ぶん回しでは苦しかったと思うし、まずは敗因としては出遅れがかなり大きい。同じ様に大外を回したメルヴィンカズマ辺りと比べると悪くはない伸びではあったかな。ただトップスピード戦としてはやや低調なメンバー構成ではあったと思うので何ともかな。もうちょっとポテンシャル要素が問われた方が良かったと思うし、高速馬場も合わなかった感はある。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
ヴィクトリアM(GI)・鉄板3点勝負

  ミッキークイーンを脅かす!?
馬券のプロも買う穴馬で30倍を狙う
━━━━━━━━━━━━━━━━━

4/23 東京7R  3万2050円的中
4/23 京都11R 1万2430円的中
4/22 福島11R 2万4790円的中
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中

ヴィクトリアMの3点勝負を見る方法!
pngホースメン:ヴィクトリアマイル300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!
noimage
シリウスステークス 2017 レース回顧・結果:メイショウスミトモ、出来の良さと展開がマッチし強烈なバテ差しで番狂わせ!
ラジオNIKKEI賞 2017 レース回顧・結果:セダブリランテス、前走とは違う横綱競馬、好時計で先が楽しみとなる完勝!
函館スプリントステークス 2017 レース回顧・結果:ジューヌエコール、軽量とハイペースでGI馬をまとめてなで斬り6秒台のレコード勝ち!
毎日王冠 2017 レース回顧・結果:リアルスティール、またミルコだ…絶妙な位置から仕掛けを待ちつつ直線の坂でグンと切れて接戦を制した!
noimage
スプリンターズステークス 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、ゆったり入って坂の上りで推定10秒台の強烈な切れ味を引き出しての勝利
愛知杯2018 レース回顧・結果:エテルナミノル、好位から鋭く一脚…ギアチェンジで出し抜いた!
noimage
CBC賞 2017 レース回顧・結果:シャイニングレイ、追込みでも真価を発揮…大外からまとめてのなで斬りで久々の重賞制覇!
みやこステークス 2017 レース回顧・結果:テイエムジンソク、まさに迅速なるハイペースのスピード勝負を4角先頭堂々押し切り!
チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
カペラステークス 2017 レース回顧・結果:ディオスコリダーが3歳馬ながら外からしぶとく伸びて重賞初制覇!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP