投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

新潟大賞典 2017 出走予定馬:サンデーウィザード、コーナーで動いていくところで良さ…新潟外回りの適性がカギに

2017 新潟大賞典(GIII) 新潟芝外2000m
予想用・出走予定馬一覧
新潟記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 
 今年は恋路ヶ浜特別、関門橋ステークスと連勝で結果を積み上げてきたサンデーウィザードが新潟記念に出走予定。本格化までには時間がかかったが、ここ3走は強い競馬を見せてきた。5歳にしてこれが重賞初挑戦となるが、混戦を断つだけの末脚を繰り出せるかに注目したい。


 この馬の場合一応京都の2000で1:57.9と好時計で勝ち切っているので、新潟2000の時計勝負でも対応できそうというのはある。まあこの京都2000の時はこれだけの時計を叩きだしてはいるが、上位は結構接戦で何頭も好時計を叩きだしているので当てにはしづらいが。後は、ここ2走ポジショニングがが良くないのでその辺りがどう出るか。コーナーでの動きが良い馬なので直線勝負に特化した時への対応も含めて色々と課題はあると思う。


関門橋S(16下) 1着 10頭2枠2番
小倉芝1800m良 1:48.1 49.0-46.7 S^2
13.0 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.4 

 2走前の関門橋Sは時計的には平凡だがL1最速を踏んでいる。ペースは2.3でかなりのスローペース、ラップ推移的には4Fからじわっと加速と言っても11秒後半、L1最速が示す通りに後半の仕掛けが遅い競馬になっている。L1での切れ味がある程度問われた一戦で、基礎スピードはほとんど問われていない。


 2番枠から五分に出たが少し前のめりになったのもあって出脚が突かずに後方にという感じ。最後方列で入ってドスローを進めていく。向こう正面でもペースが上がらずスローの流れだが最後方で我慢、進出の機会をうかがう。3~4角でも前にスペースを置きながら内目から仕掛けていき勢いに乗せてスペースを詰める。4角でそのまま遠心力で大外に持っていって直線。序盤でそこからスッと反応、2列目に並びかけてL1で1馬身ちょっとの差をまとめて差し切った。


 この馬の走破ラップで考えるとL2-1でどちらが最速は微妙だが、少なくともL1は11.2ぐらいを意識できるほど速いラップを踏んでいるはず。L2で大外を回してしっかりと差を詰めてきているし、エンジンがかかってからトップスピードの質、持続力ともに高いレベルにあったといえる。ただ基礎スピードを全く問われていない競馬をしているのでペースが上がってどうかというのはもちろんあった。


福島民法杯(OP) 3着 16頭7枠14番
福島芝2000m良 1:58.7(+0.2) 58.1-60.4 H^2
12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 12.6

 前走の福島民報杯は厳しい流れになったし馬場もそこまで軽くなかったが頑張ったなという3着。ペースは2.3とかなりのハイ、ラップ推移的に見ても前半はかなり速い、中盤も少し息が入っての再加速を前のマイネルミラノが踏んで押し切った形なので、かなり高いレベルで基礎スピードを問われていると。


 14番枠から五分に出て行き脚がつかず、無理せずに最後方近くで進めていく。ただレースも終始淡々とした流れなので押し上げるのも苦労しながら後方集団には取り付いて3角に入っていく。3角で大外から押し上げに行くが、当然各馬もここで一気に前との差を詰めようとしているのでロスが大きい状況、それでも中団列まで取り付いて直線に入ってくる。序盤で好位3列目から抜け出しを図るが流石にちょっと甘くなる。L1までジリジリと伸び切れずマイネルはもちろんフェルメッツァとも脚色で少し見劣っての3着までだった。


 後半かなり速いラップを踏んでいるとは思うが、流石に3~4角で前目の馬も逃げ馬マイネルを捕えに動いているわけでここでのロスは結構響いているはず。前にいたフェルメッツァと比べて2頭分ぐらいのロスがあったし、まあこれでL1甘くなってしまうのはある程度仕方ないかな。ただ前半後ろで進めたとはいえ速い流れに脚を削がれなかったことは評価したい。基礎スピード面で目途を立てられた一戦かな。


2017新潟大賞典に向けての展望

 先週の新潟を見る限りこの時期らしく高速馬場と言えるほど速くはない。この馬の場合一応基礎スピード面で目途を立てているし京都2000でも1:57.9という時計に対応はしてきている。まあレベル的にどうかというのはあるし、福島民報杯もフェルメッツァには先着されている、マイネルミラノの基礎スピードには完敗だった。ペースが上がっても対応はできそうだが、重賞で勝ち負けとなると簡単ではなさそうかな。3走前の今年の恋路ヶ浜特別でもスローからの12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.1とL2最速の坂加速の競馬でスッと2列目から抜け出すギアチェンジを見せていたし結構後半要素は器用な方。トップスピード戦では2走前の関門橋Sでも強かったが、相手が瞬間的にいい脚を使うタイプのベルニーニだったりで、新潟外回りで問われるTS持続がどこまで高いのか?というのは微妙。実際昨年2着の時の恋路ヶ浜特別でドスローからの12.3 - 12.0 - 11.8 - 10.8 - 11.6とL2最速地点で前に出てL1でグランアルマダに差し返されていたりと、まだ何とも言い難い。


 ゲート自体は悪くないが二の足が遅い印象なので、内枠で包まれながらというよりは少し外目からおっつけつつ向こう正面の段階でしっかりとある程度押し上げたい。人気の一角となりそうだが、個人的にはここに入ってとなるとまだちょっと足りないかなと思っていて、折り合えれば前半のポジショニング、基礎スピード、後半のTS持続で高いレベルにあるメートルダールの方を明確に上位に取りたい。コーナーでの動きが良い馬で、ネオの系統というのは中山が合う馬が多いのもその辺が大きいと思っている。新潟の外回りで究極的な切れ味やTS持続でとなると結構微妙かなとみているので、現時点では評価は控えめにしようかなと。



PR【誰でもG1連勝可能!競馬素人もわずか1分の予想でG1連勝を成し遂げたデータ!】
モンドキャンノ、カラクレナイ、どちらも馬券に絡める馬なのか?

今は競馬が熱い!!
毎週末、100円が10万・20万・そして100万円と変わる激戦を繰り広げる競馬。

今週末の注目レース、5月7日(日)NIKマイルカップG1。
1,600 (芝) 牡57kg 牝55kg
待ちに待った東京競馬場開催です!

東京競馬場開催はこの予想サイトをおいては語れません!
〔競馬新指数〕×うまコラボ

人気が人気を呼んで、「本当に走れる馬が1番人気にならない昨今の競馬!」
1番人気が馬券にすら絡まない!
「本当に強い馬が人気にならない昨今の競馬!」
世間の人気、JRAオッズに左右されたら負け確定!

本当に強い馬、本当に走れる馬とは・・・

「出走馬全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、過去5年分データが簡単に導き出します!」

JRAオッズは無視!システム化されたデータが、まさかと思う穴馬を導き出します!

皐月賞も「ファンディーナは馬券外」を簡単に見抜いた!
今年の桜花賞(G1)的中額45,330円、馬単30点の無料予想で簡単に的中!
月額1,980円の有料予想では、ニュージーランドT(G2)496,220円、3連単60点で的中!
しかも、毎週72レース、月では288レース、つまり全レースの予想を完全公開してくれます!
青葉賞(G2)も3連単を簡単に的中させた!

東京競馬場最寄り、府中競馬正門前看板でおなじみの北条直人
インターネットだけでなく、公に顔出しを始めた北条直人

競馬が盛り上がる今が、大穴を狙って高配当を獲得できる最高の時期なんです!
府中競馬正門前駅で、想像もしなかった究極の軸馬を届けます!
→  誰でもG1連勝を可能にするサイト【うまコラボ】


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

神戸新聞杯 2017 出走予定馬:キセキ、春から一変の気配…ここ2走は圧巻で勢いそのままダービー馬喰いを狙う
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:ペイシャフェリス、展開のカギを握る…休み明けで状態面カギも流れを作って一足でどこまで
札幌記念 2017 出走予定馬:ディサイファ、一昨年の覇者で洋芝巧者は確かも…ここ数走をどう判断するか?
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤングマンパワー、前半はスロー向きだが後半の仕掛けは早くしたい…
新潟2歳ステークス 2017 出走予定馬:シンデレラメイク、前走はハイペースに乗ってしぶとく…外回りの決め手勝負で戦えるか?
関屋記念 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、ここ2走の失速が不安…マイルは問題ないが新潟外回りでキレ負けの懸念もある
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノアレス、王者の走りを中山1800mで見せられるかがポイントだ
スプリングステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:トリコロールブルー、フリージア賞は器用に加速して抜け出したが…相手強化でここが正念場
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロと武豊、あと一歩が遠い善戦女子を勝利に導けるか?
フェアリーステークス2018 出走予定馬:サヤカチャン、アルテミスSでは平均ペースでの踏ん張り…折り合い不安も積極策を期待
日経新春杯2018 出走予定馬:ミッキーロケット、厳しい流れだった昨年が強く…突いて全体の競馬に持ち込みたい
日経新春杯2018 出走予定馬:ベルーフ、距離延長で甘さを補えるか?福島記念が物足りない
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイムトリップ、両極端な競馬で結果を出し…適性が読みにくい一頭
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:アンティノウス、前走は一気にパフォーマンスを上げ…ハイペース歓迎も包まれないかがポイント
AJCC2018 出走予定馬:ゴールドアクター、武豊との新コンビで久々のゴールドメダルとなるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP