投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:キョウヘイ、アーリントンCは良馬場でスピード負けした感あり…ゲートも拙くこのレベルだと重馬場限定か

2017 NHKマイルカップ(GI) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
NHKマイルカップ2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017NHKマイルカップの注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(3位前後にあります!)

 重馬場の千両賞で2着、シンザン記念では強烈な末脚を披露して重賞初制覇を成し遂げたキョウヘイがNHKマイルカップに出走予定だ。良馬場でのアーリントンカップでは残念ながら末脚不発となったが、重馬場のシンザン記念のパフォーマンスは侮れないものがある。千両賞の勝ち馬は後の皐月賞馬アルアイン、2着馬が後のNHKマイルカップ勝ち馬となるか?に注目だ。


 道悪と良馬場では評価がガラッと変わってしまう一頭かな。千両賞でもそうだがタフな馬場での末脚比べならキレ負けすることなく最後まで食い込んでくるし、シンザン記念の様に超ハイのレベルまで行っても脚を使えるのは怖さとしてはもちろんある。天気次第というところだ。


シンザン記念(GIII) 1着 15頭5枠9番
京都芝外1600m重 1:37.6 47.1-50.5 H^3
12.1 - 11.0 - 11.4 - 12.6 - 12.4 - 12.8 - 12.7 - 12.6

 まずは当然重賞初制覇の舞台となったシンザン記念から振り返りたい。この時は重馬場で極端に時計が掛かっていた。ペースバランスで見てもわかるように、3.4で超超ハイに肉薄する超ハイペース、ラップ推移的に見ても後半は終始12秒台半ば~後半を刻むという消耗度のきつい競馬となった。パワー型の基礎スピード特化戦と言っていいだろう。


 9番枠から出負けして二の足もつかずに最後方からの競馬となってしまう。道中も前がこの馬場の割にはかなり飛ばすので最序盤はついていけない。ただ徐々に前が消耗する中で3角では後方集団に取り付いて内を狙う。4角でも最内で最短距離を通しながら徐々に押し上げつつ後方内で直線。序盤で進路を捌きながら一気に押し上げて好位列、L1で前にいたタイセイスターリーが外に寄れたスペースを上手く突いて中目から突き抜けての勝利だった。


 まあ、嵌ったことは間違いないだろうと思う。出遅れて後方から、取り付けずにいたが早い段階で前が消耗したので取り付く形になった。3~4角でも最内をロスなくかつスムーズに回せて直線の捌きもここまで完璧に最後方から噛み合うというのはなかなか珍しい。重馬場適性が高いことは既に千両賞で証明してはいたが、それだけではなく超ハイペースに最後方からとはいえ対応して脚を削がれずに直線で炸裂させることができた。これだけでも結構大きな武器にはなってくると思う。もちろん雨が降れば…の話だが。


千両賞(5下) 2着 15頭1枠1番
阪神芝外1600m重 1:36.7(+0.2) 48.7-47.8 S^1
12.4 - 11.2 - 12.4 - 12.7 - 12.3 - 11.4 - 11.9 - 12.2

 3走前の千両賞も重馬場でパフォーマンスの高さを見せた一戦と言える。ここでの勝ち馬が後の皐月賞馬でもあり、3着のカワキタエンカ含め下位もなかなかの好メンバーだった。ペースはシンザン記念と違って重馬場だが0.9でややスロー、上がり切らずのL3最速でTS持続に近い競馬になっている。


 1番枠から出負けして後方からの競馬。道中も内枠でもあったので内内でジッと我慢しながら3角に入っていく。3~4角でも内内、4角の下りで前がペースアップし、ここで最内を立ち回って出口で中目に持っていく。序盤で減速してくる各馬の馬群を縫って伸びてくると、L1でしっかりとバテ差して2着を確保した。


 内容的に見ても重馬場ではあったが後半がズブズブというほど消耗しているわけではなく、4角の下りでペースが普通に上がって最速11.4、そこからは直線進むにつれて減速となっているのでバテ差しではあるがTS持続に近い形。この馬の上がりでも34.9となかなか速いように、後半要素を問われているのでこれはシンザン記念とは違う。ただ仕掛けが早かったしバテ差しにはなっているので良馬場で各馬余力がある中で鋭さを問われたとき、または軽い馬場で良質な基礎スピードが問われてどうなのか?がポイントだったといえる。


アーリントンC(GIII) 7着 12頭3枠3番
阪神芝外1600m良 1:35.5(+1.4) 47.2-46.9 M
12.3 - 11.0 - 12.0 - 11.9 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 12.3

 課題となった良馬場のマイル戦、アーリントンCでは克服できなかった。良馬場とはいえそこまで軽い馬場ではなく開幕週は割と標準に近い馬場。ペースは平均でラップ推移的にはL2最速もL3地点でも十分速い。やや速い流れだったが後半の仕掛けのポイントに関しては割と出し切りやすい展開だったといえる。


 3番枠からやはり出負けして最後方近くからの競馬になる。そのまま前もペースを大きく緩めずに来る中でほぼ最後方で進めておっつけながら3角。3~4角でも最内を立ち回って4角で外に誘導して最後方で直線。序盤でキレがなくジリジリとしか伸びない。L1の減速地点でもっと伸びてほしかったが伸び切れずなだれ込むまでの7着と完敗だった。


 良馬場だとこうなってしまうかな、という感じだったかな。L1はかなり落ち込んだのでここでの伸びが欲しかったのだが、恐らくこのペースで追走に苦労していて脚を引き出す余力が少し削がれてしまった。良質な基礎スピード不足という感じで、恐らく良馬場だと1600はちょっと短い。もともと1200でそこそこやれてはいたんだが、明確に前が落ちてこないとというのはあるし、当時はまだスタートも良かった。


2017NHKマイルカップに向けての展望

 常識的に考えれば良馬場ではまず苦戦は必至だと思っている。基礎スピード的に47秒ラインで突いていって甘くなっている、重馬場で時計が掛かれば追走できなくても前がばてるので差し込めるという感じだとパワー型消耗戦では良くても速度的に見劣ってしまう。アーリントンCはまさにそういうタイプの典型的な負け方だった。最速地点でのキレを見せてきたことは一度もない、阪神の下り坂で勢いをつけてバテ差してきた馬で府中の上り坂で加速が問われるケースがあると不安の方が大きいだろう。まあNHKマイルCは比較的L3最速戦になりやすいのでその点はこの馬にとっては良い材料だが、恐らくアーリントンCのような感じになると今の府中では基礎スピードタイプにスピード負けして後方で動けないままL1ジリッとという程度で終わりそう。現時点では良馬場では拾う予定はない。ただもちろん雨が顕著に降ってズブズブの馬場になれば別。少なくとも千両賞、シンザン記念ともに結構高いレベルの競馬の中で結果を出してきたし、明確にラップが落ち込めばチャンスは出てくる。天気次第かな。


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第22回 NHKマイルC(G1)
新聞の印に惑わされたくない方へ
【今年も二桁人気が激走する!】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】先週も的中を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼土日続けて1000倍超え▼
━━━━━━━━━━━
▼GIの前に
  3079倍の殿堂的中▼
4月30日 京都9R
◎ペプチドサプル
(4人気・単勝5.8倍)
△エマノン
(10人気・単勝45.7倍)
◯メイショウタチマチ
(5人気・単勝9.0倍)
3連単 30万7940円
3連複  3万6170円
馬 単  3万1880円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼8歳牝馬の
 一変話をスクープ!▼
4月29日 京都8R
◎メイショウユメゴゼ
(7人気・単勝18.5倍)
○ブライスガウ
(3人気・単勝5.3倍)
△ワンダーヴィーヴァ
(8人気・単勝21.4倍)
3連単 11万0950円
3連複  2万2060円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『NHKマイルC(G1)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
完全無料・NHkマイルC(G1)
PNG暴露王:NHKマイルC300_250

━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

NHKマイルカップ2017の出走予定馬と血統データ
NHKマイルカップ枠順確定 カラクレナイは2枠4番
NHKマイルカップ2017のプレ予想 カラクレナイの評価
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:レッドアンシェル、前走2着もペルシアンナイトには離され…ゲート微妙で末脚でどこまで差し込めるか
NHKマイルカップ 2017 予想:本命16アエロリット
NHKマイルカップ 2017 枠順確定:アエロリットは8枠16番と大外8枠…ゲートと折り合いがポイントに
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:ナイトバナレット、とにもかくにもゲート…馬場適性も微妙で良馬場だと狙いにくい一頭
NHKマイルカップ 2017 予想用ラップデータ:ペースは平均以上、仕掛けどころも早くなりやすいタフなレース
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:ディバインコード、基礎スピードは非凡…ペースを引き上げ1マイル全体の勝負に持ち込みたい
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:モンドキャンノ、距離短縮は歓迎、マイルでペースが上がって末脚を引き出せるかが焦点か
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:ミスエルテ、高速馬場のマイル…前半無理せず末脚を出し切っての浮上は警戒
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:アエロリット、桜花賞では痛恨の後方からの競馬で届かず…実績ある府中マイルで今度こそ
NHKマイルカップ 2017 敗因分析・結果:カラクレナイは17着…4角の段階で反応が悪く
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:タイセイスターリー、シンザン記念で見せた直線序盤の反応を良馬場で引き出せるのかどうか
NHKマイルカップ 2017 追い切り・調教評価:前向きに力強いフットワークで好時計、好ラップを叩きだした!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP