投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京都新聞杯 2017 出走予定馬:ゴールドハットと武豊、2200mへの一気の延長は鍵も…2走前は強い内容

2017 京都新聞杯(GII) 京都芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
京都新聞杯2017の予想用・出走予定馬一覧


 中距離路線での実力馬が数多く揃った中で、マイルの未勝利戦をぶっちぎってきたゴールドハットが武豊とのコンビで京都新聞杯に出走予定だ。前走の黄梅賞では外から動く積極策で見せ場を作るも及ばずの3着。とはいえ未勝利戦は好時計、0.8差のぶっちぎりで存在感を示してきた。これを2200mで引き出すことができるかがポイントだ。


 ここ2走の内容を考えるとマイルの方が良いかなと思う。距離自体はもうちょっとやれるかなとは思うが、一気に2200mまで延長して嵌るかどうかと言われるとちょっと難しいかな。基礎スピードの高さ、それもタフな馬場で良さが出た感があるし前走も悪くはないんだけど動いていいタイミングで動いて甘くなった感があるので、少なくともチャンスがあるとすれば平均では流れて仕掛けが遅れる形を先行内内で、というぐらいの条件が欲しいかな。


未勝利 1着 16頭1枠2番
京都芝内1600m稍 1:35.9 46.8-49.1 H^2
12.5 - 11.0 - 11.5 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.5 - 12.2

 圧倒した2走前の未勝利勝ちから振り返る。稍重で時計も結構掛かっていた状況、ペースバランスは2.3でかなりのハイだがこれは単騎逃げ馬が刻んだもの。実質的に離れた番手で見ると大体800通過で48秒なので大体平均ペースとみておいていいだろう。逃げ馬との差は3角ではそこまで詰まらず、L3-2辺りで一気に交わしたところがあるので、恐らくL3最速かなという感じ。


 2番枠からまずまずのスタート、内から押して先行策を取っていくが前も結構速いしすぐに縦長になったので無理せず好位という形。 道中もおっつけながらの追走で3角に入っていく。3~4角でも内内を立ち回って好位、終始手が動いていて4角で外に持ち出して4番手で直線。序盤で一気に2列目から抜け出し先頭まで楽に立つ。そのまま後はぶっちぎった。


 内容的にも力の要る馬場で厳しい流れの中しっかりと最後までばてずに突き抜けているわけで、基礎スピード面を問われたし、その中でポテンシャルをしっかりと引き出すことができたというところ。番手の位置だと大体平均だとみていいと思うし、ペースバランスの見た目ほどハイというほどではない、上がりから考えてもL3辺りで恐らく11秒半ばを使ってきていると思うので結構長くポテンシャルを引きだしてきた。この感じなら1800ぐらいはこなしてきそうな感じはある。それと同日のこぶし賞がそこそこハイレベル戦だったのだがそれよりも時計的に優秀。勝ち馬がマイスタイルで上位にもディアドラ辺りがいたことを考えれば重賞でもそこそこやれる可能性を示した一戦と言えそう。少なくともパフォーマンスとしては結構高いレベルにあると思う。


黄梅賞(5下) 3着 8頭2枠2番
中山芝外1600m良 1:37.3(+0.1) 50.4-46.8 S^4
13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.0 - 11.9 - 12.0 - 11.2 - 11.7

 前走の黄梅賞は結構極端にスローだった。ペースバランスが3.6の超々スローで新馬戦のような流れ、最序盤が非常に遅く中盤から少し速くなってL2最速とこの距離としては2段階加速のような展開になっている。中山1800っぽいラップ推移といえばわかりやすいか。前半要素を問われず後半のポテンシャル面とL2のトップスピード面、またL3-2のギアチェンジ面もかなり問われていてここでどう乗ったかもポイントにはなっている。


 2番枠からまずまずのスタートを切ってそこから控えて中団の内目という形で進めていく。ただ前半が超々スローなのでどうしても一瞬掛かり気味になるがこれをコントロール、前にスペースを置けるぐらいで割と折り合いは苦労せず進めていく。3角で外に出してというところで徐々にペースアップだがそこまで速くもない。4角で外から進出、ここで一気に上がって行って2列目の外に並びかけてここで一気にペースが速くなって先頭列で直線。ただそこからがちょっと甘くなってしまいジリジリ伸び切れない。L1まで頑張ったがそれでも維持しきれずの3着完敗だった。


 ラップ推移から言えば外から動いていったのはそこまで大きなロスにはなってない。確かに4角出口が11.2で少し絡んでいるので最速地点でのロスは痛かったが、3~4角の大半は12秒前後なわけでギアチェンジ面で楽ができたということを考えれば流れとしてはあれでよかったといえる。この日は割と速いラップも出ていたし、良とはいえ少し渋っていたが上がり3F34.4自体はペースが超々スローを考えるとそこまで評価できるほどではない。あの競馬ではL1で甘くなる、というなら使える脚は少なくとも長くないという感覚かな。TS持続はちょっと甘いと思う。


2017京都新聞杯に向けての展望

 まあ距離に関しては2200までとなると流石にどうかな?というのはある。父はマイラーのハットトリックだし母父ラーイは基本的にはマイル色が強いイメージで血統的には微妙。兄のカフジオリオンも父プルピットとはいえ短距離色が強い。ただ未勝利の内容、前走も含めて1800ならそこまで問題視しないぐらいの感覚かな。流石に条件が必要だと思う。トップスピード戦ではこのクラスだと使える脚が短い方だと思うので、そうなるとスローからの上がり勝負では結構苦しい。チャンスがあるとすれば平均で流れていく中で好位ぐらいで進めて3~4角で我慢することと、直線前半が最速、というようにレース全体の仕掛けも遅れてくれれば、というぐらいかな。条件的には結構限定的だとは思うが、2走前の未勝利戦はかなり強かったと思うし、あの感じなら地力はいずれどこかで噛み合えば重賞でもという感じ。内枠、縦長の平均ペース、好位内内、この辺りが噛み合いそうなら距離不安は覚悟で押さえておきたい一頭かな。



【誰でもG1連勝可能!競馬素人もわずか1分の予想でG1連勝を成し遂げたデータ!】
モンドキャンノ、カラクレナイ、どちらも馬券に絡める馬なのか?

今は競馬が熱い!!
毎週末、100円が10万・20万・そして100万円と変わる激戦を繰り広げる競馬。

今週末の注目レース、5月7日(日)NIKマイルカップG1。
1,600 (芝) 牡57kg 牝55kg
待ちに待った東京競馬場開催です!

東京競馬場開催はこの予想サイトをおいては語れません!
〔競馬新指数〕×うまコラボ

人気が人気を呼んで、「本当に走れる馬が1番人気にならない昨今の競馬!」
1番人気が馬券にすら絡まない!
「本当に強い馬が人気にならない昨今の競馬!」
世間の人気、JRAオッズに左右されたら負け確定!

本当に強い馬、本当に走れる馬とは・・・

「出走馬全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、過去5年分データが簡単に導き出します!」

JRAオッズは無視!システム化されたデータが、まさかと思う穴馬を導き出します!

皐月賞も「ファンディーナは馬券外」を簡単に見抜いた!
今年の桜花賞(G1)的中額45,330円、馬単30点の無料予想で簡単に的中!
月額1,980円の有料予想では、ニュージーランドT(G2)496,220円、3連単60点で的中!
しかも、毎週72レース、月では288レース、つまり全レースの予想を完全公開してくれます!
青葉賞(G2)も3連単を簡単に的中させた!

東京競馬場最寄り、府中競馬正門前看板でおなじみの北条直人
インターネットだけでなく、公に顔出しを始めた北条直人

競馬が盛り上がる今が、大穴を狙って高配当を獲得できる最高の時期なんです!
府中競馬正門前駅で、想像もしなかった究極の軸馬を届けます!
→  誰でもG1連勝を可能にするサイト【うまコラボ】


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

毎日王冠 2017 出走予定馬:ヤングマンパワー、昨年の富士Sの感じなら1800への延長は歓迎…積極策でも強気の仕掛けを期待
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:モンドクラッセ、展開のカギを握る逃げ馬…コーナーでの立ち回りに注目したい
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:タイムフライヤー、連勝で勢いに乗るも…二の足が遅くポジションがカギ
デイリー杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:ジャンダルムと武豊、母ビリーヴと良血に池江泰寿厩舎、人気先行の感はあるが…?
函館記念 2017 出走予定馬:ルミナスウォリアー、このレベルまで来ると上手く嵌らないと難しい…総合的に弱点は少ないのだが
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:シュウジ、ここ3走の崩れは心配も、オーバーペースが要因の可能性高く…
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、中山1800で持ち味の鋭さをロンスパで分散させられると微妙
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ハナレイムーン、クイーンCは十分健闘…1800と馬場適性がポイントか
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:クリアザトラック、古馬相手に前走完勝…前目から長く脚を使えるのが強み
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、NHKマイルC2着の実績評価も…前走が物足りず
セントウルステークス 2017 出走予定馬:スノードラゴン、唯一のGI馬も近走なかなか決定的には差し込めず…開幕週の良馬場では?
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:ベストマッチョ、再度の重賞挑戦、今度は期待に応えることができるか?
小倉記念 2017 出走予定馬:ケイティープライド、ポジショニングセンス良く上手く、内を確保してコーナーの勝負になれば
北九州記念 2017 出走予定馬:プレイズエターナル、良の1000では追走できず…小倉1200でラストのバテ差しに警戒
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP