投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 予想:本命03キタサンブラック

京都11R 天皇賞春(GI) 芝外3200m 良、かなりの高速馬場想定
展開予想】 
 展開予想の前にまず馬場状態から。まあ正直かなり難しいレースになったなあと思っている。個人的には枠の段階でほぼ本命は決めていたんだが、その中で土曜の馬場が想像以上に軽い。かなりの高速状態にまで入ってきて、超高速まで視野に入れないといけないレベルまで来た。展開もかなり難しいところがあり、なかなか当て切るのは難しいなと感じる状況に。


 展開予想はyoutube動画にて詳しく。





 ひとまず最内からキタサンブラックが出していく、ある程度主張しつつだが外からヤマカツライデンが一気に行き切ってペースを引き上げ単騎に持ち込む形になるだろう。その間を狙いそうなのがまず高い確率でタマモベストプレイ、そしてそこそこの確率でノリのゴールドアクターがタマモとキタサンの間ぐらいを狙うんじゃないかなと。キタサン武豊がこの辺りをどう乗ってくるかだが、恐らく4番手ぐらいで入っていくと思う。そのキタサンの後ろも展開上重要なポイントになるが、この枠の並びならラブラドライトが最も可能性が高い。ファタモル、シュヴァルが積極的に内の方に入ってくると思うし、シャケトラはそんなに二の足も速い方ではない、恐らくラブラドライトの直後にシャケトラ、シュヴァルグランは好位の中目で我慢する形になるかなと。その後ろの中団ぐらいにファタモルガーナになるかなとみる。シュヴァルとファタモルガーナの位置取り関係はちょっと読みにくいところはあるかな。外はアドマイヤデウスが好位ぐらいを狙う、外からサトノダイヤモンドもその後ろぐらいで中団外目。ペースは単騎のヤマカツで恐らく59秒台には入ってくる、少し離れているキタサンぐらいで大体60秒半ばぐらい、その前にいるであろうタマモやゴールドアクターの列の辺りで60秒ぐらいとみて、今の馬場で散水が無ければ(土曜途中に雨が降ったから恐らく散水しないだろう。)13秒台の時計も視野に入れてとなってくる。59.5-75-59.0ぐらいを想定、極端に緩まず平均的な競馬、それでも馬場が軽いので3~4角で速いラップをある程度踏む形を想定したい。

<PR>


[先週]福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
1点目で3連単: 2万4790円的中


今週の天皇賞も1点で獲る!

キタサン?サトノ?それとも……

ダービージョッキー大西直宏の天皇賞・春

『絞りに絞った3連単1点』 レース当日・無料公開

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ
PNGワールド:天皇賞春300-250



<PR>

予想
◎03キタサンブラック

〇12ゴールドアクター
[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、2位前後にあります!)
△01シャケトラ
△15サトノダイヤモンド
×02ラブラドライト06シュヴァルグラン
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎キタサンブラック


 ダービーの時に本命を打って唯一崩れたトラウマがあるんだが、まあここは必ず勝つというよりは連軸として信頼したいという感じかなと。もうちょっと現実的に極端な高速馬場でなければもっと自信があったけど、京都大賞典では62.0-58.6と超スローからの12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.1 - 11.1 - 11.5と3F勝負で仕掛けを待って前受しながら抜け出したが、踏み遅れたアドマイヤデウスにL1で強襲されてしまってトップスピードの質を究極レベルまで問われるとちょっと危うい。ただ基本的に淀の3200で上がり3Fだけの競馬にというのは近年ではなりにくいし、3~4角で分散する形で中間的な競馬に持ち込めればそう不安はないかなと。それと今回は逃げ馬番手勢の出方が読みにくいが、この馬の良いところは菊花賞で馬群の中で閉じ込められてからもきっちり勝ち切れているというところ。ラップ推移的に見ても13.7 - 11.8 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 12.2 - 11.6と後半の超ロンスパ、その分前がしんどくなって直線前半で減速ラップを踏む中で内内で進路確保に少し苦しみながらもスッと反応してL2-1の12.2-11.6の加速ラップでギアチェンジでスッと抜け出してリアルスティールを封じ切った。この感じからも要所で包まれても機動性が高く問題ない。京都の長丁場で内を立ち回るリスクがほとんどない馬だし、明らかに昨年秋から今年にかけてパワーアップしてきている。多少不安が無いとは言わないが、それは他の馬も同じ。相対的に見ても決定的な不安材料がない、総合力では一番。有馬記念でもサトノダイヤモンドがスタンド前で押し上げてきたことが大きいが、そういう競馬をルメールができるかどうかもあるし、冬の有馬と比べても春の淀の3200は3~4角で速いラップを踏みやすいからここでの立ち回りが問われるのは言うまでもない。2強だけど、予想的には枠の段階でこちらを本命にせざるを得ない、という感じかな。馬体重が増えてきて見るからに力強くなっている分が距離でどうかというのはあるんだけど、ここは素直に。


〇ゴールドアクター


 予想の入り方としてキタサンを破るとしたらのパターンでノリも恐らく今回は積極的にポジションを取ってくるだろうと思う。恐らく逃げるヤマカツ、番手のタマモベストプレイまではある程度決め打っていいと思うし、そうなればこの枠でタマモを目標にしながらついていって先行、3角下りまでに内に入り切って壁を作って折り合ってという3番手を狙ってくる可能性は高いだろうと。有馬もそうだけど、本質的に仕掛けを待ちたいタイプ。61.0-59.4とかなりのスローで12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1と5Fのロンスパだが4角地点で少し緩んでというところで上手く外に持ち出しサトノの内に入り込む、そこからL2の再加速で一瞬良い脚を使ってキタサンに食らいついた。ただ結局はキタサン・サトノのポテンシャルに屈した。速いラップを踏んでこそで有馬を勝った時なんかはドスローからの12.6 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 12.2と2段階加速からのL2最速トップスピード戦で2列目のポケットで我慢して直線で抜け出しているように、トップスピード戦の方が適性が高い。それと基本的には高速馬場巧者ではあると思っているので今の淀の3200でしっかりと単独3番手ぐらいで前目で我慢、3~4角でも最内で我慢できれば。距離の不安もなくはないが、菊花賞3着時は終始淡々とした流れの中で好位中目、3~4角でも2頭分ぐらい外を回していたし、一足は使えていた。あの感じなら結構この距離での基礎スピードは持っていると思うしノリの腹を括った先行策が嵌る可能性は高いかなと。高速馬場でしかけを待ってL2最速、ゴールドシップが勝った時の3着に粘ったカレンミロティックみたいな競馬を期待したい。


[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、2位前後にあります!)

 大穴というか、人気と実力、適性面で評価が不当に低い馬、という位置づけ。勝ち切るまではどうかと思うが、正直2番手グループの一角には入っているはずの馬。昨年は61.8-74.9-59.1と淡々としたスローの流れで後半は12.7 - 12.5 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.9とL3の4角地点最速の中で後方外々となってしまったが直線での伸びがなかなかで、特に同じ様な外々で苦しい競馬になったフェイムゲームに内容的に上回ってきたのは評価したい。この馬は隠れ高速馬場巧者で、ギアチェンジは拙いがしっかりと段階的に動いていけば長くトップスピードを維持してくる。かなり昔にはなるがアイルランドTを4着したときなんかも高速馬場で2000は明らかに短い、そんな中で最高行から12.0 - 12.3 - 11.4 - 11.6 - 12.8と仕掛けが早く出し切りやすい流れの中で外々からグングン伸びてきてL1までしぶとく差を詰めてきた。速い脚を結構使える馬だけど、エンジンの掛かりが遅い。その点で前走はドスローからの12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5と3F勝負に特化して先行したことで勢いをつけられないまま直線一気のギアチェンジで脚が引き出せなかった感じ。京都の外回りは3角の下り坂で勢いに乗せやすいというのがあるし、この馬の場合は乗ってしまえば速度的には足りない馬ではない、中間的な脚を連続するのは上手い方。2走前なんかもこの路線では2番手グループかどうかの指標と言っていいモンドインテロに楽々先着の2着。この辺から見ても現時点でこの人気は明らかに不当に低い。高速馬場適性は高いはずで、外からサトノが動いてキタサンも昨年同様3~4角で動く、こちらは昨年と違って内目~中目を立ち回れそう。出来れば昨年よりいい位置を取ってほしいが3角以降仕掛けのタイミングが早くなれば通用していい。キタサンを喰ってくれとまでは難しいとは思っているけど、位置取り、コース取りで昨年以上を狙えるはず。シュヴァルもアルバートも京都向きではないと思うしね。


△シャケトラ


 この馬が一番悩ましかったかなあ。適性面を見ても経験則からはちょっと危険がある。5走前の美濃特別は超高速馬場の中京2000、61.3-58.6と超スローからの12.2 - 12.5 - 11.4 - 11.0 - 11.5と3Fの上がり勝負で前を向いて直線に入ってきたが加速で置かれてL1までジリジリ。トップスピード戦への適性が不安なのは間違いない。ただ前走の日経賞は間違いなく強くて、中山2500でタフな馬場、61.6-60.7とややスローの12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6と紛れもないポテンシャル戦で外々から突き抜けた。かなり強い競馬だったが、適性的には正直ミライヘノツバサが出てきた方が面白かったかなとも思っている。阪神大賞典勝ち馬が天皇賞春にあまり直結しにくいというのからもわかるように、 高速馬場の京都3200は要求されるところが違ってくる。この馬はどちらかというと今の段階ではコテコテのステイヤー型の競馬をしてきているのでその辺がカギかな。まあ前走はゴールドアクターやレインボーライン比較でみてもかなり強い競馬はできている。適性の不安を素材の高さと枠でカバー、追い切りも良かったし連下で。


△サトノダイヤモンド


 ん~…かなり悩んでこの位置にした。まず重い印を打つにはリスクとリターンが釣り合わない、単馬券で狙うとしても2,3着付けで裏狙いまでとは思っていた。有馬記念は強かったけど緩い段階でのリカバーが利いたのは間違いないし、キタサンに近い位置に早い段階で持っていけたことが一つ。それとあの有馬の場合は時計も少し掛かっていて12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1とポテンシャル戦ではあったし、その中でL2の再加速の地点ではちょっと置かれていた。年末の中山のタフな馬場なのでそこまで速度負けをしなかったが、結局ダービーにしても神戸新聞杯にしてもだし、有馬もそうだが超一流レベルまで行くと最速地点でのキレはさほどでもない。恐らくこの面子で高速馬場の京都3200で4角速いラップを踏まれたときに外々からとなるとばてなくても置かれる。L1は有馬もダービーもそうだが前に目標がいれば確実に伸びてくる馬だしもちろん大外枠というだけで切るというのもリスクが大きい。実力は世代最強なわけで、有馬を見ても現役最強はキタサンかこの馬かというレベル。そういう期待も込めて連下に。


×ラブラドライト


 枠が良い。キタサンブラックの直後を狙うチャンスがあるし、ダイヤモンドSでもドスローからの12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.3 - 11.5とトップスピード戦で出し抜いてL2地点ではアルバート以外とは差を広げていた。この辺りは超高速の京都3200だと結構生きてきそう。もちろん58kgになるし相手がキタサンブラックやゴールドアクターといった先行勢との比較としてみてもなかなか強くは狙いにくい。3着づけでヒモ荒れ狙いかな。
 

×シュヴァルグラン


 昨年以上を狙うというのも結構難しいかなとは思う。阪神大賞典で正攻法ではサトノダイヤモンドに撃破されているし、JCでも61.7-58.9の超スローからの12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1とL3最速TS持続の競馬でL1ジリッと来てもキタサンとの差はあまり詰まってこなかった。昨年の春天はコースロスなく完璧に乗ってのL3最速戦でもL1減速での伸びがさほどでもなかった。キタサンの後ろを取れたとしてキタサンブラックを差せるかは微妙なレベルだし、内枠はそこそこ先行~好位列で固まっている。サトノダイヤモンドに対しては内外の立ち回りで京都3200なら逆転可能な範囲だとは思うが、この馬自身があまり京都の高速馬場で内内で器用に立ち回ってというタイプでも昨年からはなさそうなので難しいところかな。押さえまで。





 天皇賞春予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。騎手の腕が結果を左右する長距離戦天皇賞春だからこそ、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという、、。曰く、、「キタサン・サトノの力比較は既にできたので自信あり」とのこと!↓↓


2強にもヒケをとらない超穴馬

こんな馬を買うんですか!

第155回天皇賞春(G1)
『想定200倍以上も』
大西騎手の3連単1点馬券
↑無料で教えます↑



◆[先週]第14回福島牝馬S(G3)↓
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中

◆いま絶好調!勝負情報で大きく獲った↓
第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

第47回高松宮記念(G1)
△セイウンコウセイ
◎レッツゴードンキ
○レッドファルクス
馬連:2150円的中
3連複:3230円的中

第51回 フィリーズレビュー(G2)
◎レーヌミノル
○カラクレナイ
△ゴールドケープ
馬連1点目:450円的中
3連複:2220円的中
3連単:9570円的中


今週の天皇賞春も1点で獲る!

↓↓↓↓↓↓

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春 2017 予想用ラップデータ:とにかく勝負所までのポジショニングが重要…コーナーでのロスが響きやすいレース
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春 2017 1週前追い切り評価:馬なりで我慢しながら追い出されての反応良く、前肢を鋭く動かし好気配!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ラブラドライト、51kgでの好走から強敵相手に一気の58kg…前走の出し抜きは魅力だが
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シャケトラ、要所の反応が少し甘く、内から置かれない早仕掛けの展開が理想
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリー、阪神大賞典は無理せず進めて脚が無く失速…状態もだが距離も怪しい
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤデウス、京都大賞典はワンテンポ遅れて急追…切れ味勝負でキタサン直後なら不気味
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ゴールドアクター、昨年惨敗も大外枠で勝ちに行く苦しい競馬…高速馬場、キタサン直後で我慢できれば
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊は2枠3番と絶好枠から連覇を狙う
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、高速馬場は歓迎できそうだが…外枠でゲートが甘く、前走以上を狙えるか?
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、三冠馬も沈んだ試練の8枠…不安を覆して5連勝となるか
天皇賞春2017の予想
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:スピリッツミノル、しぶとい馬だがゲートが甘く、前に行くには内枠が仇となるか…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP