投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

青葉賞 2017 予想:本命09ベストアプローチ

東京11R 青葉賞(GII) 芝2400m 良、高速馬場想定
展開予想】 
 金曜正午の段階でパンパンの良馬場、終始今週は降っていないので散水はされているようだが先週の感じならかなりの高速馬場まであり得るかもしれない。一応ノーマルの高速状態を想定しておくが。日曜は雨上がりで内有利の傾向が出ていた感じ、土曜はそこまででもなかった。一応内有利気味の想定はしておくが極端ではないかな。


 展開だが結構先行馬が揃った。とりあえず行く馬はタガノアシュラでほぼ確定だろう。この枠の並びだし、逃げたくない先行馬が揃っている中でまず楽に行かせてもらえるはず。この後ろのスペースをまずはポポカテペトルが出していって先行、番手を狙う。外からイブキも出していって恐らくポポカテペトルの前に入って実質ペースを作る番手で進めたい。更に言えばアドマイヤウイナー、ダノンキングダムといったところも先行策を意識して取ってくる。タガノが60秒半ば~61で作っていくとして、そこからそこまで離れず61~61秒半ばぐらいの感じで前半は入っていきそう。ただ馬場は例年に比べるとAコースの段階で結構顕著に速いラップを踏んでいるので、恐らく実質で見て一応61-25.5-59ぐらいの感じで2:25.5ぐらいは出るかなと。ただ今年は高速馬場で先行勢も多いので平均まではいかないにせよ60秒前後の入りも想定はしておきたい。その場合中弛み気味にはなると思うが。後半はトップスピード戦で想定はしている。


予想
◎09ベストアプローチ

〇10アドミラブル
[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、2位前後にあります!)
△08タガノアシュラ
△11トリコロールブルー
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎ベストアプローチ


 今回は面白い条件が揃ったかなと。まずは個人的に高速馬場の方がパフォーマンスが高いなというのとトップスピード戦の方が良いだろうと。6着に負けたんだがセントポーリア賞は内容的にも面白かった。超高速馬場で48.5-46.5、かなりのスローからの12.6 - 12.7 - 12.8 - 11.4 - 10.8 - 11.5と極端なトップスピード戦、後方馬群の中で進めて直線序盤の加速段階で置かれてしまってL2でも絶望的な位置。そこからL1での伸びは明らかに一枚上のパフォーマンスを見せて差し込んできた。この時は同日の1000万下と比較しても高いパフォーマンスでその時の勝ち馬がスモークフリー。トップスピード戦としてはこのセントポーリア賞はなかなかのハイレベル。その中で出し切れなくての上がり最速はある程度価値がある。それに1800だとポジション取りで苦しい感じだったし、前走の弥生賞でも63.2-60.0と超スローは良いが加速していく流れで内内で包まれてしまって踏み遅れてのL1差し込み。この辺からも噛み合い切らない競馬が続いていた。ただ今回はアドミラブルがミルコだしある程度向こう正面の段階から押し上げの意識を持ってくれそうだし恐らく仕掛けも早めに動いてくれそう。これの後ろぐらいから進められれば踏み遅れるリスクは減りそう。TS持続は底を見せていないし、一応セントポーリア賞で高いレベルとは言えないが坂加速でも10秒台の競馬の中で対応はしてきた。極端なギアチェンジは不向きにせよ、前に目標を置いて、目標が動いてくれてその後ろをついていける形なら。血統的にもガリレオ系×フォルリ系、フォルリと言えばセイウンスカイ・エリアのシェリフズスターと同系統で基本的にはスタミナ色が強い。この血統なら2400は合うはず。


〇アドミラブル


 まあ抜けた1人気にはなるだろうなと思っていたので2倍台前半(まだわからんが)なら悪くはない。この馬の場合はやはりトップスピードに乗ってからの持続力が高くて、前走のアザレア賞では阪神外回りの2400、65.0-59.1と極端なドスローで13.1 - 13.0 - 12.4 - 11.0 - 10.9 - 11.8とL3の4角下りから一気の競馬で突き抜けた。ただこのレースの場合ドスローの内にするするとポジションを上げて上手く3角に入ってきていたのはある。雨の影響もあったし超々スローでも上がり33.5は高く評価できる。これを引き出せればというところだが、2走前の阪神1800で46.7-47.3と厳しい流れに中団で進めてしっかりと脚を引き出せている、好時計での勝利で普通に基礎スピード面もクリアしてきた。これならというところ。


[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、2位前後にあります!)

 前走を高く評価した。前走は高速馬場気味だったが雨の影響もあってそこまで極端ではなかった。ペースは60.9-60.6と平均だがこれは単騎逃げのもので、離れた3番手で大体63秒ぐらいだから超スロー。ただ恐らく逆算すれば後半5Fで大体58秒で上がってきているのでこの辺はなかなか優秀だし、そのうえで12.1 - 12.2 - 12.4 - 12.5 - 11.5 - 12.0というラップ推移、3~4角でじわっと取り付きつつ直線序盤の坂の上りで外に出してスッと反応、L1できっちりと前を捕えてきた。この感じだと結構ステイヤー色が強くて、段階的に脚を使いつつL2でもう一足、そのパターンだとL1も結構長く脚を使ってきたというのはある。2走前や4走前の様に外から勝ちに行く形だと甘くなってしまう印象だし、3走前の様にペースが上がると甘くなるので、この感じならゆったり運べる2400でいいポジションを取ってじわっと後半段階的に進めながら本仕掛けを待てればというところかな。上手く2,3列目ポケットを確保できれば内有利ではあると思うしチャンスは十分ある。


△タガノアシュラ


 先行馬は多いが逃げ馬は少なくこの馬が自分のタイミングで主張していけるしこの枠の並びならひとまずハナを主張できそう。2番手グループのポジション取りがどうなるかだが、ある程度離れた位置で60秒半ばぐらいで入っていければ。2走前のすみれSは結果的に強敵クリンチャーが外から早めに競りかけられたことで12.9 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 11.9 - 12.3とL3最速、厳しい流れになって潰されたがそれでも3着以下、キセキやダノンディスタンスを封じ込められたならここでもうちょっとやれていい。出来れば3角手前ぐらいで息を入れて直線までに2~3馬身は欲しいかな。


△トリコロールブルー


 前走のスプリングSでは48.6-48.1と平均で流れたし1角までの距離が短い中山1800で大外枠で坂スタートで少し出負けと厳しい競馬。それでも12.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 12.4とポテンシャル戦の中で外々で最後までジリッと脚を使ってきた。まあこのレースでは基礎スピード面でも苦労したし条件も前述のとおりで良くなかった。フリージア賞は手放しでは褒められないにせよ、62.8-59.0とドスローからの12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.6 - 11.1 - 11.6と3F勝負の中で好位で待たされながらもしっかりと反応してL2の途中から伸びてきたし、L1で抜け出す競馬。ポジショニングが少し難しいところはあるのでその辺りだが、このメンバー構成ならトップスピード面の適性を見せてきたし押さえておきたいかな。


<PR>
サトノダイヤモンド、キタサンブラックは馬券に絡める馬なのか!?

待ちに待った天皇賞春の開幕です!!

多くのレースは2,000m前後。
しかし天皇賞春は3,200mという長距離レース!
毎年のように、どんな展開が起きてもおかしくないレースです。

数々の名馬が名を連ねる中、みなさんもご存知、
サトノダイヤモンドとキタサンブラックが
圧倒的な人気となっています。

間違いなくこの2強が軸となるレースになるだろう!

と世間では言われていますが、それはなぜでしょうか?
サトノダイヤモンドが馬券に絡む?
キタサンブラックも馬券に絡む?
ゴールドアクターやディーマジェスティの方が、
本当は馬券に絡む確率が高い!?

でも、それはなぜ?理由は?

誰もが根本的な理由がなく、
ただ世間で噂になっているから。
注目を浴びているから。評価が高いから。
そういった理由で期待を膨らませてしまっています。

ちなみに、評価は「高い」のではなく、
「高くなってしまっている」と言った方が正解です!

どういうことかと言うと、人気が人気を呼んで、
注目され、投票が増え、オッズが下がり、走る馬と勘違いされる。
という事です。

桜花賞もそうでした。
ソウルスターリング1強。1番人気→結果3着。
皐月賞もそうでした。
ファンディーナ激走を見せる!1番人気→結果7着。

皐月賞では、日本全国の競馬ファンがファンディーナに期待しましたね。
でも、6頭BOXで買った自分の馬券にはファンディーナは入っていません。
馬券外です。

僕の目的は、4番人気ペルシアンナイトでした!
僕が使っている 「うまコラボ」というサイトで1着予想です!

デムーロ騎手が騎乗し、期待あり!
結果的には、

1着:(9番人気) アルアイン
2着:(4番人気) ペルシアンナイト →うまコラボ1着予想
3着:(12番人気)ダンビュライト
<配当>
単勝:2,240円
馬単:20,720円
3連複:176,030円
3連単:1,064,360円

この結果を見て分かるとおり、この時期の重賞レースは、
注目馬の評価は「高い」のではなく「高くなってしまっている」証拠です!

オッズはあてにならない!
最近の重賞では「人気が一人歩き」している傾向があります!

1番人気が1着にならないレースが続いています。
また、1番人気が馬券にすら絡まないレースも多くなってきました。

異常投票でのオッズ崩れや、話題性からのオッズ崩れが見られます!

このままじゃ、どう予想しようとしても正確な数値から予想できないし、
まず当たりません。


では、異常投票や世間の話題・評判をまったく無視した予想をどう出すか。

それが今回僕が使っていた 「 うまコラボ 」というサイトがおススメなのです!

出走馬全頭のスピード指数、適正指数、統計データ、血統理論、
この4つのデータ過去5年分をシステムにぶち込んで強い馬を教えてくれる。
【全レースの、強い馬、勝てる馬】を自動で割り出してくれます!


それでもアルアインやダンビュライトの、
オッズでもデータでも読み切れない馬は稀にでてきます。
もちろん100発100中の的中を出すのは現実的に難しく、皐月賞は外れてしまいました。
しかし、桜花賞(3連単94,890円)・ニュージーランドT(3連単496,220円)
を的中させた実力は証明されています!

皐月賞で評価をするならば、
ペルシアンナイトの強さを見極められていたところ。そして、
ファンディーナが好走できないことを見極められていたところ(うまコラボ予想:9着)です。
ペルシアンナイトの好走を前提とした馬券購入ができましたし、
ファンディーナを馬券から容易に外すことができました。


天皇賞春。各馬がこのレースに調子を合わせてきています。
どの馬が本当に走るのかを見極める力が重要になります。

予想をする人間はJRAのオッズをどうしても見てしまいますが、
オッズは予想を惑わす、やりずらい情報です!


過去出走データから、強い馬を割り出す!
JRAオッズ無視の競馬予想 「 うまコラボ 」
的中率が急激に上がる事、間違いなしのお得情報サイト!
ぜひあなたの予想のお供にしてみることをおススメします!


サイト利用料なんですが、
すべての情報が無料と言ったらさすがに厳しいらしいのですが、
うまコラボは半分くらいのレースは無料で全部公開してます!
全レースみたいときは月額1,980円だけかかっちゃいます。
あと点数を絞った推奨買い目も公開してくれますね!

天皇賞春は無料予想が決定しています!
他の重賞は月額のメニューですが、
青葉賞G2も予想します!


先日で言うと、無料予想の桜花賞で8万円的中して満足するのも良し!
有料予想だったニュージーランドTを当てて50万手に入れるか。
1,980円勿体ないからってことで50万見送るか。

でも1,980円も大事なお金!自分の予算内で見極めて
参加できる人は参加してみて下さい!
馬券の購入方法も自分の予算内で!

競馬を楽しみつつ、簡単に勝つ!
データ精度の実力と結果がしっかり備わったサイトだと思います!


いよいよ始まる天皇賞春2017

そしてすでに、前年最後のレースでの単勝人気が重要なポイント。
と世間では言われています。
つまり、昨今の重賞に見られる「人気の一人歩き」現象が起こりそうです!

という事は、人気馬への集中投票・・・可能性大。
しかしその馬は・・・ただの人気馬の可能性。
つまり・・・勝てる馬は別にいる!配当が荒れる!


JRAオッズ無視の完全データ予想サイト「うまコラボ」
レース予想公開は前日の夜!

この貴重なデータが、あなたの的中率を急激に上げます。
→  http://www.collabo-n.com/
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京成杯2018 予想:本命08ダブルシャープ
noimage
noimage
今週の重賞データ分析まとめ(大阪杯,ダービー卿CT)
≪2018チューリップ賞≫牝系血統(ファミリーナンバー)+過去レース傾向分析【※レジまぐブログ記事有料配信
今週の重賞データ分析まとめ(阪神JF,カペラS,中日新聞杯)
noimage
【PR】40代~50代からの登録殺到!2万人が認めた人気の競馬データ
函館記念 2017 予想:本命07マイネルミラノ
NHKマイルCの予想 買いデータ&データ消去法まとめ
今週の重賞データ分析まとめ(新潟記念,札幌2歳S,小倉2歳S)
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP