投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:シャケトラ、要所の反応が少し甘く、内から置かれない早仕掛けの展開が理想

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 ハイレベルの現4歳世代…だったが3強の構図が崩れた中にするすると入り込んできた日経賞馬シャケトラが満を持してのGI初挑戦、天皇賞春に出走予定だ。日経新春杯ではミッキーロケットに肉薄する2着、前走の日経賞では中山2500mのマイスター有馬記念馬ゴールドアクターを問題とせずの完勝。力をつけてきた実力馬が勢力図を一気に塗り替えるか。


 日経賞は非常に強かったなあという印象で、逆に日経新春杯はちょっと物足りなさを感じたのはある。その原因がペースなのかどうか、いずれにせよ距離延長自体は歓迎できそうかな。


日経賞(GII) 1着 16頭7枠13番
中山芝内2500m良 2:32.8 61.6-60.7 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 前走で強い勝ち方を見せてきた日経賞を振り返る。ある程度タフな馬場で時計は出にくい状況、ペースバランス的には0.9のややスロー、ラップ推移的には大きく淀まずの向こう正面からのロンスパで3~4角で11秒台後半のポテンシャル戦。


 13番枠からやや出負けしてまずは後方からの競馬。そこから無理せずに済単だ小目では後方馬群の中で進めていく、流石に少し前向きだが十分許容範囲、しっかりと位置取りをキープ、コントロールして向こう正面。向こう正面では前もペースを引き上げてロンスパの流れになっていく中で、後方外からじわっと手を動かし進出、押し上げつつ3角。3~4角でも中団外々から押し上げて好位列に取り付いて直線。序盤で出し抜き粘り込むミライヘノツバサに対してジリジリとではあるが伸びてくる。L1でしぶとくバテ差してきっちりと突き抜けての完勝だった。


 ロスなく立ち回ったアドマイヤデウスを外から捻じ伏せる形でL1での脚色で互角にやれていたしこれはポテンシャル面で高く評価したい材料。もちろんゴールドアクターを撃破したわけだし、レインボーラインも待たされた形ではあったがこの強敵2頭を楽々撃破してきたのは収穫といえる。タフな馬場のポテンシャル戦で良さが出たなと。個人的には日経新春杯よりもパフォーマンスを上げてきたと思っている。


日経新春杯(GII) 2着 14頭3枠3番
京都芝外2400m稍 2:25.7(+ハナ) 60.2-60.9 M
12.8 - 11.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 12.1

 2走前の日経新春杯では古馬での2番手グループと言っていいミッキーロケット相手に勝ち切れなかった。稍重で時計も掛かっていた中、日経賞と違うのは全体のペースが平均で流れていて、離れた3番手で見ても61秒前後なので実質で見ても平均ペースぐらい。そこから仕掛けが少し遅くなってL2最速だがトップスピード面をそこまで問われないポテンシャル戦という内容。ただ基礎スピード面を要求されたかなと。


 3番枠から五分のスタート、無理せず好位で進めてという形だが序盤は窮屈な形にもなって掛かりながらになってしまう。ただ単独でスペースを広くとってからは幾らか落ち着いて入っていく。流れて縦長になった中、好位の外目で進めて少し掛かるようなシーンもあったが流れに乗って3角へ。3~4角で2列目にいるミッキーロケットの後ろでしかけを我慢。前がペースを落とした4角でミッキーが仕掛けを待っている中その外から先手を打って仕掛けて直線。序盤で早めに動いた分最速地点で伸び始めが早くミッキーロケットの前に一瞬出る。それでもラストはミッキーロケットに捻じ伏せられてのハナ差の2着惜敗だった。


 まあかなりの僅差なのでほぼ互角としてみても、やはり斤量差が2kgあった状況でということを踏まえるとミッキーロケットに内容的には軍配が上がると。基礎スピード面でミッキーの方が上でそこから仕掛けを待っての競馬でラストに踏ん張られた。こちらも外から動いた形だが、それでもラップ推移的にはL3の4角で前が息を入れているところでの押し上げなのでさほど影響はなかったとみている。となるとやはり前半脚を使ったことで後半のポテンシャルを少し削がれた感覚かなというところ。もちろんミッキーロケットも神戸新聞杯からもう少しゆったり運んだ方が良かったかもしれないし何とも言えないが。いずれにせよ物差しとしてはモンドインテロを撃破してきているし、レッドエルディストやカフジプリンスとの比較で見ればミッキーロケットと2kgもらってほぼ互角の戦いに食い込めるぐらいにはきていたとみていいと思う。それでもゴールドアクター、レインボーラインとの比較でみると日経賞の方がパフォーマンスは上かなと。


美濃特別(5下) 3着 10頭7枠8番
中京芝2000m良 2:00.1(+0.2) 61.3-58.6 S^3
12.8 - 11.1 - 12.4 - 12.9 - 12.1 - 12.2 - 12.5 - 11.4 - 11.0 - 11.5

 力を出し切れず負けたレースとなるとこの美濃特別かなと。中京芝2000m戦でCBC賞と同日の超高速馬場状態、ペースバランスも2.7で超スロー、ラップ推移的にも4角の下り坂地点で一気に加速、L2の上り坂地点が最速でトップスピード勝負となっている。


 8番枠から坂スタートでまずまずのスタート、控えて好位で進めていく。ある程度縦長の流れになって好位の外で少し掛かり気味で進めていきつつ前との差を少し詰めて3角。3~4角で前が一気にペースを上げてという中で下り坂で外から鞭が入るが置かれて直線。序盤の坂の上りでももちろん少しキレ負けしてしまって苦しい、L1でも決定的な伸びとまでは言えずなだれ込んでの3着確保まで。


 この辺からも高速馬場でのトップスピード戦という面で適性的にはまだ不安があると。上がりこそ最速だが4角の下りで前が動いてからしっかりと前を向いて仕掛けているし、加速段階で伸びがあったというほどでもない。L1でも前が落としている中で決定的に差を詰めるところまでには至らなかった。なのでまあ少なくともスパッと切れるイメージは持たない方が良いだろう。エンジンの掛かりも少し遅い印象だ。


2017天皇賞春に向けての展望

 ゲートは微妙なラインで、まあ苦手というほど遅くはないが不安定ではあるのと、日経新春杯は半端にポジションを取っていったら窮屈になって内外で包まれて掛かり気味になった。この辺り気性面やゲート面で全く不安が無いわけではなかったので、今回最内枠を引き当てたことで多少出負けしてもリカバーしやすいというのは良い材料かなと思う。もちろんキタサンの直後を狙うとなるとリスクもあるしキタサンの出方や自身のゲートの出来にも左右されるし簡単ではないが、中団の内内までならさほど難しくないだろう。その点ではいい枠だといえる。ただ、もちろんだが速度的に、トップスピード面では疑問があるわけで、緩い流れで3~4角で徐々に加速しながらのトップスピード戦で内内でとなると出し切れずにキレ負けのリスクは出てくる。前走の日経賞でも前半のペースもそこそこ落ち着いた中で自身も無理をせず、後半のポテンシャル面を強く要求される中で外々から正攻法で進めてL1のバテ差しを決め込んだわけなので、基本はこれを狙いたいし距離延長自体は歓迎できるはず。ただこの馬の比較でみてもやはりタフな馬場の方が望ましいと思うし、美濃特別の上がりが速いので惑わされそうだがあれ自体は超高速馬場なのでさほどでもない。実際上位2頭も33.7、33.6だがトップスピード戦では上に行って活躍できていない。これを鵜呑みにしない方が良いと思う。出し切った方が良い馬、要所での反応はさほどでもないので内で我慢しても置かれるリスクはある。現時点ではシュヴァルグランやアルバートのレベルにはあると思っているんだけど、適性的にはちょっと不安があるので強く狙うとすれば雨でも降って高速状態でないレベルにまで渋ってくれればというところ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 天皇賞春(GI)・3連複5点勝負

キタサンとサトノの間を割れる穴馬も
   馬券のプロはこう買う!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中
4/9 中山10R 3万5330円的中
4/8 中山7R  2万3570円的中
4/8 阪神6R  1万6780円的中

天皇賞春の3連複勝負を見る方法!
pngホースメン会議:天皇賞春300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ワンアンドオンリー、阪神大賞典は無理せず進めて脚が無く失速…状態もだが距離も怪しい
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:レインボーライン、素材は確かもゲート難と折り合い面…淀の長丁場はリスクも嵌り切った時の魅力もある一頭
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、吉田隼人の意地の積極策あるか?キタサンに対してリードを持って3角に入りたい
天皇賞春 2017 予想用ラップデータ:とにかく勝負所までのポジショニングが重要…コーナーでのロスが響きやすいレース
天皇賞春 2017 結果・速報:キタサンブラックと武豊のコンビが淀の3200を漆黒に支配してのレコード勝ち!
天皇賞春 2017 予想:本命03キタサンブラック
天皇賞春 2017 1週前追い切り評価:馬なりで我慢しながら追い出されての反応良く、前肢を鋭く動かし好気配!
天皇賞春 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、離れた番手でも平均気味に進めて消耗させながらも早仕掛けで押し切る…!
天皇賞春 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊は2枠3番と絶好枠から連覇を狙う
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アルバート、このレベルでの淀の長丁場だとゲートの拙さが致命傷か…
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ファタモルガーナ、昨年は後ろからになったのが…前走やや不満も積極策で活路を拓け
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP