投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:サトノダイヤモンド、三冠馬も沈んだ試練の8枠…不安を覆して5連勝となるか

2017 4/30(日)
第155回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞春2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017天皇賞春の注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 クラシック3強から昨年秋に菊花賞を完勝して1強、そして古馬と激突した有馬記念で見事に勝利しGI2勝目を挙げたサトノダイヤモンドが天皇賞春に出走予定。有馬記念ではまさにキタサンブラックとの頂上決戦となったが、最後の最後で見事に捕えて力を証明した。同世代のクラシックホースたちが年明け以降苦しんでいる中で順当に阪神大賞典を勝って本番の天皇賞春へ。再度キタサンブラックを制して名実ともに現役最強の座に就きたい。


 まあ…枠順を見て言葉が出なかったが、やはりこの大外ピンク帽子の8枠というのをどう判断するか。現実的にこれがいい方向に転ぶとはちょっと考えにくい。勿論地力は間違いないのだが、オルフェーヴルも大外8枠だったが乗り方を間違えるとぶっ飛ぶ、キズナでもコーナーの地点で外々からだと基本的に差し込めない。淀の長丁場は3~4角で通すところが重要になるし、特に菊花賞よりも天皇賞春の方がその傾向は顕著。…キタサンブラックと比較すると正直可哀想な枠に入ってしまった。ただそれを実力でどこまでカバーできるかに注目したい。


有馬記念(GI) 1着 16頭6枠11番
中山芝内2500m 2:32.6 61.0-59.4 S^2
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 2走前の有馬記念から振り返る。キタサンブラックを撃破した形だがこのレースではかなりルメールが上手く乗ってくれたしサトノノブレスの動きも見た目ほど影響があったとは思っていないがある程度アシスト的にはなっている。ペースは1.6でかなりのスロー、ラップ推移的にも5Fのロンスパだが4角の入りで少し息が入って出口から直線前半にかけてのL2で再加速となっている。


 11番枠から五分のスタート、無理せず最序盤は中団の外目で進めていく。そのまま中団大気かなと思ったがルメールとしてはかなり珍しくスタンド前の段階で中団外からじわっと馬なりで押し上げつつ、ゴールドアクターの近くの好位列まで押し上げてきた。向こう正面の下り坂地点でじわっとペースが上がる中でキタサンのすぐ外まで押し上げ、3角手前ではキタサンの直後をキープ、同厩舎同馬主のサトノノブレスに先に行かせてキタサンを突かせる。ただ3角辺りでサトノノブレスの手ごたえ悪く、キタサンも息を入れるという形、4角で外から仕掛けようとしたがそのスペースをゴールドアクターに突かれて2列目のまま直線。序盤で先頭列のキタサンブラックが出し抜きをかけ、ちょっと離されそうになる。しかしL1の坂の上り以降徐々に伸びてきて最後はきっちりと捕えきった。


 キタサンブラックも春の天皇賞での差し返し、そしてこの馬もダービー、神戸新聞杯で見せてきていたように前に目標がいればもう一段階最後までばてずに差し込む。その戦いだったが辛うじて届いたなという感じ。その要因としてはやはりルメールが早い段階でしっかりとポジションを押し上げてキタサンブラックのすぐ外までつけられたことが大きい。それでも5Fのロンスパからもう一段の加速という余力をキタサンにもたれてしまうと直線入りで置かれてしまっていた。こうなるとダービーの時の最速地点でマカヒキに抜け出されたようにトップクラス相手ではちょっとだけ不安がある。これまで高いレベルで総合力を見せてきていたが、究極レベルの戦いになってくると、L1バテ差しがこの馬最大の武器とみていいだろうと。目標が前にいれば最後まで食らいつく…根性的なものがこの馬にはあるのかな?というぐらいラストのラストに伸びる。


阪神大賞典(GII) 1着 10頭8枠9番
阪神芝内3000m良 3:02.6 61.5-60.4(FA12.08)-60.7 S^1
12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

 続く前走阪神大賞典でも完勝で本番に向けて万全のプレップとなった。超高速馬場状態でペースも道中が速く、13秒台を刻むことは全く無いという3000mでも基礎スピード面を問われている。そのうえでのL3最速戦でポテンシャル戦になっているので出し切りやすい競馬となった。


 9番枠から五分のスタート、そこから中団で進めつつ最終的には後方に下げながら様子を見ていく。スタンド前でもワンアンドオンリーの後ろでしっかりと折り合わせつつ向こう正面へ。向こう正面で内にいたシュヴァルグランが外に出してきてそこで少し接触、ここで掛かり気味にはなるがシュヴァルを行かせて直後を取る。3~4角でも外々でシュヴァルの直後を突いて2列目で直線。序盤でそこからしっかりと伸びてくるがまだシュヴァルグランが粘っている。L1でのバテ差しは流石、ここでグイッと伸びて1馬身半差の完勝だった。


 もちろん神戸新聞杯の時と同様で、どう見ても天皇賞春…本番に向けての前哨戦という位置づけで入ってきていたはず。その状況でシュヴァルグランを楽に撃破したという点からもやはりポテンシャル戦では現役最強とみていいんだろうと。こういうバテ差す形が理想だし、皐月賞でも不利が無ければという競馬をしていたように基礎スピード面でも全く不安が無いと。3000でここまで流れてくれれば逆に楽だったんだろうなという感じ。高いレベルまで来るとわかったが、有馬も含めて早めに動いて出し切る競馬の方が良い。


菊花賞(GI) 1着 18頭2枠3番
京都芝外3000m良 3:03.3 59.9-64.5(FA12.90)-58.9 S^1
13.0 - 11.3 - 11.0 - 12.4 - 12.2 - 12.7 - 13.6 - 13.2 - 12.3 - 12.7 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.6

 京都の長丁場という点ではやはり3走前の菊花賞を振り返っておくべきだろう。ペースは中盤で13秒台を刻んでいるように一般的な長距離戦となった。そこから後半徐々に加速しつつL2最速戦。ただこのケースの場合、L4-3、つまり3角、4角地点でそこまで速いラップを踏んでいない。


 3番枠からまずまずのスタートを切ってそこから少し下げたが極端には下げずにエアスピネルの後ろで我慢。3角の坂の下りでやはり少し掛かり気味にはなるが前半は割と流れていたので問題なく中団内目で前に壁を置いて我慢。スタンドを通過してから1~2角にかけて顕著にペースが緩んだ中で徐々に前との差が詰まってきて中団の外目で我慢。向こう正面でも少し掛かるようなところはあったが我慢、徐々に外から動いて3角に入っていく。3~4角でも前が一気に上げ切らず、仕掛けを待っている段階で好位列の外目でこちらも仕掛けのタイミングを待つ。4角で楽な手ごたえで外から取り付きながら2馬身半差ほどで直線。序盤でそれを楽々とらえて先頭に立つ、そのままL1まで大きく落とさずの完勝だった。


 上がりから逆算して、大体11.4-11.1-11.6~11.5-11.0-11.6ぐらいの感覚で、多少の誤差はあると思うがL2でこの馬はトップスピード面を引き出しているということになる。4角までは加速段階でここではそこまで速いラップを踏んでいなかった。この辺りは淀の長丁場で重要なポイントだが、レース全体のラップに対してコーナー地点で速くなると…特に11秒前半~半ば辺りを踏まされて最速となると外を回すのは厳しいが、これぐらいコーナーでも上がり切っていなければそこまで苦にならなかったと。実際レインボーラインも外から来ている。菊花賞はシップが勝った時もそうだがそこまで速いラップをコーナーで踏むことがあまりないので、天皇賞春ほど3~4角の立ち回りがシビアというわけではない。近年の菊花賞馬と天皇賞春があまり繋がってきていないというのもこの辺が影響しているかもしれない。


2017天皇賞春に向けての展望

 まあ、枠が良くないのでこれをクリアできるだけの力差があるのかどうか。高速馬場で3角の下りから大外勢いに乗せて捕まえに行く競馬になると、仮にここで11秒前後の脚を使って外々、遠心力も大きくなって4角出口の急コーナーで一気に脚を使わされる。淀に魔物が住んでいるとすれば4角出口。ここで速いラップを踏まされる形で大外から一気にコーナーがきつくなると相当きつい。これはオルフェーヴルが沈んだ時もそういう展開だったとみている。前との差が離れすぎるとどうしたって3角の下りから一気に動かざるを得なくなるが、これをしてしまうと近代の高速馬場ではトップギア…無酸素運動に入ってしまって、4角でのロスが大きくなってしまうと。ほぼ有酸素運動の競馬だった昭和の天皇賞春の様に消耗してしまってコーナー~直線でラップも大きく変わらず徐々に減速、ポテンシャル面だけが問われればコーナーでのロスはそんなに気にしなくていいと思っているが、究極的なトップスピード面が問われた場合、どうしたって4角出口で外々押し上げが難しいのが天皇賞春だろう。


 外枠でキタサンブラックを目標に使用にも枠の関係的に遠すぎるし、ゴールドアクターやタマモベストプレイといった先行勢が自身より内にいて隊列も少々読みにくい。外からはヤマカツライデンが切り込んでくる、それを待ってからの押し上げとなると3角の下りまでに内に入り込めず、出していけばかかる心配もある。 色々と考えても最序盤のポジショニングはかなり難しいバランスが問われる。普通に考えればかなり厳しい条件で、大外8枠というだけでなく枠の並び的にも最悪に近い。それと、有馬記念も地味にルメールの好騎乗、好判断が功を奏したのはある。1周目のスタンド前の段階でキタサンブラックを意識する位置まで押し上げることができた。今回は淀の3200なので同じくスタンド前で動くチャンスはある。3角の下りでの行きっぷり次第では無理して抑えるよりもポジションを押し上げてというのも洗濯に入れる必要があるかな。有馬記念と違って高速馬場になるし、この馬としては不安はやはり終始外々を回されること。有馬記念の様に終始12秒前後程度で速いラップを踏まなければ外々からでもなんとかなると思うが、先週の京都は読みにくいにせよまず年末の中山よりは軽い。阪神大賞典を危なげなく勝ったのもポテンシャル型の勝ち方だし、有馬でも阪神大賞典でも要所の反応は一流の戦いの中では若干物足りない。この感じで京都外外でコーナーでペースを引き上げられてしまうと苦しいかもしれない。正直なかなか難しいところだが、地力の高さでどこまでこの不利な状況を打開してくるか…。馬券的にはパンパンの良馬場なら恐らく重い印は打たない。連下で拾うか潔く切ってしまうか…。実力は評価せざるを得ないので連下で抑える可能性が最も高いかな。雨が降って渋れば逆に狙い目だと思っている。距離を意識しすぎて後ろからとなると、個人的には評価を下げたいと思っているし、この辺りも陣営のコメントを注視したい。


<PR>

[先週]福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
▼▼▼▼
1点目で3連単: 2万4790円的中


今週の天皇賞も1点で獲る!

キタサン?サトノ?それとも……

ダービージョッキー大西直宏の天皇賞・春

『絞りに絞った3連単1点』 レース当日・無料公開

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第14回 福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中

阪神8日目12R
◎セセリ(7番人気)
馬連2点目:4380円的中
3連複:5460円的中
3連単:3万7750円的中

中山8日目5R
◎チリーシルバー
○サクレエクスプレス
(5番人気)
馬連3点公開:1090円的中
3連複:3650円的中
3連単:2万1060円的中

第77回 桜花賞(G1)
◎ソウルスターリング
3連複:5020円

中山5日目10R湾岸S
◎ワールドレーヴ
馬連1点目:4300円
3連複:4160円
3連単:2万8460円

福島1日目5R
◎ハギノパトリオット
馬連:2860円
3連複:2570円
3連単:1万8800円

大西直宏の天皇賞3連単1点はコチラ

PNGワールド:天皇賞春300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞春2017の展開予想動画+出走予定馬展望まとめ!
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:アドマイヤデウス、京都大賞典はワンテンポ遅れて急追…切れ味勝負でキタサン直後なら不気味
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ヤマカツライデン、日経賞は無理なく良いペースで入って甘く…単騎大逃げ嵌ればだが現実的には難しいか
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーマジェスティ、昨年春のパフォーマンスが甦るか?…出負け癖も含め色々狙いづらいが
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:レインボーライン、素材は確かもゲート難と折り合い面…淀の長丁場はリスクも嵌り切った時の魅力もある一頭
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:スピリッツミノル、しぶとい馬だがゲートが甘く、前に行くには内枠が仇となるか…
天皇賞春2017の予想
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:プロレタリアト、紅一点で果敢に参戦
天皇賞春2017前々日オッズ 1番人気は10連敗中だが・・・・・・
天皇賞春 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、高速馬場は歓迎できそうだが…外枠でゲートが甘く、前走以上を狙えるか?
天皇賞春 2017 予想用ラップデータ:とにかく勝負所までのポジショニングが重要…コーナーでのロスが響きやすいレース
天皇賞春2017のプレ予想 サトノダイヤモンドの評価
天皇賞春2017のプレ予想 キタサンブラックの評価
天皇賞春 2017 予想:本命03キタサンブラック
天皇賞春 2017 追い切り・調教評価:力強く前肢を掻き込み楽に抜け出し好ラップ!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP